「八溝山」のHPへ
茨城県・福島県の県境を歩く
八溝山・高笹山

トップページにもどる



感想・情報を待ってます
八溝山頂上にて(05/04/23)
八溝山・高笹山にさく花々
桜の花と、ブナ林の新芽の緑を期待し、茨城県唯一1000メートルを越える山「八溝山」と福島県との県境沿いに歩いて、池の平・高笹山を往復しました。
桜と木々の新芽には早かったが、カタクリの花・すみれ・キクザキイチゲ・ニリンソウ等々の花々が満開で迎えてくれた。八溝山と高笹山で見た花々をHPにしました。
スミレの花も満開 ブナ林の登山道 ニリンソウの群生地もある
カタクリの花が満開 そびえ立つブナの木 登山道脇の「わさび田」
日本百名水の八溝山の「湧水」
八溝山には、日本百名水に選ばれる「湧水群」がある。水戸光圀公が名づけたといわれる湧水群は、金性水・鉄水・龍毛水・白毛水・銀性水と、日輪寺旧参道から八溝山の頂上に向かう途中に連続している。
水量豊富な「金性水」 登山道から少し離れて「龍毛水」 湧水最後の「銀性水」