柴犬専門ブリーダー歴40年
当犬舎で生まれた柴犬の子犬のみ販売しております。
大島犬舎の子犬の本が発売中!!しばもふ。〜柴犬広場のかわいい子犬〜

2017年カレンダー カレンダー2017 Dogs 
お便りギャラリー」で我が子の可愛さをみんなに見せよう♪
お客様から頂いたわんちゃん達の写真や画像を展示いたします(^o^)丿
大島犬舎出身のわんちゃん!可愛い写真・面白い写真を沢山送って下さいね♪
当犬舎代表犬
犬舎紹介
出産情報
子犬情報
巣立った子犬達2014〜
巣立った子犬達2010〜
巣立った子犬達2009
巣立った子犬達〜2008
お便りギャラリー
里親募集!
オーナーのひとりごと
インスタグラム
ブログ「柴犬広場のわんわん日記」 photo/増田勝正氏(動物写真家)

 

出来れば直接当舎へお越しいただき御自身の目でお確かめ下さい!

柴犬の子犬でも他犬種でも写真で見るのと実際とでは驚くほど違う場合があります。柴犬の子犬を選ぶなら今の可愛さだけでなく1年先、 2年先の柴犬の姿を考慮して選ぶべきです。体色は出来るだけ色素の濃い子犬をおすすめします。生まれたときは黒かった子犬の口元も日を追うごとに赤くなります。 はじめて柴犬をお飼いになる方は白っぽい子犬を好まれる方が多いようですが、鼻色、口唇、肛門、目ぶち(目のまわりの色)、虹彩(目の色)、皮膚の色等をよく見て、 肉色や色素が明らかにうすい柴犬の子犬は避けるべきです。それは退化現象のひとつです。皮膚病や病気に対する抵抗力も下がります。そのため当犬舎の柴犬は3、4回に1回は黒毛の柴犬、ゴマ毛の柴犬をかけ合わせ色素が退化しないように心がけて作出しています。

なによりも柴犬は気性が大事です。気性は遺伝しやすいので親犬を見ればだいたい見当がつきます。 いい柴犬の子犬は小さいときから明るく活発です。シャイな親犬からはシャイな子犬が生まれることが多いのです。 手をさしのべるとすり寄ってくる柴犬の子犬は合格です。逆に寄って来ないであとずさりする子犬、尾を下げる子犬、 隅っこで小さくなっている子犬はおすすめできません。 このような点をよく観察して選ぶことが大切です。私は柴犬のブリーダーとして30年間に数千頭の子犬を作出してきました。その私に言えることは、柴犬を選ぶなら1に健康、2に気性、3にグレード(格)ということになります。

しつけ・食事・健康管理などアフターフォローもお任せ下さい! 尚、発送は子犬の体力や健康を考え対応しておりません。

 
★ご不明な点、ご質問がある場合は電話にてお気軽にお問い合わせ下さい!
 
動物取扱業者標識
名称 大島犬舎 (大嶋 進)
所在地 千葉県富里市御料111−20
動物取扱業の種別 販売業
登録番号 06− 印旛保 19−59

〒286−0211
千葉県富里市御料111−20
0476−93−6706
メールアドレス:shibahiro_ohshimakensha@yahoo.co.jp
富里インターより約8km、両国交差点近く。 地図参照
メール
  Counter

*ホームページ又はブログの画像・文章の無断転載はご遠慮下さい。
*ホームページでの相互リンクはお断りさせていただいています。ご了承下さい。
当犬舎代表犬 柴犬の子犬情報 柴犬の出産情報 犬舎紹介
巣立った子犬達〜2008 巣立った子犬達2009 里親募集 お便りギャラリー
オーナーのひとりごと ブログ「柴犬広場のわんわん日記」 使用素材集