つい、うっかり・・・

SNSで嫌われる方法

ブログ、ツイッター、FaceBook etc・・・瞬く間に、SNSが広がりを見せ、更には、SNSが原因のトラブルも後を絶ちません。
独りよがりな思いを書き綴るのであれば、閲覧禁止の手順を踏まえておけば 日記のような使い方もできるのでしょうが、ただ、『閲覧禁止』処置で、検索サイトに晒されないかと言えば・・・この辺りのことは、私にもわかりません。
いずれにしても、他者に知られてはまずいことは、ネット上に上げないということでしょうね。FaceBookにしても、しょっちゅう仕様変更が施されていますし、提供側が、そのようなマイナーチェンジを行うのは日常茶飯事と考えておいた方がいいでしょう。
そして、普段コミニュケーションを言葉だけに頼っていた人たちが、ITの進化に伴い、言葉表現に頼らなくてはいけなくなった。
よく、『言葉足らずで』という言い訳を聞いたことがおありでしょう。
その、言葉足らず現象が頻繁に起きているのです。トラブルが、最終的には殺人にまで発展なんてことも、一例や二例だけではありません。
一般的に、SNSの禁じ手に『自慢と欺瞞』『悪口』この二つが挙げられています。細かく言えば、もっともっとたくさんのことがあるのでしょうが・・。
単純なブログでも、この二つはご法度ですね。
そして、敢えて付け足すとすれば『自己中』ですね。
折角交流を持った先のブログで、コメントを落とすにも、相手の記事の内容に対してのコメントではなく、自分の言い分だけを書き込む輩、よく見かけます。
これではコミニュケーションは出来上がりません。
だって、多くの人は芸能人でも有名人でもないのですから。
私自身、お友達を増やす努力はしていないのですが、敢えて言うなら、無理してお友達は増やそうとするな・・・です。
趣味や、出来事で、本当に共感できる人であれば、無理しなくてもお友達になれるはずですから。
そして、やたらと交流を持ちたがる人の中には(100%ではない)、何か別な目論見を持つ人だっています。
いずれにしても、読んでみたいサイトへ行って、本当に共感できるない世であれば、相手のサイトに対しての素直なコメントを落とす・・・これが最も正しい策だと思います。そして、反論のある記事に対しては、スルーが基本です。物申してはいけません。意見をあえて求められれば、やんわりと 自分の意見を述べる程度にとどめたいものですね。SNS上では、基本 反論はスルーすべきだと思っています。スルーで、相手に分からせるのもテクニックの一つだと思います。
多くのブロガーが、独りよがり自己中で、一人日記になっています。最初から、そのつもりでいるなら、独りよがり自己中でOKです。
でも、少しでもコミニュケーションの場にしたいなら、前出の『自慢と欺瞞』『悪口』そして『自分のことだけ』は、御法度と認識してください。

About Us ---------------------------- 


お客様の『伝えたい』を、モニター上でいかに忠実に再現するかに取り組んでいます。お客様の『得たい』に一歩近づけるお手伝いをさせていただきたいと思っています。





新たな分野に挑戦中で、新たなソフトと格闘しています。
でも、基本、何か一つのソフトを扱うことができれば、なんとなく上辺だけはわかってくるものなのです。ツールバーの配置とかをじっと見つめていると、少しずつ道は開けてくるものなのです。ただ一つ、『苦手意識』という壁が邪魔しているに過ぎないことの方が多いのです


ΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓ




季節は・・・

盛夏

梅雨も明け、あっという間に夏真っ盛り。
エアコンの冷気に、なかなかなじめない年齢になっています。それでも、室温が三十度を超えると、やんわりと冷たい風を、少しだけ吹かせます。

もう、暑中見舞いを出してもいい頃なのでしょうね。
が、もう数年来 暑中見舞いはネットを使っております。ペーパーレスです。味気ないといえば、味気ないのですが これはこれで慣れてしまえば・・・・な感覚にまでなってきています。
と、いうわけで この場をお借りしまして
暑中お見舞い申し上げます



撮りためた写真

スライドアルバムのすすめ

撮りためた、デジカメ写真。
パソコンの中ですか?
それとも、ストーレージ?
概して、有効活用されない割には、次々と撮りためていくデジフォトです。スライドショーアルバムにして保存されては如何でしょう?

ご家庭で普段、映画とかをご覧になっているDVDプレーヤーで、TVに映し出すことのできるフォトアルバム製作の講習を承っております。
ご自分で作るのは、面倒くさい・・・・方には、制作のほうで承ります。詳しくは、メールフォームから、お気軽にお問い合わせください。


最近ちょっと気になる

シングルページWeb

最近の流行ということではないのだろう。
が、ちょっと、ここのところちょくちょく目に入ってくる『シングルページweb』なるものが気になっている。
一ページのウェブサイトで完結するウェブのこと。もちろん、縦に長いサイトもあるが、往々にしてシンプルな一ページで、イメージ訴求がなされている。
ウェブを見る端末の変遷で、今は、よりシンプルなデザインへと意識は移行しているような気がします。
シンプルなデザインで、クライアントが一番言いたいことを的確に表現できることが要求されてきます。

browse(拾い読み)中、目に留まるシンプルなサイト作り、これが肝になるのでしょうね。

目下シングルページウェブのキャンペーンを考え中です。