ホーム 会長挨拶  会則  沿革   研究会   機関誌GBS  出版物  生涯・人物   作品   関連サイト

出版活動

会員による出版物紹介20024月〜

Michel W. Pharand 編Bernard Shaw and His Publishers (Selected Correspondence of Bernard Shaw)
Univ. of Toronto Pr.  20095月発行  

小幡正子著 「戯曲 薔薇とキャベツ―バーナード・ショーの結婚生活--
いなほ書房(本体1,800円) 200711月発行

日本バーナード・ショー協会 編  生誕150周年記念 バーナード・ショーへのいざない」
文化書房博文社 (本体2,500)  200611月発行

大江麻里子著 

マイ・フェア・レディーズ -- バーナード・ショーの飼い慣らされないヒロインたち --
慧文社 (本体2,500)  2005年6月発行

新熊 清 著  「イギリスの演劇 -- 宗教と文化を交えて語る --
文化書房博文社 (本体4,200)  2003年3月発行

飯田 敏博 共編著 「作家と生きた女たち」
金星堂(本体2,300円)  20025月発行

 

『バーナード・ショー研究』Bernard Shaw Studies  内容紹介

13号(2013年8月刊)

河野 賢司 (Kenji Kono):ショーの『聖ジョウン』とアヌイの『ひばり』――主人公の声と装いの演出をめぐって――

                             Shaw’s Saint Joan and Anoiuilh’s L’Alouette:
a comparative essay in terms of the represented voice and dress of Joan / Jeanne

落合真裕 (Mayu Ochiai):『ウィンズロウ・ボーイ』における‘moderate’な態度

                                                   On the Moderate Behaviour in The Winslow Boy

大浦龍一 (Ryuichi Oura):日本演劇におけるバーナード・ショー元年

     The First Year of Bernard Shaw in Japanese Theatre

森川 寿 (Hisashi Morikawa)Bernard Shaw: Wagner’s Rebellious Disciple

 

12号(201111月刊)<創立40周年記念>

巻頭言:飯田 敏博 日本バーナード・ショー協会会長

 

創立40周年記念メッセージ:

 Leonard Conolly, President of the International Shaw Society

   R. F. Dietrich, Treasurer & Web Master of the International Shaw Society

   Michel W. Pharand, General Editor of SHAW: The Annual of Bernard Shaw Studies

 

小木曽雅文 (Masafumi Ogiso):日本バーナード・ショー協会の40年(特別寄稿)

 

森川 寿 (Hisashi Morikawa)John Bull’s Other Island: Wagnerian Allegory of Economic Imperialism

 

Nicholas R. Williams          Mr. Shaw’s Odd Little Comedy: How He Lied to Her Husband

 

山口美知代 (Michiyo Yamaguchi)The Shaw Alphabet and Shorthand

 

磯部祐実子 (Yumiko Isobe):ユーモアの政治性――『ジョン・ブルのもう一つの島』におけるアイルランドの現実――

                                                    The Politics of Humor: the Reality of Ireland in John Bull’s Other Island

落合真裕 (Mayu Ochiai)      イライザの社会的自己の形成と社交性

                                                    Eliza’s Self-Formation in Society and Sociability

森岡 稔 (Minoru Morioka)  『傷心の家』 における「創造的進化論」

“Creative Evolution” in Heartbreak House

大浦龍一 (Ryuichi Oura)       女神の黄昏――晩年のパトリック・キャンベル夫人

                                             The Twilight of the Goddess: Mrs Patrick Campbell in Later Life

Jay Tunney, Vice President of the International Shaw Society

The Zen in Shaw and Tunney

 

11号(2010年6月刊)

森川 寿 (Hisashi Morikawa)Myths and Legends in Bernard Shaw’s Pygmalion (PDF)

 

Nicholas R. Williams          Major Barbara: Social Program or Satire?

 

松本 承子 (Shoko Matsumoto)Shaw’s Utopia in Man and Superman

 

大江麻里子 (Mariko Oe):     ポーシャとエピファニア:『ヴェニスの商人』と『億万長者の娘』

                                                    Portia and Epifania: The Merchant of Venice and The Millionairess

大塚 辰夫 (Tatsuo Otsuka):『不合理な縁』The Irrational Knotにおける女性の自立

                                                    The Independence of Women in The Irrational Knot

森岡 稔 (Minoru Morioka) Major Barbara における創造的進化論――「生の力」の発現――

Creative Evolution in Major Barbara ? the Expression of the Life Force

10号(2009年3月刊)

森川 寿 (Hisashi Morikawa)『やもめの家』ショー版『ラインの黄金』の開幕 (PDF)

                                    Widowers’ Houses ― the Prelude to Shavian Rheingold

森岡 稔 (Minoru Morioka) Pygmalion における創造的進化論

Creative Evolution in Pygmalion

大浦龍一 (Ryuichi Oura): ベル・エポックの「マイ・フェア・レディ」―― 二十世紀のパトリック・キャンベル夫人について ――

‘My Fair Lady’ in belle epoque: On Mrs Patrick Campbell in the early 20th Century

落合真裕 (Mayu Ochiai): ラティガン劇における不和と嘘『愛を称えて』を中心に

                                On "Discord" and "Lying" in Rattigan's Play― Mainly on In Praise of Love

第9号(200711月刊)

森岡 稔 (Minoru Morioka) バーナード・ショーとサミュエル・バトラー創造的進化論の胎動

Bernard Shaw and Samuel Butler: The Quickening of “Creative Evolution”

大江麻里子(Mariko Oe): アデルフィ・テラスのG.B.ショーとJ.M.バリー

    G. B. Shaw and J. M. Barrie in Adelphi Terrace

落合真裕 (Mayu Ochiai): ラティガンの『銘々のテーブル』における和解

                                On Reconciliation in Rattigan’s Separate Tables

第8号(200512月刊)

Michael W. Pharand Man and Businessman: Bernard Shaw and his Publishers

 

森川 寿 (Hisashi Morikawa) Shaw’s Heroes in 1898: Wotan, Siegfried, and then Caesar  (PDF)

 

大浦龍一 (Ryuichi Oura): 世紀末のヒロインパトリック・キャンベル夫人について

The Heroine of the fin de siecle:  On Mrs Patrick Campbell

大江麻里子(Mariko Oe): リアの狂気、ショトーバー船長の狂気

                                Madness of King Lear and Captain Shotover