ホーム 会長挨拶  会則  沿革   研究会   機関誌GBS  出版物  生涯・人物   作品   関連サイト

例会・研究会

--2014年度--

 

 

* 第52回作品研究会  
The Apple Cart
日  時: 201496(土)13301600
場  所: 実践桜会会館 (実践女子学園渋谷校舎内)
発表者: 

 

* 2014年度春季大会
日   時: 201467日(土) 13:0016:30
場   所: 実践桜会会館 (実践女子学園渋谷校舎内)
総   会: 役員改選、会計報告その他
研究発表: (13:30?15:30)  

松本 承子 :「『シーザーとクレオパトラ』に於ける二重に植民地化された女性たちのかき消された声

Muted Voices of Double Colonised Women in Caesar and Cleopatra

山本 博子 氏:「『ウォレン夫人の職業』の序文

                             On Preface to Mrs.Warren’s Profession

    15:30 16:30

小田島 恒志 氏「『ピグマリオン』上演のための翻訳を巡って」

Translating Pygmalion for actual stages in Japan”

 

--2013年度--

 

* 第51回作品研究会  

The Doctors Dilemma
日  時: 2014年3月8(土)13301600
場  所: 神戸女学院大学
発 表 者: 山口 美知代 氏、森岡

 

* 2013年度秋季大会
日   時: 20131123日(土) 13:3017:00
場   所: 名古屋学院大学名古屋キャンパス白鳥学舎
研究発表: (14:00?17:00)  

大浦 龍一氏:松居松葉と文芸協会のショー上演

The Performances of Shavian Plays by Shoyo Matsui and Bungei Kyokai

清水 和美氏:「仏蘭西のショー」と呼ばれるブリューの『壊れた品』

Les Avaries by Eugene Brieux, a “French Shaw”

森川  寿 聖女ジャンヌ・ダルク ? ショーの最後のジークフリート的革命児 ?

Saint Joan ? the Last Shavian Siegfried

 

* 第50回作品研究会  
Captain Brassbounds Conversion
日  時: 201397(土)13301600
場  所: 実践桜会会館 (実践女子学園渋谷校舎内)
発表者: 島村 東太郎、 大塚 辰夫

 

* 2013年度春季大会     
日   時: 201361日(土) 13:0016:30
場   所: 実践桜会会館 (実践女子学園渋谷校舎内)
総   会: 会計報告その他
研究発表: (13:30?15:30)  

森岡  : 「ショーの『完全なるワーグナー主義者』における『ニーベルングの指環』解釈

Shaws Commentary on The Niblung's Ring in The Perfect Wagnerite

Nicholas Williams:“Is The Six of Calais just an acting piece?

    15:30 16:30

黒川 欣映:「『救世軍バーバラ少佐』における基本的な構造 ― 悪への傾斜 ―

The Fundamental Structure in Major Barbara: an inclination to evil

 

 

--2012年度--

 

* 第49回作品研究会  
Misalliance
日  時: 2013年3月9日(土)13301600
場  所: 名古屋学院大学名古屋キャンパス白鳥学舎
発 表 者: 小木曽雅文、大江麻里子

 

* 2012年度秋季大会  
日  時: 20121118日(日) 13:0016:30
場  所: 実践桜会会館103号室(実践女子学園渋谷校舎内)
総 会: 13:00 13:30

研究発表13:30 15:30

大浦 龍一 : 「1926年、築地小劇場の『聖ジョウン』」

Saint Joan at Tsukiji Little Theatre, 1926

        森川 寿   : 「Mazzini Dunnは何者?強盗、自由の戦士、それとも…」

                            Who is Mazzini Dunn, a Burglar or a Soldier of Freedom?

特別講演15:30 16:30

Leonard Conolly A Major Conundrum in Major Barbara: What Does the Ending Mean?

 

* 第48回作品研究会  
Back to Methuselah
日  時: 2012年9月1日(土)13301600
場  所: 実践桜会会館101号室 (実践女子学園渋谷校舎内)
発表者: Nicholas Williams, 森岡 稔

 

* 2012年度春季大会
日   時: 2012年6月2日(土) 13:3017:00
場   所: 京都府立大学
総   会: 役員改選、会計報告その他
研究発表: (14:00?17:00)  

落合 真裕:「『ウィンズロウ ボーイ』とラティガン」

The Winslow Boy and Rattigan

大江麻里子:「演出家、バーナード・ショーの仕事」

Bernard Shaws Directorial Work

    16:00 17:00

新熊  清   バーナード・ショーとともに半世紀」

50 Years with Bernard Shaw

 

 

--2011年度--

 

* 第47回作品研究会  
Saint Joan
日  時: 2012年3月10(土)13301600
場  所: 名古屋学院大学名古屋キャンパス白鳥学舎
発表者:  飯田敏博、磯部祐実子

 

* 2011年度秋季大会 
日  時: 20111120日(日) 13:0016:30
場  所: 実践桜会2階ホール(実践女子学園渋谷校舎隣)
研究発表13:30 15:30

松本 承子 O Flaherty V. C.: Irish Business Side of Colonialism

大浦 龍一 : バーナード・ショーと築地小劇場

Bernard Shaw and Tsukiji Little Theatre

記念講演15:30 16:30

小木曾雅文  バーナード・ショー協会の40年
Forty Years of the Bernard Shaw Society

 

 

* 第46回作品研究会  
Heartbreak House
日  時: 2011年9月3日(土)13301600
場  所: 実践桜会2階ホール(実践女子学園渋谷校舎隣)
発表者: 鈴木 龍一、森川 寿

 

* 2011年度春季大会 
日   時: 2011年6月4日(土) 13:3017:00
場   所: 名古屋学院大学名古屋キャンパス白鳥学舎
総   会: 会計報告その他
研究発表: (14:00?17:00)  

落合 真裕:「イライザの社会的自己と他者との絆」

        Eliza's social character and her bonds with others

森岡 稔:「Dear Liar におけるショーとキャンベル夫人の友情と愛

Friendship and Love between Bernard Shaw and Mrs Patrick Campbell in Dear Liar

Nicholas Williams: “How He Lied to Her Husband : Shaws experiment with a one-act comedy

 

 

--2010年度--

 

* 第45回作品研究会   
Pygmalion
日  時: 2011年3月12(土)13301600
場  所: 神戸女学院大学
発表者:  大江麻里子

 

* 2010年度秋季大会
日  時: 20101120日(土) 13:3017:00
場  所: 神戸女学院大学 
研究発表: (14:00?17:00)

大浦 龍一  日本におけるバーナード・ショー上演の先駆者たち

“The Pioneers of Shavian Plays’ Performances in Japan

大江麻里子:『ソネットのダーク・レディ』の翻訳

“A Translation of The Dark Lady of the Sonnets

森川 寿    ロンドン・ダブリンにたどるShawの旅

“Looking for Shaw in London and Dublin

 

* 第44回作品研究会
Major Barbara
日  時: 2010年9月5日(日)13301600
場  所: 実践桜会2階ホール(実践女子学園渋谷校舎隣)
発表者: 新熊 清、内 しのぶ

 

* 2010年度春季大会 
日   時: 2010年6月5日(土) 13:0016:30
場   所: 実践桜会2階ホール(実践女子学園渋谷校舎隣)
総   会: 役員改選、会計報告その他
研究発表: (13:30?16:30)  

森岡 稔:   『バーバラ少佐』における「創造的進化」?「生の力」の発現?

“Creative Evolution” in Major Barbara?the Expression of the “Life Force”

山口 美知代:『ジョージ・バーナード・ショーの言語論』とイギリスの綴り字改革運動

George Bernard Shaw on Language and Spelling Reform Movement in Britain

山本 博子  アクトレス・マネージャー、レナ・アッシュウエル(1872-1957)
An Actress Manager, Lena Ashwell (1872-1957)

 

--2009年度--

 

* 第43回作品研究会      
John Bulls Other Island
日  時: 2010年3月13(土)13301600
場  所: 名古屋学院大学名古屋キャンパス白鳥学舎
発表者:  小木曾雅文、大浦龍一

 

* 2009年度秋季大会  
   日  時: 20091121()  13:3017:00
   場  所:名古屋学院大学名古屋キャンパス白鳥学舎
   研究発表: (14:00?17:00)

      松本 承子Back to Methuselahに於ける創造力の泉

“Life Force in Back to Methuselah

落合  真裕:『お日様が照る間に』におけるナンセンスの世界

“Nonsense World in While the Sun Shines

森川 寿  John Bull’s Other Islandの現代性

“Modernity of John Bull’s Other Island””

 

* 第42回作品研究会    
Man and Superman
日  時: 2009年9月5日(土)13301600
場  所: 実践桜会2階ホール(実践女子学園渋谷校舎隣)
発表者:  小木曾雅文、磯部祐実子

 

* 2009年度春季大会  
日   時: 2009年6月6日(土) 13:0016:30
場   所: 実践桜会2階ホール(実践女子学園渋谷校舎隣)
総   会: 会計報告その他
研究発表: 13:30?16:30    

大浦 龍一晩年のパトリック・キャンベル夫人とショー

Mrs Patrick Campbell in Later Life and Bernard Shaw

森岡 稔 :『傷心の家』における創造的進化
Creative Evolution In Heartbreak House

山本 博子イギリスにおける参政権運動と演劇 ―「女優参政権同盟」の結成と活動 ―

The Suffrage Movement and the Stage in Britain:

The Formation and Activities of Actresses Franchise League

 

 

--2008年度--

 

* 第41回作品研究会   
Man and Superman
日  時: 2009年3月14()  13301600
場  所: 名古屋学院大学 名古屋キャンパス (地下鉄名港線 日比野下車 徒歩8分)
発表者:  新熊清、大塚辰夫

 

* 2008年度秋季大会
   日  時: 20081123()  13:3017:00
   場  所: 名古屋学院大学 名古屋キャンパス (地下鉄名港線 日比野下車 徒歩8分)
   研究発表: 磯部祐実子: 
Man and Supermanにおける場面設定と空間移動
                     
Scenic Structure and Spatial Travel in Man and Superman

大江麻里子: ポーシャとエピファニア:『ヴェニスの商人』と『億万長者の娘』」
Portia and Epifania: The Merchant of Venice and The Millionairess

Nicholas Williams: Major Barbara: a personal view of this difficult and perplexing play

 

* 第40回作品研究会 
Caesar and Cleopatra
日  時: 2008年9月14(日)13301600
場  所: 実践桜会2階ホール(実践女子学園渋谷校舎隣)
発表者:  飯田敏博、大江麻里子

 

* 2008年度春季大会 
日   時: 2008年6月7日(土) 13:3017:00
場   所: 埼玉会館
総   会: 役員改選、会計報告その他
研究発表: 14:00?16:00    

落合 真裕 :  「ラティガン劇における男女の愛 ―French Without Tears から In Praise of Love へ―」

 “‘Two Kinds of Love in Rattigans Plays From French Without Tears to In Praise of Love

森岡     :「『ディア・ライアー』におけるショーとキャンベル夫人の人物描写

“A Character Study of Bernard Shaw and Mrs Patrick Campbell in Dear Liar

    講      演:  16:00?17:00

     黒川  欣映:「初期二作品における演出上の問題点

Directorial Points in Two Early Works

 

--2007年度--

 

* 第39回作品研究会   
The Devils Disciple
日  時: 2008年3月15(土)13301600
場  所: 名古屋学院大学さかえサテライト
発表者:  森川 寿、森岡 稔

 

* 2007年度秋季大会
   日  時: 20071117日(土)  13:3017:00
   場  所: 埼玉会館(京浜東北線 JR浦和駅西口下車、徒歩7分)
   研究発表: 
       
大江麻里子: 「ショーの戯曲の翻訳

  “Translations of Shaws Plays

森川 寿  :「『やもめの家』―ショー流『ラインの黄金』の開幕―」

       Widowers’ Houses: Prelude to Shavian Rheingold” ”

鈴木 龍一: 「『武器と人』再考」

Arms and the Man Reconsidered

 

* 第38回作品研究会 
You Never Can Tell
日  時: 2007年9月1(土)13301600
場  所: 実践桜会2階ホール(実践女子学園渋谷校舎隣)
発表者: 小木曽 雅文、大浦 龍一

 

* 2007年度春季大会 
日  時: 2007年6月9日(土) 13:3017:00
場  所: 神戸女学院大学 ジュリア・ダッドレー館(JD館)会議室
総  会: 会計報告その他
研究発表:     

大浦 龍一 :初代イライザとしてのパトリック・キャンベル夫人

Mrs Patrick Campbell as the First Eliza

森岡 稔ショーとサミュエル・バトラー ――創造的進化論の系譜――

Bernard Shaw and Samuel ButlerThe Lineage of Creative Evolution’”

    特別講演:

      Jay R. Tunney The Giraffe and the Cock: Bernard Shaw and Gene Tunney

 

--2006年度--

 

* 第37回作品研究会  
Candida
日  時: 2007年3月11(日)13301600
場  所: 実践桜会2階ホール(実践女子学園渋谷校舎隣)
発表者:  森川 寿

 

* 2006年度秋季大会
   日  時: 20061119日(日)  13:3017:00
   場  所: 名古屋学院大学さかえサテライト
   研究発表: 
       
落合 真裕: 「Separate Tables試論社会主義者Mr. Malcolmについて

                  “A Study of Separate Tables: on the Socialist Mr. Malcolm”

大江麻里子: 「『ピーター・パン』と『ピグマリオン』

                         Peter Pan and Pygmalion

Michel W. PharandBernard Shaw Studies in North America

 

* 第36回作品研究会
Arms and the Man
日  時: 200692(土)13301600
場  所: 実践桜会2階ホール(実践女子学園渋谷校舎隣)
発表者: 大浦 龍一

 

* 2006年度春季大会
日  時: 2006610日(土) 13:3017:00
場  所: 神戸女学院大学 ジュリア・ダッドレー館(JD館)会議室
総  会: 役員改選、会計報告その他
研究発表:     

大浦 龍一 :「イライザへの道―パトリック・キャンベル夫人の新世紀―」

“The Way to Eliza: Mrs Patrick Campbell in the New Century

大塚 辰夫:‘Profession’に込められたショーの哲理」

“The Philosophy of Life in Terms of ‘Profession’”

      森岡 稔 :「ショーとワイルド」  “Shaw and Wilde”

 

--2005年度--

 

* 第35回作品研究会
Mrs Warrens Profession
日  時: 2006年3月11(土)13301600
場  所: 埼玉会館(京浜東北線 JR浦和駅西口下車、徒歩7分)
発表者: 島村 東太郎、小幡 正子

* 2005年度秋季大会
   日  時:20051119日(土)  13:0016:30
   場  所:実践桜会2階ホール(実践女子学園渋谷校舎隣)
   研究発表: 
     森岡 稔    
ジェンダーとMrs Warren's Profession
                          
 
Gender and Mrs Warren's Profession
     飯田 敏博     「出入り」の喜劇 Heartbreak House 
                           
 “On Heartbreak House: The Comedy of In and Out
     小木曽 雅文 
Geneva 永遠の相の下の時局劇
                         
 
On Geneva: a topical play sub specie aeternitatis

* 第34回作品研究会
Fanny's First Play
日  時: 2005年9月4日(日)14001600
場  所: 名古屋学院大学さかえサテライト
基調報告: 
升本匡彦

 

* 2005年度春季大会 
日  時: 2004611日(土) 13:3017:00
場  所: 北海道文教大学恵庭キャンパス
総  会: 会計報告その他
研究発表:     

大浦 龍一: 「女優キャンベル夫人 ポーラからイライザへ」

Mrs Campbell the Actress: From Paula to Eliza

大塚 辰夫: 「The Shewing-up of Blanco Posnetとアイルランド演劇」 

The Shewing-up of Blanco Posnet and its Relation to Irish Drama

Nicholas Williams: Is There Another Way of Looking at Shaw's Plays? 

? An Attempt at Reinterpretation with Reference to Major Barbara and Pygmalion ?

 

 

--2004年度--

 

* 第33回作品研究会  
Jittas Atonement, Augustus Does His Bit
日  時: 2005年3月12(土)14001600
場  所: 名古屋学院大学さかえサテライト
基調報告: 小木曽 雅文

 

* 2004年度秋季大会
日  時: 200411月6日(土) 13:3017:00
場  所: 愛知学院大学楠元校舎・法人本部2階大会議室
研究発表: 
    大塚  辰夫  An Unsocial Socialistに見られる社会主義的啓蒙―初期のドラマとの比較において」
                          (On Socialistic Enlightenment to Be Recognized in An Unsocial Socialist in comparison with Shaw
s Early Dramas)
        
森川 寿   「1898年のショーの英雄達 ―― Wotan, SiegfriedそしてCaesar
                          (Shaw
s Heroes in 1898 -- Wotan, Siegfried, and Caesar)
    Michel Pharand  Man and Businessman: Bernard Shaw and His Publishers

 

* 第32回作品研究会  
Great Catherine, The Inca of Perusalem,  Annajanska,  OFlaherty,V.C.
日  時: 2004年9月5日(日)13301600
場  所: 実践桜会2階ホール(実践女子学園渋谷校舎隣)
基調報告: 新熊 清、森岡 稔、大塚 辰夫

 

* 2004年度春季大会 
  日  時: 2004612日(土) 13:3017:00
   場  所: 埼玉会館(京浜東北線 JR浦和駅西口下車、徒歩7分)
   総  会: 役員改選、会計報告その他
   研究発表: 
     大浦 龍一         「劇評家としてのショー(5)女優パトリック・キャンベル夫人」

森岡            「『神を捜す黒人娘』の宗教性について」
   講演:
     高橋 宣也         「『完全なるワーグナー主義者』の翻訳について」

 


--2003年度--

 

* 第31回作品研究会  
Press Cuttings
日  時: 2004年3月13() 14001600
場  所: 名古屋学院大学さかえサテライト
基調報告: 島村 東太郎

 

* 2003年度秋季大会 
日  時: 20031025日(土) 13:0017:00
場  所: 愛知学院大学楠元校舎・法人本部2階大会議室
研究発表: 
    大塚  辰夫              Cashel Byrons Profession  に見られるショー の職業観」
        
森川 寿              GBSのモーツァルト評論」
    鈴木 龍一              「バーナード・ショーと小泉信三」

        
小木曽 雅文          Back to Methuselah のテキストについて」

 

* 第30回作品研究会
Buoyant BillionsShakes versus ShavFarfetched FablesWhy She Would Not
日  時: 2003年9月6日(土)14001600
場  所: 実践桜会2階ホール(実践女子学園渋谷校舎隣)
基調報告: 小木曽 雅文

 

* 2003年度春季大会 
  日  時: 2003614日(土) 13:0017:00
   場  所: 埼玉会館(京浜東北線 JR浦和駅西口下車、徒歩7分)
   総  会: 会計報告
   研究発表: 
     大浦 龍一         「劇評家としてのショー(その4
                   ショーとヘンリー・アーサー・ジョーンズ」
     森岡 稔            Pygmalion における脱構築性」
     河野 賢司         「ジョン・オドノヴァンによるショーの伝記劇について」


<!--[if !supportLineBreakNewLine]-->

--2002年度--

* 第29回作品研究会: The Shewing-Up of Blanco Posnet
  日  時: 2003年3月8日(土)14001600
  場  所: 名古屋学院大学さかえサテライト
  基調報告: 鈴木 龍一

* 2002年度秋季大会 
  日  時: 20021026日(土)13001600
  場  所: 愛知学院大学楠元校舎・法人本部2階大会議室
  研究発表: 
    小木曽 雅文       「大戦とショー」
        
森川 寿          Arms and the Man エルザの夢、ライーナの夢」

        
大塚  辰夫          Immaturity  ショー の小説について」

* 第28回作品研究会 : The Man of Destiny
  日  時: 2002年9月7日(土)14001600
  場  所: 実践桜会2階ホール(実践女子学園渋谷校舎隣)
  基調報告: 島村 東太郎

* 2002年度春季大会 
  
日  時: 2002年6月8日(土)13001700
   場  所: 埼玉会館(京浜東北線浦和下車、駅から徒歩10分)
   総  会: 役員改選、会計報告
   研究発表: 
     島村 東太郎    Backto Methuselahの本文の異同について」
     森岡 稔       Manand Supermanにおける創造的進化論」
     大浦 龍一        「劇評家としてのShaw(その3): Shaw Pinero作品評」

 

 

-- 2001年度 --

 

* 第27回作品研究会: The Apple Cart
  日  時: 2002年3月9日(土)14001600
  場  所: 名古屋学院大学さかえサテライト
  基調報告: 
新熊 清

* 2001年度秋季大会
日  時: 20011027日(土)13001700 
場  所:  愛知学院大学楠元校舎・法人本部2階大会議室
シンポジウム:「ショーと女性たち」
パネリスト
   新熊 清           「ショーとジャネット・アチャーチ」
   小幡 正子           「ショーの妻シャーロット」
   飯田 敏博           「ショーとキャンベル夫人」
   小木曽 雅文      「ショーの母ルシンダ・エリザベス」

* 第26回作品研究会: In Good King Charless Golden Days
  日  時: 2001年9月9日(日)13001600
  場  所: 実践桜会2階ホール(実践女子学園渋谷校舎隣)
  基調報告: 小木曽 雅文

* 2001年度春季大会
日  時: 2001年6月9日(土)13001600
場  所: 宇都宮大学 大学会館2階
研究発表: 
   小木曽 雅文 「菊池寛とショー」
   須田 久美子 「Bernard ShawJohn Bulls Other Island考察」
   大塚 辰夫    「アイルランド演劇とBernard ShawJohn Bulls Other Island

 

 

-- 2000年度 --

 

* 第25回作品研究会: Misalliance
  日  時: 2001年3月10日(土)午後2時〜4時
  場  所: 
愛知学院大学楠元校舎・法人本部大会議室
  基調報告: 鈴木 龍一

* 2000年度秋季大会
  日  時: 200011月4日(土)午後1時30分〜4時30
  場  所: 鹿児島国際大学
  研究発表: 午後1時30分〜3時20
       1.伊藤 麻里子        「ショーのメロドラマ的ヒロイン『バーバラ少佐』」
       2.森川 寿       「“少女を女に教育”した中年男の自負と誤算: ニコラ、シーザー、ヒギンズ」
  講  演: 午後3時30分〜430
         升本 匡彦          「ショー没後50年」

* 第24回作品研究会: Back to Methuselah
  日  時: 2000年9月17日(日)午後2時〜4時
  場  所: 実践女子学園・教育文化振興実践桜会2階ホール
  基調報告: 島村 東太郎

* 2000年度春季大会
  日  時:2000年5月27日(土)午後1時30分〜5時
  場  所:実践女子学園渋谷校舎
  研究発表: 
    大浦 龍一 「劇評家としてのショー(その2)ーーショーとピネローー」
    清水 義和 「ショーの言葉と表記法」
    小木曽 雅文 「漱石蔵書のショー本について」

      

-- 1999年度 --

* 第23回作品研究会: Pygmalion
  日  時:2000年3月11日(土)午後1時〜3時
  場  所:愛知学院大学楠元校舎・法人本部大会議室
  基調報告: 新熊 清

* 1999年度秋季大会
  日  時:19991030日(土)午後1時30分〜5時
  場  所:愛知学院大学楠元校舎・法人本部大会議室
  研究発表:
    大浦 龍一 「劇評家としてのショーとヴィクトリア朝演劇――その1」
    森川  寿  「もう一つの『武器と人』――ショーの映画台本――」
    小幡 正子「バーナード・ショーにおける殉教のテーマ」

* 第22回作品研究会: Doctor's Dilemma
  日  時:1999年9月12日(土)午後2時〜4時
  場  所:実践女子学園・桜同窓会館
  基調報告: 佐藤 晋

* 1999年度春季大会
  日  時:1999年6月12日(土)午後2時〜5時
  場  所:明治大学和泉校舎
  研究発表:
    児玉 光子 "Characterization of Cleopatra: in the case of Caesar and Cleopatra"
    清水 義和「バーナード・ショーと市川又彦」
    山本 達夫「ショーについての一つの模索」