ホーム 会長挨拶  会則  沿革   研究会   機関誌GBS  出版物  生涯・人物   作品   関連サイト

沿  革


1971
1127日: 
  早稲田大学大隈会館において日本ショー協会 (The Shaw Society of Japan) 設立総会を開催。初代会長に市川又彦、その他の役員を選出。

1980614日:
  聖心女子大学で開催された第10回年次総会において、学会名称を日本バーナード・ショー協会(The Bernard Shaw Society of Japan)と改称。役員改選の結果、市川又彦が名誉会長、中川龍一が二代目会長に選出された。

19821111日:
  市川名誉会長死去。

1986530日:
  『バーナード・ショー研究』(学書房出版)刊行。12編からなる論文集。

1986614日:
  聖心女子大学で開催された16回年次総会において、中川龍一が名誉会長、末永国明が三代目会長に選出された

1988611日:
  聖心女子大学で開催された18回年次総会において、中川龍一が名誉会長、升本匡彦が四代目会長に選出された

198992日:
  研究発表を中心とする年2回の例会と別に、作品研究会を年2回開催することになり、その第1回が、聖心女子大学でWidowers Housesを題材に行われた。基調報告は小木曾雅文が行った。

199086日:
  中川名誉会長死去。

199131日:
  論文集『バーナード・ショー研究』第1号刊行。雑誌として刊行し、創刊号には6編の論文が寄せられた。

199271日:
  論文集『バーナード・ショー研究』第2号刊行。寄稿3編。

1995111日:
  論文集『バーナード・ショー研究』第3号刊行。寄稿4編。

199668日:
  実践女学園渋谷校舎で開催された26回年次総会において、小木曾雅文が五代目会長に選出された

199931日:
  論文集『バーナード・ショー研究』第4号刊行。寄稿3編。

2000527日:
  実践女学園渋谷校舎で開催された30回年次総会において、島村東太郎が六代目会長に選出された

200191日:
  論文集『バーナード・ショー研究』第5号刊行。寄稿3編。

2003614日:
  論文集『バーナード・ショー研究』第6号刊行。寄稿4編。2001年度秋季大会20011027日、愛知学院大学)のシンポジウム:「ショーと女性たち」に関連する3編を特集している。

2004612日:
  埼玉会館で開催された34回年次総会において、新熊清が七代目会長に選出された

2004725日:
  論文集『バーナード・ショー研究』第7号刊行。寄稿3編。

20051224日:
  論文集『バーナード・ショー研究』第8号刊行。寄稿4編。

20061120日:
  生誕150周年記念『バーナード・ショーへのいざない』(文化書房博文社) 刊行。
  ――序論、ショーの生涯、ショーの様々な側面、作品紹介、資料の五章からなる入門書。

20071117日:
  論文集『バーナード・ショー研究』第9号刊行。寄稿3編。

2009年3月14日:
  論文集『バーナード・ショー研究』第10号刊行。寄稿4編。

2010年6月5日:
  実践桜会で開催された40回年次総会において、飯田敏博が八代目会長に選出された

2010年6月5日:
  論文集『バーナード・ショー研究』第11号刊行。寄稿6編。

20111127日:
  論文集『バーナード・ショー研究』第12号<創立40周年記念号>刊行。寄稿7編、特別寄稿1編、ISSからのメッセージ。

2013年8月23日:
  論文集『バーナード・ショー研究』第13号刊行。寄稿4編。