http://kirinuke.com/portrait/bernard-shaw/ 

    http://www.irasutoya.com/p/figure.html 


          
日本バーナード・ショー協会

The Bernard Shaw Society of Japan 

 会長:森川 寿 和歌山工業高等専門学校名誉教授

 事務局:大浦 龍一方

  〒353-0007 志木市柏町3-3-31-203

   Tel: 048-473-1303    email: obssj@yahoo.co.jp

目的: 本会は我が国におけるバーナード・ショー及び同時代の演劇・

思想等の研究を促進し、会員相互の親睦を図ることを目的とする。

 

     沿 革   会則   会長挨拶    最近の研究会

     GBS 36号PDF(2013年6月発行)  GBS32号PDF(2009年)

     GBS 35号PDF(2012年6月発行) GBS 34号 PDF(2011年6月発行) 

     GBS 33号PDF(2010年6月発行) GBSバックナンバー

 

    出版物紹介(『バーナード・ショー研究』etc.

 

       バーナード・ショーについて

        生涯・人物    作品    関連サイト

 

           次回行事

 2017年度 日本バーナード・ショー協会春季大会

 

日 時610日(土)13:00 16:30

場 所:十文字学園女子大学巣鴨サテライト http://js.jumonji-u.ac.jp/articles/-/5

    サテライト教室は十文字中学・高等学校の敷地内にあり、構内図の「カフェテリア

    と書かれた部分の5階にあります。

    大塚ルートは急坂があるので、巣鴨ルートをお勧めします。

土足のままの入室不可のためスリッパ要着用。スリッパはサテライト入口(1階)の

下足箱の中にあるものをご利用ください。

役員会12:00 13:00    

総 会13:00 13:30

研究発表13:30 16:30

松本承子氏:『結婚』における結婚・離婚制度について

Marriage and Divorce in Getting Married

Nicholas R. Williams氏:A Theatrical Web of Obscure Events and Equally

      Obscure Characterizations: An Interpretation of Too True to Be Good (1932)

森岡 稔氏:『運命の人』における「生命哲学」

‘Philosophy of Life’ in The Man of Destiny  

 

   懇親会を大会終了後17:0019:00に開催します。会費は6,000円です。

   出欠62()までに、Eメールもしくは葉書で下記にご連絡ください。

大浦 龍一:〒353-0007 志木市柏町3-3-31-203  E-mailobssj@yahoo.co.jp

 

 

   お知らせ

   3回バーナード・ショー・セミナー2017923()熱海市で開催します。現在、

  テーマおよびパネラー希望者を募集中です。皆様からのご提案をお待ちしています。

   2017年度会費を納入してください5,000円、ただし学生及び年金生活者は3,000円)。

   協会の領収書をご入用の方は、払込取扱票通信欄にその旨を御記入ください。
 ゆうちょ銀行振替口座:00800-7-118554、加入者名:日本バーナード・ショー協会

 

 

  『結婚』における結婚・離婚制度について

   Marriage and Divorce in Getting Married

                                松本承子

 

本発表では1908年に執筆された『結婚』における結婚・離婚制度を当時の結婚・離婚制度に

らし合わせて論じていきたいと思う。この作品はショーの作品には珍しく三一致の法則に従

って書かれている。時は1908年春のとある一日、場所はチェルシー主教の台所、筋はイーデ

ィス・ブッリジノースの結婚式を巡り展開する。そこには三組の男女の組み合わせ、ブッリ

ジノース家の三兄弟の長男であるレジナルドと彼の妻であるレオ、次男のボクサー将官と彼

のプロポーズを断り続けるブリッジノース夫人の妹であるレズビア、三男である主教とその

夫人が登場する。この作品では結婚・離婚制度にまつわる問題、レオのような女性の浮気、

レズビアのような「新しい女性」や結婚式の主役である花嫁の結婚拒否、複婚、女性らしさ

・男性らしさの神話などの問題が含まれている。それらの点をフェミニズムの視座から考察

していきたいと思う。

 

 

  A Theatrical Web of Obscure Events and Equally Obscure Characterizations:

  An Interpretation of Too True to Be Good (1932)

      Nicholas R. Williams

 

Shaw’s audience is required to piece together a series of abrupt changes and

incidents only very loosely held together by the characters themselves.

The two stage environments - the first in Act I at a suburban home in England,

moving in Act II to a desert outpost in the British Empire ? are difficult

for an audience to understand at first. Only by the end of Act III

do we begin to understand why.

 

 

  『運命の人』における「生命哲学」

  ‘Philosophy of Life’ in The Man of Destiny

                                 森岡 稔

  

G・K・チェスタトン(G・K・Chesterton、1874- 1936)は、「バーナード・ショーの『運

命の人』は、『シーザーとクレオパトラ』が書かれる以前に、すでにパロディーを書いた

ようなものだ」と言っている。1898年に『愉快劇』の中の一篇として出版されたショーの

6番目の劇である『運命の人』は、ナポレオンが主人公である。チェスタトンが言うように、

ナポレオンはこの劇の中でシーザーを意識している。したがって、ところどころに後のショー

の劇に登場する「超人思想」の萌芽が見られる。「運命の人」というのは、追放される運命に

あるナポレオンを称しての当時の世間の言葉であるが、ショーは「運命に挑む人」という意味

で使っている。次の3つを議論の柱としたい。@自己を信頼して勇気をもち運命を切り開いて

いく「超人」の萌芽A「恐怖」が人間の「行動を縛るもの」であり、かつそれが「行動の核」

となる人間の習性B「利他の精神」が実は人間の自主性を損ねていること。以上を主な論点と

してショーペンハウアーやニーチェにも言及してこの劇の「生命哲学」を論じたい。