http://kirinuke.com/portrait/bernard-shaw/ 

    http://www.irasutoya.com/p/figure.html 


          
日本バーナード・ショー協会

The Bernard Shaw Society of Japan 

 会長:森川 寿 和歌山工業高等専門学校名誉教授

 事務局:大浦 龍一方

  〒353-0007 志木市柏町3-3-31-203

   Tel: 048-473-1303    email: obssj@yahoo.co.jp

        郵便振替00800-7-118554

 

目的: 本会は我が国におけるバーナード・ショー及び同時代の演劇・

思想等の研究を促進し、会員相互の親睦を図ることを目的とする。

 

     沿 革   会則   会長挨拶    最近の研究会

     GBS 36号PDF(2013年6月発行)  GBS32号PDF(2009年)

     GBS 35号PDF(2012年6月発行) GBS 34号 PDF(2011年6月発行) 

     GBS 33号PDF(2010年6月発行) GBSバックナンバー

 

    出版物紹介(『バーナード・ショー研究』etc.

 

       バーナード・ショーについて

        生涯・人物    作品    関連サイト

 

2017718

 2017年度 日本バーナード・ショー協会秋季大会

 

日 時1125日(土)13:00 16:00

場 所:愛知学院大学大学院栄サテライト・キャンパス

名古屋駅から市営地下鉄東山線で栄駅まで5

栄駅13番出口から中日ビルまで徒歩1

愛知学院大学栄サテライトセンターは中日ビルの11

http://navi.agu.ac.jp/access/sakae

役員会12:00 13:00

開会式13:00 13:10

研究発表13:10 16:00

 

松本 望希氏: 照明を「経験」する英国社会:『傷心の家』における光と闇

               British Society Experiencing Lamps: Light and Darkness in Heartbreak House

清水 和美  サフラジェットを見た日本の男たち

Japanese Men Who Saw Suffragettes

森川 寿氏  『ウォレン夫人のお仕事』:ウェル・メイドな議論劇

Mrs Warren’s Profession: A Well-Made Discussion Play

 

   懇親会を大会終了後17:0019:00に開催します。会費は4,000円です。

   出欠1117()までに、Eメールもしくは葉書で下記にご連絡ください。

大浦 龍一:〒353-0007 志木市柏町3-3-31-203  E-mailobssj@yahoo.co.jp

 

お知らせ

   4回バーナード・ショー・セミナーのテーマを募集しております。

   2018年度春季大会20186十文字学園女子大学巣鴨サテライトで開催する予定です。

  発表者は募集中です。

   2017年度会費を納入してください5,000円、ただし学生及び年金生活者は3,000円)。

  協会の領収書をご入用の方は、払込取扱票通信欄にその旨を御記入ください。
 ゆうちょ銀行振替口座:00800-7-118554、加入者名:日本バーナード・ショー協会

 


 照明を「経験」する英国社会:『傷心の家』における光と闇

British Society Experiencing Lamps: Light and Darkness in Heartbreak House

 

松本 望希

 

 本発表は、バーナード・ショー『傷心の家』(1919)に幾度も現れる「光」と「闇」の対比

 に着目することで、当時の現実社会に「照明」というテクノロジーの発展がどのような経験

 をもたらしたのかを考察し、作品分析を行うことを目的とする。

 19世紀から徐々に実用化されたガス灯、アーク灯などの人工照明は、人々の生活を大きく変

 えていった。他方『傷心の家』においても、第1幕のショトゥヴァー船長の「金は明るいとこ

 ろでは作られない」という比喩的な台詞や、第3幕の、傷心の家の灯りを消すよう命じる警察

 からの電話など、照明、あるいは光と闇に関する描写を随所に見出すことができる。また第一

 次世界大戦中の灯火管制が、作中でもツェッペリンの空襲という出来事を通して描かれている

 ように、本作品で提示される照明というテクノロジーは、当時の社会との関連の中で考えられ

 るだろう。舞台上の演出に関して、照明の役割に対するショー自身の考えにも焦点を当てなが

 ら、実際の舞台空間と現実社会が、照明というテクノロジーを介してどのように接続されてい

 るのかを考察したい。

 

 

 サフラジェットを見た日本の男たち

   Japanese Men Who Saw Suffragettes

                    

  清水 和美

 

 本年(2017)初め、イギリス映画Suffragette(邦題「未来を花束にして」)が公開された。

  映画後半のハイライトシーンで、サフラジェットのメンバーが競馬場で走る馬の前に身を

 挺して女性参政権を訴えた。あのシーンの現場に居合わせたのが、滞英中の劇作家小山内薫

 である。小山内はそのメンバーの葬式を見るために帰国を延期し、詳細で好意的な記事を

 『中央公論』(19158月号)に掲載した。イギリスでバーナード・ショーを訪問した劇作家

 中村吉蔵は、その2週間ほど前にハイド・パークでサフラジェットたちの行進と演説を見て、

 『欧米印象記』に感想を書いている。

映画では、サフラジェットたちが忙しく立ち働く喧騒極まる事務所も映されていたが、あの

事務所へ出向きレポートしたのが、霧のロンドンを描いた日本人画家牧野義雄である。その

記事は中尾清太郎が「マーキノ・ヨシオ君の婦人同盟訪問記」として雑誌『新真婦人』

19151月号)に掲載した。小山内、中村、牧野等の他にもサフラジェットを見た日本の男

たちは長谷川如是閑(ジャーナリスト)、鎌田栄吉(慶應義塾塾長・貴族院議員)、植原悦

二郎(衆議院議員)他多数いる。

 

 

 『ウォレン夫人のお仕事』:ウェル・メイドな議論劇

  Mrs Warren’s Profession: A Well-Made Discussion Play

 

 森川 寿

Mrs Warren’s Profession (1893)を翻訳していると、劇の展開がよくできていて、Shaw

三作目にして熟練の劇作家であると実感した。The Quintessence of Ibsenism (1891)などで、

Shawはウェル・メイド・プレイ形式を否定して、議論を演劇の重要な要素として導入するよ

うに主張している。しかし、彼自身は19世紀の演劇形式に精通し、それを使いこなした上に

彼特有の演劇形式を花開かせた。PineroThe Second Mrs Tanqueray (1893)をウェル・

メイド・プレイの代表として、WagnerDie Walkure (1856)を議論劇の代表として言及

しながら、Shawの「不愉快な」劇の構成を論じたい。なお、この戯曲には先行訳が複数有

り、参考にした市川又彦訳(1941)、小津次郎訳(1974)、黒川欣映訳(2007)について、時間が

許せば触れたい。