ホーム 会長挨拶  会則  沿革   研究会   機関誌GBS  出版物  生涯・人物   作品   関連サイト

日本バーナード・ショー協会
The Bernard Shaw Society of Japan

  会長:森川 寿 和歌山工業高等専門学校名誉教授

 事務局:大浦 龍一方 353-0007 志木市柏町3-3-31-203 

           Tel: 048-473-1303                                                                                                
                 email:
obssj@yahoo.co.jp

目 的: 本会は我が国におけるバーナード・ショー及び同時代の演劇・思想等の

研究を促進し、会員相互の親睦を図ることを目的とする。

 

 沿 革   会則   会長挨拶    最近の研究会

 GBS 36号PDF(2013年6月発行)   GBS32号PDF(2009年)

 GBS 35号PDF(2012年6月発行)  GBS 34号 PDF(2011年6月発行) 

 GBS 33号PDF(2010年6月発行)  GBSバックナンバー

 出版物紹介(『バーナード・ショー研究』etc.

 

  バーナード・ショーについて

 生涯・人物    作品    関連サイト

 

次回行事

20181010

 

2018年度 日本バーナード・ショー協会秋季大会

 

日 時1124日(土)13:00 16:00

場 所:名城大学天白キャンパス共通講義棟北(北館、N棟)4階N401教室

最寄り駅は地下鉄鶴舞線塩釜口駅。

名古屋駅からは地下鉄東山線藤ヶ丘行きで一駅(3分)の伏見駅で、

鶴舞線豊田市・赤池行きに乗り換えて17分ほどで塩釜口駅着。

改札口を出て出入り口1(出た左手に吉野家がある出口)まで階段を上り、

その出口を右に(飯田街道を八事方面へ)しばらく行き、最初の信号(郵便

局が近くにある)ところに名城大学正門入口あり(8分ほど)。構内をひたす

ら直進した突き当りにある北館(N棟)のエスカレーターで4階まで。

https://www.meijo-u.ac.jp/about/campus/tempaku.html

 

役員会12:00 13:00

開会式13:00 13:10

研究発表13:10 16:00

松本 望希氏: The Doctor’s Dilemma を通して見る医療倫理

               Medical Ethics in The Doctor’s Dilemma

大塚 辰夫  『ブラスバンド船長の改宗』の翻訳にあたり

How I translated Captain Brassbound’s Conversion into Japanese.

森岡 稔氏  『武器と人』における「理想」と「現実」:ユングの「個性化」を通して

       ‘Ideal’ and ‘the Real’ in Arms and the Man: Through Jungian ‘Individuation’

  懇親会を大会終了後17:0019:00に開催します。会費は5,000円です。

  出欠1116()までに、Eメールもしくは葉書で下記にご連絡ください。

大浦 龍一:〒353-0007 志木市柏町3-3-31-203  E-mailobssj@yahoo.co.jp

 

 

お知らせ

  5回バーナード・ショー・セミナーのテーマを募集しております。

  2019年度春季大会20196十文字学園女子大学巣鴨サテライトで開催する予定です。

発表者は募集中です。

  2018年度会費を納入してください5,000円、ただし学生及び年金生活者は3,000円)。

協会の領収書をご入用の方は、払込取扱票通信欄にその旨を御記入ください。
 ゆうちょ銀行振替口座:00800-7-118554、加入者名:日本バーナード・ショー協会

 

 


The Doctor’s Dilemma を通して見る医療倫理

Medical Ethics in The Doctor’s Dilemma

松本 望希

 本発表では、『医師のジレンマ』(The Doctor’s Dilemma, 1906)における医師の表象に着目すること

で、20世紀初頭の英国社会における医療倫理がどのように描かれているか検討する。先行研究におい

ては、「悲劇」という副題に関連し、しばしばそのジャンル性について議論されてきた本作品であるが、

他方で、リジョンをはじめとする医師たちは道徳性を

欠いた存在であり、徹底的にショーのsatire の対象として提示される。「悲劇」が不在である本作品に

おいて、ショーが描き出したのは、人間の身体及び精神に対する医療技術の優位性ではないだろうか。

『医師のジレンマ』と同じく、医療問題を扱った作品である『恋をあさる人』(The Philanderer, 1893

との比較を行いつつ、1870年代より起こった生体

解剖論争にも注目し、ショーが自らのテクストで示した医療のあり方について考察する。

 

 

『ブラスバンド船長の改宗』の翻訳にあたり

How I translated Captain Brassbound’s Conversion into Japanese.

                    大塚 辰夫

 Captain Brassbound’s Conversionを翻訳するにあたり特に留意したことは、次のことです。

各登場人物の台詞をいかに人物なりの日本語にするか。大方の現代の日本人に理解可能な日本語表現に

するかということです。この原作にはすでに翻訳がありますが、ずいぶん古いものであるだけに、現代

の日本人にはおよそ理解が困難で、また、読んで面白くはない読み物でしょう。そこで今般、この点を

意識して現代風の日本語に改めた、ということです。

さらに、訳出にあたり留意したことは、Cockneyの台詞です。これについては、British native speaker

の協力を得ました。それでも、現代のネイティブスピーカーでさえ理解不能な語彙が使用されていること

は、大いなる困難があったということです。こういう点についても言及したい。

 

 

『武器と人』における「理想」と「現実」:ユングの「個性化」を通して

Ideal’ and ‘the Real’ in Arms and the Man: Through Jungian ‘Individuation’

                    森岡 稔

『武器と人』(1894)のテーマは、「理想と現実」である。戦争を美化する社会をショーは風刺し、現実に

真剣に向き合う実人生を勧める。現実を直視することを支えるのは「生の力」であり、自己実現を休むこ

となく追究するユングの「個性化」である。三角関係となるのは、ペトコフ少佐の娘ライーナ、彼女の

許婚のブルガリア軍少佐のサージァス、セルビア軍のスイス人傭兵ブルンチュリである。この劇は一見、

「理想」を棄て「現実」を見据えることを奨励しているようであるが、はたしてそうなのか。ショーが嫌

うのは、最初に「理想的幻想」があって、そのあとに実人生がある人生設計である。「生の力」「個性化」

はゴールである「自己」に向かう自己実現であるので、めざすのは「理想」に他ならない。ショーは「現

実認識」という、地に足を着けた実行力を身に付けた上で、「理想」を追求したのであるから、いわば究極

のロマンチストだと言える。「アニマ」「アニムス」「影」といったユング心理学の「元型」を用

いて登場人物の類型をさぐり、劇における「個性化過程」を見ていきたい。