《斜里農業の歴史》

 

入植のはじまり(明治時代の農業)

 斜里農業(のうぎょう)開拓(かいたく)は、明治10年(1877年)に岩手県(いわてけん)鈴木(すずき)養太(ようた)という人が赤上(あかがみ)(今の朱円西区(しゅえんにしく))に入植(にゅうしょく)[土地を開いたりするために、その土地に移り住むこと]したのがはじまりです。このころは「土地(とち)(はら)()願書(がんしょ)」という書類(しょるい)を出せばどこでも()きな場所が手に入る時代でしたが、自家用(じかよう)作物(さくもつ)として(むぎ)豆類(まめるい)・なすなどを(つく)程度(ていど)で農業だけで生活(せいかつ)することはできませんでした。

 明治22年(1889年)北海(ほっかい)道庁(どうちょう)による斜里地方の測量(そくりょう)(おこな)われました。その結果(けっか)、斜里原野(げんや)、アッカンベツ原野が開放(かいほう)され本州方面から農民(のうみん)次々(つぎつぎ)と入植するようになりましたが、交通(こうつう)不便(ふべん)でまだ農業だけでは生活ができず、大工(だいく)仕事(しごと)などをしながら生活していました。(このころの(おも)な作物は大麦(おおむぎ)菜種(なたね)、ジャガイモなどで、お金になったのは菜種ぐらいでした。)

 農業が発展(はってん)したのは明治37年(1905年)ころからで、日露(にちろ)戦争(せんそう)影響(えいきょう)豊作(ほうさく)(かさ)なって、そのころ不振(ふしん)だった漁業(ぎょぎょう)にかわって斜里の産業(さんぎょう)の中心となりました。

また、明治時代の(おわ)りころ、三井(みつい)物産(ぶっさん)株式(かぶしき)会社(がいしゃ)が3,600ヘクタール(東京ドームの面積(めんせき)のおよそ770(ばい))というとても大きな面積の土地を北海道庁から払い下げを()けました。そして、この土地を三井(みつい)合名(ごうめい)会社(がいしゃ)()りわたし北海道ではじめての請負制(うけおいせい)導入(どうにゅう)し、キャタピラー(しき)トラクターなどの輸入(ゆにゅう)した器具(きぐ)使(つか)った(すす)んだ農業をしていました。(三井(みつい)農林(のうりん)のはじまり)

 

左 開墾風景(「斜里町産業発達史」より写真引用)

右 斜里初のキャタピラー式トラクター(大正7年・三井農場)

(「斜里町産業発達史」より写真引用)

 

斜里農業の確立(大正時代・昭和初期の農業)

大正時代に入ると、大正2年(1913年)の広島県(ひろしまけん)からの入植を先頭(せんとう)に、本州方面から次々と斜里に入植してきました。

大正3年(1914年)に第一次大戦(たいせん)がはじまると麦やえんどう豆などの雑穀(ざっこく)値段(ねだん)が上がり、農家(のうか)景気(けいき)がとてもよくなりました。(戦争(せんそう)をしている国へ食料(しょくりょう)援助(えんじょ)するためそれまで2円程度(ていど)の青えんどうが30円にもなり、お金が入りすぎて頭がおかしくなる人が出たり、農家のおかみさんは()金歯(きんば)にかえるほどでした。)このころの農業の収入(しゅうにゅう)(やく)90万円、漁業の収入は約10万円というように、農業だけで完全(かんぜん)に生活ができるようになりました。また、農業の発展により下町が中心だった市街(しがい)役場(やくば)が上町の(ほう)(うつ)り、昭和11年(1936年)には神社(じんじゃ)までも海を()にして山の方を()くように()てかえられました。

しかし、大正7年(1917年)第一次大戦が終わると景気が(わる)くなり、雑穀の値段が(きゅう)に下がり、(つづ)いて発生(はっせい)した風害(ふうがい)によって農業は(だい)損害(そんがい)を受けました。

 

澱粉(でんぷん)の生産 ジャガイモの生産(せいさん)は明治時代からはじまっていましたが、明治の終わりころから「手回(てまわ)(しき)」「水車式(すいしゃしき)」「カラ傘馬(かさうま)(まわ)(しき)」などの方法で澱粉がつくられるようになりました。また、大正のはじめころから北海道の中でももっとも進んだ方法として石油(せきゆ)発動機(はつどうき)使(つか)って進歩(しんぽ)してきました。そして、一時期は約100()の澱粉工場(こうじょう)がある澱粉王国(おうこく)でした。しかし、昭和34年(1959年)ホクレン中斜里澱粉工場の操業(そうぎょう)がはじまると、ほとんどの澱粉工場がなくなっていきました。

 

左 操業中の田中澱粉工場(「斜里・知床の近代化遺産」より写真引用)

右 放置された水車(田中澱粉工場跡)(「斜里・知床の近代化遺産」より写真引用)

 

水田(すいでん) 現在ではまったくありませんが、斜里でも稲作(いなさく)(おこな)われていたときがありました。明治29年(1896年)鈴木養太という人が網走管内(かんない)ではじめて稲作に挑戦(ちょうせん)しましたが、本格的(ほんかくてき)になったのは大正時代からです。第一次大戦が終わり、雑穀の値段が急に下がると農家をやめる人がたくさん出て、さらには風害をきっかけに稲作農家にかわる人が()えました。また、かんがい工事[水を引いて田や畑をうるおす工事]により猿間(さるま)川から水を()いたことにより一気(いっき)に水田がつくられるようになりました。大正14年(1925年)の記録(きろく)には、農家の収入のうち稲作約24万円、豆類約22万円、ジャガイモ約15万円となっており、稲作の収入が大きくなっています。しかし、昭和のはじめに続いた冷害(れいがい)凶作(きょうさく)により稲作を断念(だんねん)する農家が増え、約15年間で斜里農民の水田にかける(ゆめ)()えてしまいました。

 

戦後の農業

 第二次大戦が終わった昭和20年代、戦争の被災者(ひさいしゃ)戦地(せんち)からの引揚者(ひきあげしゃ)を受け入れるために開拓が行われました。しかし、農業をすることが(むずか)しい地域(ちいき)では農業をやめる人が出てきました。このうち、知床半島の岩尾別(いわおべつ)台地(だいち)の入植した跡地(あとち)では「しれとこ100u運動(うんどう)」が行われています。

 戦後の斜里の農業は農業会が農業協同(きょうどう)組合(くみあい)にかわり、農業協同組合の努力(どりょく)の結果、麦、豆類、ビート、ジャガイモなどたくさん作付(さくつけ)されました。(とく)にジャガイモは、斜里の中心的な作物として生産されていますし、小麦も安定(あんてい)した作付がされています。また、ビートは毎年増えつづけ、昭和33年(1958年)にホクレン中斜里製糖(せいとう)工場が操業されると作付面積(さくつけめんせき)が1,000ヘクタールをこえるようになりました。

戦後の岩尾別開拓でつくられた澱粉工場跡(しれとこ100u運動(うんどう)地)

(「斜里・知床の近代化遺産」より写真引用)