シャープ弓道部

2011.12.23 OPEN

 

 

 

 

 

神業

 

→ 沿革
→ 道場・布目弓道場
→ 練習スケジュール

◆2011年度

◆2012年度

◆2013年度

◆2014年度

◆2015年度

2016年度

◆2017年度

2018年度

→ 規約
→ 歴代役員
→ 雪笹杯優勝者
→ 勤労者大会
→ 実業団大会
→ 例会

→ 活動状況

■2011年度

■2012年度

 

→ 雪笹会(OB/OG会)規約

→ 雪笹会 役員名簿

→ 雪笹会 振込口座

→ 雪笹会 会計報告

 

→ 雪笹会 会員名簿 (含.現役)

 

→ 弓道雑感 
 

 

 

 

→ リンクサイト

 

 

 

メール メール/お問い合わせ

 


 

 

 

 

 

 

Counter 

 

 

 

 

 

 

   

【 神業アーカイブズ 】

 

■ 2016年 天皇盃/皇后盃 矢渡し (at 明治神宮 至誠館中央弓道場)

 

   

 

  範士九段 吉本清信先生                範士八段 佐竹万理子先生

 

 

 

 

 

 

平成29年度 奈良県弓道団体選手権大会 (兼勤労者大会県予選)

 

準優勝+勤労者大会(茨城県)出場権獲得

 

        おめでとうございます。

 

■期日: 平成30年2月12日(祝)

■場所: 奈良県立橿原公苑弓道場

 

     

 

 

 

久しぶりの勤労者大会への出場。(開催地:茨城県・水戸市)

是非とも、今回の調子で、予選突破して、
決勝トーナメントに進みましょう。

(シャープBチームの結果はどうだったのかな??)   

 

 

 

 

 

平成30年(2018年) シャープ弓道部 新年射初め会

 

新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします

 

■期日: 平成30年1月6日(土)

■場所: 奈良・布目弓道場 英明館

 

    

 

今年の新年射会は参加者が少なくてさびしい感じでしたが、

井上さんが、金的を落としてくれて、いい年の始まりです。

皆さんで、クラブの活動を盛り上げていきましょう。

今年もよろしくお願いします。   (インフルエンザで参加できなかった 工藤)

 

 

 

 

 

 

第25回 シャープ弓道部 雪笹杯争奪射会(納射会)

 

■期日: 平成29年12月16日(土)

■場所: 奈良・布目弓道場 英明館

 

    優勝: 工藤 裕章 (20射12中) 参加者:??名

 

 

 

25回目の節目の雪笹杯争奪射会。

25回で2度目の優勝(数年ぶりの四射皆中も珍しい光景でした)

優勝おめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

祝! 池本真須美さん 四段昇段 合格

 

                               2017.12.10 at 奈良県弓道連盟 橿原公苑弓道場

 

2017.10.21 練習会 射影

(ちなみに、大前:中條先生・中:吉本先生)

 

 

 

 

 

 

【細川先生(福井)・金子先生(滋賀) 来訪 (吉本先生との練習会)】

◆日時:2017年11月18日(土)9:00〜16:00

◆場所:奈良・布目弓道場

 

 

細川先生・金子先生に混じって、細部までご指導いただきました。

細川先生は、勝手の親指はあまり意識せずにあの鋭い離れを出されているとか。

また、あまり的の狙いは凝視してないとのことでした。(でも中る。やっぱりすごい)

細川先生、八段おめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

第65回 全日本実業団弓道大会 結果報告

 

■期日: 平成29年(2017年)10月13日(金)〜14日(日)

■場所: 明治神宮弓道場

 

■団体戦
監督:工藤
‖臍亜Ь木曽(欠) 二的:香川 C罅藤本 ね鄙亜Э沼 ネ遏Ч藤 控え:中島(欠)

■個人戦
男子:々畧遏´⊃沼

■交歓射会
監督:工藤

■遠的
‖臍亜藤本(欠) 中:香川 M遏Э沼

 

 

 

【至誠館第二弓道場 玄関にて】

 

 

 

 ◆結果

|賃寮錙А   。横古澄棕横嚇澄瓧毅嬰澄 憤貅〕汁敗退)・・・・(予選通過ライン:64点)

個人戦:    香川:0点  菅沼:5点

8魎深猷顱А  工藤:15点

け鹽:      香川:0点+菅沼5点=計5点

 

来年は、5人で出場して余裕で予選通過できるよう頑張りましょう。

 

 

 

 

 

 

祝 吉本清信先生 旭日雙光章叙勲のお祝いBBQ開催 

 

                                      2017.8.19 at 布目弓道場 英明館

 

 

布目弓道場関係者で先生の叙勲のお祝いのBBQを行いました。

色々とあって、半年近く遅れたのですが、
楽しい時間を過ごさせていただきました。

 

また、旭日雙光章の賞状と勲章を拝見させていただきました。


「日本国天皇は吉本清信に旭日雙光章を授与する 皇居において璽をおさせる」


               平成二十八年十一月三日


と記してありました

すごい賞状と勲章を見せてもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆雑感 (20170718)
【例会の意義について】

創部以来、
―婬例会:勤労者大会を意識しての20射競射会
夏季例会:よく中る人ばかりでなく、部員全員が優勝を狙える射会を想定
秋季例会:実業団大会を意識しての20射競射会
づ澣例会:冬場の矢数が少なくなることと、
      夏季例会同様、部員全員が優勝を狙える射会を想定

で、実施してきました。

 

その上で、別の視点で、段級位関係なく、
基本体・基本動作の練習も含め、体配・射礼の所作を勉強する機会として、
矢渡し・納射を実施しております。

〔霤呂掘Я芦麥祺颪両絨娘圓茲蟷位召納損
納射 :各例会での競射開始前に幹事者が定めた順位等に基づく三名で実施。

矢渡し・納射の出来栄えも大事ですが、合宿等での勉強会ができていない状況の中で、
体配・所作は、段級位関係なく学べることなので、練習の一環として、外せないと考えてます。

 

ビデオを見てのイメージトレーニングも重要ですが、
やってみないと判らない点が多いことに気付くためには、
強引にでも、第三介添え・第四介添えを付けてでも、体験することが重要です。

 

また、進行についても、最近、グダグダになってますが、
競技会・射会等での進行の次第・言葉使いを理解、勉強する機会として、
持ち回りで対応してもらってます。

 

表彰式の手順も同様です。最近、少し乱れてるのは懸念していますが、
それでも、やることが重要です。

 

体験することが重要です。


創部以来の指針を曲げるつもりはありません。

                       (工藤)

 


 

 

 

 

祝! 小木曽祐樹さん 参段昇段 合格

 

                               2017.7.16 at 奈良県弓道連盟 奈良市鴻池弓道場

 

 

 

 

 

 

祝! 佐藤(旧姓:原脇)さん 参段昇段 合格

 

                               2017.7.16 at 奈良県弓道連盟 奈良市鴻池弓道場

 

 

 

 

 

 

祝! 香川晃澄さん 1級昇級 合格

 

                               2017.7.16 at 奈良県弓道連盟 奈良市鴻池弓道場

 

 

 

 

 

 

【第23回 布目弓道大会】

 

◆日時:2017年6月10日(土)9:00〜

場所:奈良・布目弓道場・英明館

 

 

 

◆大会案内 ◆大会要綱 ◆大会申込書

 

 

  

 

  

【矢渡し】

 

 

【演武 一つ的射礼】

 

 

【演武 一つ的立射礼】

 

 

  

 

     

 

  

 【弓道教室の部】

 

 

    

 【一般の部 競技風景】

 

◆採点結果

 

 

 【布目大会 参加賞+飛び賞】

 

 

   

 【布目道場 マスコット・・・・・ 八木ヤギ君】

 

 

 

 

 

 

◆平成29(2017)年度 シャープ弓道部 総会


日時:2017年4月9日(日) 18:30〜20:00
場所:奈良・酒処 蔵 (奈良市光明院町)

 

○平成29年度役員

主将;菅沼 副将;井上、主務;井上、会計;小木曽
                      (顧問:牧野 相談役:工藤)

県連理事;井上、県連評議員;伊坂

 

○平成29年度(対会社)

主将;井上

 

○平成29年度活動計画

・各クラブ内行事の予定日及び担当

  例会担当

春季例会(4/09);       井上

夏季例会(7/22);       門

秋季例会(9/02);       小木曽

納会(雪笹杯)(12/16);   遊田

新年射会(1/06);       香川

冬季例会(2/17);       工藤

  勤労者大会(6/9-11);     県予選不通過により、出場選出されず

  実業団大会担当(10/13-15);菅沼

  合宿(開催未定);

  布目大会(6/10);         菅沼

 

○平成29年度ミッション

後日、菅沼主将より、明示いただきます。

 

○平成26年度 シャープ支部 総会

上記シャープ弓道部 総会に準ずるため、記載略

 

 

 

 

 

祝! 太田和宏さん 五段昇段 合格

 

2016.9.25 at 近畿連合 京都府 京都市武道センター弓道場

 

 

 

 

 

平成 27 年度称号者研修会(H28.2.27・28)吉本先生・須田先生の講評のポイント

 

●矢渡しについて(須田先生講評)

矢渡しの良否は介添で決まる

全体の雰囲気や3人の呼吸が合うことが大切(射手の息合いに介添が合わせていく)

「呼吸」は日本文化であり、他者への気遣い・配慮につながっている

介添になった場合は射手に対する信頼や、「この人の介添ができて幸せ」という感謝の気持ちが大切。この気持ちが「気を送 る 」 こ と に つ な が る 。

 

●矢渡しについて(吉本先生講評)

・入場の姿勢が大切

会が2秒以下は詰め・伸び合いが不足でダメ

・体配は息合いが大切

縦線と十文字、伸び合いが大切

取り懸け、大三、会において勝手の形を保つ

引き分け時の顔の動きは、射品射格に影響

胸にゆとりをもって、弓の中に割り込む

ゆるみ離れ防止には、納まるところに肩・肘を納めて伸びて離れるように

離れは、最後は丹田を意識して。これができないと弓の力に負けて矢所が安定しない

 

◆吉本先生の謝礼に関しての考え方

「基本体の集大成が射礼。」

「息合いを合わせること、心をひとつにすることが大切。うまくいくと充実感が得られ、普段以上の射が出来る。」

射礼は空間、時間、人の間の芸術である

 

◆吉本先生の講評(考えの一辺がうかがえる)

一人稽古はダメ

他の人がどのような指導を受けているかを見取り稽古することは指導者として大切なこと

腕組みや、壁際から眺めるなど、受講する際の態度についても留意

指導を受ける際、言い訳はしない

競技会も稽古であり、単に的中を競うのではなく、その中で指導者としての範を示してほしい

体配にスランプはない、さらなる修練を

講師は限られた時間内で指導するよう工夫すること

自らの理想を押し付けず、何を指導するのがその人のためになるかを考えて指導することが大切

 

【弓道人の心がけ】

稽古は基本を重視し、的中のみを考えた手技に偏らず、心技を一体として修練することを忘却しないように

講習会など指導を受ける時に、反論・言い訳は慎む

人に教えたがる者が多いが、みだりに人に教えたがらない

人の名を呼び捨てにせず、同僚といえども道場内では人の名前には敬称を付けて呼ぶ。

的の懸かり具合を道場から指示する時は、跪座して行ったほうがよい。

道場内での?の着脱は下座に向かい、正座または跪座して行う。

射込みは決してしない。特に師と同じ的に立たない。矢に損傷を与えては大変である。但し、許しがあればそれに従う

?・襷・胸当てをしたまま矢取りをしたり、その他いろいろのことをしない

矢をあげる時は、外れた矢から先に、中り矢も的心より遠い矢からあげる。

「何本うった」などの表現は使わない。「何本引いた」「何射した」などと言

 

 

普段、我々が出来ていないからこそ、このような、講評をいただくことを肝に銘じて、日々の練習、それ以前の心構えとして身に着けたいものです。

克己の心をもって、弓を手にしましょう。

 

射場に、気の張った空気感を持った練習を行いましょう。。

 

 

 

 

シャープ弓道部 雪笹会(OB/OG会)(含現役) 会員名簿 更新のお願い

 

シャープが外資系企業になった事に伴い、シャープ弓道部の関係者が

今、どこでご活躍されてるのかなっと思って、雪笹会(含現役)の会員名簿を

更新・整理したいと思います。

 

つきましては、現在の名簿ご確認の上、ご連絡のほど、ご理解、ご協力のほどお願いします

 

工藤 裕章 (Emai:yukizasakai@gmail.com)

 

現在の名簿の確認は、こちらから

 

 雪笹会 会員名簿 (含.現役)

 

 

 

 

 

2016年度(平成28年度) 年間活動計画が策定されました。

   ・・・・・年間計画にはまだ盛り込まれていませんが、太田主将は合宿を考案中です。

 

         皆さん、スケジュールを確認の上、対応のほど、よろしくお願いします。

 

 

 

【布目弓道場の矢道の芝桜が満開 (2016.4.9)】

 

 

 

 

 

【2016年度総会】

  ◇新役員

      主将:太田さん 副将:菅沼さん 主務:井上さん 会計:小木曽さん

 

 

   新しい体制で、また一年頑張りましょう。 一歩でも前へ。

 

 

 

 

■今日(4/9)は、福井の細川先生・吉見先生・石川の中条先生が、布目に来られて、

  一緒に、吉本先生からご指導いただきました。

 

  細川先生の、打起しから、離れまで、胴が微動だしない、行射は見事でした。

  離れの切れと、矢飛びも心を奪われました。

 

  素晴らしい行射を拝見させていただき、いい稽古でした。

 

 

■今日(4/9)の吉本先生からのご指導

 

【遊田】勝手を起こす。張りを持たせる。

 

【井上】大三での勝手肩を突き出すように、逃げないようにする。

 

【菅沼】顔向けで、覗かないこと。顔の会での照るのも是正すること

 

【池本】口割が下がる。弓手の手首が折れないように引き分ける

 

【工藤】手の内が固い。小指の力を抜くこと。中指と親指の輪を意識すること

 

【太田】ごめんなさい。聞き取れませんでした。

 

■吉本先生の言葉、天文筋(掌根)と脈所を意識して、

      手の内を作ると、弓の帰りも素早くなり、餅つきがなくなるとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

■「弓の分」による弓力表示の解明  池沢幹彦先生著

 

   

    

 

 

  

 

  

 

 

 

 

 

 

 

祝! 菅沼利人さん 五段昇段 合格

 

                               2016.3.27 at 近畿連合 兵庫県 川西市弓道場

 

 

 

 

 

山盛さん、また、春に道場に来てくれるそうです。。いたってお元気でした。良かった。    工藤

 

 

 

 

第23回 シャープ弓道部 雪笹杯争奪射会(納射会)

 

■期日: 平成27年12月19日(土)

■場所: 奈良・布目弓道場 英明館

 

優勝: 藤本 聡郎 (20射12中) 参加者:8名

 

 

 

 

 

 

 

 

最後の締めくくりの20射最後の1射目で優勝を勝ち取った藤本さん

優勝おめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

祝! 佐藤(旧姓:原脇)さん 弐段昇段 合格

 

                               2015.7.19 at 奈良県弓道連盟 奈良市鴻池弓道場

 

 

 

 

 

 

第63回 全日本実業団弓道大会 結果報告

 

■期日: 平成27年(2015年)11月6日(金)〜8日(日)

■場所: 明治神宮弓道場

 

■団体戦

監督:小木曽

‖臍亜Э沼 二的:門 C罅Ь木曽 ね鄙亜藤本 ネ遏Ч藤 控え:伊坂

■個人戦

・女子:〔

・男子:/沼 藤本

■交歓射会

・監督:小木曽

■遠的

‖臍亜藤本 中:門 M遏Э沼

 

 

 

【至誠館第二弓道場 玄関にて】

 

 

 

◆団体戦 結果

 

【一次予選結果】

 

【二次予選トーナメント結果】

 

 

 

 ◆個人戦・交歓射会 結果

 

 

 

 ◆遠的 結果

 

 

 

 

天皇盃 第63回全日本男子弓道選手権大会 決勝結果

優勝 大分県 才川義昭
二位 福井県 細川孝夫 (最高得点賞)
三位 千葉県 土佐正明
四位 高知県 山崎正臣
五位 島根県 小原裕幸

おめでとうございます。
           
一度は出て見たいです。

 

天皇盃 第63回全日本男子弓道選手権大会 予選結果

  14  細川孝夫   福井  (今年は最高得点賞・昨年の優勝者、2連覇なるか!)

  29  安倍智     大分

  19  高橋文彦   福島

  12  鈴木康弘   群馬  (昨年の最高得点賞)

  86  佐藤文成   青森

  40  川名修徳   宮崎

  99  多湖賢治   三重  (多胡さん7位通過はすごい)

  50  増淵敦人   栃木  (でた、増淵さん)

  32  黒住一道   佐賀

  77  土佐正明   千葉

  22  野中秀治   大阪  (近畿勢唯一の常連の先生。頑張ってほしい)

  60  長須賀正身  神奈川

  39  山崎正臣   高知

  92  才川義昭   大分

  64  松岡誠二   長崎

  28  田中成和   千葉

  90  田中正晃   熊本

100  吉澤喜芳   埼玉

  65  小原裕幸   島根  (最年少?)

  79  佐藤俊彦   長崎

以上、20位まで、決勝進出。おめでとうございます。

・・・・・・・・・・奈良県勢(西浦先生・西中先生)は残念でした。。

 

 

【平成24年度 秋季例会 結果】

■日時: 9月15日(土)10:00集合、10:30開始〜13:00頃

■場所: 奈良・布目弓道場

 

■優勝: 藤本聡郎

 

■内容: 実業団的で、4射連続で、立射行射。

      得点制で、順位をつける。

      矢数は、各自12射。(4射×3回)

■表彰: 優勝(最高得点者)

■納射: 射手: 藤本聡郎

         第一介添え: 工藤裕章

         第二介添え: 井上敦央

 

【夜の部】 実業団に向けての壮行会

◆時間: 19:00〜21:00

◆場所: 居酒屋 つのふり(050-5834-9209)

      近鉄奈良駅徒歩2分。東向商店街マクドナルドの地下2階。

◆参加: 工藤・井上・香川・藤本・菅沼 (楽しいひと時でした。)

 

多彩な焼酎/地酒の数々

 

 

■12月 近畿地区 臨時中央審査

日時:12月1日(土) 9:00〜

会場:滋賀県立武道館弓道場

 

奈弓連 申込締切: 9月21日(金) 西中副会長宛て

 

井上さん、藤本さん、中島さん、絶対に受審するように(主将命令です)

伊坂さんは、参段、菅沼さんは四段、昇段を確実にしてください。

 

 

◆9・10月度練習計画

 

秋のシーズン到来。

秋の実業団・12月の審査に向けて、

一期一会・不立文字の意識で取り組みましょう。

 

 

・ 9月01日(土) 10:00〜13:00 (正式練習)(実業団対応)

・ 9月08日(土) 10:00〜13:00 (正式練習)(実業団対応)

・ 9月15日(土) 10:00〜13:00 (秋季例会・担当:工藤)(実業団対応)

・ 9月22日(土) 10:00〜13:00 (正式練習)(実業団対応)

・ 9月29日(土) 10:00〜13:00 (正式練習)(実業団対応)

・10月06日(土) 10:00〜13:00 (正式練習)(実業団対応)

・10月13日(土) 10:00〜13:00 (正式練習)(実業団対応)

・10月14日(日) 近畿大会(at滋賀武道館)(9/10県内締切)

(井上さん、藤本さん、伊坂さん、菅沼さん、シャープで1チーム出ましょか)

 

・10月19日(金) 全日本実業団弓道大会 公開練習日

・10月20日(土) 全日本実業団弓道大会 一次予選

・10月21日(日) 全日本実業団弓道大会 二次予選トーナメント・決勝戦

 

・10月27日(土) 10:00〜13:00 (正式練習)(錬士審査対応練習)

 

 

第60回 全日本実業団弓道大会 選手決定

 

■期日: 平成24年10月19日(金)〜21日(日)

■場所: 明治神宮弓道場

 

■団体戦

監督:工藤

‖臍亜О羮紂´二的:菅沼 C罅О忘筺´ね鄙亜藤本 ネ遏Ч藤 控え:川南

■個人戦

‘K棔´⊃沼

■交歓射会

監督:工藤

■遠的

Aチーム: ‖臍亜Э沼 中:藤本 M遏О羮

Bチーム: ‖臍亜О忘筺´中:工藤

 

60回の記念の大会ですので、2次ブロック予選を勝ち上がって、

決勝戦に残りましょう。

 

■幹事: 伊坂さん (よろしくです。)

 

第60回 全日本実業団弓道大会 選手派遣依頼書

第60回 全日本実業団弓道大会 実施要綱他

 

 

 

 

 ◆吉本清信範士 矢渡し映像

2011年7月8日。定期中央審査(代替地開催)浜松における矢渡しです。

射手:範士九段 吉本清信 先生

  第一介添え:範士八段 宇佐美義光 先生

  第二介添え:範士八段 川村光良 先生

 

(写真をクリックしてみてください)

 

吉本先生の矢渡し。

神がかり的な業。

腰・肩、うなじ、視線、どこをとっても動かない。

注目は、取り掛け、全く無駄が無く、ただ、手を添えるだけ。(出来そうで絶対できない妙技)

退場の際の矢筈と本筈の高さ、開きが一致している。矢と弓の向き、バランスも最高。

12分の先生の矢渡し、今までの先生の矢渡しは、13分から14分。

澱みの無い、無駄の無い、そのうえで会の伸びやかさ、そして束中。

「弓神降臨」・・・全てが完璧。これが正射必中。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・一歩でも、一ミリでも近づきたい。。

 

 

 

川南さん、奮闘記

 

■4月7日:川南誠さん 道場に来訪

菅沼さんの勧誘に引っ張られて、久しぶりの新入部員

しかも、全くの初心者。さて、どう弓道の魅力を伝えるか?

■4月21日:遊田博之さん(郡山支部・BSソリューション開発部) 来訪

郡山のお城祭り弓道大会で、めちゃくちゃ上手い逸材

何とか、シャープ弓道部の良さ、面白さを伝えていきたい。

■8月25日:川南誠さん 的前デビュー

一本目から、安土に届く、天才ぶり。。ブラボー!!。

2本目も安土まで狙い通りに矢が飛んでいく。

ぜひぜひ、実業団大会に出場させたいです。あと一カ月

■9月1日:川南誠さん 的前2回目

的前2回目。4本。

2本はもう少しで、的に的中。いい感じ。

実業団までに、シャープ弓道部の道着、袴を準備して、

付け矢練習会で引けるまで、頑張りましょう

 

川南さん・遊田さん、

ぜひぜひ、シャープ弓道部を、弓の魅力を得る、練習の一つの場所として活用してください。
時には愉快に、時には厳しく、的中にこだわり、体配の美しさを追求し、

弓友皆師をモットーに切磋琢磨、楽しんでます。 

 

 

◆7・8月度練習計画

 

勤労者大会が終わったと思ったら、もう四半期も過ぎて、
夏休み直前です。夏休みが明けるとすぐに秋のシーズン。

時間に流されず、暑い中ですが、秋の実業団・審査に向けて、

一期一会・不立文字の意識で取り組みましょう。

 

 

 

・7月21日(土) 10:00〜13:00 (正式練習)+(的張り)

・7月28日(土) 10:00〜13:00 (夏季例会・担当:藤本)(予定)

・8月04日(土) 10:00〜13:00 (正式練習)

 

・8月11日(土) 夏休みのため、正式練習、お休み

・8月18日(土) 夏休みのため、正式練習、お休み

 

・8月25日(土) 10:00〜13:00 (正式練習)(審査対応練習)

 

・8月26日() 地連審査(橿原)(伊坂・菅沼 受審予定)

 

・9月01日(土) 10:00〜13:00 (正式練習)

 

 

 全日本弓道連盟 弓道競技 運営要綱

 

〜監本弓道連盟 弓道競技 運営要綱 送付レター

∩監本弓道連盟 弓道競技 運営要綱

 

 

 

 

射法本紀

故中埜廣樹先生から射法本紀の先生の解説の資料を頂きました。

改めて、中埜先生の弓に対する心持の高さに敬服するばかりです。

中埜先生からのご指導と受け止めて、しっかり、各自で読み込んでいただければと思います。

 

 

【解説資料】 文章をクリックして、読んでください。

 

平成18年5月23日

中埜狛大学藤原孝澄(中埜廣樹)

 

 

 ◆星的練習

実業団的・霞的・星的を並べてみました。

やっぱり、星的の方が的中率・矢所が定まる気がします。

学生時代(初心者)の頃に、しっかりと的を見て、眼をしっかり狙う練習を重ねることで、

少なくとも会の長さは伸びるし、的中の面白さも味わえると考えます。

霞的で漠然と狙いを付けるのは、本来の弓道の真意かも知れませんが、

若いうち(京都の上田先生曰く、六段まで)は、的中に固執すべきと思います。

星的、会の充実・会の深さ、伸び合い、詰め合いの一助になるのではと考えます。

 

 

◆雑感 (20120712)
会のとき、何を皆さんは考えてますか?
先日、大学の後輩がFacebookに、引き分けは矢を水平に、的に垂直に引き分けるとコメントしたのを見て、
色々、人によって、引き分け、会の流れの中で、考えてるんだなと思いました。
で、愛知の本多先生、と言うより、デンソー監督の本多先生が、昔、近畿の講習会の時に、
「会で、矢先と的を結ぶ長い筒をイメージして、その筒の直径を小さくするように会を詰める」と仰ってました。
矢の軌道まで意識して、会をしっかり詰める方法として、すごいなと思ったことがあります。
さすが、中るチームの監督らしい、コメントとも思いました。筒が的まで届いていたら、筒に矢を通せば、中りますよね。
また、昆布先生は、会で念仏を唱えてるって聞いたことも有ります。
無心になるとは、一つの事に集中して雑念を取り払うとも解釈できるのでは、ないでしょうか。
小生は、この何年かは、数を数えて行射を行ってます。(邪道ですかね。)

また、目は心の鏡と言われます。
奈良の大仏さんを一度見に行ってください。
俗世の世の中全てを見ておられる大仏さんの目(=心)を感じ取ってください。そんな心持で行射ができるとうれしいです。
ただただ、伸びる、ただただ、詰める。そんな、会を具現化したいですね。

 

 

 

祝! 菅沼利人さん 個人優勝 

 

(県体・公開競技/男子参段以下の部)

 

【第63回 奈良県県民体育大会・弓道競技】

◆日時:2012年7月1日(日)9:00〜

場所:奈良県立橿原公苑弓道場

 

■成績:近的16射11中 (雨天のため、近的16射のみに変更)

一立ち目:××
立ち目:×〇〇
立ち目:〇〇〇×

立ち目:〇〇〇×

 

勤労者大会で中ててくれてればと思うのは私だけではないでしょうね。

(予選通過してほしかった。。東京まで応援に行ったのに)

次は中ててくださいね。(実業団大会)

その前に、8月(四段)昇段審査で束中してください。

 

 

 

 

 

 

全第59回全日本勤労者弓道選手権大会 結果
  
(スポーツ祭東京2013弓道競技リハーサル大会)

 

【監督】 工藤裕章 

【選手】 大前:伊坂隆行 中:菅沼利人 落ち:藤本聡郎

 

【結果】 12射5中 一次予選不通過 (残念)

  img1.gif 

 

 決勝トーナメント表はこちら

 

    

        選手宣誓                     セレモニー

 

 

【矢渡し】

射手 範士九段 石川 武夫

介添 範士八段 飯島 正大

介添 範士八段 窪田 史郎

 

 

競技風景 

 

 

 

 

 

 

【第18回 布目弓道大会】

 

◆日時:2012年6月2日(土)9:00〜

場所:奈良・布目弓道場・英明館

 

 

 

◆大会案内 ◆大会要綱 ◆大会申込書

 

 

【矢渡し】

 

 

 

 【弓道教室の部】

 

 【一般の部 競技】

 

◆採点結果

 

 

【所感】

お疲れ様でした。

井上さんの2連覇、シャープの2連覇の実現は出来ませんでしたけど、

楽しい、ひと時でした。ありがとうございました。

また、改めて課題も浮き彫りになって、

このサイクルを回していくことで、少しずつ良くなっていくんでしょうね。

 

◆山盛様、今日は長時間お疲れ様でした。

また、山盛さんの採点を皆に講評してください。

お疲れの無いよう、ゆっくりお休みください。

来週、吉報を待っててください。

 

◆門さん、五段の仲間入りの射、良かったです。

4本目の会相は良かったです。

弦音に耳を傾けて、練習してみてください。

20周年射会ちょっと、日程再調整して連絡します。

ぜひ、来て下さい。

 

◆伊坂さん、4本目、良かったです。

ほんと、良かったです。

シャープの仲間にしか判らない、糸口が見えた射でした。

緊張の中で出せたことは収穫です。感覚をもう一度噛み締めて、

来週、もっと緊張する中で、出せるよう、頑張りましょう。

 

◆菅沼さん、西浦先生からの指摘の物見の縦線の取り方、

それだけで、射に気合が乗った最後の1本でした。

目使いはやっぱり、心、気合と連動している証です。

縦線と、目使いと、中押しを意識して、

弓手の肘の下の骨で離れを出す意識で、

明日の練習、取り組んでください。

来週、期待してます。

 

◆藤本さん、妥協しない、引き分けからの連続で、会を構築してください。

西浦先生からも、会で、会を作りに行ってる、とコメントをもらいました。

勝手の肘を矢線にさらに絞りきるつもりで、

妥協せずに、ただひたすら伸びて離れることを実現してください。

悔いの残る射は許しません。落ちの風格を見せつける気合で臨んで下さい。

 

◆井上さん、今日は射が小さかったですね。

また、アゴも浮いてきてたし、肩根も開ききれなかった。

弓が重そうな、体が疲れてる感じでした。

射即生活、この一本にどれだけ準備が出来たか、

どれだけ、至誠をもって、日々の生活を取り組んできたかが、

射にも現われてくるんだと思ってます。

忙しい中でも、何とかやりくりして取り組めば、光明が見えてくるものと信じてます。

 

勤労者が終わったら、ちょっと一歩先を目指して、お互い頑張りましょう。

 

◆工藤、4本目は3本目の中りに誘われて、妥協してしまった。情けない。

緊張の中で、上手く引けないのは、練習不足だから望んでも無理。

なら、ただ、ひたすら腹に力を落として、縦に伸びることだけに集中すること。

小手先の弓は通用しない。人目を気にせず、ただ引くこと。

心の修練も大事だけど、至誠を貫いてれば、そのうち、神様が微笑んでくれると信じて

道場に足を運ぶこと。まずは、道具の手入れから、やり直し。

 

クラブの仲間がいてくれたから、今も弓が続けられてると思うし、

山盛さんのお声掛けが、小職の出不精の背中を押してくれる。

今年、20周年、よく続いたと改めて思います。

まだまだ、若手、藤本さん、伊坂さん、菅沼さんに、負けないように、頑張ろうと思います。

次の10年を見据えて、もう一度、マイルストーンを置きなおして、頑張りましょう。

 

まず、来週の勤労者大会、選手の3人、質のいい睡眠で仕事の疲れを残さず、

お酒もほどほどにして、体調万全で臨みましょう

モチベーションを高く、「威風堂々」の射で臨んで下さい。

 

今日は、ありがとうございました。

(それまでの準備もありがとうございました)

 

 

 

全日本勤労者弓道選手権大会(東京大会) (6/8〜6/10)

 

【監督】 工藤裕章 

【選手】 大前:伊坂隆行 中:菅沼利人 落ち:藤本聡郎

 

のメンバーで、頑張ってきます。まずは、12射7中目指して。

 

 

 

 

◆6月度練習計画

 

先週の安土整備、ご協力、ありがとうございました。

いよいよ、6月、布目大会と、勤労者大会

弓道部としての大きなイベントを目の前に控え、

皆さん、体調管理は万全にして、臨んでください。

 

 

 

・6月02日(土)  8:00〜18:00 (布目大会)

 

・6月08日(金)〜10日(日):勤労者大会(東京大会)

 

・6月09日(土) 正式練習、お休み

・6月16日(土) 10:00〜13:00 (正式練習)

・6月23日(土) 10:00〜13:00 (正式練習)

・6月30日(土) 10:00〜13:00 (正式練習)

 

◆雑感 (20120528)
【一期一会】
大学時代の合宿で、菊池慶考師範が、長野の古澤博先生とご一緒に良くお見えになったいた時のこと。
朝、7時ごろ、合宿所から、道場に移動して、準備運動の後、道場に整列。主将の先導で、拝礼、そして澄まし。
朝の道場の静けさを肌で感じ、風の音を聞き、自分の心に耳を傾け、心の静けさを求めて、唯、澄ましに没頭する。
主将の「やめ」の声で、部員全員が心の安定のまま、円になり、「お願いします」の声、朝の一手の練習が始まる。
澄ましで得られた、穏やかな心の安定と集中力を持って、各自、一手に臨む。私語もなく、巻き藁を引くものもなく、
朝の静かな湖面を進むように行射が行われ、離れの弦音と的の音だけが、朝靄に響く。


最後に、古澤先生の一手の行射。ピリッと張りつめた空気をざわめかすことなく、静かで、無駄の無い体配。気合いに
満ち溢れながらでも、音一つ立てず、ただ、一期一会のこの朝の一手に、自分の全てを尽くし、一手に集中されていた
行射を思い出します。

普段の練習の最初の一手、皆さんも静けさをもっと味わって、一期一会の朝の一手を楽しみませんか?

道場内での私語が多すぎると時々、感じています。


他の人の澄ましを邪魔することなく、諸動作の音も立てず、一期一会の朝の一手に自分の今持っている全てを捧げて、
臨みませんか。

朝の澄ましと、朝の一手は練習時間に限りのある我々の実情には大変、重要な取り組みと確信しております。

朝の静けさを味わい、風を利き、一期一会の一手に自分の全てを掛けて練習の初めとしたいものです。
 

 

◆雑感 (20120514)
先週、久しぶりに、弓道部に新人が弓道を始めたいとのことで、道場に来てくれました。
初めが肝心、との思いから、どうしたものかと、思案しながら、恐る恐る指導を開始しました。
イメージトレーニングと徒手の練習からスタート。現状、行射が速い部員ばかりなので、イメージトレーニングが難しい
状況ですので、徒手で、6カウントあるいは、8カウントで行射24秒〜32秒のラジオ体操的に徒手を身につけてもらって、
引き分け、会の深さ(長さ)を体に染み込ませることを意識して、指導を開始しました。
奈良県の弓では、静かな深い会からの離れを出す人が少ないことから、勤労者大会の決勝トーナメントの映像等で
イメージトレーニングをしてもらうのが一番かなとも感じました。
現状、シャープ弓道部の中でイメージトレーニングは難しいだろうな、が現実ですね。
皆さん、頑張りましょう。

また、別の視点で、初めが肝心なポイント。礼儀作法の一つとして、玄関での履物の扱いの意義を、理解してもいました。
履物を下駄箱に片付ける際は、出船の形で片付けることで、指導しましたので、各部員の方々も、合わせてください。
玄関に履物を残すのはお客様の履物だけで、外から、今、お客様がお見えになってることが判るように、お客様の履物は
下駄箱には片付けずに、そのまま、玄関に揃えておく。裏返すと、お客様以外は必ず、履物を下駄箱に片付ける。
色々、流派によって形式は異なるところですが、首尾一貫して徹底していれば良いのかなと思ってます。
また、こまごました点を気付いたときに、記載していきたいと思ってます。

 

 

 

 

 2012年度 シャープ弓道部 ミッショ

 

  峪蠕拭ξ蘋瓠廚慮凝世卜ち返る

◆ゞ佻者大会二次予選通過

 実業団大会ブロックトーナメント突破

ぁ〆鯒度称号者研修会内容の体配の伝達と完成度アップ

ァ〜鷲遙横絢年 記念射会の開催

Α^羮紂ζK棔γ翕隋錬士審査受審+伊坂・菅沼:昇段

Аー惰部員の増員

 

・・・・・・・・・皆さんの個々の取組に期待します。

              「一身独立して一国独立す」 (福沢諭吉)

 

 

 

祝! 門 明美さん 五段昇段 合格

 

                      2012.3.10 at 東海連合 日本ガイシスポーツプラザ弓道場

 

 

 

 

 

全日本勤労者弓道選手権大会(東京大会) 選手決定

 

【監督】 工藤裕章 

【選手】 大前:伊坂隆行 中:菅沼利人 落ち:藤本聡郎 (控え:井上敦央)

6月8日(金)〜10日(土)の勤労者大会(東京大会)の2次予選突破に向けて頑張りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

【福井県連会長・前田先生 来訪 (吉本先生との練習会)】

◆日時:2012年4月21日(土)10:00〜16:00

◆場所:奈良・布目弓道場

 

福井県弓道連盟・前田三男先生(教士七段)をはじめ20名近くの福井県連の方々が
布目道場にお見えになりました。
朝の一手から始まり、吉本先生からの射技研修を各自二手ぐらいして、

吉本先生の模範の一手の披露があり、仕上げの一手で締めくくりました。

 

吉本先生のご指導のポイント:
ー蠅瞭發聾帖洪佑嚢格が違うため、各々検証が必要。

大三で、握り直す動作はダメ。無駄な動作なく、天文筋に外竹を合わせること。

0き分けで、手の内は何もせず、ただただ、弓に任せて、手首の骨で押すこと。

ぜ蠎鵑瞭麕椶旅をまっすぐ立てること。

ヂ任禅こし、大三で、特に鵜の首を取らない。

項の伸ばし方、上を見上げて、耳の下のくぼみを軸に顎を閉め降ろす。

まだまだ、数多くの指導をいただきました。追々、皆様に展開します。

 

山盛さんの一手は、一射絶命の素晴らしい一手でした。乙矢は眼に命中。

・・・・・・長時間、お疲れさまでした。

 

お茶の時間の談話で

■心眼とは:

・・・・・・・・・・・・的にとらわれないこと。

 

吉本先生・前田先生、ありがとうございました。

 

 

 ◆雑感 (20120425)
皆さん、跪座、ちゃんとしてます?

先日の、前田先生との練習会で、射場の後ろに、皆さんが座られて、その視線の中で、一手を引いた際、
跪座の時の踵の締め方、膝を活かした際の体軸の歪み、揖をするときの体のブレに、普段意識しないところで非常に
苦労しました。
弓の練習では、普段、正面からしか見られないことから、どうしても、横からの姿、後ろ姿に気を配ることが
少なくなっているのではないでしょうか。
跪座の時に確実に踵同士がついているでしょうか?
膝を活かした時に、体軸は歪んでないでしょうか?
その前に、足袋はいつも洗った綺麗な足袋をはいてますか?(学生のころは正直、無頓着でした)
「至誠」って、自分に嘘をつかないことと考えてます。
道具の手入れ、着物の手入れ等の事前の準備から始まり、道場に来て、率先して準備、掃除をして、練習に臨む。
その上で、自分の中で妥協を許さず、見えるところだけに注意をするのではなく、見えないところにも、
ひいては、心の中に、「至誠」を求めたいものです。
吉本先生の一手の模範演武は完ぺきでした。隙の無い射。・・・・・「至誠」では、ないでしょうか。

少しは、横からの姿、後ろ姿も意識して、体配の練習、行射の練習に反映して取り組むことも必要かと感じました。

 

 

 

 

 

奈良県弓道連盟主催
 故 井上哲夫先生・中埜廣樹先生 追悼射会

 

・日時:2012年4月8日(日) 10:00〜15:00 

・場所:奈良・橿原公苑弓道場

 

井上先生、中埜先生のご家族にもお越しいただき、
   吉本会長の矢渡し

   西中・深田・新司教士による一つ的射礼

   阪中・藤岡・明瀬・山本・西浦教士による持ち的射礼

 昼食を挟んで、

   連盟会員による一手射礼

 最後に、ご家族に替わり、

   土谷先生・竹村先生による、答礼射が行われた。

 

昼食のときには、井上先生のご家族の方から、井上先生のちゃめっけのある一面の

逸話の紹介もあり、戦前の弓道界を過ごし、弓道の発展に貢献された井上先生の優しい

お人柄を再認識いたしました。また、中埜先生は小笠原の歩射・騎射に、礼法にと、

弓界の作法の重鎮として、一生を捧げてこられた功績の紹介もあり、改めて、先生の

偉大さを感じた次第でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆雑感 (20120411)
弓道部では、体配の練習、試合の運営・運行の練習の一環として、創部以来、新年射会・例会・納会で、持ち回りで、
射会の進行、矢渡し、納射を確実に実施してきました。
先日の郡山支部主催のお城祭り弓道大会の射会の進行・運営を見るにつけ、隅々まで行き届いた運営に感服しました。
振り返って、シャープ弓道部の射会の持つ意義が薄れてきているように感じました。
初心に帰って、矢渡しの所作、体配だけでなく、射会の進行の司会の言葉使い、的付けの確認の所作、矢拭きの仕方、
矢取り後の矢の持ち方等々、日頃中々指導の目の行き届かないところの、練習として、
各射会の位置づけ、意義をもう一度確認して、取り組んでいきませんか。
県での審査の運行とか、射会の進行とか、後には、介添え、矢渡しを命ぜられたとき、恥ずかしくない、対応ができるよう
常日頃から、意識して精進していきたいものです。

 

 

◆平成24年度 総会
日時:2012年4月7日(土) 18:30〜22:00
場所:奈良・吉座伝右衛門

 

○平成24年度役員

相談役;牧野 主将;工藤、副将;藤本、会計;伊坂、主務;井上、

県連理事;工藤、県連評議員;井上

 

○平成24年度活動計画

・各クラブ内行事の予定日及び担当

  例会担当

春季例会(4/7);井上

夏季例会(7/21);藤本

秋季例会(9/15又は22);工藤(創部20周年記念射会と兼ねる)

納会(雪笹杯、12/15);菅沼

新年射会(1/12);藤本

冬季例会(2/23);菅沼

  勤労者大会担当(6/8-10);井上

  実業団大会担当(10/19-21);伊坂

  合宿担当(未定);菅沼

  創部20周年記念行事(9/15又は22);工藤

  布目大会(6/2);伊坂

 

 

 

◆平成24年度 春季例会
日時:2012年4月7日(土) 10:00〜13:00
場所:奈良・布目弓道場

 

優勝:菅沼利人 2位:藤本聡郎 3位:伊坂隆行

矢渡し:射手(菅沼利人)・第一介添え(井上敦央)・第二介添え(工藤裕章)

納射 :射手(菅沼利人)・第一介添え(藤本聡郎)・第二介添え(伊坂隆行)

 

 

 

 

20120407春季例会

 

 

 

【郡山・お城まつり弓道大会】

◆日時:2012年4月1日(日)

◆場所:やまと郡山城ホール武道場・弓道場

 

■結果:菅沼:一次予選不通過

     工藤:一次予選不通過

     ・・・・・・残念でした。

     西浦先生コメント:(菅沼)切り下げがひどくなってた。

                (工藤)鳥打ちになってる。

■講評

 ・吉本先生:〃笋量気ぜ諭´⊃爾げ

 ・須田先生:美しさの追求(身なりを含めて)

 

■所感:郡山支部の行き届いた射会運営に感服しました。

     採点をしてくださった、吉本先生・須田先生・西浦先生・西中先生の

     真剣な採点の取組に対して、脱帽です。

     先生方から指導を受けているポイントが何も改善できていない状況に

     対して、もっと真摯な態度で、心して取り組みたい。

 

 

 

 

◆20120401お城祭り弓道大会のご案内

◆20120401大会要項

◆20120401申込用紙

 

 

 

 

 

◆雑感2
最近、弓、かけの取り扱い方に疑問を感じざるを得ない人が多くなってる気がしてなりません。
昔、増田美和栄先生からは、道場に足を運ぶときは引かなくても、必ず弓の道具は持参するようにと教わりました。
また、かけはかけがえの無いもの、正座か跪坐でつけること、かけ紐も床に垂らしてはいけませんとも教わりました。
かけを道場にはずしたまま、投げ置くなどはもってのほかと叱られもしました。
菊地慶考先生からは、弓は左手で持ち、絶対、肩に担いではいけないと教わりました。狭いスペースで、弓を立てる
ことはあっても、決して肩に担いではならないと、事あるごとにおっしゃってました。弓に替え弦を引っ掛けたり、かけを
挟んで持ち歩いたりするのはもってのほかでした。
昇段審査で、初段として、道具の取り扱いを審査の基準に定めているけれど、道場の外での、道具の取り扱いが、
少し乱れていることが非常に心配でなりません。初心者のときに、きちっと高段者が示して教えないといけないのに、
基本の基本、道具を大事にしない方を見るとさびしくなってしまいます。
最近、事細かに注意する指導者が少なくなったのも、さびしい限りです。ちょっと嫌われるくらいの指導者を演じても
いいのかなと感じてます。
 

 

◆雑感3
指導していただく先生方が優しくなって、そこに甘んじている自分がいることに違和感を感じることが多々あります。
大学時代、菊地慶考師範が道場にお見えになったときは、立ちで射位にいるもの以外は、すぐさま練習の手を止めて、
かけを外し、先生を師範席の上座にお迎えし、主将の先導で正座で挨拶するのが当たり前でした。
社会人になって、そのような光景を目にすることがどんどんなくなってることに寂しさを感じています。
先生方も、堅苦しい挨拶を敬遠されるきらいもあるのですが、
ここはけじめとして受けて頂く習慣をもう一度取り戻せないかと感じてます。
昔、香芝の大倉道場に練習をさせてもらいに行っていた頃は、当然のように、中埜先生・中村先生に挨拶をしたうえで
練習をさせていただいたことが懐かしく思えます。けじめを見直してはいかがでしょうか。
「射は進退周還必ず礼に中り、」のとおり、先生を敬い、ご指導いただく姿勢を取り戻したいです。

 

◆雑感4
三つの稽古 仝取り稽古 ⊃稽古 9夫稽古 弓道では、見取り稽古が一番大切と教わってきました。
先生方の指先の動きから、足の運び、すべてを見逃すまいとの目で、見取り稽古を重要視しています。
先生方の動作の隅々まで盗んで、真似をしようと懸命に目で見て、肌で感じて見取り稽古をしてきました。
その一番大事な見取り稽古で残念な光景をよく目にします。
それは、県の道場で、師範席で、最前列で胡坐をかく人、壁にもたれている人。桟敷席では正座で、人の射を拝見する
姿勢が必要と感じてます。足がしびれたときは、後ろに下がって、痺れを治めて、再び正座で見取り稽古をする。
そんな姿勢が武道としての弓道の一面を身につけるひとつの手段ではないでしょうか。
「千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を錬とす、解く吟味あるべきものや」 
弓道も修練。背筋を伸ばして見取り稽古に臨みたいと思ってます。
 

 

 

【ご案内】 近々の予定のご案内

 

 

※勤労者大会選手選考率取り開始+勤労者対応練習開始します。

 

3月30日(土) 通常正式練習

4月 1日(日) 郡山・お城まつり弓道大会

4月 7日(土) 春季例会+総会

4月 8日(日) 奈弓連主催 追悼射会

4月14日(土) 通常正式練習

4月15日(日) 奈弓連・総合選手権大会

4月21日(土) 福井・前田先生来場+吉本先生と合同練習会

4月28日(土) 勤労者大会申込締切(?)

4月14日(土) 道場整備工事(ご協力願います)

5月 5日(土) GWのためお休み

 

 

 ◆雑感1
この2回くらい久しぶりに、道場の安土の整備+的立て+道場内の掃除と、一人で道場の準備をして、
練習に臨みました。
日ごろ、道場に行けば、的はすでに立ってるし、道場内の準備も菅沼さんが準備をすでにしてくれている事が
多く、県の試合では、自分は弓を引くだけの事が多いのが実情です。
こんな事でいいのだろうか?。 安土の掃き上げをしながら、感じてました。
安土の整備については、牧野さんが、いつも朝早くから、的前の整備をされていたのを思い出します。
安土の掃き上げをしているとき、いつも感じるのが、自分の心の葛藤です。
心に雑念が入ると、掃き上げが綺麗に、まっすぐ掃きあがりません。大前から、落ちまでの安土全面を
綺麗に掃き上げることは至難の業です。心を無心にして、静かに丁寧に掃き上げなくてはなりません。
一度、皆さんも試みてください。無心で、丁寧に静かに掃き上げなくては、完璧な安土には仕上がりません。
以前に、茶道で、火鉢の灰を整えるのが非常に難しく、心が現れると聞いたことがあります。
弓を引く前に、的前を掃き清め、道場を美しくして、的を立てる。そんな心の準備をして弓を引きたいものです。

 

 

 

 

第18回 布目弓道大会 日程決定

 

【第18回 布目弓道大会】

◆日時:2012年6月2日(土)9:00〜

場所:奈良・布目弓道場

 

 

 

 

◆平成23年度 冬季例会
日時:2012年3月3日(土) 10:00〜13:00
場所:奈良・布目弓道場

 

優勝:井上敦央 2位:菅沼利人 3位:山盛千恵子

矢渡し:射手(菅沼利人)・第一介添え(工藤裕章)・第に介添え(伊坂隆行)

納射 :射手(伊坂隆行)・第一介添え(工藤裕章)・第に介添え(菅沼利人)

 

 

20120303冬季例会
 

 

 

◆シャープ弓道部

 

2011年度も、あと、僅か。 
今年度の5つのミッションの達成に向けてもうひと踏ん張り。

 ゞ佻者大会 予選通過

◆ー其斑賃膕顱.函璽淵瓮鵐2回戦突破

 昇段審査 昇段

ぁヽ萋阿僚室族

ァ”員の拡充 新入部員

 

・・・・残るは、菅沼さんの四段と、伊坂さんの参段昇段。

   部員全員で、サポート・指導を図って、実現させましょう。

 

シャープ弓道部 19代主将 工藤裕章   

 

 

◆平成23年度 称号者研修会

日時:2012年2月25日(土)〜26日(日) 9:00〜17:00

場所:奈良県橿原公苑弓道場

 

吉本先生・須田先生の情熱と、ご指導の熱心さに感服させられました。

ありがとうございました。

知ってることと、出来ることとの差を痛感いたしました。

少なくとも、あの寒い道場の中で、凛として、堂々の雰囲気で、最高のパフォーマンスを実現できる

吉本先生・須田先生のすごさを、目の当たりにして、今後の修練に反映させたいと思います。(工藤)

 

   

 

 

◆奈良県団体選手権大会 結果

日時:2012年2月19日(日) 9:00〜17:00

場所:奈良県橿原公苑弓道場

 

・・・・・・・【結果】 シャープ弓道部&関西電力チームが、勤労者大会(東京大会)の出場権獲得!!

 

おめでとうございます。。

6月8日(金)〜10日(土)の勤労者大会(東京大会)の2次予選突破に向けて頑張りましょう。

 

 

 

 

◆2月18日(土):布目道場は大雪

 

 

 

奈良県団体選手権大会 出場チーム決定

【Aチーム】

  ‖臍亜Э沼利人・・・今、弓道部の期待の星。いや、奈弓連の星の逸材。

  中 :藤本聡郎・・・安定感のある胴造りは、錬士の風格充分。(早く、錬士を)

  M遒繊О羮綟惘・・・なんと言っても弓道部の要。的中と安定感は抜群。(早く、錬士を)

【Bチーム】

  ‖臍亜Ч藤裕章・・・超スローな体配・行射で、伊坂さんの早気をブロック。

  中 :伊坂隆行・・・奈弓連でのシャープ弓道部のプレゼンスは彼の活躍。最近、良い矢が戻りつつある。

  M遒繊А??・・・・・中島さん、早く帰ってきてください。。落ちの席は君のものです。

 

皆さん、寒い試練の季節ですけど、頑張りましょう。

 

 

                                                                 シャープ弓道部 19代主将 工藤裕章

 

 

 

 

 

奈良・香芝蒼穹会 故 中埜廣樹先生 追悼射会

 

・日時:2012年2月12日(日) 10:00〜12:00 

・場所:奈良 香芝中学校 弓道場

 

・次

  故中埜先生遺影に拝礼

  土谷先生挨拶

  ご子息より挨拶

 

  1、矢渡し:    射手(土谷先生)・第一介添え(藤岡さん)・第二介添え(乾さん)

  2、一つ的射礼: 深田先生・竹村先生

  3、一つ的射礼: 藤岡さん・塩谷さん・工藤

  4、持ち的射礼: 乾さん・?・石田さん・村上さん・山盛さん

  5、一手奉射:  蒼穹会の皆さん

 

  閉会

 

photos

 

 

下賀茂神社 流鏑馬神事

 

 

祝! 浪松一博さん 四段昇段 合格

 

                                    2012.2.5 at 三重県弓道連盟 松阪道場

 

 

 

 


20120107_02S.JPG

平成24年 新年射会

 


20120107_00S.JPG
平成23年納射会(第19回雪笹杯争奪射会)


 
 
吉本清信範士九段昇段祝射会(平成23年9月17日)

 

 

Yahoo!ジオシティーズ