トップページへ
次ページへ
前ページへ
「神が私たちをあわれみ、祝福し、
 御顔を私たちの上に照り輝かして
 下さるように。それはあなたの道が
 地の上にあなたの御救いがすべての
 国々の間に知られるためです。
 神よ、国々の民があなたをほめたたえ
 国々の民がこぞってあなたをほめたたえますように。
 神が私たちを祝福してくださって
 地の果て果てがことごとく神を恐れますように。」
「私は生きているかぎりあなたをほめたたえ、
 あなたの御名により、両手を上げて祈ります。
 私のたましいがあなたを慕い求めます。
 私のくちびるは喜びにあふれて賛美します。
 私は床の上であなたを思い出し、
 夜ふけて私はあなたを思います。
 あなたは私の助けでした。
 御翼の陰で私は喜び歌います。
 私のたましいはあなたにすがり、
 あなたの右の手は私をささえてくださいます。」
「神は、あなたは私の神。
 私はあなたを切に求めます。
 水のない、砂漠の荒れ果てた地で
 私のたましいはあなたに渇き
 私の身もあなたを慕って気を失う
 ばかりです。
 私はあなたの力と栄光を見るために
 こうして聖所であなたを仰ぎ見ています。
 あなたの恵みはいのちにもまさるゆえ、
 私のくちびるはあなたを賛美します。」