トップページへ
次ページへ
前ページへ



私は、遠くを目をこらして見ている。

まだ夜が明けないわ。よく見えないの。

でも、少しずつ時間の流れとともに、かすかに光が見えた。わずかだけど―。

 

あぁ、夜明けが好きよ。早く夜が明けないかしら。

光が好き。光が大好き。朝をくださった神さま、あなたが大好きです。

主よ、本当にありがとうございます。

 

すると、真っ黒い大きな鳥がバサバサと翼を広げて襲ってきた。

鋭い口ばし。私をめがけて。

こんな鳥見た事ないわ。鷲みたいに大きくて。

でも、この大きな口ばしは一体何なのかしら。鋭い剣のようにとがっていて。

「邪魔な娘!邪魔な娘!!」そう聞こえてくる。

 

「愚か者よ。祈りによって、我らの闇の働きを常に妨害し、

人々のたましいを滅びに向かわせまいと常にひざまずき、とりなす働きは、

我らの敵、あのイエスに従う愚かな働きだ。

この日本は、我らの支配下にある。時代は常に我らが導き、暗闇の時代だ。

何故そこに灯をともそうとするのか。

イエスの光をもって、とりなしなどするのか。

バカ娘!!愚か者!おまえなど死んでしまえ!!

闇の力が強く働くこの地で、我らの敵は、おまえたちクリスチャン。

その中でも、本気で主に従おうと心を決めている者達だけだ。

バカ者よ。バカ娘よ。おまえなど滅びるがよい。死んでしまえ。」

 

主よ!!祈れば祈るほど、日々攻撃はさらに厳しくなり、強くなり

あなたが助けてくださらなければ生きる事も出来ません。主よ!お助けください。

 

戦ってこけた私の上に、透明な膜が現れました。

あぁ―、助かった―と思った瞬間、地から手がズボッと2本現れて

私の足をつかみ、地の中へ引きずり込もうとしました。

「イヤ――ッ!!イェスの血!!イェスの血!!

主よ!!助けてください!!」

 

手は引っ込みましたが、透明な膜の向こう、私のすぐそばに

黒いマントをつけた背の高い女が立って、冷たい目で―

いいえ、凍りつくような敵意のまなざしで、私を見据えています。

「おまえか。我らの働きを邪魔する、敵の働き人は。

まだほんの幼い力のない者だと言うのに何故、これほどつぶすのに手こずるのか―。」

探るように私を見続け、ある弱点を見つけました。

「フフッ―、これなら、この方法なら落とせよう。」 姿が消えました。

 

不気味な静けさが漂い、やがて1人の老婆が現れました。

白くて長―い髪を垂らして、わずかに髪の隙間から目らしきものが見えます。

――この人…、人間じゃないわ。姿はお婆さんでも―、違う!

 

透明な膜のそばまでやって来て、急に倒れ込みました。

お腹を押さえて

「あいたたた……。あぁ、持病が出たよ。誰か!痛い!痛い!苦しい!

 あんた!ひどい娘だね。こんなに苦しんでいる年寄りを放っておいて

黙って見てるだけなんて。あんた、人間じゃないね。

早くそこから出て来て、助けるべきじゃないかい?!」

さんざん暴れて、私を責めます。

そのうち、1人、2人、3人…5人、何人もの人々が集まって来て

そのお婆さんを助けました。いっせいに皆で私を見つめ、暴言を吐きます。

「なんて女だ。年寄りが目の前で苦しんでいるのに、手も出さず、何もせず、

黙って見ているだけとは。あれでもクリスチャンか!!

クリスチャンのくせに!!クリスチャンなんて言って、嘘だろう。

言ってる事とやってる事が違うじゃないか!」さんざん、罵りました。

 

そこへ今度は霊柩車がやって来て、止まりました。

「見よ。このお婆さんは死んだ。おまえのせいだ。おまえが見殺しにしたんだ。

おまえは助かる命を、みすみす見殺しにしたんだから、おまえは殺人者だ。」

彼らは喪服姿になり、いっせいに透明な膜を壊しにかかりました。

「滅ぼせ。滅ぼせ。この娘だけではなく、主のために命をかけて働く者どもを。

主のために命を捨てた愚か者どもは、1人残らずだ。」

 

「イェスさま――!!」ただ天を仰いで、祈り始めました。

 

私の罪をお赦しください。主よ、私の罪を。

あなたを悲しませている全ての罪を―。あぁ主よ、私をお赦しください。

ここに私を襲いに来た者どもが、すべてサタンである事を知っております。

でも主よ―。

まず、あなたを悲しませている私のすべての罪、咎についてお詫びしたいのです。

お赦しを。お赦しを。主よ。あなたを十字架にかける程の私の罪の深さを――。

私は、尊いイェスさまを十字架につけた極悪人ですから、

どうか、どうか、

私の罪を赦してください…………。

 

しばらくすると、あれほど騒がしかったサタンが消えました。

夜が明けて光が満ちました。明るい光、やさしい輝き、

――そこには、主がおられました。膜はスゥ―ッと消えていきました。

 

主よ……。近づいて、ひざまづきました。わが主よ……。

主のお姿を見た途端に、胸がいっぱいになって感動しました。

 

主よ。あなたがいてくださるだけで、どんなに私たちクリスチャンは幸せでしょう。

あなたは今も生きておられ私たちを愛し、世をあわれんでいてくださいますから

本当に感謝致します。

 

(娘よ。人はあなたの事を、あれこれと噂しよう。

主の声を聞けるはずがない。そんな人間はいない。

たとえいても特別な者だけであって、普通の人間では有り得ない事だ。

どうせ、これも作りもの。うまく考え出した作り話にすぎないと。

 

娘よ。人はあなたがわたしのために、どんなにひざまづいて

とりなしの働きをしているのか知らないものだ。

それは隠れていて、人々には見えない事である。

しかし、あなたの身内の者はそれを見て知り、あなたの体を心配している―。

あなたが何も語らなくても、見て知っているのだ。

 

わたしのために犠牲を喜んで払う者は、わたしを知り、愛して仕えている者だ。

決して口先だけの言葉だけではなく、父の御心を知り、その通りにしたいと

心を尽くし、思いを尽くし、力を尽くし、精神を尽くして仕える者である。

口先だけの者はわたしのしもべではない。

 

マタイの福音書に書いてあるように、羊と山羊を分ける時が近づいてきている。

――終わりの時代だ。

わたしを本当に愛して仕えるしもべと、そうでない者の区別は

人には分からなくても、わたしには分かる。

ともしびを持った10人の娘たち〜そのたとえの通りに〜

油を準備した賢い娘たち5人と、油を準備しなかった愚かな5人の娘たち―

わたしが彼らを、より分ける時が近づいてきている。

――今は、終わりの時代なのだ。すべての民よ、目をさますがよい。

今はたましいが寝ているべき時ではないからだ。

日々世界中で起こるさまざまな出来事を見ても、聞いても、悟る事が出来る。

今は終わりの時代だと。

 

わたしは、誰が滅びるのも望まない主。

失われたたましいを探して、何処までもたずね歩く主―見つけ出す主である。

1人の失われたたましいは、何ものよりも高価でかけがえのないものだ。

その価値は、はかり知れない。

 

祈りの娘よ。あなたは、これらの滅びに向かっているたましいの為に

これからも続いて御前にひざまづき祈りなさい。

あなたのとりなしの祈りは、わが御前にあり、日々ささげられる香り高き香のようだ。

常に労苦の祈りが、涙とともにささげられている。

たましいを愛する心を あなたの中に、あわれむ心を 祈り手の中に、

注ぎ込むのはわたしの働きによる。

 

―わたしを信じて救われよ―

地獄の火から、決して消えない炎からたましいを救い出す者に、

あなたがたクリスチャンはなりなさい。

自分の事だけではなく他の人の事もかえりみて、とりなす者になりなさい。

あわれむ者に愛する者に、変わりなさい。

口先だけのクリスチャンではなく、熱い心でたましいを愛し、導く者に

変わっていきなさい。

 

<黙示録3:1〜6>

また、サルデスにある教会の御使いに書き送れ。

『神の七つの御霊、および七つの星を持つ方がこう言われる。

「わたしは、あなたの行いを知っている。

あなたは、生きているとされているが、実は死んでいる。

目をさましなさい。

そして死にかけているほかの人たちを力づけなさい。

わたしは、あなたの行いが、わたしの神の御前に全うされたとは見ていない。

だから、あなたがどのように受け、また聞いたのかを思い出しなさい。

それを堅く守り、また悔い改めなさい。

もし、目をさまさなければ、わたしは盗人のように来る。

あなたには、わたしがいつあなたのところに来るか、決して分からない。

 

しかし、サルデスには、その衣を汚さなかった者が幾人かいる。

彼らは白い衣を着て、わたしとともに歩む。彼らはそれにふさわしい者だからである。

勝利を得る者は、このように白い衣を着せられる。

そして、わたしは、彼の名をいのちの書から消すような事は、決してしない。

わたしは彼の名をわたしの父の御前と御使いたちの前で言い表す。

耳のある者は御霊が諸教会に言われることを聞きなさい。」』


幻と啓示・天国と地獄

≪ 前ページへ | 次ページへ ≫