職歴・自己PR・資格

職歴・自己PR・資格について

メニュー| 面接が難しい? | 会社とのマッチング | 熱意や学歴 |

熱意や学歴

熱意や学歴

転職の時に気になるのは自分のアピールポイントですけど、資格に関してもないよりはあったほうがいいですが、資格がなくてもそれほど気にすることはありません。

就職や転職において、資格はもちろんないよりはあったほうがいいのですが、絶対ではありません。それに資格が就職後の仕事のよしあしを決定してしまうものでもありませんし。たとえ資格がなくともそれまでの職歴やスキル、また経験がなくとも熱意や人柄は面接などで評価されるものです。

資格には国家資格から一企業が認めるものまでいろいろありますけど。

資格を持っていれば就職や転職の際に有利になるでしょう。でもそれは入社するまでの話です。入社したあとは実際の仕事で自分の能力を示していかなければなりません。

新卒の人を採用するときは人柄や熱意や学歴からその人の可能性を評価するのでしょう。転職・中途採用の場合は、即戦力として使えるかを重視するのでしょう。

採用する会社の方は、あなたの職歴を見て、スキルや実績を分析することでしょうね。そして職場の雰囲気に溶け込めるかどうかは人柄を見ようとするでしょう。チームに向いているかどうか。

まずは自己分析。自分の能力やスキル、経験、そして好みなどもはっきりさせておきます。そして企業に関する情報収集。これによって企業がどんな人材を求めているのかがわかります。そうすれば自己分析と企業分析を比べて自分に合う職場を見つけ出すこともできるわけですね。ダメな会社は最初から除外できるわけです。

求人広告に出ている募集要項では情報は少ないとはいえ、まずはこの募集要項をしっかりみてみるべきでしょうね。そうするといろいろ疑問がわいてくるでしょうから、それをネットで調べてみる。それでもわからなければ採用担当者にメールや電話で質問してみるのがいいでしょう。それだけで一歩抜きん出ることができそうです。

あなたは企業の情報を集めますね。企業もあなたの情報が欲しいわけですが、それはまず手始めに履歴書や職務経歴書ということになります。書類審査というわけですが履歴書は職務経歴書であなたの情報を分析して採用候補に入れるかどうかを決めます。

企業が重視するであろうポイントを履歴書や職務経歴書がクリアしていれば書類選考は通ります。転職となると履歴書や職務経歴書というものが非常に大きなウェイトをしめます。転職活動では書類選考が最大の難関でしょうが逆の見方をすれば、書類選考を突破することで転職活動はまずまず成功したといえることでしょう。

転職。リスクは当然ありますが人生を変えることもできます。

就職転職活動ではまず自己分析。そして職種の研究。さらに業界や企業の情報収集。そこから自分の志望動悸をはっきりさせていきます。そうすると履歴書や職務経歴書、自己PR文書も書きやすくなりますね。採用の際の面接にも自信を持って臨むことができます。そしてそこまでやって不採用なら悔いはないはずです。

[PR]バイト 日雇い痩せる方法