職歴・自己PR・資格

職歴・自己PR・資格について

メニュー| 面接が難しい? | 会社とのマッチング | 熱意や学歴 |

会社とのマッチング

会社とのマッチング

就職・転職を有利にすすめるためには資格があったほうがいいに決まっていますけど、でも資格がなければないでも就職・転職はなんとかなりそうですね。

資格といってもいろいろあります。就職や転職に有利な資格から、趣味としかいえないような資格まで。どんな資格をとるにしても、自分という人間がどういう人間かを示す、一つの要素として働いてくれるでしょう。だからといってなんでもかんでも就職や転職に有利ということにはなりませんが。

就職転職に役立つ資格も多いのですけどね。どれがいいのかはしっかり調べてみないといけません。

資格のメリットは当然ありますけど、それは入社するときだけということも多いようです。入社したあとはあくまで実力勝負であるということになりますね。

転職時に採用してもらうためには、求人をしている会社とのマッチングを考えないといけませんよね。相手の会社が必要としている能力をこっちがまったく持っていないのでは採用は難しいでしょう。

採用する側の企業としては、採用基準をきっちり決めているわけです。あんな能力、こんなスキル、という具合に。それに当てはまらない場合は何でカバーできるかも採用基準として練られているのでしょう。

履歴書や職務経歴書を提出して書類審査をしてもらっている時というよりも、むしろ、応募を検討している段階で、企業側が何を求めているのか、どんな人材を採しているのかということをきちんと理解できるかどうかがその後の転職活動の大きなキーになります。勝負は、履歴書を書き始める前についていることも多いのでここはかならずチェックしましょう。

募集要項の内容なんて千差万別といったところでしょうか。こまかくいろいろ指定する会社もあれば、年齢と給料と休日くらいしか書いていない会社もあります。だからこそ独自の情報収集が必要になってくるんですね。ただ、ここでダメそうな会社は外しておきたいです。

あなたは企業の情報を集めますね。企業もあなたの情報が欲しいわけですが、それはまず手始めに履歴書や職務経歴書ということになります。書類審査というわけですが履歴書は職務経歴書であなたの情報を分析して採用候補に入れるかどうかを決めます。

企業が重視するであろうポイントを履歴書や職務経歴書がクリアしていれば書類選考は通ります。転職となると履歴書や職務経歴書というものが非常に大きなウェイトをしめます。転職活動では書類選考が最大の難関でしょうが逆の見方をすれば、書類選考を突破することで転職活動はまずまず成功したといえることでしょう。

転職。リスクは当然ありますが人生を変えることもできます。

自分は転職しないから転職のことなんて知らなくていい、そう思う人もいるかもしれませんが、現代社会で一つの会社に頼るということは非常に危険なことです。昔とは違ってサラリーマンを消耗品としかみていない会社が多くなりましたから。一つの会社に頼っていると追い詰められてしまう結果になります。鬱病や自殺が多いのはそれを示しているのでしょう。自分を守るための知識武装が必要です。

[PR]バイト パチンコ証券会社 ランキング