職歴・自己PR・資格

職歴・自己PR・資格について

メニュー| 面接が難しい? | 会社とのマッチング | 熱意や学歴 |

面接が難しい?

面接が難しい?

求職をする場合に資格を持っているのと持っていないのとでは大きな差が出るのかと思いきや・・・それほどでもないようです。まあ、資格によって差がついてしまうのは確かですけど。

資格さえ持っていれば仕事なんて選り取り見どり・・・といわけにはいきませんよね、やっぱり。難関資格といわれる弁護士や公認会計士にしたってそうです。でも逆を言えば資格を持っていない人でも就職や転職で十分希望が持てるということですよね。資格は・・・あったほうがいいことは確かですが、それが全部じゃないです。

いろいろな資格がありますので、楽に取得できて就職や転職に役立つ資格があればいちばんですが。

資格を持っていれば就職や転職の際に有利になるでしょう。でもそれは入社するまでの話です。入社したあとは実際の仕事で自分の能力を示していかなければなりません。

転職する場合は企業とのマッチングが大事になってきます。相手企業が求めている人材の基準と自分が適合しているかどうかということですね。

採用する会社の方は、あなたの職歴を見て、スキルや実績を分析することでしょうね。そして職場の雰囲気に溶け込めるかどうかは人柄を見ようとするでしょう。チームに向いているかどうか。

順番としては自己分析や業界・企業に関する情報収集をしてある程度転職先についてのイメージができてきたところで求人広告などの募集要項を目にする。「これだ!」ということで履歴書を書き始める、ということになるでしょうか。

企業もあなたの情報を分析してきます。企業側は多くの履歴書や職務経歴書を見ていますから、書類を見ただけでこの人が、自分たちが採用したい人材なのかはすぐにわかります。それは、自分たちが求める人材を判断するチェックポイントを理解しているからです。

就職・転職というと面接が難しいな、と思うかもしれませんね。実際に採用担当者と会うのですから。しかし難しいのは書類選考に通ることです。履歴書や職務経歴書、添え状などによる書類選考ですね。ある会社はこの段階で9割をふるい落としてしまうそうです。それを考えると履歴書や職務経歴書に書く内容、志望動機や資格・職歴などは最善の注意を払うべきポイントなんですね。

最後に就職・転職についてまとめてみることにします。

国家も会社も個人に対して冷たくなってしまった現代において、転職の知識は自分を守るための知識の一つだと思います。転職に関する知識に限らず、資格に関する知識や資産運用に関する知識、独立起業・ビジネスに関する知識もたんにお金を稼ぐためというにとどまらず、自分の人生を守っていくための知識といえます。いわば経済的な「護身術」ですね。積極的に身につけていくべきです。

[PR]部分やせ 太もも自動車保険 自賠責