ORION J−22

 

 

 

 

 

メーカー:ガルーブ

 

 

 

 

 

 

なんと潜水艦が基地へと変型!

奇想天外な発想とプレイセットのフォーマットは

アメリカ玩具の真骨頂!

 

 

 

パッケージ

パッケージイラストは商品内容がよく判る楽しいもので

右上にあるウィンドウからは付属のミニフィギュアが見える。

P−3Cは小さいながらも主脚を引き込める事が可能なのだが、

如何せん本体に対してフィギュアの数が少な過ぎるので

他のシリーズも買って補充しないとイマイチ遊べない。

 

このガルーブ社の‘マイクロマシーンシリーズ’は

「スターウォーズ」や「スタートレック」等でも多数発売されていました。

 

 

左舷および上部

全長約38.5cm

ズングリムックリなスタイルだが、38.5cmはサスガに迫力がある。

形状自体はオーソドックスですね。

 

 

前部および後部

艦首の穴はミサイル発射口で実際に発射ギミックがあります。

スクリューはモチロン回転可能。

 

 

ギミック(潜水艦時)

艦首のミサイルを装填した状態。(画像左)

セイル後方のVLSは2ヶ所のみミサイル発射ギミックが。(画像右)

セイル上部の潜望鏡も伸縮可能です。

 

基地ギミックの関係上、後部には格納庫が。

 

 

基地形態!

画像左上が全景で、展開すると結構場所を取る。

センス・オブ・ワンダーな魅力がビンビンと…。

 

 

魅惑のラインナップ

スターウォーズやスタートレック等のキャラ物プレイセットも良かったですが、

こうして見るとオリジナルシリーズ物もナカナカ楽しそうです。

 

 

フィギュアを使ったプレイセットは

アメリカ玩具の基本中の基本なのですが、

上のラインナップを見ても判る通り

潜水艦をネタとした本商品はイマイチその魅力

を発揮しきれていない様な印象を受けます…。