◆紙袋の作り方(包装紙のリサイクル)     
    たまってた包装紙の役立て方の一つ。
   何か 差し上げるときに こんな紙袋が 案外役に立ちます。
出来上がり!

@包装紙の山!
何でもとっておく性格なので・・・。
揃える物は
 【紙・糊・刷毛(沢山作るときは)・ハサミ】
A切りそろえる。
今回はA3サイズくらいに。
(新聞紙の1/4がA3サイズです。)
サイズはマチマチでよい。
Bたたむ。
1.5p重なるように両サイドから折る。
材料は紙と糊 切りそろえる  たたむ 

C10枚ほど1度にのり付け
のり代を1pづつずらして 糊をつける。
(1.5p重ねてたたんだので、 1pの糊付けだと
余分なところにくっつかない。)

刷毛を使うと早い。
D貼る。
(これで 筒状になる。)
Eマチを作る-T
マチになる分を両サイド折る。
(この時 のり付けした打ち合わせは右上が正式。)
マチ幅を今回は3.5pくらいに・・・
左右揃えるのがきれいに作る原則! 
1pずらして・・・  筒状になる  マチになる分を折る 

Fマチを作る-U
折った分を内側に折りかえす。
G底を作る-T
下から9〜10p折上げる。
これはマチの寸法の2.5〜3倍です。 多すぎても少なすぎてもダメ。
H底を作る-U
折り紙の要領で・・・・
キチンと直角に折り広げる。
マチが出来る  底を作る-1 底を作る-2 

I底を作る-V
先に左右をたたみ、次に上下をたたむ。(きれいに作るコツは いつも”直角”。)
この時 最後に重なり合う量が
2〜2.5pほしい。
J底を貼る-T
図に示した部分に 糊をつける。
K底を貼る-U
まずDで貼った合わせ目が下になるよう(ここでは上の部分)先ず貼り
その上に最後の部分(ここでは下の部分)を貼る。
底を作る-3  底を貼る-1  底を貼る-2 

L出来上がり!
糊でくっついてしまっている事があるので
広げて 糊が乾くのを待つ。
M参考-T
半端な残り紙で小さい紙袋を作る。
丈夫な大きい紙ででっかい袋を作る。
(色々なサイズの袋が それなりに役立つ。)
N参考-V
包装紙の裏を使えば
白い袋(無地の袋)が出来る。
無地の袋も それなりに役立つ。
出来上がり!  小さな袋  無地の袋 

O出来上がりに囲まれて
いつも感じるのですが
内職をしてる雰囲気・・・ですネ。
P折りあがったものをストック!
いつでも糊付け出来るように
暇なときに コツコツ 折っておきます。
Q完成品をストック!!
いつでも使用出来るように。
 (何か入れて差し上げる為の紙袋なのですが、
  この紙袋を まとめて差し上げても喜ばれます。)

袋だらけ!  やっぱり内職みたい!  完成品のストック! 

<→このページの先頭に戻る>
<→トップページに戻る>