クラブ規約 トップページ >> クラブ規約
更新日:2007/06/19
鳥取セリオフットボールクラブ規約
  第 1 章  <総 則>
 ( 総 称 )
第1条  本クラブは、鳥取セリオフットボールクラブ(以下「鳥取セリオFC」)と称する。
 ( 事務局 )
第2条  鳥取セリオFCの事務局は、会長の指定する所在地(指導者代表宅)に置く。
 ( 構 成 )
第3条  鳥取セリオFCの趣旨に賛同する中学生以下の全員とその保護者並びに運営に携わる役員によって構成する。
  第 2 章  <目的及び事業>
 ( 目 的 )
第4条  鳥取セリオFCは、サッカーの技術向上と発展、普及に寄与すると共に親睦と健康、体力の増進を図る。また、礼儀や規律ある行動を身に付ける。
 ( 事 業 )
第5条  鳥取セリオFCは、前条の目的を達成するために、次の事業を行う。
  1.県内外の優秀なチームとの交流会を行う。
  2.鳥取県のトップレベルを目指し、全国大会出場を励みとする活動を行う。
  3.指導者講習会を開催する。
  4.その他、目的達成に必要な事業を行う。
 ( 登 録 )
第6条  鳥取セリオFCは、鳥取県サッカー協会に第3種、第4種として登録する。
  第 3 章  <役 員>
第7条  鳥取セリオFCに次の役員を置く。
  1.会 長 1名
  2.副会長 2名
  3.会 計 1名
  4.副会計 2名
  5.理 事 @ジュニア部長 1名
Aジュニア副部長 2名
Bジュニアユース部長 1名
Cジュニアユース副部長 1名
D指導者 若干名
  6.顧 問 若干名
  7.監 査 2名
  8.幹 事 (各学年代表) 若干名
 ( 役員の選出方法 )
第8条  役員の選出方法は次のとおりとする。
  1.会長、副会長、会計、副会計、理事は、総会で選出し、総会で承認を得る。
  2.監査は会長が指名する。
 ( 職 務 )
第9条  役員の職務は次のとおりとする。
  1.会長は会務を統括し、本会を代表する。
  2.副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときはその職務を代行する。
  3.理事は本会を運営し、行事を執行する。
  4.会計は本会の経費に関する一切の業務にあたる。
  5.監査は年に1回会計についての監査を行う。
  6.顧問は本会に対して適宜助言をする。
 ( 任 期 )
第10条  役員の任期は1年とし、再任は妨げない。補欠で選出された者は前任者の残任期間とする。
  第 4 章  <会 議>
 ( 理事会 )
第11条  理事会は第7条第1〜5号の役員をもって構成し、年2回以上会長が招集する。ただし、会長が必要と認めた場合、他の役員を招集することが
       できる。
 ( 総 会 )
第12条  総会は指導者会、育成会、理事会をもって組織し、次に掲げる事項について承認する。
  1.事業計画及び収支予算についての事項
  2.事業報告及び収支決算についての事項
  3.本会の業務に関する事項で、理事会において必要と認めるもの
  第 5 章  <会 議>
 ( 会計年度 )
第13条  鳥取セリオFCの会計年度は、4月1日より翌年3月31日までとする。
 ( 収 入 )
第14条  鳥取セリオFCの経費は、クラブ会費、寄付金及びその他の収入をもって充てる。
 ( クラブ会費 )
第15条  クラブ会費の額は、理事会において定める。
  附 則 この規約は、平成14年4月1日より施行する。
  附 則 この規約は、平成16年4月25日より改正する。
  附 則 この規約は、平成17年4月24日より改正する。
  附 則 この規約は、平成18年4月23日より改正する。
  附 則 この規約は、平成19年4月22日より改正する。