コ ト ノ ハ あらすじ 大学院生の木幡は、自分の指導教授に想いを寄せている。 しかし、彼には亡くなった妻がいた。 自分の想いに悩む中、彼女はある学者について、学会誌用の記事を書くよう頼まれた。 その名前は、藤木壮介。 謎に包まれた彼の過去を調べていくうち、彼らの関係も思わぬ方向へと進んでいく―。

目次

プロローグ 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 登場人物 ・木幡幸(こはた ゆき) S大学大学院法学研究科修士課程2年生。 刑法を専攻している。 ・林浩輔(はやし こうすけ) S大学法学部准教授。木幡の指導教授。 刑法を研究している。 ・大村憲輔(おおむら けんすけ)教授 S大学法学部教授。 林の師匠。 ・中村珠美(なかむら たまみ) S大学大学院法学研究科修士課程2年生。 憲法を専攻している。 木幡の親友。





※ この作品は、拙作『雨音色』の続編となっております。 本作のみでも理解していただける形になっておりますが、 前作を読んでいただいた方が、より一層楽しめるかと思われます。 『雨音色』(タイトルをクリックしてください。ジャンプします)
WORKS(完結)>>
WORKS(未完結)>>
TOP>>