雨音色





――時は大正の中ごろ。


時には古きものに捕われ、また時には新たなものを追い求める、


混沌とした時代の話である――。






















目次




雨音色の挿絵を描いていただきました!!(既読であることを推奨します) こちらです

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18









WORKS>> TOP>> NEXT>> 続編・コトノハはこちら