Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

new!!「ライブへ行こう!」

・初めてブログを作る方へ

・ポルノさんの著作権
 └歌詞を載せていいの?

・ポルノさんの肖像権
 └画像を載せていいの?
 └載せたらどうなる?

・楽譜を掲載するなら
・音源を流すなら
・あなたが違反したら

・注意をするなら。必読
・注意をするなら2

・夢小説のこと

・Q&A1 歌詞、曲
・Q&A2 画像・写真 
・Q&A3 書起し、情報、他

■質問・お話掲示板
 └過去ログ
■参加申込み掲示板
 └メンバーリンク
■チケット掲示板 

・バナー&リンク張り方
・管理人・同盟について
・更新履歴日記
・リンク
・TOPページに戻る

・メールはこちらから

■その他の気をつけたいこと
・オークションをするなら
・ダビングは頼んだら×
・生写真は違法。違法販売店リスト
・ライブ会場の海賊品








【CD Maxi】 Porno Graffitti ポルノグラフィティ / ヒトリノ夜



びっくりでした、大好きです、ヒトリノ夜。ジレンマ。 当時、こんな曲は他になかったし、今も知りません。大好きです。




■ 歌詞を掲載するには



■基本

歌詞は、ポルノグラフィティの作品であり、財産である。


ミュージシャンはCDをリリースし、テレビ・ラジオ・ネット・雑誌などへ露出することを「仕事」とし、それによって収入を得ています。
自分達の作品を、どこにどうやって掲載するのかは、彼ら自身に決める権利があり、また、他の人が掲載をする場合も、一定の規則があります。

ファンサイトに歌詞を掲載することは、認められていません。

一曲一曲は「個人の作品」であり、曲の持ち主の物
私達は、日常生活で人の物を勝手に使うのはいけないと思いますね。必ず一言許可を得ます。
音楽もそれと同じです。



 [★これが基本であり、全て★]

  自分の物は自分の物。
  他人の物は他人の物。勝手に使ったらいけません。


  


 ■↓続きは、より詳しい関連法律の解説です。
  一番下には、歌詞を掲載するための方法を載せています。

≪メニュー≫
1.歌詞の掲載制限の理由と法律
 ……複製権
 ……公衆送信権
 ……歌詞をUPした時点で処罰対象になる

2.歌詞を掲載するためには
 ……日本音楽著作権協会(JASRAC)
 ……「ラック」の歌詞を掲載するために調べてみた
 ……著作権使用料について


1.歌詞を掲載すると、ポルノさんを傷つけてしまう



無断の歌詞の掲載は、複製権と公衆送信権の侵害です。(著作権のところで見ましたね。)

この場合の「複製権」とは、読んで字のごとく、「歌詞を複製する権利」です。
歌詞はただの文字列ではなく、作品です。人の作品を勝手にコピーしてはいけません。
(漫画や絵画を、スキャナーで読みとって勝手に載せていいとは思いませんね? これは複製にあたります)
他人が勝手に複製することはできません。

それから、「公衆送信権」とは、公共のメディアが放送を行うときに動く権利です。
人の作品を勝手に放送することはできません。放送したら、使用料をお支払いするのです。
例えば、ポルノさんの曲がラジオから流れる時、必ず公衆送信権が働いています。 ラジオ局がポルノの曲を使用したら、必ずポルノさんの所に著作物使用料が入ります。

■歌詞をUPした時点で処罰対象になる

インターネットは文字・画像の媒体ですが、 TV・ラジオなどと同じように公のメディアでありオンラインで繋がるので、「送信権」が働きます。
この権利で、インターネットは全ての人に開かれたメディアと認識されています。(実際、誰でもアクセスできますね)。
歌詞掲載をしているサイトに誰もアクセスしていないとしても、サーバーにUPした時点で「公衆送信」されたことになりますので、権利侵害です。
内輪だけのサイトだから、アクセス数が少ないから、なんていういい訳は通用しません。とにかく「勝手に載せない」が基本です。

【備考】掲載の形態について
歌詞を、文字データとして掲載しても、画像として(スキャナーで歌詞カードなどから画像を得て)掲載しても、複製権と公衆送信権の侵害になります。

■閲覧者が「掲載された歌詞をダウンロードする」と……
これは、「複製権」侵害になります。
複製権とは、上述したとおり、文字通り複製する権利。 歌詞はただの文字ではなく作品です。人の作品を勝手にコピーしてはいけません。
それを利用しようとダウンロードすると、 閲覧者が複製権の侵害を起こしています。
 


2.許可を得て「歌詞を掲載したい」

許可を得れば掲載は可能です。
まず、どこに許可を得ればいいのか調べましょう。

たとえば、03年の12月に発売された「ラック」。
歌詞の著作者はハルイチさんで、曲の著作者はタマさん、そしてポルノグラフィティの作品です。 ハルイチさんとタマさんは著作権者であり、彼らは、複製権・公衆送信権を独占的排他的に所有しています。難しいですが、 これも「自分のものは、自分のものである」という権利です。

歌詞をHPに掲載する場合、著作権者に承諾を得る必要があります。
しかし、直接会いに行って「使わせてください」と言うのは大変です。

そこで、ポルノさんが著作権管理を任せている、「日本音楽著作権協会(JASRAC)」のシステムを利用しましょう。
「日本音楽著作権協会(JASRAC)」は、日本のほとんどの楽曲の著作権管理をしています。

■(社)日本音楽著作権協会(略称:JASRAC/じゃすらっく)
JASRACは、音楽著作権の管理組織です。
ミュージシャン本人が、許可を求める相手をいちいち審査して許可を出して…とやるのは大変です。
だから、多くのミュージシャンは、協会と契約て、組織的に管理してもらっています。

個人HPからポルノの音楽を流したいのなら、JASRACへ許可申請をしなければなりません。


■実際の手順
JASRACが無料で提供しているネットの作品検索サービスを利用して、 楽曲の権利関係を調べましょう。
楽曲の著作者名、出版者名などのデータとともに、「演奏」「録音」「出版」などの権利をJASRACが管理しているのかが一覧になって出てきます。
インターネットの歌詞掲載に関わるのは「配信」です。 JASRACが配信管理をしていたら、掲載の申請をして、許可をもらいます。(JASRACが管理していなかった場合には、誰が管理しているのかさらに調べましょう)

■「ラック」の歌詞掲載をしてみよう

さて。「ラック」の権利はどうなっているのか、実際に調べてみました。
JASRACのサイトhttp://www2.jasrac.or.jpにアクセスし、作品名と著作者名を入力し、検索をクリックしました。

出てきた結果は、作詞の権利者名は「新藤 晴一」、作曲権利者名は「TAMA」、出版社は「アミューズ」。 アーティスト名は、「ポルノグラフィティ」という登録になっていました。

「支分権単位管理状況」を見ると、11項目の権利のうち、演奏・録音・出版・貸与・ビデオ・ 映画 ・放送・配信・通カラの権利を、JASRACが管理しています(排除されていた項目は、ゲーム、CMでした)。
先述したとおり、歌詞を掲載するのは、「配信」の項目です。

歌詞の配信をJASRACが管理していので、同じHPからJASRACに申請しましょう。

■配信の手順は、こんな風です。 サイトにて登録手続き→申込書をプリントアウトして捺印→郵送する。2週間ほど待つと、許諾番号が発行される。 これを、サイトへ貼り付けて、晴れてあなたのHPに歌詞掲載が可能になります。
この許諾番号(画像)には、あなたの申請内容にリンクが張られることになるそうです。(05年現在)


■著作物使用料はいくら?

HPが「個人サイト」かつ「非利益サイト」で歌詞を掲載した場合の大抵の楽曲は、 1ヶ月掲載で150円です。 年間使用料は1200円になります。
曲数が増えたり、ダウンロード形式になると、また違ってきますので、自分のサイトの状況を判断して、直接JASRACへ確認してください。

制作協力・利彦さん 05年08月25日


■ このように、許可を得れば掲載はOK。
特に権利侵害などをしていなければ、ほとんどの場合許可は簡単に出ます。

歌詞を載せるなら、せっかくですからポルノさんから許可を得て、胸を張って掲載しましょう!