since2004
  
    






2007
(上のようこそ!からサイトマッ プへ)

2月19日   クリッパーズ二回目のミニツアー
と 云ってもバンドの地元福岡が二箇所含まれてますが。
その他に大分、折尾といきます。
皆さん是非見に来てください。詳しくは
石井啓介の予定にアップしてあります。

私も明日から博多に行ってきます。よってココの更新も
出来ないと思われます。出来たらしますが。
いつものようにセントラルBBSになにかありましたら
書きます。ライブそのものが個人的には約3週間振りです。モードを切り替え
しなくては。この辺りはライブが続くと戻るもんです。

昨日わが子のエコーのビデオを見てたら、なんか頭掻いてました。
こっちから見てるのが分かったんすかねー。「ドウモ!」て感じに見えました。
「ヘヘッー旦那、スイマセン」にも見えたでげすなー。男なんかいな。



2月9日   JBのアポロのライブ盤デラックス・エディション
昨日はジロキチにライブを見に 行きました。
永井ホトケ隆vo,g with 鮎川誠vo,g 小堀正b 岡地曙裕dr KOTEZ vo,harp
と云ういいメンバーでした。バンドもステージが進むにつれてどんどん一体感
がましてライブらしい現実感があってやっぱりライブはこうでなくちゃ。
鮎川さんだけが日本語で歌を歌ってくれて、
嬉しいというか郷土の誇りと云うか。

以前はLP2枚組み で出てたこのライブ盤、数年前にCDでレコードでは
はさみを入れてた部分を復活させて出てました。CDでも2枚組。
このレコードの元々の大ファンの私はそのCDはよく聞いてなかった
んですが、この前御茶ノ水にある脅威の貸しCD屋ジャニスから借りて
じっくり聞いて驚きました。曲順からなんから全然違う。
私が大好きだった1枚目のB面は2枚目にはいっておりもう倍ぐらいの長さ。
全然違和感なくレコードを聴いてたのに実はだいぶ
演奏がカットされてたんですねー。ライブの演奏としては最高級!!お勧めします。

ライブ盤いいですねー。私はスタジオでもなるだけ一発録りがベストと思ってますし
ダビングはなるだけ避けたいですねー。それを多用しだして録音物がつまらなくなったと思います。
レイなんて初期は一発録りの1テイクらしいから凄いの一言。

もう東京は春のような風がふいてますね。嬉しいような少しいいだろうかと云う気持ちも。



2月6日   入籍しました。
なんとカミサンもらいました。2月2日に東京の中央区役所に婚姻届を出したです。
子供も8月8日予定。どんどん話が進みますわな。セントラルからCDの新作は中々出せんで
子供とあいなったです。
式は3月18日に福岡の警固神社でします。同じ日の7時から中州のバンビールで宴会します。
案内状とかなくても入れますので、"i祝ってもイイ!"と思われる方はどうぞいらしてください。
未定ですが東京でもお披露目はするつもりです。よろしゅうに。

50前にして少し転換期なのかな。ヨカ方に転ぶ様に。



1月4日   明けましてお目出度うございます
ライブとか博多とかそれにその後首と肩を痛めてパソコンが苦痛で更新が遅れました。
今でもまだ少し痛いすが一時よりはよくなったみたいです。

更新をしない間にも岸田今日子さんは亡くなる、私はこの人のクールな演技大好きでした。
そしてあのJBまでが…。
私はあの方は死なないもんだと思ってました。10年以上前かなー、
一度だけ武道館で見ました。
その頃はさすがに声はあまり出てませんでしたが、アメリカの箱庭みたいなステージ!!
彼のエンターテイメント性は充分堪能させて頂きました。

1968年のアポロの二枚組ライブ盤は必聴盤です。特にB面!!あのコール&レスポンスは最高です。
声も大変張りがあり、ブーツィー達が入る前のJB'Sの感じも大好きです。
もちろんその後のファンキー路線も大好きなんですが。
それに私は鍵盤弾きですがJBやフェラクティーなどの専門外の人の弾く鍵盤もとても好きで
なんかピアノ弾きにはない大胆さがあって。初々しいというか。ヨカです。
彼については語りだすと止まらないいんですが
ともかく20世紀の音楽の大きな立役者を失ってしまいましたね。
岸田さん共々ご冥福をお祈りします。

もう一つ!!
皆さん大晦日やお正月は如何おすごしでしたか。
私は昨年は大晦日の夕方6時までバイトしてました。
その後は帰って紅白を最初から最後まで見てたです。その後のゆく年来る年まで。
白組よかったですねー。
特に久々のクールファイブが良かった。(内山田さんが亡くなって前川清以下5名)
あの歌も(長崎は今日も雨だった)好きなんですがやはりコーラス付きてのが
グッときたです。でも気の所為かも知れんですがワンコーラス目よりツーコーラス目の方がコーラスの
音量が抑えられてたようにテレビでは感じましたが。
倖田來未は今の勢いからか充分に声が出てたですが吉田美和は不調に感じました。

1月は藤倉君のHye-lucksでライブが三本あります。16日の弁天、20日のジロキチ、そして
多分ですが25日テラで、それまでになんとか肩と首を治して万全で臨みたいもんです。




11月11日   落ちてきたモニター
10月24日から始まっていたハードなバイトの期間がやっと昨日終わりました。フッー
もうこの週末はなんもせんぞ。
来週末は山善とのアコースティックライブがあるので、週があければそれに向かいますが。

ハードワーク期間中もライブが二本、サイフを落としたりとそれはそれで賑やかだったんですが、
特に4日のはらっぱ祭りに山口アキラのバンドに参加したときは長いステージ生活でも
初体験!!スタンドに乗ったサイドモニターに押しつぶされると云うちょっとない経験を
したです。

二年の休憩を挟んで開催されたはらっぱ祭りは午後2時ごろから行きました。
来てみると予想以上の人出!! やはり復活を待ち望んでいた人が多かったんですね。
結果も大成功だったし、おめでとうございます。来年も期待してまっせ。

でうちらのバンドが今までよりは小振りなステージにのったのは4時半頃、
照明もつき、いい感じだったんですが演奏が始まってすぐに土砂降りに、
ばってん雨の中見てくれてる人も多くて、気合を入れて演奏してたんですが
その演奏中いきなり自分の視界が揺れました。ユサユサって。
一体なにがおこったのかまったく理解できずに次に気づいたらもうステージの
上に横向きに倒れてました。

どうもステージの前に設置してあった照明を雨から守るために、ステージに乗せようとして
その際ステージ上のモニタースピーカーを倒し、それが私の斜め後方から頭に当たったらしいです。
幸い当たり所がよかったのか頭が頑丈だったのか、楽器も無事でしたし
演奏に復帰しましたが、気をつけてくれよなモゥー!!
なんがあるか分からんもんです。

さて皆さん!! 11月12月の今分かってる演奏予定をアップしました。石井啓介の予定を見てください。
この中には山善バンドやクリッパーズの初ツアーの情報も含まれてます。
みなさんで出てきてね。



11月2日    帰ってきた財布
一昨日は若手の Hye-lucksまざって演奏しました。本来のギターともお君も
復活してのライブ、彼のギターは素 直な性格が出てて俺は好きです。
バンドの演奏もそこそこよかったの ではと思ってますが問題はその日の朝!!

財布がない、普段だったらどうせ自 宅の樹海の中に埋もれてて、
探せばあるもんなんだけど。この日 はない、いくら探してもない。アレ


他のものはおとしたり、なくしたり、盗まれたりとしてきたけど
財布そのものを紛失したのはあまり記憶にない。て云うか初めてかも。
この日は月末、お金は家賃の4万円(.安うござんしょ)+α、銀行カード、丸井カード、
保険証、免許証など全滅、タバコを買う金さえない。当然ライブハウスまでの電車代もなし。
トホホのトホホ。クラ〜イ気持ちでJRと警察に届けたのが午前10時半ぐらい。

その後ほんやら洞でかなちゃんにタ バコ一本(エコー)と水を一杯飲ませてもらい
ラヂオキッチンのきよみちゃんに2 千円借りて3時頃ライブのある新中野の弁天まで、
かなちゃん、きよみちゃんありがと う!

弁天に行く電車の中で何がどうなの か考えました。
前日はHye-lucksのリハで 高円寺に、その後に行った居酒屋”一 休”で大瓶一本の
つもりが三本飲んだのが悪かったのか、一休カードを作らなかったのがいけなかったのか
高円寺駅で(結局ここでした)トイレに行ったのがいけないのか、
普段は込んでる中央線でなんと隣駅の阿佐ヶ谷で座れたので運が尽きたのか。
ひとつ寝過ごして西国分寺まで行ったのがダメなのか。(もっともこの時は乗り過ごしが
一駅なのでラッキーと思ってましたが)などなど。
しかしこの辺りになるとゼ〜ンブなくなった所為かなんとなくスッキリ感があったのもホント、

さあどこから立て直すかなんて考え ました。

その後のライブは前段にあるように なんなく順調に終わりました。

そして昨日の朝7時前に国分寺駅か ら電話があり、高円寺駅にあったとの事、
アーよかったァー!!!
しかもお金も含めて全部無事らしい。

た だその日のうちに取りに来ないと警察に届けると云われました。
私は昨日は朝一から24時間バイトの日。結局今付き合ってる築地のなおみちゃんに
委任状を書いて頼みました。そしてこの子は今朝帰って来ました。

これがちょっと旅でてた子。
おかえり、びっくりしたぜ。
なおみちゃん曰く拾ったのは20代前半の若者、男性か女性かもその場の
駅員さんはわからないとの話です。
名前も連絡先云わずに唯届けてくれたらしいです。
ほんとにありがとうございました。今からでも云ってくれたらお礼がしたい。

その間、前述のかなちゅん、きよみちゃん、なおみちゃん、親切だった国分寺南口の
初老のおまわりさん、家賃を待ってくれた中央商事にJR東日本、
更に電車代がないなら国分寺まで迎えに行ってもいいと云ってくれたベースのクラモッチ、
ステージであんましMCが長いと石井さんが財布の事を思い出すからといって
曲間をつめてくれた藤倉君、(ひょっとするとギャラも多めだったかも)
皆さんありがとうございました。
そして拾って届けてくれた若者の方もう一度ですがありがとうございました。
ここにお礼申し上げます。

石井 啓介



10月24日   祝!!はらっぱ祭り復活
2年間休止に追い込まれてたはらっぱ祭りが今年は11月4日にやっと再開!!
1日だけと云う縮小版ですがともかくもう一度だよね。私も毎年晩秋の楽しみが帰って来ました。

復活するまでの実行委員会の努力、
忍耐など大変だったと思います。
お疲れさまでした&おめでとう!!
色々云われましたが、今年復活出来たのも
やはり過去17回の積み重ねが大きかった
かも。

ポスターから公式サイトに飛べます。

私は山口あきらのグループで
たぶんラスト近くになって
出ると思います。
皆さん祭りに遊びに来て下さい。
チラカサないよう。

それとまだそれぞれアップはしてませんが博多の山善が1日だけですがアコースティックライブに
上京します。場所はNAKED LOFT、新宿です。 来月18日、私も弾きます。
その後はバンドで博多と小倉でライブです。乞うご期待!!
またクリッパーズの博多+山陽道ツアーも予定中。これもご期待下さい。
私は今日から労働週間です。



10月16日   初めてウィンドウズで更新してます。
うまくいくかどうかテストです。

下にもありますが19日は弁天でTGBOのライブが弁天であります。
乞う期待ください。
わたしも20年振りに一瞬だけ唄おうかと。ちょっと練習してますが、最低です。
ヘタカー。
当日は笑ってくださいな。

デトロイトタイガース快進撃が続いています。
まだ1試合も見てないのですが、2003年には119敗のチーム!!
2006年のワールドチャンピオンまで後少し。



10月8日   松中!気持ちは分かるけど
10月19日に新 中野弁天TGBOの単独公演があります。ゲストは永井"ホトケ"隆さん。
皆様多数のご来場お待ちしてます。いやホント!!

その他下にも書いた藤倉君の
バンド
Hye -Lucksのトラも今月
三本あります。
石井啓介の予定をご覧下さい。

毎年パリーグのプレーオフは楽しみ。
シリーズの感じを先取りした緊張感だし。
で第二戦後の松中の涙にはグッと
来ましたがまだ泣くのは早いよ。
気持ちは分かりますがまだ
1試合残ってるし。

メジャーもタイガースが快進撃中。
今年はあまり見れてないのですが
イバン・ロドリゲスにワイルドカード
とくれば2003年のフロリダと一緒!!
その時は優勝でした。
そして今年もやっぱりヤンキースを
破ったですね。さてどこまで行くか。

東京は快晴です。






9月26日   驚くべきうまさ
昨晩は
Hye -Lucksと云うバンドに混ざって弁天にでましたがェ
ギターの藤倉君にドラムのユウゾウ君、おそらく20とか21とか
その位の年齢だと思いますがビックリしますよ。
ともかくめちゃんこうまい。自分の同じ年齢の時を考えると雲泥の差。
ひろいねー世の中。
このバンドには1日も西荻のクラップクラップに一緒に出ます。
いや楽しみちゃ、楽しみです。

駒大苫小牧の田中、楽天ですねー。いやこれは面白い。彼はどこでも行くと云う
肝の座ったヤツですし、
フランチャイズも全国に散って、い い選手が来て、
講談の一凛さんも云ってましたがパリーグもどんどん面白くなる。

2年前にダルビッシュが仙台から北 海道に行ったのと逆のパターン。
そのパリーグもシーズンは残りわずか。一位通過は一勝のアドバンテージを付けたおかげで
混戦の中の混戦!!
やることなすことヒットしてるぜパ!!



9月25日   また突然ですが
今日ライブにでます。新中野にある弁 天に。
話題の若手ギタリスト藤倉 嗣久が率いるHye-Lucksに交ぜてもらう事となりました。
藤倉君はまだ二十歳位なんですが評判です。服田さんのセッションで
一度一緒にした事はあるんですが。
さて今日はどげなりますか。



9月12日   わくわくするドラム
昨年に続いてユーシンのおかげで今年も定禅寺ジャズフェス
に出る事が出来たです。
ジャズフェスと云ってもロックや弾き語り、ブルースなどオールジャンルで
東北のバンドを中心にそりゃものすご沢山のバンドがでます。
ステージもパンフによると43ステージが仙台の中心部に作られてて
どのステージもお客さんで一杯になります。
楽しかよー。

ウチ等は二日目に出ました。ユーシンのハープにベースハープのツーちゃん、
ドラムの北澤さんに私でした。
とても多くのお客さんでしたし、充分受けてたと思いますが私はリラックスしすぎて
行き過ぎてしまいました。お客さん大きな音すいません。

で話しはここから。
この日ユーシンはもう一つ玩具庵ファミリーバンドと云う親子バンドに
参加すると云うのでそのバンドを見に行きました。
このバンドはお父さんが素晴らしい音色のテレキャスを弾くギタリスト、
ベースとドラムが息子達です。
でこの年少の子のドラム!!
ステージ脇で見てて久々にワクワクするドラムでした。
次はどんなリズムを 叩くんだろう、この次はなにをして来るんだろうって。
少しスティックを短めにもってとて も独特なリズム感、
私は俗に云ううまいプレイヤーてのにいいなーとは思いますがあまり惹かれないです。
なにか独特なもの、サムシングエルスと云うか、それを感じるミュージシャンに
惹き込まれてしまいます。
名前は多分じゅんちゃん、姓はたぶん鈴木だと。
中学生、いい〜!!

まだ
中学生で未完成な部分も多く(私は一生未完成、仕方な か)それだけにこれからも
絶対よくなるだろうと思えます。
ドラムて本来ワクワクさせる楽器ですよね。それが出来てるこの子は。
中坊にワクワクさせられちゃったよ。ハガイカ!!
お父さんにも本人にもその事は伝えました。
お父さん曰く、最近はどーもドラムより絵に興味が移っているようだと。
そう云えばあまり面白そうな顔して叩いてなかったなぁ〜。なるほどね。
中学生だもん なァ〜、色々仕方ないかな〜。
お父さんもまたドラムに興味が出たらまた叩けばいいなんてことおっしゃてたし、
今の所それがいいのでしょう。
仙台近辺の方見た方がいいよ。


2004年10月〜 12月
2005年1月〜6 月
2005年7月〜 12月
2006年1月〜 8月



セントラルCD社 石井 啓介