片桐 且元(かたぎり かつもと)
弘治2年(1556)〜慶長20年(1615) 官位(大坂の陣時点) 東市正

[子飼いの将]

「賤ヶ岳七本槍」の一人。片桐直定(直貞)の子。幼名は助作。初名は直盛・直倫。直定は浅井家に最後まで従って長政から感状を賜った忠臣。その滅亡を機会に旧浅井領の領主になった秀吉に仕えた思われる(一説には姉川合戦後)。賤ヶ岳の戦いで奮闘し、感状と3千石を拝領。以降、秀吉の馬廻として各地を歴戦するが検地や土豪・寺社などとの交渉役など文官としての活躍が目立つ。九州征伐の後、浅野長政・福島正則・小堀新介(遠州の父)らとともに大和・伊予・丹波などの検地を実施。小田原城の開城に際して脇坂安治・井伊直政・本多忠勝・榊原康政とともに城を回収した。奥州仕置にも参加したであろう。朝鮮出兵の文禄の役では肥前名護屋までの秀吉の行軍を助け、自身も渡海した。慶長の役には参加せず、畿内各地における太閤検地に参加。作事奉行も務めるなど実務家・事務官として国内の内政面に貢献した。文禄4年(1595)摂津茨木1万2千石に加増されるが、これは賤ヶ岳の戦いにおける恩賞の追加だったという。秀吉の晩年に秀頼の傅役に且元や小出秀政(秀吉の叔父)ら5人が選ばれた。長束正家とともに大坂城内の破損の修復や清掃の監督を命じられ、秀吉没後は大奥を警備して庶務を担当している。関ヶ原の戦いでは秀頼の許に居たが、大津城攻めに弟の貞隆を派遣した。しかし、一方では嫡男の孝利を徳川家康に人質として送り、一説に家康に使者を送って豊臣家が西軍に担がれた事を謝ったといわれる(加えて大坂城開城の時に秀頼が戦役に無関係である旨の書状を出した)。戦後、且元は大坂開城の際に城門を警護したという理由で大和龍田3万石の大名への加増を受ける。

[豊徳両家の調整役]

加えて、家康の意向により豊臣家の家老としても政務を行うことになったのが、後々の且元の苦難の始まりであった。関ヶ原の戦後処理では秀政や徳川家の彦坂元正・大久保長安・加藤正次などともに諸大名(畿内など西国諸藩)に対する知行宛行を行う。これ以降も豊臣家の人間として徳川家の人間とともに検地など従事したが、これらは徳川主導で行なわれたものであり、結果的に家康の全国支配を助長した。慶長9年(1604)同役の秀政が没してしまい責任が一層重くのしかかる。同10年(1605)からは摂津・河内・和泉の豊臣家の領内における国奉行を負わされ、豊臣家の石高を定めた。且元は徳川家の代理人としてもこれら3カ国を治めていたのであり、家康を「上様」秀頼を「秀頼様」と仰いでいた。豊臣と徳川の間に立って行動していたのが且元であり、家康の豊臣家に対する意向も且元を通じて行なわれていた。嫡男・孝利の正室に徳川譜代の伊奈忠政(忠次の長男)の娘が入り、自身の養女も本多正純の弟・忠純に嫁ぐなど、豊臣徳川の関係と同じく且元の立場もまた微妙なものである(ちなみに1613年、家康の計らいで弟・貞隆に5千石の加増)。徳川家との対立を懸念して淀殿を説き、二条城の会見を実現させて両家の融和が行なわれたことで且元は安堵したというが、その気持ちとは裏腹に情勢は余談を許さないものになっていく。

[役目放棄]

方広寺鐘銘事件で両家の板挟みになった且元は、豊臣家の弁明を計って駿府に行くが、滞在期間は約一ヶ月にも達した。且元が豊臣家に提案した徳川家への臣従は、第二陣として送られた大蔵卿の報告内容と相違するものであった。こうしたことで不信感を持たれ、強硬派は且元を殺そうと計画。且元は病と称して屋敷に籠ってしまい、淀殿が戻って来るように誓詞を送るが、信用せず登城しなかった(その後、且元の籠城態勢を知った淀殿も気持ちを変えた)。大坂城から逃れ、殿の貞隆は城へ三度礼をして立ち去った。高野山への蟄居が取り決められたが応じる気は無かった。家康は且元の労を慰めたという。両家の仲立ちの退去によって「大坂の陣」は始まる。徳川方に主軸を置いた且元は退去から十日程後には堺政所の要請で堺に救援軍を送り、これが大坂冬の陣最初の合戦となっている(結果は大敗。吹田・長柄では後藤基次に敗れた。どちらも且元本人は参加していないが)。京都所司代の板倉勝重とともに大坂への物資流出の禁止も命じた。一方の豊臣方は勢いに乗って茨木を攻めようとしたが、勝重に援軍を要請して対抗する。そして徳川家へ臣従する礼を取ったのである。かつての経歴から大坂城の案内役を務めて軍議にも参加。冬の陣が終わると4万石に加増されたという。大坂落城の際には旧主の所在情報を渡し、豊臣家滅亡に一役買う。戦後、弟の貞隆が大名に取り立てられた。が、落城から僅か20日後の5月28日に死去。1年前から休息も無く病がち(肺病?)であり、隠居も許されず、その上の病死だったのだが、その急な死から自責の念で自害したと広く言われ、狂気の末の死や豊臣家残党による逆恨みの暗殺説も残る。あまり同情されていなかったようだ。

[コメント]

大坂の陣開戦に伴い、最も苦心したであろう1人(過労死しそうだ)。且元の退城に一時大坂城は動揺したといわれます。大坂の陣で徳川方として重要な局面に顔を出しているあたりから散々に評する場合もあると思いますが、両家に両属する複雑な立場(徳川家直属の摂津・河内・和泉の国奉行も兼任している)を考慮すれば成り行き上、仕方が無いかもしれません(というか且元は独立した大名であったわけで純粋な豊臣家の人間で無かったようだ)。天王寺・岡山の戦いでは「今度の戦いはもう終わるから心がけのある者は今日十分に働いた方がいい。しかし、どんな手柄を上げても私にとっては手柄とならない。恨みに思ってくれるな」と配下に聞かせ、積極的に戦わなかったそうです。当たり前といえば当たり前ですが、自分の命に差し障りのない程度で豊臣家に忠誠を尽くす一方、生き残る道も視野に入れていたのではと個人的には思っています。且元の力不足?で豊臣家が滅亡したともいえますが、それなりに彼なりの苦衷も察してやりましょう(そんな彼だが織田信包を暗殺した話もある)。何処かの本にもあったけど、そういう意味では秀頼の傅役になってしまったこと自体が不運。経歴を書いてみると家康が且元を買っていたために時代に翻弄されたとも言えますね。なお、現在の大阪城の「市正郭(※曲輪と郭は同意語)」は豊臣期にその地にあった且元の屋敷が地名の由来だといわれています。

大坂の陣人物列伝トップ