福島 正則(ふくしま まさのり)
永禄4年(1561)〜寛永元年(1624) 官位(大坂の陣時) 右近衛権少将

[秀吉の従兄弟]

「賤ヶ岳七本槍」の筆頭。幼名は市松。父は福島正信、母は豊臣秀吉の伯母と言われているが詳細は不明。母ではなく、正信が秀吉の叔父で、父方が縁繋がりだったともいわれるが、秀吉の従兄弟の位置付けではあったという。とにかく秀吉と縁続きの者であり、幼少の頃から2百石で仕える。播磨遠征が初陣だと言われている。三木城攻めで兜首2つに魚住源太なる者を討ち取ったといい、上月城攻めでも敵の首を取ったという。鳥取城攻めに参加。山崎の戦いで組頭を討ち取る功で3百石の加増。有名なのは賤ヶ岳の戦いの活躍である。この戦いで一番槍・一番首を果たし、大聖寺城主の拝郷家嘉を討ち取った(異説があり、石川兵助が拝郷と相討ちしたともいう。正則の感状にも記載されていないようである)正則は感状と七本槍で別格の5千石を拝領。物頭に抜擢された。

[子飼いの筆頭]

小牧の役では、秀吉麾下の後備。紀州征伐で高井・畠中城攻略の功があって、播磨龍野城主となる。九州征伐に従軍した後、伊予湯築(後に国府)11万3千2百石を拝領。近辺の豊臣蔵入地9万石の代官も務めた。肥後一揆では戦後処理の代官・検地奉行を務めた。小田原征伐では織田信雄指揮下で韮山城攻めに先鋒を務め、秀吉から感状を賜った。領国では兵農分離・水軍の編成を図り、朝鮮出兵では伊予の水軍を率いて海上輸送・兵糧輸送の後方支援を主に担当(慶長の役は不参加)。敵の攻撃を度々退ける奮闘をしたという。豊臣秀次の検死役を務めた後、その遺領配分で尾張清洲24万石の大名にまで出世する。同時に有事の備えとして10万石(30万石とも)の備蓄米を預けられた。有事とは関東の徳川家の西上を指すといわれ、秀吉の正則に賭ける期待が伺える。

[50万石の大名]

秀吉亡き後は、徳川家康に接近。秀吉の遺言に背いて、養子・正之と家康の養女・満天姫(弟・松平康元の娘)を婚約させ、終止家康方として行動する。また、加藤清正らと語らって三成を政界から失脚させる。関ヶ原の戦いでは東軍の先鋒として奮戦。豊臣家から預かった米まで無償で味方に提供する程であった。戦後、安芸と備後二ヵ国49万8千2百石に栄転(これでも家康たちは恩賞に不満が無いか心配していたらしい)。領内で総検地を行い、約10万石を増税したという。広島城を改築し、領内六ヶ所に支城を整備した。地侍の武装を解除、兵農分離に努めた。産業(畳表)の発展の奨励や交通整備、治水・干拓・税制を定めるなどの治績がある(しかし民政は施してはなかったようだ)。ちなみにキリスト教を保護した。

[板挟み]

以後、正則は他の大名と同じく徳川家に恭順し、徳川家の上洛や天下普請に従った。豊臣恩顧の大名と徳川家の仲介役となり、自身も家康の養女(牧野康成の娘)を後妻に迎えるが、豊臣家に取り立てられた恩も忘れてはいない。豊臣恩顧の大名が千姫の輿入れで大坂に参集した際は「正則主唱で西国大名は秀頼に忠誠を誓う旨の誓書を大坂に提出した」と風聞が立つ。秀頼が疱瘡にかかり倒れた時にも西国・四国の諸大名が内々にお見舞いに来たと言われ(京極氏や島津氏が使者を派遣した)、正則が一番に駆け付けたという(1608年)。二条城の会見の実現を加藤清正・浅野幸長らとともに尽力。会見の際には1万人ともいわれる大軍で沿道を警備したが、自身は大坂城で病(肺結核)と称して欠席した。これは有事の際に備えたものだといわれている。

[危険分子]

そして「大坂の陣」が始まるが、幕府からは一番に警戒されて江戸留守居を命じられ、代理人として嫡男の忠勝が従軍。福島家は豊臣家に呼応しなかったが(冬の陣に際して正則は「今回は秀頼様の対応に不満である」と公言していた)、調停活動は行っている。忠勝も豊臣家からの誘いに対して、戦いを避けることを勧めた。これで戦いが避けられなかったのは周知の通りなのだが、正則は冬の陣に際して、大坂蔵屋敷に置いてある兵糧米8万石(諸候随一の量。正則以外の諸大名合わせても3万石だったという。それ以前にも3万石を豊臣家に献じたことがある)の奪取を「ともかくも秀頼御意次第」と豊臣家に容認している。また、和議が成立して戦いの終結を知ると、手を打って「南無三、してやられた」と嘆いたといい、夏の陣で豊臣家は滅亡。その読みは当たることになり、かつての主家の滅亡を江戸から見送った。

[宿命的な没落]

大坂の陣終結後、いよいよ徳川の天下は固まってゆく。元和3年(1617)参議に昇格するが「武家諸法度」の適用による大名改易の第一号は皮肉にも正則であった。同5年(1619)広島城の無断修築を咎められる(他の罪状としては伊奈図書事件や悪政、大坂方に通じたこと、京都の忠勝が大軍を貯えるなどで謀反の風説があったとされるが、無断修築の件が主題ではある)。幕府は、広島城の本丸のみを残した破却と忠勝自身とその子が人質として提出されれば許すという考えだったが、破却の不十分と提出の遅参とで改易に変更。広島城に残る家臣たち4千人と支城の城主とが「主君の自筆の書状を見ない限り城は明け渡さない」と戦う構えを見せたため事態は悪化する。幸いにも江戸の正則が感状を出すことによって、一戦は免れた(後の加藤家改易などの時にも同様の現状が起こることになる)。退転を指揮したのは筆頭家老の福島治重だといわれ、堂々とした福島家一同の退転は家名を高め、後世の語り草になる。旧臣たちは他家から引っ張りだこになったという(治重自身は正則の移封に同行せず徳川頼宣の2万石、前田利常の3万石の誘いを蹴って仏門に入る)。

[落日]

当初正則の処分としては、陸奥津軽4万5千石が考えられていたが、彼の神妙な態度と津軽信牧の運動(正則の津軽配流に伴う転封が嫌だった)に配慮して「津軽はあまりに遠い」と信濃川中島へ転封先を変更。正則は蟄居して高斎と号し、翌年の同6年(1620)には嫡男・忠勝死去に伴い、2万5千石を幕府に返上した。寂しい晩年を送ったとされるが時期であるが、治水事業など領国経営には勤しんでいる。減封から5年後の寛永元年(1624)死去。死後、家臣が正則の遺体を幕府の検使の到着前に火葬してしまい、その事から咎められた福島家は3千石の旗本にまで成り下がってしまうのである(とはいえ福島家の家名は残った)。この一件から正則は自刃したという説があるが、高井野村の高井寺所蔵の正則一代記の絵巻の最後の場面は何者かが切腹している絵になっているという。

[コメント]

猛将のイメージが強いですが石田三成が「文官」一点張りされた事と同じで、実際はそうでもなかったようです(関ヶ原前後の毛利氏との交渉にも携わる。むしろ「俺の武功で豊臣の天下はあるんだ!」と思う程、本当に「武功派」という存在だっかのか正直疑問である)。秀吉死去以降の振る舞いも「現実的に考えて豊臣家は徳川政権下で存続させよう」と解釈する向きもあります(結局ダメでしたが…)。秀吉の縁者であることに加えて、感情の起伏が激しい人情家と伝えられる子飼の筆頭たる正則も、結局は豊臣家に殉じることはありませんでした(国許に決起を促す逸話もあるが実行されなかった)。ただ、元家臣で幕府の御使番の青山清長(前名・祖父江信勝)は豊臣家に内通し(露見して成敗)筆頭家老の福島丹波治重の子・長門は大坂に入城を試みるわ(途中で藤堂勢が発見され、戦死)家臣の伊藤武蔵や弟の正守・正鎮なんかは豊臣軍として戦う始末。当の正則も米8万石を豊臣家に提供したときたら…。実際、正則の弟・正頼は大坂の陣終結の約1ヶ月後に改易。福島家が豊臣家に同情的な雰囲気だったと見ていいでしょう(参考文献にした「日本切支丹宗門史」でも正則を一番に秀頼に同情する者としていました。方広寺事件以前の1612年にも帰国が許されなかったり、大坂の陣の時には重臣から保身のために備後一国を返上することを勧められたという)。改易されたのが破却の不十分…豊臣家に似ています。

大坂の陣人物列伝トップ