細川 忠興(ほそかわ ただおき)
永禄6年(1563)〜正保2年(1645)
官位(大坂の陣時点) 越中守・参議

[苛烈な猛将]

「利休七哲」の一人で「三斎流」の開祖。細川藤孝(幽斎)の長男。幼名は千熊丸。通称は与一郎。正室は明智光秀の娘・玉(後のガラシャ)。織田信忠からの偏諱を受けて、忠興と名乗る。天正5年(1577)の雑賀衆との貝塚の戦いに初陣。次いで、松永久秀との片岡城攻めで、額に終生残る傷を負いながらも、弟・興元とともに一番槍をつけて敵を討ち取る。信貴山城攻めにも参加し、織田信長から感状を賜って、母衣を許された。信長直筆の感状は数点しか現存していないというから、価値は高い。小姓にも取り立てられる。明智軍指揮下で近畿各地を転戦し、同7年(1579)丹後宮津12万3千石に封じられ、光秀の与力大名とされた。

[決断]

同10年(1582)本能寺の変後、父から家督を相続。舅の光秀から、天下の実権まで条件まで出されて味方に誘われるが、見送って剃髪した。妻を幽閉し、使者まで斬り捨てようとしている。秀吉方にも参じなかったが、細川家は戦後、所領を安堵された上に妻まで許された。忠興は賤ヶ岳の戦い・小牧の役・九州征伐・小田原征伐・朝鮮出兵など、秀吉の平定戦を歴戦。特に小牧の役では二重堀の防衛戦で、織田信雄を破り、秀吉から感状を与えられた。茶の湯などの文化交流を通じて、政権の中枢部とも上手く付き合い、細川家は織田家旧臣では前田家に次ぐ待遇を受けている(これは徳川政権下でも大方継承された)。また、豊臣秀次失脚事件において、徳川家康の恩を受けて難を逃れた。

[屈服]

慶長3年(1598)秀吉が没すると家康に接近。前田利家と家康が対立しすると、両家に縁が深い忠興は利家の子の利長・加藤清正・浅野幸長らと語らって調停に務め、家康に「命の親」と感謝された。翌年、利家没後の前田家が家康暗殺未遂事件の首謀者として謀反の疑いをかけられると、縁戚関係にある忠興にも疑いがかけられる。窮地に追い込まれた忠興だったが、親交深い利長と縁を切って家康に誓書を差し出し、三男・忠利を人質として江戸に送る事によって、家康に屈服するとともに難を逃れる(結局前田家もこの後屈服するが、両家の復縁は約100年後の話である)。一方の家康も豊臣家の蔵入地の内の豊後杵築6万石を忠興に加増して応え、ついに忠興は家康に軸を置く事になった。

[御譜代同然の家]

関ヶ原の戦いでは東軍に属し、豊前中津(後に小倉)39万5千石に転封。同14年(1609)嫡男とした忠利の正室に徳川秀忠の養女(小笠原秀政の娘)を迎えている。大坂の陣では徳川軍として参戦。冬の陣では幕府の命で島津家久・毛利輝元の動向を確認して彼等の出陣を見届けた上で出陣するが、大坂到着前に和議が成立した為、門司から帰国。夏の陣では先鋒を願い出るが、本隊未着で4〜5百人しか指揮下に居なかったため家康の命により、藤堂高虎隊に加わった。八尾の戦いに参加したと思われる。次いで天王寺・岡山の戦いで敵首20を挙げた。九州の大名では忠興だけが特に手柄があったということで家康も満足。戦功に免じて、豊臣軍に属した次男の興秋を赦免したが、忠興は許さず自害させている。この時に「羽柴姓」も捨てた(家康はこれを機会に「松平」を名乗らせようと思ったが忠興は断って「細川」に復した)。元和6年(1620)家督を忠利に譲り、寛永9年(1632)細川家が、加藤家に続く島津への抑えとして肥後熊本54万石に転封されると、八代城を隠居城とした。正保2年(1645)死去。忠興の晩年、徳川家光は2歳になる竹千代(後の家綱)について、忠興にあやかるように酒井忠勝に命じた。

[コメント]

海外の文化に感心を持ち、情報収集に長じ、親譲りの処世術を持った文武両道の名将として名高い細川忠興ですが、性格は、あの信長を彷彿とさせる程苛烈だったそうです。妻のガラシャに対しての独占欲がから一切の外出を禁じて下手に妻に話そうものなら斬り捨てられたそうです。会津征伐直前でも留守居に人質にとられる場合になったら自害させろと命じたそうで、その後の悲劇は周知の通り。「茶道四祖伝書」では「天下一気の短い人」と評されているなど、その苛烈さ故に文武両道ながら武功派と言われているのかも…?(逆に天下一気が長いのは蒲生氏郷。二人とも信長に似てるとされてるから、よくわからん;)。晩年は渋く落ち着いたようで「無欲でいると未来が見えてくるものだ」などと息子たちに言い残したそうです。また、徳川二代将軍の秀忠に「どのような人がよき人か?」と問われ、明石浦(明石海峡)の牡蠣(かき)の殻のような人と答えたという逸話があり、これは荒い海で育ち(=厳しい環境で磨かれた)苦労で丸くなった人という意味が含まれ、秀忠たちを感心させたそうです。そういった性格のせいか氏郷に比べると評価が低い気がする(氏郷の前に忠興が会津転封を打診された逸話もあるのに)。