堀田 盛高(ほった もりたか)
?〜慶長20年(1615) 官位(大坂の陣時点) 図書介

「七手組」の一人。諱は勝嘉・正高・盛重とも。尾張津島出身か。豊臣家に仕えて小田原征伐や朝鮮出兵に従軍して馬廻の組頭を務め、1万石を領す。関ヶ原の戦いでは石田三成の挙兵を徳川家康に報告しつつ、西軍の伏見城攻めに参加。慶長19年(1614)の方広寺鐘銘事件の後、大野治長らから挙兵の合議に招かれるが反対し、速水守久の説得により、渋々合議に参加した。冬の陣では二ノ丸升・惣構天満橋を守備。夏の陣では天王寺・岡山の戦いで活躍。落城の際には本丸と二ノ丸の間の石垣上で自害したとも、前田利常に属していた従兄弟の堀田与右衛門に討たせたともいう。

大坂の陣人物列伝トップ