戦国武将列伝

江戸時代に活躍した戦国武将を紹介しているサイトです

天下統一をなし得た豊臣秀吉

2015年01月05日 14時40分

好きな武将は豊臣秀吉公ですが最終的に天皇家と親戚になった事で「豊臣」を名乗る事が出来、また戦国時代の全国を統一出来た人です。彼は農家の出身ですが頭が良い事で最終的に将軍になり。その呼称も天皇家と親戚になり我が国でも知らない人はいませんが知らない人は日本人でないと言われるほどの大人物です。織田信長に使えていた初期の身分は足軽と言って馬の世話をする人でしたが織田信長との運命の出会いがあった事で織田信長により見込まれた人物です。彼の行った最大の行為は現代でも話題になっていますが織田信長の履く草履を懐に入れて温めていたことです。

その草履を差し出したことで織田信長は驚愕をしたことです。今までにない頭の良い家来を経験をしたことになります。その後、秀吉を右腕代わりに使用する事になりますが戦の戦略にも手腕を発揮しる事になります。

その中で現代でも話題になっていますが1日で城を作った事です。織田信長は出来もしない事を秀吉に言いますが彼は引き受けて一夜にして城を作ったという話は有名ですが現存している城では亜無く敵に侵入させないという簡易な城でありましたが作った事は間違いない事で、ここでも織田信長は驚愕します。頭の良さも見込まれて城が与えられ中国地方の遠征に出かけるようになりますが。その遠征中に織田信長の謀反を知ることになります。

その手助けをしたのが今年、テレビのNHKの大河ドラマにありました「軍師官兵衛」であります。秀吉は信長の死を信じなく、行くことを躊躇いますが官兵衛により天下を取るチャンスであることを促されます。その謀反を起こしたのは織田信長の守りの明智光秀でありますが逃亡中の山中で農民により殺害されましたが三日天下と言われています。

その後、秀吉は恵まれた同僚の軍師官兵衛と共に様々な戦を経て天下統一に乗り出します。秀吉の、どこが好きという事ですが先述しています。その中で彼は「頭が良い」だけでなく「気配り」がある事です。現代では頭の良い人はいますが彼のような「気配り」がある人はあまり見かけないです。家系は農家でもありますが恵まれた同僚の軍師官兵衛と「彼のような頭の良い人」が少ない事です。

しかし人間ですので欠点がないわけではありませんが子供に恵まれる事がなかったことで、後継者にとっては不向きな年齢が若すぎるという事で織田信長の家臣の徳川家康に天下は撮られますが同じ屋根の下の人であった事は間違いのない事です。