2010年の野鳥観察の日記

身近な場所でも注意して観れば意外に野鳥が見つけられます。仙台近郊は水辺や雑木林が多いので野鳥を意外に探せそうです。 今年はちょっとした場所で注意して野鳥を探してみたいと思います。

最新の情報は、なんとなく趣味のページ別館・野鳥の観察にあります。 また、「なんとなく趣味のページ」の最新の記事で「なんとなく趣味のページ」の新しい記事を掲載しています。

こちらのHTML版の情報の更新は遅れます。

  1. 日記の目次
  2. トップページ

月をクリックすると、ページ内の該当する月に飛びます。

  1. 1月
  2. 2月
  3. 4月
  4. 2010年に見た鳥

2009年8月

  1. 2010年8月21日

    イワツバメは2回繁殖するという話をきいたので観察してみることにした。

    橋の下で繁殖していた

    条件がよいと2回繁殖するのですね。

2009年6月

  1. 2010年6月11日

    庭でやかましくないている鳥がいた。いつものヒヨドリとは違う声なので探してみた。

    コゲラが居た。以外にやかましい。

2009年4月

  1. 2010年4月3日

    梅田川に行った。カワセミがいるかもとおもい、堤防を歩いてみる。

    重機が入って鳥が退散している。重機が居ない場所まで行ってみると、カルガモやコガモが居る。 コガモが渡りをしないで残っているのか観察が必要かもしれません。

    しばらく歩くと、青い鳥を発見。河原の木の小枝や葦の間を飛んでいる。カメラを向けても写真が撮れない。

    近くの藪から、セッカが飛び出してきた。あいかわらず動き回る。撮影できない。

    川に堰があって深くなっている場所があった。コサギが餌を獲っていた。

    鳩が見れた。一般的には「ドバト」と呼ばれる鳥であるが、学術的には、カワラバトと呼ばれる鳩らしい。

    ちょっと離れた場所で、鳩を見つけた。確認するとキジバトでした。

    歩いている対岸で鳥の群れを見つけた。確認してみたらムクドリでした。

    重機が入っている場所の近くで、あまり重機を怖がらないみたいです。確認してみるとツグミでした。どこにでもいるみたいです。

2009年2月

  1. 2010年2月13日

    台原森林公園に散歩に行った。遊歩道は犬とランナーが多く鳥の観察に向かない。遊歩道から脇の広場に入ると人が少なく鳥も比較的近くに寄ってくるので観察しやすい。

    ハクセキレイが広場を歩いていた。比較的近くに寄っても逃げない鳥なので観察も簡単。

    「チャッチャッ」という鳴き声が聞こえたので、しばらく移動せずに鳥が寄ってくるのを待つ。声の主が近くの木にとまった。枝が邪魔して上手く見れない。 ウグイスのようである。下からしか見れないのが残念です。

    遠くを眺めてみると、猛禽類らしき鳥の姿が見えた。確認してみると、トビが居ました。

    ちょっと移動して、野外音楽堂にきて不用意に歩いてしまったら、シジュウカラと複数の鳥が逃げてしまった。ちょっと時間を置いてもう一度確認にくることにした。

    旭ヶ丘付近の沼に行ってみると、ハクチョウとカルガモがいた。この2種は人に慣れやすいのか、どこに行っても人をみると寄ってくる。

    ホタルの里で、シジュウカラらしき群れを発見した。この鳥の群れに他の種類の鳥が混じるので期待大です。ちょっと待つとヤマガラが姿を現しました。 しかし、カメラを向ける暇もなく林の中に消えていきました。

    1時間ほど時間がたったので、再度、野外音楽堂に来てみました。こんどは慎重に歩いていくと、ホオジロの群れがいました。 枯れ草を退けてなにか探しているようでした。

    シジュウカラの群れのなかに、別の鳥が混じってます。シジュウカラと違い地上に近づいてはくれないので、撮影しにくいのですがエナガがいました。 アップにしようと思ったのですが、飛び去ってしまいました。

2009年1月

  1. 2010年1月30日

    散歩をしていたらムクドリを見つけた。番でいた。大きな群れは作っていないようだ。

    与兵衛沼の藪をせわしく動き回る鳥がいた。セッカなのだが、上手く写真がとれない。小さいうえに、暗く遠めでしか写真が取れないのである。

    ダイサギらしき鳥がいた。

    この鳥は、亜種がいるらしいのだが、私にはダイサギである以外の見た目がわからない。

  2. 2010年1月24日

    宝堰橋付近で渡り鳥を見かけたので、ちょっと河原に降りて観察してみた。

    河原に降りると鳥が逃げてしまって写真が撮れない。肉眼で観察してみて確認できた鳥は、マガモ、カルガモ、マガンでした。

    河原であまり逃げない鳥が居た。セグロセキレイでした。

    帰りの河原の藪でも鳥を確認したのだが、なにの鳥なのかわからない。

    畑の近くをあるいていると、赤っぽい鳥が居た。モズだった。

    意識して探せば見つかるものだ。

  3. 2010年1月17日

    散歩に出かけた。

    アオサギを見かけた。

    カワセミを見つけたが、動きが速すぎて写真が撮れない。

    ちょっとした林を見つけた。シジュウカラに混じって、アオジが居た。

    動きが速くてなかなか撮影できなっかたのだが、丁度よく撮影できた。

  4. 2010年1月16日

    このところ寒いので、沼が氷りついていて鳥が北岸に近くにいるのではないかと思い見にいく。

    ジョウビタキが、野原をあるいていた。

    与兵衛沼は氷っていた。北岸は日が当たるので氷っていない水面があるのでその場所に行ってみた。

    コガモマガモマガンが近くで見ることが出来た。

    しかし、ホシハジロは居なくなっているし、カモ、ガンも減っていた。越冬地は氷らない水辺が必要なのだろう。

    氷った水面を、ハクセキレイが歩いていた。

    都市化に対応したセキレイで、最近数が増えて生息域が重なるセグロセキレイの生息を脅かしている鳥らしい。

    コゲラも見つけた。松の幹を突っついていた。葉が茂っていたら見つけにくとおもう。

  5. 2010年1月9、11日

    与兵衛沼に白鳥などの渡り鳥が来ているので確認にいってみた。

    パンで寄せようと思うがあまり寄りつかない。

    オオハクチョウカルガモ(渡り鳥ではないが……)は人慣れして寄ってくるのだが、 カモやガンは寄ってこない。かろうじてホシハジロは近くによってくる。しかし、他の鳥は居るのだが人の近くに寄ってこないのである。パンなどを食べるとりではないのでしょうがないとおもう。

    林の低い木を切ったので、林の鳥は観察しやすい。ヒバリ、アオジ、ジョウビタキ、シジュウカラ、コゲラ、ウグイスなどが見つかるが、上手く写真にとれない。

    撮影方法を考えたほうがよいのかもしれない。

  6. 2010年1月1日

    このところヒヨドリがうるさく鳴いている。なんでだろうと思い観察してみると、今年はツグミが渡ってきていた。

    ピラカンサの実の取り合いをしている。ヒヨドリの群れの数も多くなり、5、6羽で群れを作っている。

    朝早くからうるさいので早く実を食べて欲しいとおもう。

お名前:
コメント:

送信