Photo by 越後谷 出

自分は 「今」 ここに 
生きているのか? 

 

「からだとメディア研究室」では、[ダンス]というメディアを通して、
[身体]を再発見する場を設けたいと考えています。
ダンスという多様な身体の現れを透かして、身体を起点に自分および他者それぞれへの信頼を復活させる。
それが生き方の多様さを許容することにつながり、
私たちにとって、もう少し生きやすい社会を築いてゆくためのささやかなきっかけになれば、と願っています。


からだとメディア研究室

 


 これまで

「からだとメディア研究室」が2011年からこれまでやってきたことをご覧いただけます。

ここからどうぞLinkIcon

パパと子どもの遊びじかん「パパダンス」

パパと子どもが一緒になってからだを動かすじかん、やってます。

詳細はこちらからどうぞLinkIcon

から研ダンスフェスvol.1 

2016年に行なった「から研ダンスフェスvol.0」ダンスの多様さに触れることができ、おかげさまで好評でした。できるか否かは競争率の激しい会場の抽選次第!になりますが、2018年には「から研ダンスフェスvol.1」をやりたいと思っています。

から研ダンスフェスvol.0のときの様子LinkIcon