ムササビとモモンガの違い

 

 ムササビとモモンガは同じ滑空する動物なので意外と違いについて話題になったりするようです。ここでは野生のムササビ、以前飼育していたタイリクモモンガの「モモ」、イラスト等を使ってムササビとモモンガの違いについて記述します。

※現在タイリクモモンガは特定外来生物に指定されているため許可なく飼育できません。

 

 ムササビとモモンガは同じリス科。両者とも夜行性で滑空をし、食べ物もほとんど同じです。果たして両者にはどのような違いがあるのでしょうか?

 

日本にはニホンモモンガ(本州、四国、九州に分布)とエゾモモンガ(タイリクモモンガの亜種、北海道に分布)の2種が生息しています。

 

IMG_4055.JPG

ムササビ

リス科ムササビ属

頭胴長:27〜48cm

尾長:28〜41cm

体重700〜1300g

IMG_6184.jpg

モモンガ(ニホンモモンガのデータ)

リス科モモンガ属

頭胴長:14〜20cm

尾長:10〜14cm

体重:150〜200g

 

‖腓さの違い

 上の写真と説明を見るとわかりますがムササビの方が大きいです。ムササビが小さな猫程度に対してモモンガは手のひらサイズです。滑空時をものにたとえるとムササビは空飛ぶ座布団、モモンガは空飛ぶハンカチです。

 

¬椶梁腓さ

 ムササビに比べてモモンガの方が体に対する目の割合が多いそうです。

 

3蟠

 ムササビは100m程度(最高約160m)に対してモモンガは通常20〜30m(最高100m程度)滑空します。また、後肢から尾にかけての皮膜がモモンガよりムササビの方が発達しています。

 

 ムササビの尾が円錐形なのに対してモモンガは扁平形です。

 

ヅ澆粒萋

 ムササビは寒い時期でも単独で活動しますがモモンガは4、5頭、多いときで10頭が同じ巣穴で生活するそうです。

 

μ弔声

 ムササビが「グルルルルー」と大きな声で鳴くのに対してモモンガは「ズイズイズイ」という声で鳴くそうです。

 

Ю限場所の違い

ムササビは平地から山地(高地2300mほど)まで生息しています。 

エゾモモンガは平地の防風林(低地)から山地(高地)まで広く生息していますがニホンモモンガは山地(高地)にしか生息していません。なぜなのか?

1.ムササビとの競合?エゾモモはが平地に居られるのはムササビが居ないから?

 こういったことが考えられますがムササビとモモンガが同じ場所に生息していることもあるのでどうやら競合が理由ではなさそうです(何かしら影響はありそうだけど)。

2.樹洞の数?

 北海道では平地にも樹洞を作るキツツキが多くて樹洞が多いのでモモンガが多く生息できる。反面、本州などでは平地にはキツツキが少なく樹洞が少ないためモモンガが平地には居ないのでは?というような話(うろ覚え)を聞いたことがあります。

3.単に見つかっていないだけ?

 ムササビは夜行性ですが、ある程度大型で大きな鳴き声で鳴くのに対して、モモンガは夜行性で小さくあまり鳴かないので確認が困難です。そのためただ単に平地では見つかっていないのでは?という話も聞いたことがあります。

果たしてどうなんでしょうか?

 

咬む力

 うろ覚えなのですがムササビは樹洞などを咬んで穴を広げることができるがモモンガはできない。これに関しては詳しく調べなおして間違っていたら訂正します。

 

白門

 ムササビの顔のほほには白門(白い帯)がありますがモモンガにはありません。

IMG_2109.JPG

ほほに白い帯がある

momogao.jpg

ほほに白い帯はない

 

歩行能力

 滑空する動物は四足歩行能力が低いですが比較するとモモンガよりムササビの方が劣っています。

 

※ムササビの目は意地が悪くモモンガの目は可愛いとかムササビより可愛いのがモモンガとか言われますが偏見というか人によって異なる違いなのでムササビとモモンガの違いには含まれません。

 

さらに違いを発見したら随時掲載します。

 

モモンガトリビア?

 モモンガは富士山山頂で捕獲されたことがあります。ちょっと古めの野生動物の写真図鑑に載っていたので疑問に思っていたのですが、専門家の方によると、登山客の荷物に紛れ込んで山頂に行ったのではとのことです。

 

フクロモモンガ

 ペットショップに行くとモモンガに良く似たフクロモモンガという動物が居ますが有袋類でカンガルーやコアラの仲間です。リス科のモモンガの仲間ではありません。

良く似ていますがフクモモには針状突起がありません。収斂進化というものが関係しているそうです。

ちなみにフクロムササビやフクロモモンガダマシなんてものもいるそうです。

 

TOP