「心神喪失者等医療観察法」の廃止を求める理由


心神喪失者等医療観察法に反対!

「心神喪失者等医療観察法」の正式名称は、
「心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察等に関する法律」
です。

これは罪の無い人を隔離施設に強制収容する法律です。

だから、私は賛成できません。
「医療」とありますが、「医療」の名を借りた「隔離」です。
対象者の同意を要しません。対象者が嫌がっても無理矢理収容します。
「観察」とは退院後に退院者を「監視」する行為のことです。
いろいろと修正が加えられたようですが、
罪の無い人を隔離施設に強制収容する法律であることは変わりません。
だから、私はどんな修正をしても賛成できません。

私は「心神喪失者等医療観察法」の廃止を求めます。


法律に反対している多くの人は
「再犯のおそれ」が要件となっていることや、
「再犯の防止」が目的になっていることを理由に反対していますが、
「再犯のおそれ」が要件でなくなったとしても、
「再犯の防止」が目的でなくなったとしても、
精神保健福祉法と同様に、
「本人の医療及び保護」が目的(たてまえ)になったとしても、
罪の無い人を隔離施設に強制収容する法律であることは変わらないでしょう。
だから、私はどんな修正をしても賛成できません。

私は「心神喪失者等医療観察法」の廃止を求めます。


法案は衆議院法務委員会(2002年12月6日)で可決され、
衆議院本会議で可決され、
参議院法務委員会(2003年6月3日)で強行採決により可決され、
参議院本会議(2003年6月6日)でも可決され、
参議院で一部修正されたために、衆議院での再議決が行われ、

2003年7月10日に
「心神喪失者等医療観察法」が成立しました。

その後、2003年7月16日に公布され、
2005年7月14日に準備不足の状態で施行するために省令と告示が出され、

2005年7月15日に
「心神喪失者等医療観察法」が施行されました。(19日の報道で確認)

私は「心神喪失者等医療観察法」の廃止を求めます。

この法律の被害者が生まれないことを祈ります。
加害者はこの法律に賛成した国会議員と、
その国会議員を選挙で選んだ日本国民です。
この法律に賛成した政党や議員を選んだ人は、
「無罪の人を強制隔離する」人道的罪の「共犯」であることを自覚して下さい。

参議院本会議での議員の賛否が参議院のサイトの次のページに載っていました。
【第156回国会 2003年 6月 6日 投 票 結 果】(リンク切れ)
私がテレビで見かける有名人では、次の人達が賛成しました。(敬称略)
大仁田厚、橋本聖子、舛添要一、青木幹雄、扇千景
(他にも有名人がいるかも知れませんが、私が、顔と名前を一致させることができるのは以上です。)
私がテレビで見かける有名人では、次の人達が反対しました。(敬称略)
江本孟紀、大田昌秀、福島瑞穂、中村敦夫、西川きよし
(他にも有名人がいるかも知れませんが、私が、顔と名前を一致させることができるのは以上です。)
基本的に賛成したのは自民党と保守新党と公明党だけです。
それらの政党の議員で反対した人はいません。
他の政党の議員で賛成した人はいません。
次回の選挙の時の参考にして下さい。
6月3日の参議院法務委員会のメンバーは次の通りです。
【参議院法務委員会で可決されたときの議事録】より。(賛否は私の推測です。)
 氏名会派心神喪失者医療観察法案の
賛否
2004年7月11日の
参議院議員選挙の当落
委員長魚住 裕一郎公明強行採決を決定非改選(比例区)
理事荒井 正吾自保賛成(裁決を求めたらしい)非改選(奈良)
理事市川 一朗自保賛成当選(宮城)
理事千葉 景子民主反対当選(神奈川)
理事荒木 清寛公明賛成当選(比例区4位)
理事井上 哲士共産反対非改選(比例区)
森元 恒雄自保賛成非改選(比例区)
岩井 國臣自保賛成非改選(比例区)
柏村 武昭自保賛成非改選(広島)
佐々木 知子自保賛成引退
陣内 孝雄自保賛成非改選(佐賀)
中川 義雄自保賛成当選(北海道)
野間 赳自保賛成引退
江田 五月民主反対当選(岡山)
鈴木 寛民主反対非改選(東京)
朝日 俊弘民主反対非改選(比例区)
浜四津 敏子公明賛成(要注意人物)当選(比例区1位)
平野 貞夫国連引退
福島 瑞穂社民反対当選(比例区8位)

12月6日の衆議院法務委員会のメンバーは次の通りです。
【12月6日の衆議院法務委員会議事録】より。(賛否は私の推測です。)
 氏名会派心神喪失者医療観察法案の
賛否
2003年11月9日の
衆議院議員選挙の当落
委員長山本 有二自民強行採決を決定当選(高知3区)
理事佐藤 剛男自民賛成当選(福島1区)
理事塩崎 恭久自民賛成当選(愛媛1区)
理事園田 博之自民賛成当選(熊本4区)
理事棚橋 泰文自民賛成当選(岐阜2区)
理事加藤 公一民主反対当選(東京20区)
理事山花 郁夫民主反対当選(東京22区)
理事漆原 良夫公明賛成当選(比例区北陸信越ブロック)
理事石原 健太郎自由
太田 誠一自民賛成落選(福岡3区)
倉田 雅年自民賛成当選(比例区東海ブロック)
左藤 章自民賛成当選(大阪2区)
笹川 堯自民賛成当選(群馬2区)
下村 博文自民賛成当選(東京11区)
中川 昭一(吉田幸弘)自民賛成当選(北海道11区:吉田は愛知3区落選
中野 清自民賛成当選(比例区北関東ブロック[埼玉7区]
平沢 勝栄自民賛成当選(東京17区)
保利 耕輔自民賛成当選(佐賀3区)
松島 みどり(岩倉博文)自民賛成当選(東京14区:岩倉は北海道9区落選
保岡 興治自民賛成当選(鹿児島1区)
柳本 卓治(増原義剛)自民賛成当選(比例区近畿ブロック:増原は広島3区当選)
吉川 貴盛自民賛成落選(北海道2区)
吉野 正芳自民賛成当選(比例区東北ブロック)
鎌田 さゆり民主反対当選(宮城2区)
仙谷 由人(金田誠一、手塚仁雄)民主反対当選(徳島1区:金田は北海道8区当選、手塚は東京5区当選)
日野 市朗(山井和則)民主反対?(山井は京都6区当選)
平岡 秀夫民主反対当選(山口2区)
水島 広子民主反対当選(比例区北関東ブロック[栃木1区]
山内 功(津川祥吾)民主反対当選(比例区中国ブロック[鳥取2区]津川は静岡2区落選
石井 啓一公明賛成当選(比例区北関東ブロック)
藤島 正之(土田龍司、黄川田徹)自由欠席?(代理の賛否?)落選(新潟2区[無所属]:土田は神奈川13区[民主]落選、黄川田は岩手3区[民主]当選)
木島 日出夫共産反対落選(比例区北陸信越ブロック)
不破 哲三(石井郁子、中林佳子)共産欠席?(代理は反対?)?(石井は比例区近畿ブロック当選[大阪2区]中林は比例区中国ブロック落選
植田 至紀(阿部知子)社民反対落選(奈良3区:阿部は比例区南関東ブロック当選[神奈川12区]
徳田 虎雄当選(鹿児島2区)
(私は賛成した人の次期選挙での落選を望みます。)

刑法第39条第1項では、
「心神喪失者の行為は、罰しない。」
として、
「心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者」も罪が無いとしています。
少なくとも、裁判では「無罪」の判決が下されることになっています。
罪が有るように思える行為でも、法的には「罪が無い」のです。
その理由は身近な法律の専門家(弁護士等)に聞いてください。
多くの専門家はこの「刑法第39条第1項」の規定に賛成しています。
政府や法務省もこの規定を削除する予定は全くないようです。
それだけ、この規定は合理的で、素晴らしいものなのでしょう。
刑法第39条第1項が存続している限り、
「心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者」は「無罪」です。
「心神喪失者等医療観察法」はその「無罪」の人を隔離収容しようとするものです。
「有罪」の人を「医療刑務所」で更生、治療することは許容できますが、
「無罪」の人は私たちと同じような自由が保障されているべきです。
「無罪」の人を罰するような「心神喪失者等医療観察法」を、
決して認めることはできません。

私は「心神喪失者等医療観察法」の廃止を求めます。


ちなみに、私は、精神保健福祉法の「措置入院」制度にも賛成できません。
「措置入院」も罪の無い人を隔離施設に強制収容する制度です。
「心神喪失者等医療観察法案」が対象行為を行なった人が対象なのに対して、
「措置入院」は「他人に害を及ぼすおそれ」のある人が対象で、
対象行為が行なわれていなくても強制収容できる制度です。
「措置入院」は「心神喪失者等医療観察法」よりも対象者が多い制度です。
「措置入院」に賛成して「心神喪失者等医療観察法」に反対している人は、
自分達のこれまでの行為や黙認を非難されないように、
苦しい言い訳をしているようにしか見えません。
私は、精神保健福祉法の「措置入院」制度にも賛成できません。

下図、転載歓迎。
↓↓↓↓↓↓↓
心神喪失者等医療観察法に反対!

参考資料:
(1)【刑法第39条で無罪になる可能性のある人について 議論のシュミレーション その1】
(2)【措置入院の判定基準】
(3)【心神喪失者等医療観察法 Q & A】(医療観察法.NETより)
(4)【自民党の修正案に対する批判(弁護士6人による)】
(5)【衆議院法務委員会で可決されたときの議事録】(公式文書)(コピー)
(6)【「心神喪失者医療観察法案」修正案の廃案を求める弁護士団声明】
(7)【医療観察法.NET】
(8)【参議院本会議での賛否情報】(参議院HPより)のコピー
(9)【参議院法務委員会で可決されたときの議事録】(国会会議録検索システムより)(コピー)
(10)【精神科医療懇話会による日本学術会議報告書批判】
(11)【心神喪失者等医療観察法成立の記事】
(12)【厚労省担当者の説明会(東尾張病院)での「フェンス設置」発言について】
(13)【心神喪失者等医療観察法の施行延期に関する意見書】(日弁連、2005/6/17)
(14)【心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察等に関する法律】
(15)【官報(号外 第158号)平成17年7月14日付】(省令、告示)(リンク切れ)