80年代 アイドルシーン

 

今は懐かしいとされる80年代もその当時はまさに一際輝いていた時代であります。

この時代を過ごしてきた人は本当にラッキーだったと思います。ま、自分も含めて(笑)

 

70年代はまだ発展途上期であり、いろんなことが出始めているいわば、駆け出しの時代でした。

90年代はバブル崩壊したあとであり、何もかもがなくなったり、消えたりと忙しい時代でした。

 

そこで、

 

80年代はというとまさに完成しつつバブル真っ只中のなんでもアリの時代でした。

1980年〜1989年は言い換えれば昭和55年〜平成4年もの長きに渡り、

アイドルの黄金時代が君臨した時期でありました。

 

 

では具体的にどんな時代だったかということをサラッと行って見たいと思います。

 

1980年この年から漫才ブームが幕を開け(ツービート)(B&B)などアイドル並に人気が沸いた。

一方、百恵の結婚引退から聖子の衝撃デビューでアイドルの代替わりが余儀なくされた。

同時にドラマ『金八先生』もスタートし、そこから(たのきんトリオ)らと続々アイドルが登場してきた。

まさに、黄金時代の幕開けに相応しい出来事ばかりですね〜。

 

1981年なんといっても『なめ猫』。ツッパリがはやっていたこの時期に人気爆発したなめ猫は

あらゆるグッズが飛び出し売れまくった。一方ピンクレディーが惜しまれつつ解散。

一方でツッパリもぶりっ子もみんな聖子ちゃんカットが大流行。またドラマから続々アイドルが登場し、

(伊藤つかさ)(沖田浩之)などテレビからアイドルデビューが定着化してきた。。

 

1982年、もうこの年は言わずと知れた素晴らしい功績を残した年でしたね〜。そう、『花の82年組』

です。誰が付けたかは分かりませんが、それだけ豊作な年でした。

キョンキョンや明菜をはじめ、ちえみ、秀美、寛子、優、シブがき隊などさまざまなジャンルから

デビューしてきました。依然続く『金八ブーム』は世の中をリアルに映し出していました。

 

1983年この年は、芸能ニュースがわんさか出た年で、例えば、(高部知子)がニャンニャン騒動で

話題になったり、(チャッカーズ)がデビューしタータンテェックが流行ったり、聖子ちゃんが刈り上げ

ショートになり、当時、聖子ちゃんカットで安心していた女の子達に衝撃を与え、ショートが急増。

戦メリもこの年に封切りとなり映画界に旋風を巻き起こした。82年がA級なら83年はいわゆるB級の

年でしたね〜。ちょっと失礼だったかな(笑)。

 

1984年やはり「疑惑の銃弾」で始まる(三浦和義)のロス疑惑と子供達のおやつに毒を混入した

と脅した爐い人21面相瓩「グリコ・森永事件」。動物の人気も急上昇し、エリマキトカゲや

ウーパールーパーとかCMから一気にブームになった。

あとは、(一世風靡)(吉川晃司)の登場で硬派な男性がかなり目立っていたのも記憶に新しい。

 

1985年あの国民的スター(坂本九)が日航ジャンボ機墜落で亡くなった年です。その後、

『上を向いて歩こう』は世界中でリメイクされ話題となった。聖子が今度は郷ひろみとの破局会見で

「今度生まれ変わったら・・・」と名言を残し、すぐに、(神田正輝)とスピード結婚した。

あとは、なんといっても『夕やけニャンニャン』がスタートしあのスーパーアイドル(おニャン子クラブ)

登場。豊作の年でしたね〜。

 

1986年まさに衝撃的な出来事があった年で、アイドルの歴史に残る事件が起こってしまいました。

それは、(岡田有希子)の自殺。遺書に有名俳優の名前が記されていたり、後追い自殺が起こったり

と様々な影響を残した。

相変わらず、(おニャン子クラブ)は人気でソロ活動するもの(新田恵利)、(国生さゆり)やユニットモノ

(ニャンギラス)も増え、一気に活動の場が広がった。

 

1987年この年は(蜂谷真由美)を名乗った(金賢姫)らが爆弾を仕掛けた、大韓航空機爆破事件。

多くの謎を残した歴史上に残る大事件だった。長きにわたってアイドルの情報を伝えてきた『平凡』

が終刊した。とても信じられなかった〜。

そこに、颯爽とローラースケートを履いたグループ(光GENNJI)がデビュー。一気にスーパーアイドル

に駆け上がっていった。

 

1988年マドンナも行ったとされる六本木のディスコ「トューリア」で天井が吊ってあった照明が落下。

バリライトを使っていたという店側の嘘まで発覚した。陸上のベン・ジョンソンがドーピング疑惑で騒動

となったり、ゲームソフトの『ドラクエ』が異常な人気で行列まで出来る始末。

おかしかったのがツッパリ生徒の代わりに花壇の花を掲載した卒業アルバムなんてのもあったね〜。

 

1989年いよいよ80年最後の年になりました。いきなりこの年最大の出来事が正月に起きました。

昭和天皇崩御。これを機に元号が変わりました。『平成』と命名され、今もなお続いています。

いつまで続くのやら〜。幼女連続殺人事件は恐ろしかった。

あの宮崎被告の部屋から大量のビデオテープとアニメマンガがあった。芸能界を揺るがす大事件、

なんと明菜がマッチの部屋で自殺未遂をはかったことは世間的にも衝撃が走った。

(美空ひばり)も亡くなったのもこの年。

 

こうしてみると華やかな芸能界のようで決してそうでもなかったような感じがしました。

明があれば暗があり、動があれば静がある。

いつの時代もその繰り返しなのではないかなとは思いますが・・・。

 

そんな芸能界のなかの『アイドル』とは一体なんなのか。

どうして生まれどんな存在なのかを考えてみました。

ま、単純に個人的に好きだってことなんですけどね!

 

ちなみに1970年代はというと、山口百恵・桜田淳子・森昌子の中3トリオをはじめ、

ピンクレディー・キャンディーズなどグループ目立ち小柳ルミコ、南沙織、天地真理で、

狄沓蛙楊辞瓩噺討个譴討燭蝓∪丘めぐみやアグネス・チャンも人気があった。

 

後半では榊原郁恵や高田みづえや石野真子が登場した。他にも、石川さゆり・林寛子 ・

風吹ジュン・浅野ゆう子・片平なぎさ・香坂みゆき・大場久美子・といった人々がアイドル

やってましたね〜。全部が懐かしい’70年代。

 

1990年代は小室哲哉プロデュースにより華原朋美や篠原涼子などや安室奈美恵、

SPEEDなどの沖縄アクターズスクール勢などが人気あった。あとは、CoCoやribbon、

桜ッ子クラブさくら組など番組から登場したグループが多かったのではないでしょうか。

          

ちなみにCoCoからは三浦理恵子、ribbonからは永作博美、桜ッ子クラブさくら組からは

菅野美穂、中谷美紀、東京パフォーマンスドールには篠原涼子が所属していましたね〜。

 

後半になると鈴木あみやモーニング娘。が登場し、つんくプロデュースの歌手集団

ハロー!プロジェクト勢が人気を得た。はっきりと分かれていた’90年代。

 

 それらを踏まえた上でそのど真ん中にあった80年代を詳しく検証していきたいと思いました。

いろんなジャンルからまたはいろんなアイテムとかもすべて、アイドルについて探って行きたいと

思いました。それを実際に分かりやすい本でもあればいいのではと思いました。

 

また、モニタリングしてみたところ、圧倒的に80年代は人気があり、某SNSでも一番コンテンツ    

が多いですし、ちなみに「80年代アイドル」「アイドル 80年代」で検索するといっぱい出てきます。

実際、検索すると約700件出てきます。それに比べ、70年代は200件、90年代は300件でした。

サイトも「80年代アイドル」「アイドル 80年代」で検索するといっぱい出てきます。

実際、検索すると約39万件出てきます。それに比べ、70年代は34万件、90年代は31万件でした。

それだけ80年代は人気もあり、関心があるということと、まさにアイドルの全盛期を思わせる確たる

証拠だと思います。

 

そこで、

 

自分で『80年代 アイドルシーン』と題して、一冊の本というか電子書籍を作成いたしました。

 なかなか大変ではありましたが、自分の記憶とあらゆる情報網を使ってなんとか完成するに

いたりました。これを読むと80年代のアイドルのことはもちろん、芸能界のことや裏側のこと

もチラッと分かるような内容になってます。

 第1章から第7章まで大きく分け、その中にキーワードとして、ドラマ、映画、雑誌、CM、グラビア、

AVまで幅広く取り上げ、楽しめる構成になっています。

  

さて、この本のお値段は今なら5000円のところを2000円でご提供いたしてます。

さらに、購入していただいた方には、『AKB48』『パフューム』『中川翔子』

いずれかを特典で付けたいと思います。

 

しばらくは2000円ですが、いつ値上げするか分かりませんので、ご了承願います。

 

ダウンロード版 120ページ   ご購入はこちら

 

80年代を知ってる方もこれから知りたい方も是非一読してみてはいかがですか?

懐かしい思い出にひたるもいいし、何て素晴らしい時代なんだと新たな発見するのも

いいと思います。懐かしい顔がいっぱい出てくるようにしてありますので、80年代

思い存分味わっていただければと思います。

そして、感想や思い出のエピソードなんかを送ってくれるとなお嬉しいですね〜。

一緒にタイムスリップしませんか?   よろしくお願いし致します!!!

 

PS.アイドルが続々と出始め、可愛い系又は綺麗系あるいはマブイ系?

と、次から次とデビューするから追いかけるのがもう大変でした。今みたいに

インターネットがあればチェックもらくらくだったのにね〜(大笑)

 

 

 特定商取引に基づく表記 

 

リンク集

子役&美少女アイドルの高画質ムービーが平日毎日更新♪
'80 IDOL PHOTO
20世紀アイドル写真館
80年代アイドル中心のIDOL−104
80'Sアイドルのススメ