調査報告へ                  下巻へ


   
淡島信仰と流し雛 上

        
〜流し雛は雛人形の源流か〜
               
                     
石沢 誠司

はじめに
日本で最も有名な流しひな(雛)の里・用瀬
鳥取の流し雛の始まりは江戸末期
北木島に見る淡島信仰の影響
各地の流し雛の伝承
加太淡島神社とは
江戸初期にひいな遊びを神社の由来に取り込む

(以下は下巻へ
淡島願人の活動
淡島願人の図が示すもの
淡島信仰の流し雛はなぜ発生したのか
淡島信仰の繁栄
流し雛はいつから始まったか
「巳の日の祓い」と「流し雛」の関係
明治以降の淡島信仰と流し雛
おわりに

 
 はじめに
 昭和の末から平成の現在にかけて流し雛がブームになっている。以前から行われているのは(戦後復活されたところも含めて)鳥取市用瀬町、鳥取市、広島県大竹市、岡山県笠岡市北木島、和歌山県の粉河町、奈良県五條市などがある。新しく始めたところは、昭和47年に地元の宮崎さんという方が鳥取県の用瀬でおこなっている流し雛に倣って俳句仲間と始めた福岡県柳川市を嚆矢として、鳥取県倉吉市(昭和60年開始)、東京の隅田川(昭和61年開始)、埼玉県岩槻市(昭和62年開始)のように今年で20回を超えたところもあるが、平成に入ってからも京都の下鴨神社(平成元年開始)、兵庫県龍野市(平成5年開始)、また開始年は不詳だが、山口県下関市など、さまざまな場所でおこなわれている。

 新しく始めたところは、雛祭りを彩る話題の行事としてこのイベントを始めたと思われるが、私はこうした流し雛のブームが雛祭り本来の歴史をゆがめてしまわないかと恐れている。それは流し雛の隆盛にともなって、雛祭りの成立を流し雛と結びつける次のような説明がよくなされるからである。「雛人形の本来の姿は流し雛。災厄を人形に託し、穢れを祓い流し去る雛祭りの原型です。流し雛の風習は今日まで受け継がれており、鳥取の流し雛など古俗を色濃く残しています」(あるウェブサイトの説明)。はたしてこの説明は正しいのだろうか。流し雛は本当に雛人形の源流たり得るのだろうか。

  
日本で最も有名な流し雛の里・用瀬
 
桃の花や菜の花を添えられた流し雛
(用瀬の「流しびなの館」で)
地元の小学生による雛流し(用瀬で)
現在、日本で行われている流し雛で最も知られているのは、鳥取市用瀬町の流し雛であろう。山あいの町でひっそりと続けられていた流し雛の行事は、昭和30年代中頃に週刊誌や月刊誌等で取り上げられて紹介されるようになり、その後、テレビの普及とともに映像でも紹介され、現在では全国的に知られるようになっている。鳥取県では昭和60年、この行事を県指定無形文化財に指定した。また地元の用瀬町では「流しびなの館」という展示施設を作り、観光振興を図っている。今年(平成17年)の流し雛がおこなわれた4月11日(月)、わたしは用瀬を訪れ、この伝統ある行事を見学するとともに、流しびなの館の田中倫明氏と綾木弘氏のご協力をえて流し雛に関する資料を収集することができた。

 まず用瀬の流し雛が昭和60年に鳥取県の無形民俗文化財に指定されたときの資料を紹介させていただく。これをみると流し雛の民俗的位置づけが把握できる。

(鳥取県教育委員会告示第十号  昭和60年6月25日)
名 称 用瀬のひな送り
特 徴 旧暦の三月三日の夕方に、男女一対の紙びなを桟俵などに載せ、川に流す行事。用瀬町を中心に県東部に広く伝わっており、本来女性の無病息災の祈願であったものが、今日では一切の災厄を払い流すことを祈願するようになったと考えられている。
所在地 八頭郡用瀬町
保護団体 用瀬民俗保存会

 なおこの資料には、県指定文化財の候補物件として申請されたときの説明資料も付属しており、こちらにはさらに詳しい説明がなされている。
名 称 用瀬のひな送り
所在地 八頭郡用瀬町
説 明
 市販されている男女一対の紙びなを買い求め、それを内裏びななどといっしょにひな檀に飾り、3月3日の夕方、桟俵や藁苞(わらづと)などに載せ、別に菱餅・アラレ・タニシ・桃の花・線香・ローソクなどを添えて千代川に流す行事である。
 紙びなは立びな形式で流しびなと呼ばれている。竹の骨に白い花模様をあしらった赤紙を貼り、土を丸めた小さな頭をつけて胡粉を塗り、それに目・鼻・口などを描き、男びなには金紙の冠をつけ、女びなは髪を黒く塗った簡素なものである。
(由来)
 この行事は、江戸時代末期に鳥取城下の都市民の間で始められてものが、しだいに周辺の農村へ伝わっていったものと推定されるが、ひなを送る際の唱え言などからすれば、この行事には明らかに淡島信仰の影響が認められ、その成立の動機としていわゆる淡島願人の関与が想定される。従ってこの行事の目的も、本来は女の病の祈願であったと思われるが、しだいに拡大され、今日見られるように一般的に無病攘災を祈願し、一切の災厄を払い流すことを意味するようになったと考えられる。
※以前は新潟県から鹿児島県にわたってその風習が残っていたが、現在は不祥。指定物件としては笠岡市(岡山)「北木島の流し雛」(S55.3.27市指定)がある。

 以上が指定の文書である。なお流し雛に淡島信仰の影響が認められる点については、地元・鳥取県の民俗研究者である坂田友宏氏は、その論文「因幡の雛送り(流し雛)」(『神・鬼・墓』所収 米子今井書店)の中で「水に浮かんで流れてゆく流し雛に手を合わせて以前はいろいろ唱え言をした。(中略)そうした中で、『女の病を病みませんように』『帯から下の病いを治してつかんせい』『長血・白血を病まんように』というように、祈願の内容を女の帯下の病気に限っていう場合が多いことが注目される。実はそうしたところでは唱え言と同時に、多くのところで『アワシマサンに行ってつかんせい』と唱えているのである」と述べて、雛送りと淡島信仰の関係を指摘している。

  
鳥取の流し雛の始まりは江戸末期
 この指定時の資料によると、用瀬の流し雛は江戸末期に鳥取城下の都市民のあいだで始められていたものが、次第に周辺の農村へ伝わっていったと推定されている。先に挙げた論文「因幡の雛送り」のなかで著者の坂田氏は流し雛のルーツを、「鳥取城下の武家や商人といった都市民のあいだで始められた習俗のように思われ、流し雛もはじめは武家の家内などの手で作られていたものが、しだいに商品化され、周囲の農村に伝わっていったと考えられ、その時期も明治以前のそう遠くない時代ではなかったか」と想像している。

 この点について流しびなの館で展示解説をされ、古老の聞き取りもおこなっておられる綾木弘氏は、地元の明治31年生まれの女性が、「わたしの母も祖父も昔から雛を流していたと言っていました」という事例を紹介して、用瀬でも江戸末期まで遡れるのはほぼ間違いないとおっしゃっている。

 また坂田友宏氏は同じ論文のなかで、「因幡地方において雛送りが行われていたのは、岩美町・福部村を除いては、すべてが千代川(鳥取市で日本海に注ぐ)とその支流に沿った村々であり、ほぼ一水系に限ってこれだけの広がりを見せる民俗はきわめて珍しく、その意味で雛送りは千代川の生んだユニークな文化である。雛送りに使われた雛は、ほとんど例外なく市販されたものであった。以前は流し雛を売る店が鳥取市・河原町・船岡町・用瀬町・若桜町などにあったが、鳥取市以外でそういう店ができたのは比較的あたらしかった。それ以前は、多くの主に鳥取からやってくる行商人を通して購入したのであって、行商人たちは一軒一軒回って流し雛を売り歩いていた。」と因幡地方の流し雛の製作と流通の特徴を説明している。

 しかし流しびなの館の綾木弘氏は坂田論文とは少し異なった見解を持っておられた。綾木氏は、「用瀬では鳥取や河原町から売りにきた行商人から流し雛を買ったこともあるが、明治のころから地元でも作っていました。明治10年頃、海老十郎という旅役者が用瀬に住みついて流し雛を作り、お菊さんという女の人がそれを売って歩いてまわったという話を古老がしていました。また明治中頃、津山から来た伊賀さんという男の人が、明治後期の頃には矢部さんという人がいずれも用瀬で流し雛を作っていたという話も古老がしています。これを見て地元の女性も見よう見まねで作るようになり、戦時中も絶えることなく流し雛を続けられたのは、自分たちで作れたからです」と言われ、用瀬が流し雛の伝統を守り続けられたのは、自分たちで流し雛を作ることができたことが大きいと強調されていた。

 いずれにしても、用瀬および鳥取市を含む千代川水系の流し雛は江戸時代末期まで遡ることが明らかになった。しかし日本の雛祭りは江戸時代初期にはそのかたちができている。用瀬や鳥取の流し雛に限っていえば江戸初期からの伝承はなく、この地方の流し雛が雛人形の源流でないことは明らかである。

  
北木島に見る淡島信仰の影響 
 岡山県笠岡市の北木島は、瀬戸内海にうかぶ小島であるが、ここでおこなわれる流し雛はさらに淡島信仰との関連をはっきりと示している。わたしは用瀬を訪問した前日の4月10日(日)にここを訪れて調査をおこなった。(本来は用瀬と同じく旧暦の3月3日である4月11日に行なわれるのだが、最近は島外に出ている子どもや孫などが参加しやすいように日曜日に開催している。)北木島の流し雛は昭和55年に笠岡市の重要無形民俗文化財に指定されている。調査でご協力いただいた北木島の流し雛保存会長の天野秀範氏から提供いただいた指定書の文面をまず紹介したい。

(笠岡市指定第55号)
1 名 称 北木島の流し雛
2 種 別 重要無形民俗文化財
3 内 容 
 小麦わら、板、紙箱等を利用して小舟を作り、その中に紙雛12体、閏年には13体を作り乗せる。紙雛は千代紙を工夫して作る。内裏1対、官女9体(閏年には1人増える)、船頭1体を1組とする。その外に、菱餅、アサリ貝を主とした料理、桃の花の小枝を添えて、満潮を期して海へ流す行事である。
4 行われる時期及び場所
 毎年旧暦3月3日、正午前に満潮を期して北木島大浦地区一帯において行われる。
5 由 来
 この行事は、和歌山県加太の浦に鎮座する淡島明神の信仰にもとづくもので、北木島地方に元禄年間(1688〜1704)淡島願人(遊行僧侶)によって伝えられたという伝承がある。行事の目的は、本来婦人病の病気祈願であったが、近年では家庭内の一切の災厄を払い流すことを意味するようになっている。
6 その他参考となる事項
 淡島神社は、和歌山県海草郡加太にあり、世俗婦人病の神とされ、近世には淡島願人が各地を回って婦人たちから衣類や髪等を集めて歩く風があった。淡島願人が建てたという淡島堂が諸所にあり、周辺の婦人たちの信仰を集めている。
 紀州の淡島神の由来については、天照大神の第6の姫宮が16歳で住吉神の一の后となったが、女の病にかかったため、綾の巻物12の神宝をとりそろえ、空ろ船に乗って堺から流され、3月3日に淡島に着いたという伝説が近世にあった。3月3日の雛祭に形代を諸方から流す習俗に乗じて発展したらしい。(歴史大辞典より)
 昭和55年2月15日付けで、北木島流し雛保存会(会長 河田千里)から市指定文化財について指定申請がなされた。
7 指定理由
 流し雛行事は、全国各地に残されているが、中国地方では鳥取用瀬のものが全国的に知られている。しかし岡山県には北木島大浦地区以外にその例を見ない珍しい民俗行事であるので、永く保存するため笠岡市の無形民俗文化財に指定するものとする。
 昭和55年3月27日

 
流し雛が乗せられたうつろ舟
(雛壇の前に置かれる)
大浦の浜から流されるうつろ舟
このように指定書には淡島信仰の影響がはっきりと書かれている。わたしが当日、流し雛作り体験教室が開かれている会場で、うつろ舟を製作実演していた奥野さんという年配の女性に流し雛の由来を尋ねたところ、「むかし住吉明神へ嫁いだお姫さまが婦人病にかかって離縁されて、堺からうつろ舟に乗せられ12の宝物と一緒に流された。流れ着いた先が加太の淡島さんで、旧3月3日だった。淡島でお姫さんは女性を守る神さんになった。そこで旧3月3日に、病気にならず健康に過ごせますようにと願って、淡島さんに流れ着くようにと雛をいれたうつろ舟を流します」とすらすら話してくれた。この話は淡島願人がこの島へ伝えたのだそうである。 
 なお指定書は北木島の流し雛の始まりを、「元禄年間(1688〜1704)淡島願人(遊行僧侶)によって伝えられたという伝承がある」としているが、これについては疑問がある。確かに元禄のころ淡島願人はこの島に来たと思われるが、その時に流し雛を伝えたのかどうか定かでない。後述するように流し雛は淡島願人が日本の各地をまわって築いた淡島信仰のうえに成立したものであるが、最初からあったものでなく淡島神社への代参機能のひとつとして後に発生したというのがわたしの考えである。

 地元笠岡市の郷土史家で民俗研究家でもある奥野鉄夫氏は、論文「島の流し雛 瀬戸内北木島に今も残る雛祭り習俗」(「ふるさと展望」2号・昭和53年1月)のなかで、「北木島の大浦では旧二月二八日に雛を取りだして雛段に飾る。この日から三月三日の祭りの前夜までのあいだに、雛段の前に家族が集まり、祖母や母親から作り方を教わりながら流し雛用の紙雛をつくる。つくった雛はボール箱か重箱に入れて雛段のかたわらに飾っておく。三月三日の当日は、正午近くなると流し雛を、あらかじめ作っておいたうつろ舟に乗せ、雛に供えておいた菱餅、あさり飯等を弁当としていっしょに積む。うつろ舟は正午に流すことになっている。当地の旧暦三月三日は、正午頃が満潮で潮流が東に向くので、この潮流に乗せれば舟が早く紀州加太の浦へ着くだろうという発想からである。遅れる雛のないよう隣近所誘い合って海岸へ揃う。家内安全、健康、安産など、女性のあらゆる欲ばった願いをこめて、『どうぞ無事に淡島さんへいんでおくれ』と祈りながら流す」と紹介している。北木島の流し雛は、まさに淡島信仰と直接結び付いた習俗なのである。

  
各地の流し雛の伝承
雛を板に貼りつけた大竹の流し雛
 それでは日本の各地に伝わる流し雛にはどんな伝承があるのだろうか。今川花織氏は「流し雛」(「郷玩文化」121号・平成9年6月)の中で、福島県大沼郡金山町西谷の流し雛行事を紹介し、小学生の女児がいる家ではお雛様とよばれる紙の人形を一〜二体(以前は一家の女の数)作り宿元に持って集まり、淡島様に無事送り届けるようにと宿元が作る紙の船頭人形を一緒に舟に乗せ、只見川に流しに行くと報告している。また同県三島町高清水地区の流し雛でも、流し雛をする理由は、「女性の幸せを願って身の汚れや不幸を紙雛に移しかえ流し去る、遠くて参ることのできない淡島様に幸せや願い事を紙雛に託して代参してもらうためといわれる」と報告している。

 また広島県大竹市では市内を流れる河川のあちこちで各家庭で「雛去なし」「雛送り」と呼ばれる行事が明治・大正時代は盛んにおこなわれたが、そのとき古くなった雛人形・壊れた雛人形も流しており、「手足の取れ壊れたり古くなった雛は淡島様に流れ行き、元通りの姿に直って帰ってくる」と言い伝えられていたことも報告されている。大竹市では戦後になりこの行事が復活したが、現在、青少年育成市民会議が主体となって流し雛行事を推進している。紙粘土、ようじ、色紙などで作った流し雛を折敷(おしき)とよばれる板に貼り付け、桟俵に供物とともに乗せて小瀬川に流すが、頭と折敷は青少年育成市民会議が作成し、女子児童のいる家庭に配布し、桟俵は当日会場で配布されるという。この折敷に雛を貼り付けた流し雛は、市民会議で販売もしており、大竹の流し雛として郷土玩具になっている。

 日本の各地では、流し雛の習俗が行われている地域で市販される流し雛が郷土玩具となって存在している。先に挙げた地域のなかでは、鳥取・用瀬・大竹の流し雛が郷土玩具として売られている。これ以外の郷土玩具の流し雛の伝承はどうなっているのだろうか。

粉河の流し雛(北村芙美代氏提供) 粉河の流し雛(北村英三氏提供) 粉河の流し雛(北村英三氏提供)

 和歌山県粉河町の粉河の流し雛は、「この地方では古くから、身の穢れや不治の病をこの紙雛にうつして紀ノ川を利用して作った水路小田井に流す風習があった。旧三月節句の雛人形と並べてこれを雛壇に飾り、節句の済んだあと、これを付け木や竹の皮の舟に乗せて流せば、紀ノ川の川口、加太浦に着き淡島明神の加護があると伝えられる」(斎藤良輔『郷土玩具辞典』)と書かれ、やはり淡島信仰が反映されている。

 
 竹皮の舟に雛が乗った五條市南阿田の流し雛
吉野川で雛流しをする南阿田の子供たち
奈良県五條市の流し雛は、「五条付近では、世間普通の雛飾りもするが、また別に千代紙や色紙で三・四寸位の人形を家族中の女の数だけ作り、竹の皮の船に倒れぬように一つ一つ糸でくくりつけて雛壇の下に飾って、菱餅を供える。この人形は出来るだけ早く祭る方がよい、というので、旧三月三日(今は四月)の朝早くから祭る。四日の朝は、女の子は、この竹の皮に載せた人形を吉野川に流す。この日、広い吉野川の川原は、この紙人形を流す人で一ぱいになる。この流し雛の盛んにおこなわれた頃は、売りに来る商人もあったが、今では大抵自分の家で作る。ソラ豆を水に浸し、それに細い棒をさして、ソラ豆を顔に見立て、千代紙などで着物を作る。この人形は、紀ノ川の川口に近い淡島まで流れて行く。こうしておくと、女の下の病気にかからぬと信ぜられている。」(『五條市史 下巻』昭和33年刊)と書かれており、淡島信仰の影響が指摘されている。
 
 五条の流し雛は、戦中戦後は途絶えていたが、昭和44年に歌人の亀多亀雄氏が中心となって南阿田で復活された。現在は4月の第一日曜日に地元の女性たちが作った流し雛が源龍寺で供養されたのち、少女たちによって近くの吉野川に流される。地元の手作りの流し雛は一般の人も入手でき郷土玩具となっている。

広島の淡島堂から領布された「おんたちめんたち」(昭和初期)
 このように郷土玩具として我々に親しまれている流し雛も淡島信仰と深い関係がある。なお第二次大戦前まで広島市木挽町にあった淡島堂から、俗に「おんたちひいな」あるいは「おんたちめんたち」と呼ばれる紙雛が領布されていた。これは白い小さな頭に紙の着物を着せたもので、大小一対が紙帯で括られている。これは淡島雛の一種で、流し雛に使われたかどうかわからないが、淡島信仰にもとづく紙雛である。北村英三氏所蔵のものを参考までに写真掲載させていただいた。

  
加太淡島神社とは
 ではどうして流し雛は淡島信仰と関連があるのだろうか。それは和歌山市にある加太淡島神社の成立とその後の歴史に深く関わっている。
 全国にある淡島神社の総本社である加太淡島神社は和歌山市加太に鎮座する。この神社は平安中期の延喜式神名帳に記載されている由緒ある神社で、祭られている神は、少彦名命(すくなひこなのみこと)、大己貴命(おおなむちのみこと)、息長足姫尊(おきながたらしひめのみこと)の三柱である。少彦名命は体が小さくて敏捷、忍耐力に富み、医薬・まじないなどの法を創めたとされ、大己貴命は大国主命の別名で少彦名命と協力して天下を経営したとされる。息長足姫尊は神功皇后である。

 江戸後期に和歌山藩によって編纂され天保10年(1839)に成稿した『紀伊続風土記』により簡単にまとめると、神社の由来は次のとおりである。「神社は上古、加太の沖にある友ヶ島(淡州または淡島また粟島とも言う。沖ノ島・地ノ島・神島・虎島の4つの島からなる)の神島に鎮座していた。当時は少彦名命と大己貴命の二座を祀っていた。神社の社家では次のように伝えている。神功皇后が筑紫から凱旋するとき、皇子を竹内宿禰に託して紀伊国に赴かせ、皇后が難波の方に至ると海上でにわかに風波の難にあった。皇后は自ら苫(葦や茅でできた舟の覆い)を海に投げ入れて神の助けを祈り、苫の流れゆくままに舟を漕がせてゆくと、淡島(神島)に着いた。これは神の擁護によれるなりと韓国で得た宝物を神殿に納めた。その後、仁徳天皇が淡路島に遊猟されたとき、この社を加太の地に遷し、神功皇后の崇敬された神社であるので、皇后を合わせ祀り、一宮三坐の神とし加太神社と称した。」

  
江戸初期にひいな遊びを神社の由来に取り込む
 以上が加太淡島神社の由来であるが、続いて『紀伊続風土記』は奇妙な文を続けている。それは「寛文記に、淡島明神は天照大神の姫宮で住吉明神の后という。俗信には天照大神の第六の姫宮という、(中略)何れも索強付会(無理にこじつけた)の説にて信じかたし」という内容である。

 寛文記とはどんな書物か特定しかねるが、寛文(1661−1672)というと江戸前期である。この頃、淡島神社の由来にこじつけ(索強付会)と『紀伊続風土記』の著者が呼んだ俗説が登場したのである。どんなこじつけなのか。江戸後期の風俗見聞集である『続飛鳥川』(19世紀中頃刊)にこじつけの典型的な内容が残っているので紹介してみよう。

「淡島明神、鈴をふる願人、天照皇大神宮第六番目の姫宮にて渡り給ふ。御年十六歳の春の頃、住吉の一の后そなはらせ給う神の御身にも、うるさい病をうけさせ給ふ。綾の巻物、十二の神楽をとりそへ、うつろ船にのせ、さかひ(堺)は七度の浜より流され給ふ。あくる三月三日淡島に着給う。巻物をとり出し、ひな形をきざませ給ふ。ひな遊びのはじまり、丑寅の御方は、針さしそまつにせぬ供養、御本地は福一まんこくぞう、紀州なぎさの郡加太淡島明神、身体堅固の願折針をやる」

 これは淡島神社の御利益を語って各地をまわった淡島願人(特殊な乞食)が話す内容を記録したものである。それによると、「淡島の神は天照大神の六番目の姫宮として生まれ、十六歳のとき住吉明神の一の后となった。しかしうるさい病(白血・長血などの下の病)にかかったので、綾の巻物および十二の神楽とともにうつろ船(中が空になった船)に乗せられ堺の七度の浜から流された。翌三月三日に淡島に着いた。巻物を取り出してひな形を切り出した。これがひな遊びのはじまりである。(以下略)」となっている。

 なんと淡島の神は天照皇大神宮の姫宮で、しかも下の病を患い船で淡島に流されたという民間伝承が広まったのである。しかも淡島に流れ着いたのが三月三日で、そこでひな形をきざんだことから、これがひいな遊びのはじまりであるという俗説まで成立した。しかしこれはあくまでも民間の俗説である。
加太淡島神社の御守雛
(昭和初期・北村英三氏提供)
加太淡島神社御守雛の縁起。由来を簡単に記し、常に懐中に持てば武運長久・海上安全・腰より下の病に苦しむ事なしと説いている。(昭和初期・北村英三氏提供)
神社の社家の言い伝えでは、「今の世に例年三月三日、九月九日、女子雛祭りの遊戯あることは、往古神功皇后手ずから少彦名命の御神像を作りて、当社に奉納なしたまひしより事起れり。其後仁徳天皇の御宇、神託によつて天下婦女幼児の病苦を払除のため宇礼豆玖物(うれつくりもの)とて雛がたを製してこれを玩遊ばしめ玉へり。また天児といへるも少彦名命の御神像にしてこれをまつること雛遊ひの巻に見えたり。」(『紀伊国名所図会』文化9年・1812)とあって、神功皇后がみずからが少彦名命のかたちを作って神社に納めたのが、雛遊びの始まりと説明している。なお現代の加太淡島神社は、この由来を「御祭神の小彦命、神功皇后の男女一対の像が男雛女雛の始まりであると言われる」としている。淡島神社が領布している御守雛は、御祭神の小彦命、神功皇后の男女一対の像をかたどったものである。

 ともかく淡島神社は江戸時代に入ると急速に「雛遊び」を神社のいわれに取り込み、三月三日を祭礼とし、女性を対象に信者獲得に走りはじめたのである。室町時代の例祭が四月二十日(『式内社調査報告』第23巻)と書かれているのみで、三月三日がいつから祭礼となったのか定かでないが、江戸時代にはいると「四時祭礼三月三日、四月八日、九月九日、十一月十三日」(紀伊国名所図会)と、四つの例祭のひとつとなり、さらに『紀伊続風土記』では「祭礼三月三日を大祭とす」とあり、淡島神社の最も大きな祭りとなったのである。

 加太淡島神社が三月三日の例祭に何をしていたかについては、『紀伊続風土記』に「祭礼三月三日を大祭とす。御輿神幸所に渡御あり。神幸所は飽等浜にあり。児獅子舞、面かつき等あり。又村中の旧家、皆素襖を着て御輿供奉をなす。其式頗る賑はし。又加太浦は三月三日潮乾の名所なれば、国中の貴賤、他邦の男女船を泛(うか)へて群衆す。(中略)しん紳家(身分の高い人)諸侯方及び諸国の士庶(一般の民)より、雛ならびに雛の其婦人の手道具を奉納する事夥しくして、神殿中に充満す」とあり、飽等浜にあった神幸所へ御輿の渡御が行われ、子供の獅子舞や面かつき等があったこと、この日は干潮になるので諸国から大勢の人が船で訪れ潮干狩りを楽しんだこと、また雛人形や婦人の手道具の奉納がおびただしくて社殿中に充満している様子を記している。

 現在の加太淡島神社では、雛人形や婦人の諸道具などの奉納は当時と同じように行われているが、御輿渡御や子供獅子舞などはおこなわれていない。神社に問い合わせたところ、これらの行事は現在、近くの加太春日神社で「えび祭り」として五月に行われているという。当時、春日神社と淡島神社とは宮司が兼務していたため、春日神社の行事が淡島神社の例祭のように書かれたのではないかというのが、前田光穂宮司のお話である。

 ところで現在の加太淡島神社の三月三日は、雛流しが行われている。全国から奉納されたひな人形などが白木造りの船に載せられ海に流される。この雛流しは『紀伊続風土記』に書かれていない。いつから始まったのだろうか。この点について前田宮司にうかがうと、昭和37年(1962)からだそうである。それまでは神社で祈祷を受けたひとがたや人形を個人の方がそれぞれ海へ流していたという。それを神社の行事として昭和37年から行うようになったのだそうである。この有名な行事も起源は以外に新しいのである。
(本稿は『郷玩文化』169号 2005年6月刊 郷土玩具文化研究会発行、に掲載された論文を転載したものです) 

  ページの最初へ              下巻へ