西安出身、金橋国際旅行社の日本語ガイド

お客様の声へ

西安秦始皇帝兵馬俑博物館/秦始皇帝陵/銅車馬観光ガイド

二千二百年前の地下軍団  秦始皇帝陵兵馬俑    


死して更に生きた秦の軍陣    目次  

秦代軍団の芸術再現

一 、兵馬俑の発見と発掘

二、兵馬俑の種類と隊列

(一)兵馬俑の種類

1.戦車

2.騎兵

3.歩兵

(二)兵馬俑軍陣の編列

三、秦の踊の芸術の風格と製作

兵馬俑坑から出土した兵器

五、兵馬俑と秦始皇帝陵(銅車馬)

中国の一番大きい専題遺跡博物館秦の始皇帝兵馬俑博物館

秦の始皇帝は中国の歴史上の第一位の封建皇帝である

秦の始皇帝陵はどのように修建したのである

秦の始皇帝陵および周りの陪葬坑、陪葬墓

更に深くご了解したい場合は ご遠慮なくお尋ねてください

問い合わせ


秦代軍団の芸術再現

袁 仲一

秦始皇 ( 紀元前 259 年 〜前 210 年 ) は中国を統一した最初の封建皇帝である。彼の陵墓は、西安市臨潼区の東 6 キロメトールに位置する。 1974 年に最初の兵馬俑坑が発見されており以來、現在までもう三つの俑坑が確認されており、それぞれに 1 、 2 、 3 番号を編成した。三つの俑坑の中に実物の人、馬と等身大の陶俑や陶馬が合わせて約 8000 体がある。その中に戰車兵、騎兵や歩兵などの兵種があり、整然と隊列を組んで、あたかも巨大な地下始皇陵を守護する軍団のようにめられる。陶俑の形象はそれぞれ異なっていて、表情 、 態度が生き生きして、中国古代雕塑芸術史における一つの玉と言える。秦始皇の陵墓の兵馬俑が「世界第八大奇跡」や「二十世紀考古歴史上の偉大発現の一つ」 として世界の人々に好かれている。兵馬俑坑は秦始皇陵とともに国連教育科学文化機閧に世界文化遺産の名薄に登録されている。それは中国人民だけでなく、全人類の珍しい文化財である。この珍しい歴史文化遺産を効果的に保護するため、 1979 年に秦始皇兵馬俑博物館を設置した。

秦始皇(紀元前259年—前210年)

秦始皇陵

秦始皇兵馬俑博物館

目次  homeへ 


一、兵馬俑の発見と発掘

兵馬俑坑は秦始皇の陵墓の東 1 . 5 年キロメトールにある。そこはもともと見渡す限りの荒れ地であったが、一つの地下芸術宝庫とは誰も思わなかった。1974 年 3 月に地元の農民がここで井戸を掘った時、偶然にいくつかの陶俑の破片が目に入ったが、何物かは分からなかった。その後、考古学者が一年間余りに実地調査をしたり試掘したりした後、そのが大型な俑坑と確認し、すなわち 1 号兵馬俑坑と認めた。 1 号俑坑は、東西約 230 メトール、南北約 62 メトール、現地表からの深 4 . 5 ─ 6 . 5 メトール、総面積 1 万 4260 平方メトールの規模をもつ。試掘で出土した一部の陶俑、陶馬の排列密度によって、 1 号俑坑の中に陶俑、陶馬が約 6000 体と推定され、また大量の青銅兵器がある。

1号兵馬俑坑

1号兵馬俑坑の試掘

2号兵馬俑坑

1 号兵馬俑坑が発見された後、考古学者は引き続きその辺りの地域で実地調査を行なったが、 1976 年 4 月 23 日に 1 号俑坑の東側北より 20 メトールの所で、まだ 2 号兵馬俑坑が発見された。 2 号俑坑は、その表面が曲尺の形を呈して、東西約 124 メトール、南北約 98 メトール、現地表からの深さ約 5 メトール、総面積約 6000 平方メトールの規模をもつ。試掘の出土情況によって、陶俑、陶馬が約 1300 体余りがある。 2 号俑坑は 1 号俑坑よりその內容がもっと豐富で、跪き射り俑、立射り俑、騎兵俑が配置されているが、戰車が 80 余りあり、兵馬俑坑における粋と言える

1 号俑坑の西側北より 25 メトールの所で、ドリリング調査を通して 3 号兵馬俑坑を発見した。 3 号坑の規模がかなり小さくて、不規則的な形を呈している。その表面は「凹」という字の形で、東に坂のような通路があり、東西約 28 . 8 メトール、南北 24 . 57 メトール、現地表からの深さ約 5 . 2 ─ 5 . 4 メトール、総面積約 520 平方メトールの規模をもつ。坑內に陶俑、陶馬が 72 体ある。 3 号俑坑が小さが、非常に重要である。それは 1 号、 2 号兵馬俑坑を統帥する指揮部で、古代で軍幕と称した。

2 号兵馬俑坑の陶俑の出土情況

1976 年夏、 1 号俑坑の中部北側 2 号、 3 号俑坑の間で、まだ完成されていなかった 4 号坑が発見された。この坑は長方形を呈していて、東西 48 メトール、南北 75 メトール、現地表からの深さは 4 . 8 メトール、総面積 3600 平方メトール規模をもつ。坑內にはいずれの遺物も見つからなかった。というのは、秦王朝の末期 ( 紀元前 209 年 ) の農民蜂起が起こった、蜂起軍は兵馬俑坑の近くまで戰って、 4 号俑坑の工事が中止においこまれたからであった。 4 号俑坑がまだ完成されていなかったため、兵馬俑坑の数と言う時、それを入れていなかった。

3 号兵馬俑坑

 

1 号、 2 号、 3 号兵馬俑坑に完成されていなかった 4 号俑坑はたもそも同じグループに属した。古代の軍隊編成 によって、 1 号坑は右軍、 2 号坑は左軍、完成されていなかった 4 号坑はもともと提案された中軍、 3 号坑は指揮部で、こうして完備した軍隊編成の体系をつくった。秦始皇生前に都を守衛した軍隊を象徴し、古代で宿衛軍と称した。

兵馬俑坑の建築構造は次の通りである。それは地下坑道式の大型土木建築で、すなわち地面で深さ約 5 メトールの大きな坑を掘って、坑の中で平行的な大隔牆が置が並んで建てられたものである。隔牆の両側に木の立柱が並んで、柱の上に橫木が置かれれいる。橫木と土隔牆の上にアンペラが密集的に建てられ、その上に葦のむしろをかぶって、また黃土を覆って、坑のてっぺんとなった。坑のてっぺんは当時の地表上より約 2 メトールの高さで、遠くから見て頂上の平らかな丘のように感じられる。坑の底部に煉瓦で地面を敷かれた。陶俑、陶馬を坑內に入れてから通路を密閉して、閉鎖的な地下兵馬俑坑が形成された。

秦始皇陵の兵馬俑坑に関することが、文献に記載されなかった。二千年余り以來、兵馬俑の遺物を見た人が絶えず出てきた。兵馬俑坑の辺りに六つの東漢墓 (25 年— 220 年 ) 、二十余りの近 , 現代墓、三つの井戸、また「擾乱坑」を発見した。その時、いずれかの所で兵馬俑の遺物が出土された。しかし、彼らはそれが珍しい文物と知らなかったので、逆に不祥な怪物と誤解して、注意しなかった。 1974 年に農民が井戸を掘って、兵馬俑を発見した後、考古学者はいろいろ活動を行った上、兵馬俑についての神秘感がなくなり、世界にその奇妙な風采を現われるようになった。

1974 年以來の 25 年間に、兵馬俑坑の発掘活動が行ない続けられている。今日までに、 1 号兵馬俑坑は三分の一が発掘され、 3 号兵馬俑坑はすでに発掘されたが、 2 号兵馬俑坑の発掘活動は今なお行なわれている。現在、陶俑、陶馬 2000 体余り、各種の青銅兵器 40000 余りを出土した。 1979 年 10 月ここで兵馬俑遺跡博物館が建てられて、掘りながら開放という方法で公開展示していた。ここを参觀にきた人々が出士兵馬俑の風采を楽しめるばかりでなく、考古発掘現場で遺跡、遺物の出工に関する新しい情報や考古発掘の関係知識を得ることもできる。

二、 兵馬俑の種類と隊列

( 一 ) 兵馬俑の種類

秦は戰車千両、騎兵萬人、歩兵百萬余りを持つ有名な軍事強国である。始皇帝がまさにこの強い軍事力をもって、その他の諸侯国を消滅し、中国を統一した大業を完成できた。兵馬俑は秦軍隊の生き写しとして、戰車、騎兵と歩兵の三種類に分けられる。

1 .戰車

1 号、 2 号、 3 号兵馬俑坑に合わせて戰車が 130 両余りある。戰車は全部木で造ったため、出土された時に朽ちてしまった状態で、痕跡しか殘っていない。その形は、二つの車輪に 1 本の轅 ( ながえ ) 、四頭陶馬をつなぐものである。車体は長方形を呈して、幅 1 . 4 メトール、前後の長さ 1 . 2 メトールである。その 周辺には、高さ 40cm 、窓格子の上ような柵が囲まれて、後ろに出入り の門扉が一つ、車輪が 1 . 35 メトールの高さである。戰車は全体が漆塗りされているが、あるものに絵や模樣が見えている。実用な戰車と同じように車馬具が備わっている。

1 号兵馬俑坑の陶俑、陶馬の隊列

兵馬俑坑の戰車の種類は、指揮車と一般戰車の 2 種となる。指揮車は華やかに飾られ、全体が漆塗りされながら図案や模樣が描かれている。その上部に円傘蓋 が備えられ、また鐘や鼓が掛けられている。戰車に将軍俑、御者、右の兵士という 3 体陶俑がある。三人の職責がそれぞれ異なっている。将軍を鐘や鼓をもって軍隊の進退を指揮する。いわば「鼓によって進み、鼓を激しく鳴らせば戰うことに対して、どらによって止め、どらを激しく鳴らせば退く」 ( 『尉繚子』 ) がこうなってきた。御者は車馬を段取りよく、又は安全に走らせることができるよう御していっる。右の兵士は将軍の安全を保證するほか、險しい道や泥だらけの道路に出會った時、戰車を推すという職責を負う。しかがって体が強健な人を右の兵士に選んだのである 一般の戰車は、すなわち兵士が乘る車である。いずれかの車に御者、左の兵士と右の兵士という 3 体陶俑がある。三人は車の上に橫列配置されて、御者は車の中央に立ち、左の兵士と右兵士はそれぞれ左右に立っている。古代の戰車はいずれも立ち乘りという形で、御者は車で車馬を制御し、左の兵士と右の兵士は、手には弓弩及び戈 ( ほこの一種 ) 、矛などの兵器を持ち、敵と戰う。遠くの敵には矢を射て、接近戰になれば戈、矛を使用したのであろう。戰車の 3 体俑はいずれも鎧甲をかけて御者俑の両手を伸ばして手綱をしっかりつかんでいる。左の兵士俑と右の兵士俑は一つの手に兵器を持ち、もう一つの手で車を押しているように生い生きとしている

1 号兵馬俑坑の戰車の痕跡 目次  homeへ  

2 .騎兵

2 号兵馬俑坑に約 116 体の騎兵俑が出土されてきた。本物の馬と等身大の陶馬は身長 2 メトール、高 1 . 72 メトールである。陶馬の背中に鞍が雕刻されて、頭におもがいやくつわや手綱がかけられている。いずれかの馬の前に 1 体の騎士俑があり、一つの手で手綱を引き、もう一つの手に弓弩を持っいる。俑と馬はどれもリアルに造られた。 4 頭がグループを一列から配置され、一つ一つの列から長方形の縱隊を形成する。この壯大な秦国の騎兵を如実に語っている . 秦国の騎兵は紀元前七世紀に出現し始めたが、秦王朝に至ってすでに獨立で強大な兵種となった。騎兵は軽快の性格を持ち、潰れてしまった敵の襲撃、狙撃、追撃を多用した。

騎兵  

3.歩兵

兵馬俑坑の歩兵俑は数多く、約 7000 体がある。地位によって軍吏俑と一般兵士俑という 2 種類がある。軍吏俑のうち、高級軍吏俑 ( 一般的に将軍俑と言う ) や中級軍吏俑と下級軍吏俑というふうに区別される。一般兵士俑のうち、軽裝歩兵と重裝歩兵に分けられている。上述の各種の俑について、主としてその衣服、甲胄と冠で区別される。高級軍吏俑は二重の胴著を著け、彩色の魚鱗甲をかけ、冠をかぶっていた。その中に、両手に剣を持ちながら胸の前に垂れているものがあれば、両手を自然に垂れているものもある。彼らは頭を上げ、胸を張りながらかなりの風格で、見るだけに軍隊を統領する高級軍吏が分かるだろう。

将軍踊

中級軍吏踊

武士踊

中級軍吏俑は頭に「双板長冠」をかぶり、鎧甲をかけている。鎧甲の形として、上半身の前だけ守る彩色の緑どりがついた前胸甲と甲片がかなり大きく彩色緑どりがついた辺甲という 2 種類がある。手に剣を持ちながら威嚴に立っている。そのうち、将軍俑のそばに立ち、将軍の助役みたいなものがあれば、兵士俑の隊列中に立ち、堂々としてさっそうたる英姿をしているものもある。下級軍吏俑はみんな「単板長冠」をかぶっていたが、鎧甲をかけていないで軽裝であるものがあれば、鎧甲をかけているが、甲胄に彩な模樣がないものがある。一つの手に剣を持つながら、もう一つの手に矛、戈などの兵器を持っている。兵士俑の中の軽裝歩兵俑は、 1 体も鎧甲をかけなく、帽子をかぶっていなが、足に脛当をつけて、手に弓弩を持っいる。軽裝歩兵俑はほとんど軍隊の先方に位置づけられる。先方の兵士が走りに強く、行動が速いし、また智慧と勇敢の素質を備えなければならないだらである。兵士俑の中の重裝歩兵俑はいずれも鎧をかける。こういう点で鎧甲俑ともいう。 l 、 2 、 3 号兵馬俑坑の中で鎧俑の数が一番多く、歩兵俑の 80% を占めている。鎧俑の中には色々な種類がある。姿で言えば、跪き射 り俑、立射り俑及び両足を八の字形にして立っている鎧俑がある。裝束で言えば頭の上に髪を丸く束ねたのもあるし、頭の後に髪を六つ分けて扁平に束ねたのものある。また、円錐体の小さい帽子 ( 昔は「介帻」と呼ばれる ) をかぶっている鎧俑もある。弓弩をもっているのもあるし、戈、矛、戟、、殳など異なった兵器を持っているのもある。これは彼らが隊列の中での位置や職位の違いからている。

立ち射り踊

跪き射り踊

武士踊 目次  homeへ

中国では初期の歩兵は獨立の編制がなくて、隷属歩兵であった。商、周、春秋の時代には作戰の主な形式は車戰であった。その時、歩兵は戰車に隷属していて、各車は歩兵を 10 人備えていた。これらの歩兵は戰車に応じて作戰した。戰国時代 (BC5 — BC3 世紀 ) に入ってから隷属歩兵のほかに獨立した歩兵も現われて、車兵、騎兵、歩兵という三つの獨立した兵種を形成した。兵馬俑坑にはこの三つの兵種が備えられていて、歩兵の中にも獨立歩兵と隷属歩兵との違があり、古代軍隊の編制を真実に反映している。

( 二 ) 兵馬俑軍陣の編列

古代、軍隊は作戰の時、一定の隊形にしている。

これは「軍陣」という。 1 号坑の中には陶俑、陶馬が 6000 体ぐらいあった、長方形の大型の軍陣となっている。編列の方法として、前端には軽裝歩兵俑の橫列が三つあって、各列には俑が 68 体あって、全部で 204 ある。これは軍隊の先鋒である。先鋒の後には軍隊の主体で、戰車と歩兵の縱隊は 38 あった、かわるがわるになっている。軍陣の左と右の両側には外向きの歩兵俑の列が一つあって、これは軍陣の二つの翼で、両側からの襲撃を防くためである。軍陣の最後には歩兵俑の橫隊が三つあって、軍陣の後の警備隊として敵の襲撃を防いでいる。ここからその組織の嚴密さがうかがわれる。

1 号兵馬俑坑の軍陣

2 号兵馬俑坑には軍陣は曲尺の形で、四つの小型の軍陣からなっいる。一番目の小軍陣は前端なあって、跪き射り俑、立射り歩兵俑からなった方形の軍陣である。跪き射り俑は軍陣の真中にあって、立射俑はその四周にある。二番目の小軍陣は右側にあって、 64 両の戰車からなった方形の軍陣である。三番目の小軍陣は曲尺形の軍陣の真中にあって、戰車、歩兵、騎兵からなった長方形の軍陣である。四番目の小型軍陣は曲尺形の軍陣の左側にあった、 108 の騎兵からなった長方形の軍陣である。以上の四つの小軍陣は多兵種を混合的に編成していて有機的に一つの大型の軍陣をなしている。各小軍陣は分けて自分で作戰もできるし、合わせたら、多兵種作戰の威力を発揮する。

2 号兵馬俑坑の局部

2 号兵馬俑坑跪き射り俑の出土情况

3 号兵馬俑坑には指揮車が一つあって、歩兵俑が 64 ある。歩兵俑は皆警備用の銅製の殳を持って、互いに面して、道路をはさんでいだ。警備がきわめて嚴重である。 3 号坑から出土したものには古い祭りのための鹿の骨、動物の腐った骨があった。古代作戰の前に、祖先や神樣に祈りをささげて、自分が勝つように願う。 3 号坑は、 1 、 2 号兵馬俑の軍陣を統帥する指揮部である。 ?1 、 2 、 3 号兵馬俑坑の中の 8000 ぐらいあった兵馬俑の編列の情況は古代の軍陣を如実に表わしている。その規模は巨大で、計り知れない勢いを持って、秦の軍隊の雄大さを生き生きと反映している。

3 号兵馬俑坑の局部

目次  homeへ  


三、 秦の俑の芸術の風格と製作の技巧

兵馬俑が人々に与える印象として、一番深いのは形体がダイナミックで、数量が多くて、真に迫っていて、偉大の勢いと巨大の力を示し、人々の心を震撼させて、一つの濃烈の芸術魅力を感じさせるという点である . 秦俑の芸術風格は写実的で、できるだけ実物を模擬し、実物に近いように工夫を凝らしている。全体の仕組みでは秦俑は秦の軍隊の軍車、騎兵 , 歩兵という三軍の編列を模擬し、秦軍の強大さを再現し、秦軍の戰ったら必ず勝つという風格を表わしている。これらは当時の時代の特徴を示していて、記念となる大型の群体雕塑である。各種類の武士俑の服裝や武器の裝備、戰車の「駕具」などは皆実物の模写で、社會の現実生活を正直に反映した。雕塑の細部までも生活から出まわったものである。例えば、すべての高級軍吏俑の額にはいくつかのしわがあって、彼らが長い間、世間の辛い經驗をつまれ、数多くの戰爭を經驗したことを語っている。これは秦軍が将領を選拔する標准として軍事上の功績が重要で、まだ功績が同じである場合には、年齡と功徳によって決まるという原則に合致する。陶俑、陶馬は真実の人、馬を原型に造ったものであるから、その形象はそれぞれ違って、個性が鮮明で、人々に親切感を感じさせる。秦俑の芸術は古代の現実主義の作品として一つ成功した典型である。

 

将軍踊頭像正面

 

将軍踊頭像側面

秦代の人は武を尊ぶ民族で、「公戰に潔よい」のを唱導し、軍功のある人が光栄と思われ、これは秦人の面値觀である。造型芸術の場合には力があって、勇敢に奮斗するのは人々が追求する精神と身体の美の理念である。この理念の支配のもとで、秦俑の造型の基本な特徴は円筒型あるいは円筒型に近い体を中軸に左右均衡対称に力点をおき、形が銅鐘に近く、堅固で凝集力が強い。作者が強調したのは一定の体力のある力の美で、西洋の雕刻が曲線の美と肉体の美を重視するのと違っている。ほとんどの陶俑の造型は比例が適当で、構造が合理的で、造型芸術が人々に調和感と美感を与えるという要求に合致する。秦俑の造型は外觀からの形体と內在する気質を一体とした。鐵塔のように立っている武士俑は性格が豪快で、勇ましくて勢いがよい。眉目秀麗の武士俑は性格がみやびやかで、聡明である。「神は形の裹にあって、形があれば神が生まれる」というのは中国古代の造型芸術の規律である。秦俑の体の造りかたは簡潔明快で、多すぎる修飾がなくて、体付きが似ているだけを求ている。頭部の雕塑方法として、細かく、芸術におけっる夸張や總括という技法で雕塑されたのである。例えば、眉目を見たところ、濃さがないようである。真実の眉目、その骨を作り上げれば平淡であるように感じて、近く見ればまだ良いが、遠く見れば全部の顏はぼやけている。秦俑は夸張の手法を用いが、眉目に厚さを加え、リアルに作られていた。近く見れば形が似ていて、遠くから見れば顏がはっきりしている。一般的にはひげを作り上げる時、ひげもとなは肉がでる真実さを求めるために、ひげと顏はすことができない。秦俑の雕塑はひげが飛んだり、立ったり、上に卷いたりしているように作っている。この夸張的な手法は虛偽の感じがなくて、かえって人々に人物の性格が鮮明で際立っているのを感じさせる。秦俑の芸術は豐富多彩で、これは秦俑が多樣の人物典型を作りあげたからである。例えば、将軍俑の中には容貌が端正で、長いひげをはやしていて、穩健風雅の感じをしているのもある。俑のちょびひげが上に反り上げて、目が光々と輝いて、気宇が非凡であるのもある。また、容貌が正直で、性格が素朴に見えるのもある。普通の兵士はさらにそれぞれ違う顏と姿態を持っている。年齡の違いによって表情や態も違っている。例えば若い兵士は顏だちが丸くて、眉のあたりがのばしていて、無邪氣で活発であるような感じがしている。額にしわのついている年寄りの兵士は表情が一つしみ深くおだやかで穩健である。違う民族や地区から來た兵士の形象も違っている。例えば「関中地区」 ( 現在の陝西省 ) から來た兵士はほとんど方形あるいは長方形の顏おして、五官が粗野で、性格が素朴である。西北の少数民族から來た兵士は顴骨が高大で際立って、額の部分が後に縮んでいる。頬ひげがべったり生えていて、性格が凶暴であるのもある。中国の古代雕塑の芸術史には秦俑は新しい境界を開いて、中国の古代雕塑の芸術はもう成熟に赴いて、さらに中華民族の特有の芸術風格を形成したのを示している。秦俑の製造工芸、陶俑、陶馬は手で一つ一つと作り上げたのである。使った材料は当地の黃土である。雜物を洗い流し、適当の石英砂を入れて調和してできたのある。製作の段階は三つあって、まず泥で大体の形を作り上げる。そして目陰でそれを乾して窯にいれて燒き上げる。最後は窯から出して全体に色彩をつける。陶俑の製作:下から上へと順々に作って型をなす。まず方形の足踏み板を作って、踏み板に泥で両足を作って、そして「泥條盤築法」 ( 細長い泥でまわって作る ) を用いて中空の体を作って、体の両側に二つの腕を張りつける。頭と手は単獨で作ってから、体と両腕とを組み合わせて一体となる。頭の製作はまず鋳型を用いて大体の型を作って、さらに五宮と顏の表情の變化を細かく作り上げる。陶馬の製作はまず馬の頭、くび、体、四肢及び尾、耳などをそれぞれ作ってつなぎ合わせて、ひな型を作る。また二度と泥を覆って修飾し型をなす。陶俑、陶馬を作る時、比較的に全体の効果を把握し、円雕、浮雕り、線刻を有機に結合し、塑、積み上げ、こね作り、張り作り、刻み、かきなどの技巧を用いて立体形象の体、量 , 形、神、色、質などの芸術効果を示している。陶馬、陶俑は型ができてから窯に人れて上げる。燒く溫度はおよそ 950 から 1050 ℃までである。その色つやが純粋で、素質が強固でたたいたら、ドンチャンドンチャンと音がある。これは当時の燒き上げの技術がもう相当に高いレベルに達しているのを語っている。陶俑、陶馬は窯から取ったら、全体に色彩をつける。色の種類には朱赤、桃色、深緑、青磁色、薄紫色、空色、黃、黒、白、褐色などがあって、皆鉱物質の顏料である。色付けの方法としてまず生漆をつけて、そしてこれを基礎に色彩をつける。著色の基調は明快でなまめかしく美しいので、軍陣の気魄が勢烈で、勇ましいように感じがしている。

陶俑の体の色彩

整理と修復の過程では陶俑、陶馬の体の陰には兵馬俑の製作者の名前が発見された。今まで、 87 の違う名前が発見された。この中では一部分は秦朝の中央宮廷の制陶場から來た人で、「宮強」「宮得」 「宮進」 「宮朝」 「宮係」「宮頗」などという人がいる。一部分は民間の私営制陶場から來た人で、 「咸陽夫」 「咸陽衣」「咸陽敬」 「臨晉廖」 「櫟陽重」「安邑書」などの人がいる。以上の二つの部分の人は違った地区から來た人で、違った先生から教えを受けて、さらに個人の生活經驗も違っているので、彼らが作った芸術形象の風格も違っている。全体を見れば、中央宮廷の制陶場から來た作者が作った形象の多くは体が強くて、力があって、威勢がよくて、技法も比較的に成熟しちる。民間の作者が作った形象は格調が清新で、形体が多樣で、技巧には長短出入があった。彼らが作った人物は思想、情緒及び性格が広範深刻で社會の代表性を持っていっる。

兵馬俑の製作者の名前 

陶俑、陶馬の体に名前を殘したのは技術のうまい技師である。彼らが引き連れてまた名前を殘さなかった陶工がたくさんいた。技師が 10 人の見習いを引き連れると考えれば、 87 人の技師は全部で 870 人の見習いを引き連れていた。こんなに膨大な雕刻芸術の団体が集って、芸術創作をするのは古今東西の雕刻芸術史にもまれなことできる。彼らは秦俑芸術の創造者で、彼らの名前はきっと中国と世界の雕刻芸術史に輝かしいページを占める。

目次  homeへ 


四、兵馬俑坑から出土した兵器

1 、 2 、 3 号兵馬俑坑から多量の実用性のある兵器が出土した。これらの兵器は短兵器、長兵器と遠射程兵器という三つの種類に分けられる。短兵器の中に青銅剣、弓張月形の金鈎がある。長兵器の中には戈、矛、戟、 殳、鉞など青銅兵器がある。遠射程兵器には弓、弩及び大量の銅鏃がある。兵器の形は戦国中後期の同種類の兵器と大体似ている。しかし次に説明する二つの兵器は比較的に特殊で希である。

金鈎

金鈎:二つしかなくて青銅質で弓張刀の形かして、体と柄という二つ部分に分けている。体は弓張月の形で、整然としていて両側には刃があって、柄は楕円形である。全体の長さは 65 . 2cm で、広さは 2 . 2 〜 5cm までである。この種類の兵器は考古学史上には始めて発見されたものである。金鈎は BC6 世紀の末に呉国の人が始めて発明したものである。『呉月春秋』には次のことを記載していた。呉王闔閭はあたりの人に「よい鈎を作れる人には百金の賞金をかける」という命令を下たことがある。このために呉国の人には鈎を作れ人が甚だしく多い。兵馬俑坑から出土した金鈎は 1 号坑の先鋒隊の左右両端に位置していた軍吏俑の側にあって軍吏が備えた驚備用の短兵器に当たるはずである。

長鞘

 

長鞘: 1 号兵馬俑坑から出土した完全の長鞘?は 16 あって、矛と似ている柄の長い刺兵器である。 鞘?の先は銅剣と形が似ていて、長い木製の柄の先端にとりつけて、全長が 3 . 8 メートルである。刃が鋭利で威力の強い兵器である。今まで完全の長鞘?を出土したことがなく、長鞘?の形は色はっきりしていなく、色々な意見があった。兵馬俑坑の長鞘?の発現はことなぞを解いて、人々に明晰な認識を与えた。 1 、 2 、 3 坑兵馬俑坑から出土した青銅製の兵器で、銅と錫の合金である。鋳造の手法を用いて型をなして、さらに磨きつやを出して、細かく加工を加えた。青銅剣が出土の時、さびあとが全然なくて、新しいものと同じような光沢をしている。検査したら剣の表面は二次クロム塩酸化処理されて、腐りとさびを防ぐよい性能を持っている。今まで二次クロム酸化処理の技術は 20 世紀 30 年代び入ってから始めて表れたものとされていた。しかし中国では二千年前の秦代にはこの新しい工芸がもう発明されて、冶金史上の奇跡とされている。青銅劍、鞘?、戈、矛の刃は皆やすり磨かれ、加工された。磨紋が平行で交錯することがないので、ここから手でやるり磨いたのでなくて、簡単な工作機械を用いたことが分かる。上述の兵器の表面は皆磨輪で磨かれたので、光潔度は 6 から 8 までである。これは当時金属を加工する工芸がすでに相当に高い水凖に達したことを物語っている。銅鞘?の両面 には規則のない火炎型の花紋がいっばいある。これは鋳ったのでもないし、刻み込んだのでもなくて、兵器の表面にかすかに見て、兵器の表面の金属組織と一体になった。この花紋は硫化処理されたと考える人もいる秦王朝の時、兵器の製造は中央と地方との二つの系統に分けている。兵馬俑坑から出土した兵器の銘文から俑坑內の兵器が皆中央宮庁の機構が作ったのである。兵器の性能はすぐれていて、技術は卓越で中国で青銅兵器を生産する頂である。

目次  homeへ 


五、兵馬俑と秦始皇陵

兵馬俑は秦始皇陵墓の中にある一組の殉葬坑 ( 殉死者をいっしょに葬る ) で、陵墓と切られない関係がある。中国古代には人が死んでも魂が死ななくて、冥土の世界でも生前と同じように生活しているという伝統的な觀念があった。だから死者に対する葬儀と埋葬の原則は生きている人に対するのと同じで、生きている時持ったのは死んだ後も持つべきである。秦始皇は生きていた時皇帝で、陵墓の全体の建築構造及び殉葬の物品は皇帝の礼儀制度によって扱ったのである。 1974 年に兵器俑の発見からさらに秦始皇陵墓に対して系統的に調査と実地調査を行なって、秦始皇陵墓のわよその建築構造を推察した。秦始皇の陵墓は頂が平らである四方形の錐体で、本來の高さは 115 メートル、底の周りは 2000 メートルであった。二千年にわたった風雨の脫落破損と人為の破壊のために現在陵墓の高さは 76 メートルで、底の周長は 1390 メートルである。陵墓のあたりには三重の城壁が重なっていた。一番裹にある地下宮殿をとりまいた城壁は地下城で周りが 1704 メートルで、高さと厚さはそれぞれ 4 メートルで、煉瓦の生地で築きあげたのである。あとの二つの城壁は地上建築で大きな土で築きあげだのである。この二つの城壁は長方形で、內にある城壁の周が 3870 メートルで、外にある城壁の周りが 6210 メートルである。城壁の四面には門があって、門の上には望樓がある。これは始皇の陵墓の建築構造が都を模擬し作り上げたのたのを示している。陵墓には兵馬俑坑のほかに銅車馬坑、馬廐坑、珍禽奇獸坑および樣々な府蔵坑もあって、全部で 2000 余りある。銅車馬坑の規模は大きくて、面積は 3025 平方メートルである。 1980 年 11 月に銅車馬坑に対して局部の発掘を行なって、二つの大型の色彩のついた銅車馬を出した。銅車馬の大きさは実物の半分ぐらいである。各車馬は 3000 余りの部分を組み合せてからなったもので、重さは 1000 キログラム余りである。車、馬は皆青銅質で、更に大量の金銀を裝飾に、全体に彩色の花紋があって、今までの考古史では発掘された車馬の中では等級が最高で、裝飾が一番華美でまた一番よく保存されたのに属する。二つの銅車は皆両輪、単轅で、前には四匹の銅馬を御している。しかし両車の形は違っている。 1 号銅車の箱は橫長方形で、車內には長い銅製の傘蓋があって、傘蓋の下には一人の御者俑が立っている。 2 号銅車の箱はセダンと似ている形をして、四面が封鎖していて、頂には橢円形の篷蓋があって、その前と左右の両側には皆一つの窓があって、後には門があり、ドアと窓は自由に開閉できる。車の箱は前後二部分あって、前部には一人の跪き坐っている御者俑があって、後の部分は車の主人がいる所である。 1 号車は兵士用の車で、昔「立車」と呼ばれ、また「高車」とも呼ばれる。 2 号車は古くは「安車」と呼ばれ、車には窓とドアがあって、窓を開けたら涼しくなって、閉めたら溫かくなるので「輼」とも呼ばれる。

銅車馬の出土情况

1号銅車馬

2 号銅車馬

古代皇帝が宮殿を出る時、必ず一定の儀仗隊をつれて、儀仗には三つの規格がある。最高規格の儀仗隊には車が 81 台あって、中流規格の儀仗隊には車が 36 台あって、最低規格の儀仗隊には車が 9 台ある。上述の二つの銅車馬は中流規格の儀仗隊に属するものである。 1 号車は車隊の中で道を開き、車隊の安全を保護する役割をしている。 2 号車は副車で、いわば予備車である。 BC218 年秦始皇が東へ巡幸した時、一人の力のある刺客が鉄鎚をもって秦始皇を刺し殺そうとしたが、間違って副車を襲撃したので、秦始皇帝はこの災難を免れた。しかし皇帝は副車に秉ったこともあって、例えば、 BC210 年秦始皇帝が東へ巡幸した途中、沙丘 ( 今河北省広宗県內にある ) でなくなった時輼車 ( いわば安車 ) で咸陽まで送ってきた。 1 、 2 号銅車馬は秦始皇帝のほんとうの車馬の模型で、彼の魂が冥土の世界でも巡幸できるように一緒に殉葬したものである。 また秦始皇帝の陵墓にも大型の馬廐坑 1 、小型の馬廐坑を 98 発見した。これらの坑內に埋葬のは真実の馬で、生きたまま埋葬したのもあるし、殺したら埋葬したのもある。全部で 500 匹近くある。馬の頭の前には陶制の鉢や缶がある。鉢の中には穀と草があってかいばおけを象徴している。缶は馬に水を飲ませるために使われたものである。大型の馬廐坑から背丈 1 . 9 メイトルの大陶俑、小型の馬廐坑から実物大の跪き坐り俑が出土された。これらの陶俑は馬を飼う人員である。馬廄坑から出土した陶器には「大廐」「小廐」「宮廐」 「中廐」「左廐」など馬を飼う廐苑の名称がついている。車を引くためにも騎兵のためには馬がたくさん需要なので、秦始皇帝の生存中、都內外には馬を飼う場をたくさん作った。彼がなくなったら魂のためにもたくさんの馬を地下に埋葬した。秦始皇帝が方々ををしてまわるのが好きなので、陵墓の內には珍奇獸坑をたくさん作った。今までに一つ発掘された。 秦始皇帝の陵墓には発掘した陪葬坑がほかにもたくさんあるが、いちいち紹介しない。一口で言えば、秦始皇帝が生前の全てを地下で模擬し、地下王国が地上王国の再現である。秦始皇帝が生存中、都咸陽に住んでいて、警備のためにたくさんの軍隊を用いたが、死後にも彼が統治した山河を保護し、皇帝の最高の尊嚴を維持するために 8000 兵馬俑を陪葬に使った。 秦始皇帝陵墓は一つの文物宝庫で、考古の仕事が深く進めば進むほど、新しい遺跡や遺物がどんどんと出てくるなずである。 「ここは旅行者の景勝地で、考古学者の天国である」と一人の考古学者はユイモアに言った。これは必ずしも過言ではない。

目次  homeへ  


中国の一番大きい專題遺址博物館秦の始皇帝兵馬俑博物館

秦の始皇陵の東側に茂けて郁葱葱たる樹叢の中に一組の規模浩大で、美觀別致で、気勢雄偉の現代化の建物を隱れているものがあって、これがその名を知られている秦の始皇帝兵馬俑博物館である。それは地を占める面積 20 へクタルがあって、高大の喬木、低い灌木と花卉草坪などをして、組め建てた緑化てた工程はもう規模になった。館區內にもう緑草は茵の如き、樹木葱郁で、鮮花な地に遍ねき、環境は典雅、景色は人に宜しくして、これが秦の始皇帝陵兵馬俑坑の遺址に建立した專題遺址博物館。

秦の始皇帝兵馬俑博物館

1974 年 3 月 29 日、丁度冬がさって春が來て、耕す忙しい時であった。臨潼縣 ( 今西安市臨潼區 ) 西楊村と村民は村の南に井を掘る時、掘って水がなかった。意外に多くの陶俑の破片と古代青銅兵器が發現した。国家文物を保護する意識があった公社幹部がすぐ當地の文物管理分野に報告した。兵馬俑を發現したニユースは中南海に傳えた。すぐ中央と国家文物局が高度的に重視した。指示は次の通り:文物局と陝西省委員會と話し合うのを建議して、はやく措施を取つて、善くこの重點文物を保護することを提出した。そのあと、陝西省から組織する秦の始皇帝陵秦俑の考古隊は 1974 年 7 月 17 日から、勘察と清理の仕事を始めた 1975 年 8 月、国務院は秦の始皇帝兵馬俑博物館を建てることを決めた。 1975 年 11 月,秦俑博物館の籌建處が公式に建てた 1979 年 4 月の末、秦兵馬俑の一号坑遺址ホル及び輔助工事が竣工した。 1979 年 10 月 1 日、丁度中華人民共和国の成立した 30 周年の日、秦の始皇帝兵馬俑博物館は公式に對外へ展出した。この時から、昔の亂石積んで、荒草地に遍ねいた窮郷僻壤はすぐに門庭に市の若き、非常ににぎやかであった。それは一つの巨大な磁石のように蕪数の中外貴客を引いてきた。一号坑の發掘、清理の同に、また、 1976 年、 5 、 6 月の間に二号、三号坑を掘つた。 1979 年 10 月 1 日までに、秦俑の開館の前、秦俑一号号はもう 2000m2 を發掘して、出土した陶俑、陶馬は 1087 あった。修復を經て、一号坑の考古發掘現場に展出された。 1989 年、秦俑三号坑を發掘終つて、すぐお客さんに開放した。 1994 年 3 月,秦俑の二号坑は公式に發掘を始めた。同年 10 月、二号坑の考古發掘現場はお客さんに開放して、發掘しながら展出している。秦の兵馬俑の一、二、三号坑の外に秦俑博物館にまた 1980 年 12 月に秦陵の西側に發掘出土し、又修復完壁した一組めの陵銅車馬を展出された。秦俑博物館は 20 年の發展を經て、規模は小から大きで、人は少から多まで、珍しい文物はたえず出土して、科学研究の項目は碩果が澤山あって、それは當面の中国の一番大きい歴史遺址博物館になった。館區の中央に雄踞した一号兵馬坑の展覽ホールは一つのアチ形鋼鐵組建ての大型建物であり、面積は 16000m2 、秦俑博物館建物の形象代表である。二、三号坑の二つの展覽ホールはその外觀はそれぞれ覆鬥形になって、秦漢の墓葬の封土形のシンボルであり、その面積はそれぞれ 1694m2 と 17934m2 であって。 建築の格調は渾厚古樸で、莊重典雅である。二号坑のホール東の方に建築面積は 7100 餘り m2 の綜合陳列大樓は實物、文字、図像、聲光など形式で、秦陵銅車馬、秦俑博物館の發展歴史などの專題陳列と各種の臨時陳列を陳列展出している。系統的んに多層面的に秦兵馬俑及び關系のある內容を紹介している。お客さん多方面の啓示をあげられる。お客さんを更に深く秦兵馬の俑の文化內涵,價値及び重要な意義を瞭解させる。一号坑の南側の環幕映畫院は遊客に形象で生き生きとした兵馬俑の資料を提供した。三号坑展示ホールの西北側の綜合サービス ? ビルは面積 4282m2 、買物、餐飲、休息、 娯樂などを一體に集まって、功能はそろって、裝飾は華麗で、お客さんの餐飲、買物、休閑の一番上よい場所である。秦俑博物館の歴史文化、人類文明もする重要地であるし、西安の旅遊の主な景點でもある。博物館は毎年 150 万人次の遊客を接待している。開館 20 年來、見学に來た国內外遊客はあわせて 4000 余万人次であり、中に海外の遊客は 400 余万人次であった。秦兵馬俑は世界の第八大奇跡をはまれていて、兵馬俑を見なければ、中国に著いたとは言えないと全世界に共識された。秦の始皇帝陵及び秦兵馬俑の深刻な歴史文化內涵と重要な價値によって、 全世界で引きおこった廣泛で、巨大な影響によって、 1987 年 12 月、国連の教科文組織は秦の始皇帝陵と秦兵馬俑を世界の文化遺産一覽に載せた。秦の始皇帝陵の兵馬俑博物館はもう国內外に初歩的に現代大型遺址博物館の新しい姿を樹立して、今歴史の重を擔當して、堅い足どりを踏んで、国際一流を博物館の目標へ前進している。

写真

一号坑展示庁

二号坑展示庁

三号坑展示庁

綜合陳列樓

綜合サービス

環幕映画院

秦の始皇帝は中国の歴史上の第一位の封建皇帝である

中華大地、この歴史舞臺に、上下 5000 年の來去そうそうとして澤山の風雲人物が歩きわたったのである。 秦の始皇帝はこの舞臺上に殘った重要な足あとの一人であった。かれは父の莊襄王の手から秦国の先公先王より傳わった六国を統一する接力棒を取つて、奮力して戰つて、ついに終點匯に走りついた一つの空前の統一した秦帝国を建立した。秦始皇帝はかれの皇帝になった稱号。

紀元前 259 年 ( 秦昭王 48 年 ) の正月、秦始皇は趙 国の邯鄲に生れ、名は政を取った秦、趙は同じ祖で、皆黃帝の後代であったので、趙氏と言えば、趙政と言った。 又、秦の祖先は贏という姓を賜った。だから後世で普通に贏政と言った。 紀元前 247 年 ( 秦莊襄王 3 年 ) 莊襄王の子楚が死んだ。この年贏政は 13 才だった。秦王になった。かれがおいので、 国家の大事は全部太后と大臣で主持した。この時、秦国は先王の努力によった、黃河を跨った、四川、湖北、山西、河南,內蒙古などを占めて、六国を呑滅する準備した。相父は呂不韋で、年幼の秦王を輔佐して、朝政を處理していた。

.

秦始皇帝の肖像

文武大臣には李斯、王翦、蒙恬、尉繚などがいる。紀元前 238 年、秦王政はもう 22 才で、かれは自ら執政し、 国家大事を極かった。かれはやっている始めての事は長信侯毐の叛亂を平息した。翌年、かれは又、呂不韋の相權を免去した。呂不韋を四川へ貶した。それによって、呂不韋は自殺した。 国內を六国を兼併する戰爭を始めた。紀元前 230 年、かれは內史騰を派遣して、韓国を滅した。紀元前 228 年、王翦などは趙 国を滅した。紀元前 225 年、王賁は魏 国を滅した。紀元前 223 年、王翦、蒙武は楚 国を滅した。紀元前 222 年、王賁は燕 国を滅した。紀元前 221 年、王賁は齊 国を滅した。この年から、春秋戰国以後、中国大地に諸侯爭霸で、 連年に混戰の局面は終って、六国は秦によって統一された。秦の疆域は東南は海まで、西は臨まで、北は陰山至る遼東一綫までになった。この時贏政は始めて 39 才である。

六国を統一したあと、贏政は白分が徳は三皇より高く、功は五帝を過ぎて、号稱は皇帝すべき。それ以後、中国歴代の君主は皆皇帝と稱する。贏政は始皇帝と稱し、意はかれから始めるというので、かれの子孫は二世、三世至る万代まで無窮に傳える。かれはそろった封建帝国を統一するのを維護する措施を推行した。かれは殷、周以來の分封制を廢除して、郡縣制を實行した。全両に 36 郡を設置し、郡の下に縣を設して、縣の下に郷、亭、裹を設して、即ち郡、縣、郷、亭、裏という政權體制を確立した。中央に三公九卿を設し、皇帝に助けて、 国家大事を行う。こうして中央から地方まで、一切の權力は皇帝に集中して、大いに中央集權制という君主の支配を強めた。中央から度量衡の標准器を頒發して、全国の度量衡制度を統一した。又、車軌の幅は六尺を決めて秦の小篆を全国の通用文字を決めた。即ち車同軌、書同文というである。思想文化を統一するため、かれは全国で焚書坑儒の行動を行って、秦国に利かない儒家著作及び各国の史書を燒いてしまった。 咸陽の 渭水の畔に一回 400 の儒生を殺した。又驪山の麓の下に 700 余名の儒生を生きて埋めた。 これらの措施は全国の政治、經濟、軍事、文化思想上に高度の統一を達した。政務に對して、この始皇帝は非常に重視し、かれは毎日各地からの文書を見て ( その時、木、竹の片に刻んっだので ) 、毎日見たのは 120 斤あった。この数字にならなければ休まない。常に深夜までに讀んだ。かれは全国至るに馳道を築くのを命じて、咸陽から北の方に通じる道を築いた。かれは 5 回車に乘って馳道に沿うて、全国を出巡された。西へ今の甘肅の東まで、東と南へ今の山東、江蘇、浙江へ行った。どの地に著くと、石を刻み碑を立って、 皇帝の功徳を統一し宣揚した。国民に秦の法律を守らなければならないのを命じた。北方の領土を守るために、大將蒙恬をして、軍隊を率いて、匈奴を防いだ。又戰国時代に各国の長城を連がって、西は甘肅の岷山から、東は遼東まであわせて 1 万餘である。万里長城と稱した。これは我が 国古代の勤勞人民は一つの偉大な工事では、世界の奇跡の─つでもある。南方では、秦始皇帝は兵を派して五嶺を戍守した。靈渠を開いた。これらの措施は統一国家の建設に對して、程度でない役立ちをした。だから、明代の思想家李 は秦始皇を千古一帝を稱した。又思想家は中 国の 2000 年の封建社會の政治は皆秦政で、これは道理があるべきである。

秦始皇は中国歴史上に大變有名な傑出の人物であり、又一人の極內て殘忍專斷の暴君でもある。秦は天下を統一してから、始皇帝は統一成果を強めるため、多くの有益な措施を實行した同時に樣樣な殘暴の事をやった。かれは 13 才即位したばかり自己陵墓を修建して、統一してからその工事をなやくした。 自己の奢侈豪華の生活をするため、全国で多くの離宮別館を建てた。いわゆか關內に三百、關外に四百餘という規模があった。史書によって,當時,秦始皇陵と阿房宮の工事に從事した勞動者は 70 万人以上であった。 統計によって、當時、全中国に 2000 万人いる。各種の勞役者は 200 万人に達して、全 国人口の 10 分の 1 を占めている。大量の勞動力はこれらのぜいたく性建築をたって、農業生産を離れて、これは自然經濟の下に嚴しく社會經濟の發展を制約し影響した。當時全 国の有限な財力、人力、物力お大いに土木工事に從事したので,男子は耕しても糧餉に足らず,女子は紡績しても帷幕に足りないという狀態になった。また力役は古代の 30 倍になっての局面である。

更に悲しむのは秦始皇は非常に迷信で、五行學説の影響を受けて,かれは得た江山は容易でないのを知って,二代、三代……万代まで傳えるのを希望しても、死を非常におそれて、十分に方士らの提出した長生不老を信じて,かれは百官と群臣を率いて,泰山へ封禪して、 5 回も大規模の出巡して,前に呼んで後に雍して、浩浩蕩蕩の陣列は民を労し,財を損して,その巡幸は全 国を威懾の目的したので ) 、秦始皇は一生涯に一番死をおせて、第 5 回の出巡の車隊は平原津に至った時, 秦始皇帝は重病になって,群臣たちはかれに死を話す臣は一人もいなかった。しかし、事實は無情で、かれの病はますます重くなって、自己でも日が暮れるのを知って、長く生きられない。かれは死後の皇位の繼續を考えて、老成持重で、政治頭腦のある長男扶蘇を思出して ( 扶蘇は秦始皇の焚書坑儒政策に反對したので、北方へ監軍にして ) 、始皇帝は扶蘇を皇位を受けさせて、隨侍の中車府令の趙高を公子扶蘇に書信を出させて、扶蘇をはやく咸陽に歸らせて、喪葬を守って,即位の准備するよう趙高に指示した。書信をよく封じて、趙高は遲く遲く出さなくて自分の手中に隱れている。出行の車隊は沙丘 ( 今河北平郷 ) に行った時、秦始皇帝は呼吸停止した。人世を離れた。 50 才の命が終った。長生不老の藥は得ずばかりでなく、多回も出巡したので、長途の疲れて、疲れすぎて、死忘の過程をなやくしたのである。

秦始皇帝が死んで、丞相李斯は国に君主のないのをおそれて、若しすぐその死を宣処謔て、必ず天下大亂になって、すると、秘にして宣せずをめて、當時その死をった人はただ始皇の末子胡亥と中車府令趙高だけだった。かれらは秦始皇の遺體を溫度調節できる輼車中に入れて、毎日飯食を送って、 百官と奏事及び決斷は皆公子胡亥、中車府令趙高及び李斯から傳詔していた。それと同時に一つの權力を簒權する陰謀はこっそり行っている。趙高と胡亥は相談して、密秘にして胡亥を皇帝にした。李斯は趙高の誘惑と威逼の下に、利欲で熏して、胡亥を帝にしたのを贊成した。かれらは秦始皇のもとの詔書を簒改して、使者を派遣して、劍を持って, 北の邊關を屯守している公子扶蘇と大將蒙恬にあげてかれら二人を自殺させよと命じた。當時に扶蘇の為人正直で,又才能があって、百姓の雍戴を受けてかれらの簒權の大障害である。蒙恬は當時数 10 万の大軍を率いて、北方で匈奴を防ぎ、胡亥は繼承權をうばうのは先ずこの二人を殺さなければならない。簒改された詔書を傳達するのは時間が必要で、扶蘇、蒙恬の死を待って,始皇の屍體を引く車隊はざに北へ進發して、九原を繞ぐって、咸陽へ折り回って、當時七月に當って,天気がとても暑くて、始皇の屍體は輼車中にいてもやはり腐って臭になって,趙高らは人入の身を隱れて、車に一石の鮑魚を載せて、その屍體車の後にいて,假臭で真臭を隱れていた。車隊は咸陽に近くする時,扶蘇、蒙恬の自殺のニユースが傳わってきた。すると李斯、趙高、胡亥は公式に發喪いせ、九月に秦始皇の屍體を始皇陵中に埋めた。即ち今の臨潼區の東の 5km の大封土の下に埋內めたのである。

秦始皇帝はどうしても思わずにはこんなはやいで人間を離れたのを思わない。趙高、李斯は詔書を簒改して、クデタしたのをどうしでも思わなかった。かれは扶蘇を皇帝にしても賜死した。胡亥は皇帝になった。秦二世になった。胡亥は小から,我がままで嬌生慣養して、政治頭腦がない。根本的に国家治理の才能がない。だから大權は趙高が獨攬して、遂に歴史上の有名な鹿を指して馬に為るという馬鹿な劇を演じた。二世の胡亥は政事を不理しても、その驕奢淫侈は真秦始皇帝より過があって、不及たない。社會の階級矛盾はもっと激しくなった。紀元前 209 年,中 国歴史上第一回農民大蜂起を暴發した。はやくて全国に席捲いてきた。はやく秦王朝をくつがえした。秦朝の存在の時間はわずか 15 年だけで ( 紀元前 221 前 206 年 ) 、しかし、その後、 2000 年の中 国封建社會の政治基礎を築いた。中国古代歴史の發展に對して、巨大な影響を起したのである。

写真

長城

秦咸陽宫一号宫殿模型

目次  homeへ  


秦の始皇帝陵はどのように修建したのであるか

秦の始皇帝陵は西安の東の 35km の驪山の北麓に置かれている。當初は何故その陵墓をここい選んだのか。ここの風水が良かったからだ。驪山は一頭の青色の駿馬のようで、群ね峰が巍たると、林壑は青翠として、ずっと支配者の垂青を受ける。傳説によると、天を補う女娲はここに生活しているそうであった。 歴史上の著名な褒は笑うと江山を失う物語もここに發生したのである。郦道元は水經注の中に驪山の南に玉石を産み、山の北に黃金を産む。一つの美しい地方であると述べた。秦始皇はこの美名が好きて、陵墓をここに選んだ。古代の堪輿家 ( 風水先生 ) の見方から見れば、更にその深い意義がある。大漢原陵秘葬經の中に塚を立ち墳を安し、必ず來山去水を藉りて、地をえらんで、草を斬て、塚穴っは高くて深いと言った。即ち、墳を作るとき、山を背って水に依って、墳は高い地に建てて、穴は深く掘る方がよい。こうして山をめぐって水を抱くのは気が必ず有る。気があれば與し發達になる。そして、墳は高い地にあり、地は広くて、明堂は清亮である。これは古人の迷信思想だったが、環境学から見れば、科学の道理である。秦始皇の陵墓は臨潼の東の驪山の北麓にある。驪山はここに環抱の勢を形成し、陵墓はその群峰の環抱の中にある。秦陵の右は青翠の驪山に依って、 左は渭水に面している。目の前に広い原野で、緑樹田園で、見渡すかぎり、環境はたしかに美しい。秦始皇は陵墓をここに選んで、地理環境の優越の外にもう一つの原因がある。ここには秦の先王の陵墓區がある。秦国の都は西から東へ移すに連れて、政治中心も東へ移した。秦の先公先王の陵墓區も西から東へ移した。古人はその族人の葬地はとくに注意して、普通は都の近くにある。秦は雍にある時、秦公の墓は皆雍にあった。秦の都は雍から東へ移してから、秦王及び族人の墓地も東へ移した。咸陽から東へ驪山一帶に移した。それは秦の咸陽は都になった以後 , 秦の墓地は驪山に移した。秦始皇帝はこの山に沿って、西から東へ秦王陵帶に自己の墓を作った

陵址を選んでから、企畫どおり陵を建てる。陵を作る人は當時の相邦であった。だから呂不韋、昌平君、隗狀、王綰、李斯などは曾てこの工事を主持した。秦始皇陵の修建は秦王政の即位したばかりから始めた。前後 39 かかった。紀元前 247 元紀前 208 年である。この 39 年には三段階に分けて、第一段階は初建期で、紀元前 247 前 230 の間、この段階に修建規模が小くて、第二段階は擴建期で、紀元前 230 前 221 年、この 10 年間に秦の大いにいきおいで、統一戰爭の時期であった。當時,秦国はもう非常に強大で、軍事力で經濟力でも雄厚であった。だから陵を作る中に、多くの人力、物力、財力を投じた。規模は前より擴大した。著しいことは紀元前 230 年の秦置麗邑である。專門の機關で、修陵の工事を極った。しかし、この時期にやはり統一戰爭を主な目標にして、規模は以前より擴大で、統一のあとより小くなった。 第三段階は紀元前 221 年前 208 年にこの時期は規模最大の時期である。 統一戰爭はもう終ったので、秦は人力、財力、物力の大部分を陵墓の修建において、一番多いのは 72 万人に達したのである。秦陵修築の時間は 30 餘年延ばした。秦始皇 37 年 ( 紀元前 210 年 ) に即ちかれ 50 才の時、丞相李斯は始皇に報告して、おれは 72 万人を率いて、驪山を築いて、とても深く掘った。火でも燃えない。掘る時 くん くんの音だけを聞えて、地の底に到いたのようだ。どうして掘れないのだ。秦始皇はそれを聞いてから、命じて、また下の三百丈を掘ってやめる。これを見て、始皇は自己の陵墓の事は非常に關心している。大きければ大きほどよいと要求した。今の秦陵の西南趙背戸村の南に、一片の白骨るる墓地がある。これは陵墓を作った人の墓である。ここに密密とした並べた屍體は皆陵を作って死んだ人の屍體である。秦始皇 37 年 ( 紀元前 210 年 ) 第 5 回束巡してもどった時、沙丘で病氣によって死んだ。この時、秦陵の工事もやめない。かれの屍體は運んできて、驪山の陵墓に埋めた。秦二世の命令にって、 後宮の子供を生まない宮人は全部殉葬した。また多くの修陵の工匠も活埋めた。漢書、劉向傳の中に始皇を葬したとき、多く宮人を殺し、生きて埋た工匠、万数以上あった。と述べた。だから、秦始皇陵の工事はまだ畫善畫美ではない。 秦二世はその掃尾の工事をやっても、農民蜂起軍がやってきて、しかたないので止めないわけにはいかないのである。秦始皇は帝王の權勢を顯すため、厚葬を實行し、自己の生前の享くにして、地下に陪葬を設置した、無意識に秦代のもう高度發達した人類文明を我我に殘してきた。その秦始皇陵は我が国の秦代人民の血汗と智慧の結晶である。それは一代人類の文化を反映した。これらの遺址と出土文物は我我が古代の政治、經濟、軍事、文化、芸術、科学技術と民俗を瞭解するのに對して、重要な實物資料を提供したのである。

写真

秦の始皇帝陵

 

目次  homeへ  


秦の始皇帝陵及び其の圍りの陪葬坑、陪葬墓

秦始皇陵は南は驪山に依って、北は渭水を臨む。陵塚は高大で雄偉である。望むと、一つ巍峨たる山丘のようである。中國の偉大な史學者司馬遷は史記 ? 秦始皇の本紀の中に修築工事と陵墓內部の構造を述べた時、「三泉を穿き、銅をつけて、槨を致す。宮觀、百官、奇器、珍怪の從藏に滿つ。匠を命じ、機弩矢を作る。もうそこに近くすると射つ。水銀で百川、江河、大海をして、機相灌輸す。上に天文を具す。下に地理を具す。人魚の膏で燭にして、不滅の者を渡すのは久しく」。と述べた。東漢の偉大な史學家班固は漢書 ? 劉向傳の中に同じ記載もあった。これを見て、秦始皇陵墓の內部は完全につの構造宏大、富麗堂皇の地下王國と巨大な珍寶庫である。今探明したのは秦始皇陵園の面積は 56 . 25km2 ある。 陵園內に封土堆を繞ぐって、內に封土堆を繞ぐって、 內外両重の城垣がある。南北に長方形を呈して、內城の圍りは長さ 3870m 、外城の圍り長さ 6321m ある。內城と外城に四面で遮朽も城門があり、門樓の建築もある。陵塚は內城の南半部にある。原高は 115m , 2000 年の風雨によって、人の破壞して、封土堆の今高は 76m ,塚の下に秦陵の地宮である。そこに秦始皇の棺槨を置いた地である。秦陵の封土堆を中心にして、四圍りに大量の歴史文化遺存を殘している。當面、秦始皇陵區の範圍內に大型の地面建築遺址を 10 餘り發現して、また陪葬坑、陪葬墓などの各種遺址 600 餘を發現した。重要な文物 5 萬件を出土したのである

遮朽

秦楽府鍾

其の中の重要ものは次のとおりです:

秦の始皇帝の陵園の示意図