斉太公の思想紹介孔子画
『論語』・為政篇


現代語訳

 一 先生はおっしゃった、
「政治を行うのに道を以ってすれば、たとえば北極星が天の頂点にあり、周りの星がこれをとりまいて動いているように、万事順調に行われるだろう」

 *
政治の本は道徳にある。

 二 先生はおっしゃった、
「『詩経』三百篇、一言で要約すれば、『思い邪なし』ということができる」

 三 先生はおっしゃった、
「法によって導き、刑によって整えると、民は刑を免れようとして恥を省みない。徳によって導き、礼によって整えると、民は恥を知り自ずから正しくなる」

 *道と礼による政治を説き、法と刑による政治を批判した。

 四 先生はおっしゃった、
「わたしは十五歳で学に志し、三十歳で世に立ち、四十歳で惑わず、五十歳で天命を知り、六十歳で人の話を素直に聞けるようになり、七十歳で心の欲するままに行っても度を越えなくなった」


 *孔子が生涯を回顧した。

 五 孟懿子が先生に孝を問うた。先生はおっしゃった、
「違うことがないように」
 樊遅が馬を御していたとき、先生は告げていわれた、
「孟孫がわたしに孝を問うたので、『違うことがないように』と答えた」
 樊遅はいった、
「どういう意味ですか」
 先生はおっしゃった、
「親が生きているときは礼にしたがって仕え、親が死んだときは礼にしたがって葬り、礼にしたがって祭ることだ」


 *孝とは礼に違えないようにすること。

 六 孟武伯が孝を問うた。先生はおっしゃった、
「父母には、ただその病気だけ心配してください」

 七 子游が孝を問うた。先生はおっしゃった、
「今のの孝は親を養えることを意味している。人間は犬馬に至るまで養っている。親を敬わなければ、どうして人間と動物を区別できようか」

 
*孝には敬が大事。

 八 子夏が孝行とは何かとたずねた。 孔子はいった、
「気持ちを顔色にあらわすことが問題だ。村の行事に若者たちが労力を奉仕する。終わって宴会がはじまると、年配の方にご馳走を差し上げる。これと同じように、父母に一通り一遍の奉仕をしているのが孝行といえるだろうね」

 九 孔子はいった、
「顔回はわたしと朝から晩まで話をしていても、ちっとも異論をとなえない。まるで低能のようだ。わたしの前からさがってひとりになったところをよく見ていると、やはりなにか思い当たらせるところがある。顔回という男は、低能どころか、たいした人間なのだね」

 *孔子の顔回評。

 十 孔子はいった、
「どんな原因によって行動するかを眺め、どんな理由によって行動するかを調べ、どんな信念によって行動するかを推察するならば、人間はどうして自分を隠せようか。どうして隠せようか」

 十一 孔子はいった、
「煮詰めてとっておいたスープをもう一度温めて飲むように、過去の伝統をもう一度考え直して新しい意味を知る、そんなことができる人にしてはじめて他人の師となることができるのだ」


 *温故知新。

 十二 孔子はいった、「立派な人間は、単なる専門家ではいけないのだ」

 *君子は器ならず。

 十三 子貢がたずねた、
「君子とはどんな人ですか」
 孔子はいった、
「まず主張したことを実行し、それからのち主張する人のことだ」

 *子貢の弁舌を戒めた。

 十四 孔子はいった、
「立派な人間は親しみ合うが、なれあわない。つまらぬ人間は馴れ合うが、親しみ合わない」

 十五 孔子はいった、
「ものを習っているだけで考えてみないと、まとまりがつかない。考えているだけでものを習わないと独善的になって危険である」

 *学習と思索の調和。

 十六 孔子はいった、
「織物の両端から一度に巻き始めるように、別々の傾向の学問を一度に心がけると、中途半端になって、害しか受けないものだ」

 十七 孔子はいった、
「子路よ、おまえに知るとは何かを教えてやろう。自分の知っていることは知っていると他人に言ってかまわない。自分の知らないことは他人に知らないと答えなければならない。これが本当の知るということなのだ」

 *知らないことを知らないというのも知ること。

 十八 子張が俸給にありつける方法をたずねた。
 孔子はいった、
「できるだけたくさん聞いて疑わしいものを省き、残ったところを慎重に言葉少なくしていると、行動のあやまりがめったになくなる。できるだけ多くの本を読み、あやふやなところを省いて、残ったところを慎重に行動すると、後悔することはないであろう。そうすれば、官職のほうから自然にやってくるものだ」

 十九 魯の哀公がたずねた、
「どうすれば国民がわたしの命令に従うだろう」
 孔子がかしこまって答えた、
「まっすぐな人間を引き抜いて、まがりくねった人間のうえにおきたもうたならば、国民は君のご命令に従いまつるでございましょう。まがりくねった人間を引き抜いて、まっすぐな人間の上におきたもうたならば、国民で君のご命令にしたがうものはございますまい」

 *正直者を登用すれば、それに感化されて、民衆は君主に従うようになる。

 二十 季康子がたずねた、
「国民が畏れかしこまり、真心を持って奉仕させるようにさせるには、どうしたらよかろうか」
 孔子はいった、
「ご自身が厳粛な態度で接しられたら、国民は自然におそれかしこまるでしょう。ご自身が父母に孝行を尽くし、幼少なものに慈愛をかけられたなら、国民は真心を持ってつかえるでしょう。ご自身が善人を引き上げ、無能者を親切に導かれたなら、国民はだまっていてもこころから奉仕するでしょう」

 *民衆を服従させるには、まず為政者が模範となること。

 二十一 ある人が孔子に向かっていった、
「あなたはなぜ政治にたずさわらないのか」
 孔子はいった、
「『詩経』に『まことにこれをこそ孝行というべきではないか。兄弟には仲良く、さらに国の政治にも感化を及ぼすとは』といっている。これも政治にたずさわることだとすると、なにもわざわざ政府に仕えて政治にたずさわる必要があろうか」

 二十二 孔子はいった、
「人間でありながら、その言葉が信用できないと、いったい何の用に立つか皆目わからない。大車にくびき、小車にくびきがなかったら、どうして牛馬の首を押さえて車を走らすことができようか」

 二十三 子張がたずねた、
「十代先の王朝のことを予知できるでしょうか」
 孔子はいった、
「古代の殷王朝は前の夏王朝の制度をうけついだ。殷王朝の制度のどこを廃止し、どころ付け加えたか、自分が平生教えているところだから、おまえはよく分かっているはずである。周王朝は前の殷王朝の制度をうけついだ。どこを廃止し、どころ付け加えたか、おまえはよく分かっているはずである。これをもととすると、周王朝を継承する王朝の制度など、百代先に至るまで予知できるはずではないか」


 *過去の遺産を調べれば、百代先まで予知できる。

 二十四 孔子はいった、
「わが祖先として祭るべきでない神を祭るのは、卑屈なことである。人間の義務として果たさねばならぬときにしり込みして果たさないのは、勇気を欠くことである」


 *義を見てせざるは勇なきなり。