ベトナムで買った陶器

ベトナムへ行ったら、陶器を買おうと決めていました。
陶芸村バッチャンでは伝統ある絵付けの物はもちろん、モダンでシンプルなデザインにも
数多く出会えます。ハノイではスタイリッシュなものを沢山発見しました。
フランス統治の名残でしょうか?
ベトナムには東洋と西洋が融合したような不思議空間が存在しており、
そこにある物もその影響を受けているような、そんな気がします。

「ハノイ・モーメント」で購入した薬味入れ。
ここの陶器はデザインも洗練されているし、しかもすごく薄く作られていて高品質。
ほんとスタイリッシュでセンスがよく、お店のもの、全部欲しかったです。
「マレナ」の茶碗(色違い三つ)
ここもセンスがよく、高品質でした。
この微妙な色合いが気に入り、
色違いで三つ購入しました。

「マレナ」の茶壺
バッチャン村「トゥイ・トゥアン」の
茶杯5客
陶器で有名なバッチャン村で購入した茶杯。黒色でスタイリッシュなのに、
中央にハスの花が描かれていて可愛い感じ。まとめて5客購入しました。
茶壺は「マレナ」にて購入。


直径15cmの小型どんぶり。
箸を挿せるようになっているデザインに惹かれて購入。
麺類でも丼物でも合いそうです。
直径13cmのお茶碗。
こちらも箸が挿せます。

レンゲがついているし、
スープ物なんかが合いそうですね。
お湯呑み2客と小鉢
レンゲがついているので、コーヒー、紅茶、またデザートを入れても良さそうです。
全部ハンザ市場の陶器屋さんでまとめて購入しました。バッチャン焼きでありながらモダンなデザインと微妙な色合いが気に入りました。


セグロジャッカル'sの世界旅行
(HOME) > アジア・オセアニア編 > ベトナム旅行 > ベトナムで買った陶器