マナティの浜辺
サイト開設日
1999年05月12日
『最終』更新日
2019年02月12日
オーナー(管理者) MANAT

あと3か月で、20周年だったってのに、
その直前にジオシティーズさんが終了しちゃうモンだから、
バイバイなんだよ、スペシャル〜〜〜。


あなたは、最後の更新をしてから 番目のお客様です!

最後の挨拶

どうも皆様、お久しぶりでございます。MANATです。
気が付いたら、このトップページ、3年半もほったらかしにしてました。
ジオシティーズさんのファイルマネージャーで
最後に更新した日付を見て、「ウソだろッ!?」と我ながらヒキました。(苦笑)

ちょこちょこ覗きに来てくださってたお客様方には、
「ホントに、ごめ〜んね」であります。

お詫びにもならないですが、
あともうちょっとで終わってしまうこのサイトを
覗きに来てくださった皆様方に、
これまでちょびっとウケが良かった当サイトのトップページのスペシャル版を
蔵出ししたいと思います。
長年のお付き合いのある方々には、
あ〜、こんなのあったねと懐かしんでいただければ。

まずはこちらからっ!

14リサイクルバッグ告知トップ

えぇ、いきなし、人様のパクリトップです!
というか、今回お見せするのはほとんどパクリトップです。
ヒトの土俵でふんどしを取る我がサイト、どーだいコレ。
知る人ぞ知る、J・H・ブレナンのファンサイト、
セプタングエースさんの マーリンの呼び声 のパクリトップですね。
これ以前から、フーゴ・ハル氏のお祭り企画で、
14Tシャツとか作られてたんですけど、
この頃セプタングエースさんがネットをお休みしてらっしゃったんで、
僕がお祭り企画をパクってやろ……んんっ、ご紹介してやろうと。
当時から現在まで、セプタングエースさんには、
真顔で「やめろ」などといったお叱りの言葉は頂いてないので、
のほほんと目をそらし、口笛吹きながらやってました。
今回も許可取ってないけど、ま、あとちょっとでサイトなくなっちゃうんだし、
みんなも目をつぶろう! わはは。


魔神の地下聖堂Tシャツ告知

魔神の地下聖堂Tシャツ告知その2

続いては先ほどの1か月後に発表された、Tシャツの告知トップ。
ネタとしてはスベッてますが、(あぁ、当時からスベッてんなとは思ってたさ)
まぁ、短期間のお祭り企画なんだし、スベッててもかまうまいと、
最初のネタのウケの良さに調子に乗ってやらかしました。
その1とその2の違いは、Tシャツの色見本があるかないか、だけですね。

14Tシャツはえぇっと……2003年に出したのか。
それから毎年夏にお祭り企画やってたのですね。(今年もやるのかな?)
この辺は2007年だから5年目のTシャツかぁ。
季刊R・P・Gもなつかしいですね。
4冊で終わったんだっけ? とほほですね。


キモダメシ告知ページ

お次はTシャツではなく、イエローサブマリンから発売されたハル氏のゲーム、
「キモダメシ」の告知トップ。
2007年12月発売ですか。
ここまで、フーゴ・ハル氏は Yellow Hall Collection と銘打ったゲームシリーズ、
『hydra』『たぶらか』『POTATOでチョ!』『All the King's Men』
という4作品をイエローサブマリンから出してたのですが、
その次に出したゲームですね。
(これからイエローハルコレクションではなくなったんだっけ?)

このお祭り企画から、ベースはマーリンの呼び声のまま、
グリッとMANAT色を出してみました。


マグカップと夢時間Tシャツ告知ページ

マグカップと夢時間Tシャツ告知ページその2

翌年、2008年のお祭り企画。
ちなみに、トップ左上の「パクリです。ごめんなさい。」っていうのは、
Sorry! This page is Japanese only のパロディです。
20年前のインターネット普及したばかりの頃には、
大抵のサイトの左上に最初に書いてあったのですね。
ネットは世界中の人が見るモノなのだーという意識があったのか、
個人サイトでもみんな書いてあった。
いやいや、英語圏の人、こんなトコ覗かないでしょ。
っていう、今となってはの笑い話ですね。


バロンポテトの晩餐会告知ページ

2008年にフーゴ・ハル氏がドイツ・エッセンのゲーム見本市に出展した
バロンポテトの晩餐会の発売告知トップ。
ほほー、魔界の地下迷宮の発売も近かったのですねぇ。
キモダメシの時もそうでしたけど、
こーゆーのやってみたかったんだよねぇ、という
MANAT味の演出であります。
ムーミンもおクチあんぐりって、ドイツ関係ないじゃんよって感じですが、
この頃、ハル氏からスウェーデン旅行に行ったという話を聞いて、
(アレ? フィンランドでしたっけ? もう10年も前の話だから忘れた)
ポカンと口あけたムーミンの顔が目に浮かびオチとしてくっつけました。
ま、アニメのムーミンほぼほぼ見たことないんですけども。


魔界の地下迷宮ゴメン&アゲインTシャツ告知

2009年のTシャツ告知。ここで10年前かぁ。
おぉっ、この頃にフーゴ・ハル氏のサイト、
GOTO HUGO が開設されたのですね。
というコトは、今年で GOTO HUGO 10周年なのか、
おめでとうございます。


14ペーパーウエイト、目神も一緒告知ページ

上の告知の2週間後くらいに追加発表された、
ペーパーウエイトの告知ページ。
10年前はTシャツにペーパーウエイトにと盛沢山だったのだなぁ。


夢時間14電球Tシャツと野菜怪物Tシャツ告知

翌年、2010年のTシャツ告知。
蔵出しして、我ながら吹き出してしまった。こんなの書いたっけ?
「もう、お手上げだっ!」
他のは大体覚えてたけど、この記事はすっかり忘れてた。
お手上げしているのは僕です。
フーゴ・ハル氏の、ハンドルネームをもとに
想像力だけで肖像画を描くという妄像画、
その第1号としてワタクシが選ばれたのですね。(えっへん)

この頃すでに日記が滞っていたらしい。
20周年間近ーとか言っておきながら、
実際マジメに活動してたのは半分もないのかも。(げほっごほっ)

ギリシャの海でクジラか何かと、っていうネタは
発売前のモービィ・リップネタですね。

告知の告知は、ここまでお祭り企画やってたもんですから、
公式発表される前にメールで写真とかイラストとか、
告知の本文とか貰ってたんですね。
えぇ、みんなよりちょっとだけ早くTシャツの柄とか知れてたワケです、えへへ。
Tシャツの方は、ブレナンにこだわらず、色々やってみようという方針で
電球が登場。
ここからチシャ猫とかいろんなパターンになっていたのですねぇ。


モービィ・リップとドラキュラの告知

モービィ・リップとドラキュラの告知8月5日更新分

モービィ・リップとドラキュラの告知8月12日更新分

ロール&ロール紙からのブック・ゲームの第1弾、
「モービィ・リップからの脱出」の告知トップ。
最近にも「ブラマタリの供物」が発売されましたが、(ささやかな宣伝)
ハル氏のブック・ゲームはここから始まったのですねぇ。
そして創土社からは「ドラキュラ城の血闘」が発売。
いい時代でしたね。(遠い目)

最下部では、こそっと、同年中に七つの奇怪群島もでそうですよ
っていう告知も。
魔神様にラフテー呼ばわりされてるの、我ながら気に入ってて、うふふ。


スウェット告知

上の3か月後、2010年11月にTシャツじゃなくてスウェットが出たっ!
今思えば、唯一のスウェット企画。
個人的には、ちょっとだけ北の方の、お寒い国に住んでいますので、
スウェットの方が有難かったりするのですが、
いえ、なんでもないです。文句なんてありませんとも。


七つの奇怪群島告知、1巻増刷前

七つの奇怪群島告知、1巻増刷後

そして七つの奇怪群島告知。
発売は少し遅れて(ま、いつものことさ)2011年になってから。
そして、ごく近い時期に第1巻暗黒城の魔術師が増刷されたんですねぇ。
いい時代でしたね。(遠い目)


14ガードTシャツと14プロテクトキャップの告知

2011年のお祭りTシャツ企画。
ってそうか、震災のあった年か。
時の流れを感じるなぁ。


虹河の大冒険告知

虹河の大冒険告知最終版

2011年10月末に発売された「虹河の大冒険」告知。
最終版との違いは、いま見たら、発売日のトコが
絶賛発売中に変わっただけ。おっと手抜き?(苦笑)

Tシャツのお祭り企画トップも2011年が最後で、
2012年以降はウチではやっとりませんでした。
フーゴ・ハル氏ご本人のサイト、GOTO HUGOがあるし、
つまらぬ時代(ファンの間で言う現実世界の事)の方が
いそがしくなりましてね。


魔獣王国の秘剣告知

とはいえ、2012年年末。
「魔獣王国の秘剣」が発売されるとあっちゃあ
告知トップやらないワケにはいかない。
発売後は「絶賛発売中」表記と、購入できるサイトを増やしただけ。

お祭り告知トップはこれが最後となりました。
創土社のグレイルクエスト復刊も、これが最後となってしまってますね。
う〜ん、なんかしんみり。(目の端にキラリと輝くもの一粒)

ちなみに、七つの奇怪群島と魔獣王国の秘剣は、
ただ宣伝だけのページを作って、
検索で引っかかるようにしておきました。

七つの奇怪群島

魔獣王国の秘剣

販促の一助となったのかどーかは全然知らないですけれど。
おっ、タイトルを Yahoo! で検索してみたところ、
一応最初の1ページの内にワタクシの宣伝ページが出るみたいです。

さてさて、これでパクリトップはおしまいです。
いろいろやってましたね。
パクってはないけど、こんなのもあったんだよ〜、というのもご紹介。
もうすぐ終わっちゃうんだからってんで大盤振る舞いです。

できるかねぇ

これまた、フーゴ・ハル氏関連なんですけどね。
昔のパズルを見せてもらって、それをサイトでご紹介。
枠組みは、主婦の雑誌「サンキュ!」でハル氏がかつて連載されてた
「できるかなぁ」というページのパクリです。(って、またパクリじゃんかっ!)
上と下で、ふた月にわたってトップに掲載。

夢時間(セプタングエースさんトコの掲示板)でも紹介させてもらって、
楽しかったですが、なんと作ったご本人さえも、
パズルの解答を覚えてなくて、
誰も正解できないという謎の深すぎるパズルです。(くすくす)


パクってばっかのトップだけじゃなくて、
メインコンテンツもちょいと出しときましょう。
山口プリンさんに学園妖怪バスターズの記事読み返したいんですけど、
って言われたことのある、ゲームブック記事。

詩的古書店

なにせ20年前の記事ですから、
いろいろと痛々しく、まともに読むと目眩と吐き気がしますが、
若気の至りと、最後だしな
の精神で乗り切ってください。(おもに自分に向けての言葉)
バグチェックは今でも役立ちますよ。
学園妖怪バスターズ1巻持ってて、クリアできねーじゃん、という人は、
慌ててメモしておくといいです。


うらびれた書斎

こちらは、サイト開設当時から、時に夏休みを取り、時にただ単にサボり、
ブログ持ちが必ずかかる贅沢な病、
「日記書けないよ病」に苦しみながらつづった、
かつて書いた日記の山です。

いま見たら、2012年の7月中旬までログが残ってたんですねぇ。
ホントはこの後も日記書いてたんですけど、
ピタッと止まり(贅沢な病のせいでね)、2014年の6月8日に
ジオシティーズさんのツールのサービス終了で、
ログを取っとく前に消滅してしまったのでした。ありゃりゃ。


お蔵の中をいろいろ探ってると、他にもまだまだ色々あったんですが、
現状、お客様に楽しんでいただけるのはこんなものかと。

や〜、そろそろお別れですかねぇ。
1998年の12月31日にドリームキャストを使って
僕はネットの世界に足を踏み入れました。(大晦日だったからよく覚えてる)
当時は電話回線使って、テレホタイムにネットにつなぎ
ドリキャスでホームページ作れるんだぜって、
ゲーム雑誌で見て、おぉ、面白そうとこのサイト立ち上げたのです。
ドリキャスだからね、HTML、手書きですぜ。(笑)
チマチマ作りながら、カタチになったのが5月で、
それで開設日が1999年の5月12日でした。

当時はジオシティーズさん、ホームページの街を作るみたいなスタンスで、
ワタクシの住所は、プレイタウンのダイス通り、1374番地。
(どこにサイト作るかは自分で決めれた)
1374番地ってのは、「意味なし」というしょうもないゴロで選びました。
いまでも、
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Dice/1374/
っていうURLでもちゃんとココ見れるんですぜ。

サイト作りの方針は、実をいうと(たぶん、はじめて言う)
「ヤズトロモの庵」というサイト(うわっ、いまもうデッドリンクなんだ)に
憧れて作りました。
ブラッド・ソード5巻の原書の記事がある当時唯一のサイトで、
管理人のヤズトロモさんが穏やかな口調で記事を書いてて、
「サイト内は禁煙となっております」みたいな
オシャレなユーモアもあったりで、
大人の雰囲気で、うわ、カッコイイなー、と。

僕はじゃあ、ホームページを一つの街のようにして作ってみよう、と、
あっちの古本屋に入るとゲームブックの記事があったり、
こっちの漫画喫茶に入ると、マンガの記事があったり、とね。
なぜか公園に行くと鳩にエサをあげてるおじさんから、
刑事コロンボの話題をふられるとか。(くすくす)

楽しかったなぁ。なんか書いてたらまた作りたくもなってきますね。

とはいえ、3月31日で、ジオシティーズさんはサービス終了いたします。
ここでのサイト運営は今回で終了。

でもでも、僕は死ぬワケじゃありません。
急な事故やら事件やらに巻き込まれたらゴメンですけど、
今んトコ、死ぬ予定はないッス。

ひょっとすると、引っ越しして、性懲りもなく
新・マナティの浜辺を作るかもしれません。

ブログやら、ツイッターやらは消えてなくなるワケじゃないので、
まだまだお付き合いくださる方は、
そちらにブックマークやらフォローやらしておいてもらえると助かります。
掲示板の方は、正月に書き込んでますけど、
サイト終了とともに破棄する予定です。
残しとく理由ないしねー。
最後に足跡つけてくださる方もひょっとしたらいるかもですが、
レス(今もこんな言い方すんのかな)は
つけられないかもしれませんのであしからず。

ハマベ掲示板2

帰ってきたMANATのハマベにっき
(帰ってきてねぇーじゃんっ! ズビーッ!)

全然つぶやかないツイッター


おっとそうだ。最後に隠しコンテンツを。
ホントは10周年くらいに、どーんと発表したかったんですけど、
結局完成しなかったな。
せっかくなのでほんの一部ですけどチラリズム。

奥谷道草ファンページ・プロフィール

フーゴ・ハル氏に関しては、ウィキペディアよりもオレの方が詳しいやい。
という気概で手をつけてたもの。
(実際、ここに書かれているものだけでもウィキペディアより詳しい)

こんなのもやろうとしてたんですよ。
プロフィール以外にもはみだしゲームの歴史、とか、
色々やる予定だったのです。
引っ越ししたら、もっとちゃんとやります。(苦笑)


さてさて、いよいよおしまいです。
こんな、なんにもしない僕でしたが、20年間ありがとうございました。
マナティの浜辺、楽しかったよ。

もう一回言うけど、死んじゃうワケじゃないよ。(笑)
ネット上になんにも書いてないだけで生きてるよ!
引き続きよろしくですが、
この場所でのケジメです。

みなさま、本当にありがとうございました!(深々と、深々とペコリ)

2019年2月12日 MANAT



管理人へのメールはこちらまで。



昔から最下部にあったアレコレ。ページ更新するたびに、暗黒城の魔術師の宣伝文句、文章が変わるんだぜっ!

ゲームブック復刊同盟
当サイトはゲームブック復刊同盟の活動に賛同しています。

当サイトは、1999年5月12日より
公開、運営されています。

ブラウザは以下のもので確認しています。
 Internet Explorer 8.0
   解像度は800X600
   文字のサイズは『中』をお奨めします。

グレイルクエストシリーズ開幕!
復刊ドットコム
アマゾン
bk1
イーエスブックス
紀伊國屋書店
楽天ブックス
などで注文可能。
暗黒城の魔術師、絶賛発売中!


(c)創土社