※2008/12/12で決定された 2009年度与党税制改正大綱に基づき構成しています
本内容にて国会での可決・成立後改正税法施行になったと仮定した内容になっています。
現時点(09/03/02)では衆院通過、参院送付後30日で自然成立の為年度内成立が確定です。






















※但し、相続時に相続財産に含めて相続税と精算
相続時精算課税制度の、住宅取得等資金の特例を受ける為の条件等の詳細は
国税庁ホームページよりご確認下さい



一般的には変動金利は短期プライムレートに連動し、固定金利は長期プライムレートの影響を受けます
実際、住宅ローンの変動金利はバブル崩壊を迎え、95年以降2%台で推移しており
現在の経済、雇用情勢を考えても低金利は当面継続が予想されます



※現に、不況下で遊休不動産等の処分や換金希望として土地や家屋の売却依頼は増加傾向に感じます。





※例は非居住用財産とした場合で、居住用財産の各種特例は考慮していない
又、売却益の計算に関して取得費を考慮していない



※2011年度にも消費税率を引き上げる方針を付則に盛り込んだ税制改正法案となっている
但し付則は、引き上げの時期は明記していない







岡山県津山市・不動産のセカンドエステート