祭礼名 鶴ヶ崎地区祭礼
開催日 10月第2土・日
開催地 碧南市山神町
交通 名鉄三河線:新川町駅
由来・内容

鶴ケ崎の山車は、亀崎の東組によって宮本車として造られた。宮本車は亀崎の潮干祭が起源とされ、少なくとも江戸初期から、現在に近い姿の山車として造られていた。その後70年から100年くらいの間隔で新しく造りかえられている。鶴ケ崎の山車は元治元年(1864年)に旧車を譲渡されたものである。その経緯からみても、文化初年頃の建造と思われる。壇箱上竜一対、前棚巻竜の彫刻、堆朱の柱は素晴らしく、江戸時代を代表する豪華な山車である。

写真撮影日 2005年10月9日

※☆☆☆☆☆

鶴ヶ崎地区祭礼1 鶴ヶ崎地区祭礼2
鶴ヶ崎地区祭礼3 鶴ヶ崎地区祭礼4
鶴ヶ崎地区祭礼5 鶴ヶ崎地区祭礼6
鶴ヶ崎地区祭礼7 鶴ヶ崎地区祭礼8
鶴ヶ崎地区祭礼9 鶴ヶ崎地区祭礼10