―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

慢性腎臓病の食事療法

仮にあなたが24時間ずっと慢性腎臓病のことでお悩みなら、その元となっている原因と対策法を学ぶことから取り掛かることが早道です。その一歩さえ踏み出せれば、慢性腎臓病が元凶となっているストレスから解放されることが期待できます。
トップページ >

ページの先頭へ

慢性腎臓病を発症した方

慢性腎臓病を発症した方の行う食事療法の趣意は、慢性腎臓病を極力進行させない事と、健康体のキープとされます。


透析の要らない保存期のうちは、食事療法によって腎不全の進行をスローペースにし、透析導入を遅らせることができます。


加えて、透析を始めても、なるべく体調を崩さずに透析に望むために、食事療法は必須なのです。


慢性腎臓病に罹っても食事療法を厳守すれば、体内に邪魔な老廃物や毒素がたまらなくなります。


老廃物がたまらなければ尿毒症を防ぎ、慢性腎臓病の悪化のペースを遅くできます。


かなりの精度で効力が発揮されれば、慢性腎臓病が進行しなくなったと言ってもいい程遅らせることが出来る場合もあります。


食事療法が難しいと言いますが、これは制限の内容が難しいと言う事ではありません。


食事療法に関しては、患者が自ら自発的に実行できる一番の治療行為です。


浮腫が際立っていたり尿量が明らかに少ない場合、塩分以外に水分の制限も付随してきます。


このような場合、飲み水だけにあらず、食品に含まれる水分量も含めます。


浮腫の程度が軽かったり存在しないのであれば塩分の制限のみ行う事となります。


こうした際の水分量の制限は病気の進行状況や尿量等総合的に踏まえて医師が適切な数値を出します。


脱水状態を起こせば腎臓機能は悪くなる一方なのできちんと医師の診察の元制限を施すようにしましょう。


カリウムは水に流出しやすいので野菜・芋類を食材に使う場合、小さくカットし水さらしないしは茹でこぼしを実践した後調理に取り掛かりましょう。


茹でる事でカット可能なカリウムの度合いは、個々の食品や調理を行う際の水分量・形状・所要時間によって変化が見られます。


ほうれん草などの葉茎菜類で約45%、いんげんなどの豆類で約30%除去できます。


小さめのサイズに切る、茹でた後はしっかり水を切る、加えて搾る作業を行う事で、カリウムは減らしていけます。


食事を元にして得たたんぱく質は、体内で代謝され、不要なものは老廃物となり血液中にたまります。


血液は腎臓に運ばれて濾過された後に、不要な老廃物は尿として体外に追い出されます。


過度にたんぱく質を摂取すれば、老廃物はそれだけ増えますので、腎臓に及ぼす負荷が飛躍します。


腎機能を保つためにも、たんぱく質の摂取量には気を配る必要があります。


とは言っても、たんぱく質は健康な肉体を維持する上で不可欠な栄養素であるため、一定値は摂取しないといけません。


体における3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質が存在します。


糖質や脂質は体の中で燃焼すると水と二酸化炭素になり、腎臓や肺に留まりづらいのですが、たんぱく質については性質上分解されると約7〜8割が窒素を有する余計な老廃物に変移するため、排泄のタイミングで少なからず腎臓に負担が出ます。


なので、意図的にたんぱく質の摂取量を抑える必要性があります。


体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kg換算0.6g/日であり、一日分で言えば30〜40gに相当します。


クレアチニンに関しては筋肉中にある物質を通じて生成される老廃物になり、腎臓に達してろ過された後尿と一緒に体外へ出されます。


このクレアチニンの量は、筋肉や運動量と関係しているといわれます。


なので、通常男性の方が高めの数値になっています。


筋肉の量が減れば、当然クレアチニンの数値も下がります。


また、妊娠すると、尿から排泄するクレアチニン量が増加するので、本来の値よりクレアチニン量が低下します。


慢性腎臓病では 糸球体がおかされるために普段通りに血液が通わなくなり、ナトリウムや水分が体外へ排出しづらくなります。


この他、尿と同時に体外へ出されるはずの老廃物に関しても、体内に居座りつづけるようになります。


このような状況になると、血液内に窒素が増えていき、尿毒症の原因となったり、ナトリウム量の増加で高血圧を招く恐れがあります。


ですので水分・塩分・蛋白質・エネルギーに関して、正しい食事療法の元一定量を維持することが必要となります。


肉や魚加えて卵や豆腐は多量のたんぱく質を有しており、食べ過ぎないように工夫する必要があります。


甘い味付けの食べ物には思ったより多くのたんぱく質が入っていたりします。


お菓子には小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、たんぱく質の過剰摂取になります。


例えば、ショートケーキひとつには卵1個に近いたんぱく質が含有されています。


慢性腎臓病に悩まされる方に向けて、たんぱく質の少な目な特殊食品が売られています。


これらを上手に活用するのが長続きのコツです。


腎臓の機能が落ちていく程、より厳正に食事を管理しないとならない状況に陥ります。


更に、糖尿病の症状もある場合は血糖値を悪くしないために、エネルギー制限も伴います。


食事内容は自己流で判断せずに、専門の知識を有する栄養士や医師の指導の元メニューを決めるようにしましょう。



慢性腎臓病では 糸球体がおかされる

慢性腎臓病では 糸球体がおかされるために本来通り血流が成されずに、水分やナトリウムが体内に溜まりやすい状態になります。


この他、尿と同時に体外へ出されるはずの老廃物に関しても、体内に加算されていきます。


その結果 窒素が血液中に増えて、尿毒症を発生させる要因となったり、ナトリウムの数値が通常より増して高血圧を起こす危険性が高まります。


ですので水分・塩分・蛋白質・エネルギーに関して、正しい食事療法の元一定量を維持することが必要となります。


カリウムは水に浸す事で流出するため野菜・芋類を具材として使うのであれば、小さめに切って茹でこぼし又は水さらしを施してから調理を行いましょう。


茹でる事で除外できるカリウムの量は、その種類や調理するときの水量・形状・処理時間次第で変動します。


数値で示す場合、ほうれん草等の葉物野菜が45%、いんげんなどの豆類で約30%除去できます。


小さく切り分ける、茹でこぼしに掛ける、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。


日々の食事で得たたんぱく質は、体内で代謝され、不要なものは老廃物となり血液中にたまります。


血液は腎臓中で分解されて、残った老廃物は尿と共に体外へ出されます。


たんぱく質を摂れば摂るほど、老廃物が増える事になるため、腎臓に与える負荷が増してしまいます。


腎機能を維持する上で、たんぱく質の摂取量には気を配る必要があります。


しかし、たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素でもあり、一定値は摂取しないといけません。


肉・魚・卵・豆腐に関しては中々のたんぱく質が含まれていますし、ついつい食べ過ぎてしまう食品でもあるので気をつけるようにしましょう。


甘い味付けの食べ物には思ったより多くのたんぱく質が入っていたりします。


お菓子は製造過程で小豆や牛乳・卵が使用されているので、エネルギー補給のためとは言え食べ過ぎれば、必要以上にたんぱく質を摂取してしまいます。


例としては、ショートケーキ単品であっても卵1個程のたんぱく質が内包されています。


慢性腎臓病を患っていても食事療法が的確ならば、余分な毒素や老廃物を追い出しやすい体質に変わります。


老廃物がたまらなければ尿毒症を防ぎ、慢性腎臓病の進行を遅らせることが出来ます。


非常にうまくいくと、慢性腎臓病の進行をほとんど止まっているくらい遅らせられるケースもあったりします。


食事療法は自分には厳しいのではないかと考える方がいますが、決してそのような事はありません。


食事療法と言うのは、患者が自主的に実行できる一番の治療行為です。


慢性腎臓病を患った方が行う食事療法のポイントは、慢性腎臓病の進行ペースを遅くさせる事と、良好な体調の存続です。


透析の要らない保存期のうちは、食事療法によって腎不全が進行しないようにできますし、透析を始める時期を遅くしていけます。


また、透析導入後も、体調を維持しながら透析に当たるために、食事療法は必須なのです。


慢性腎臓病を患う方にお勧めしたい、たんぱく質を抑えられる特殊食品が販売されています。


これらを上手に活用するのが長続きのコツです。


腎臓機能が落ち込む程に、より厳正に食事を徹底しないとなりません。


また、糖尿病の患者さんは血糖管理のため、エネルギー量にも制限が生じます。


食事内容は自己流で判断せずに、医師や栄養士の力を借りて決定するようにしましょう。


浮腫が酷かったり尿の量が少なすぎる場合、塩分だけでなく水分の制限も重要となります。


この際の制限の定義としては、飲み水の他、食品中における全水分が相当します。


浮腫がなかったり軽い場合は塩分の制限のみで済みます。


水分量の制限については病状や尿量により医師が判断します。


脱水になればそれだけ腎臓機能の低下を早めるので自身のみの判断で制限を行うのは宜しくありません。


体の3大栄養素として糖質・たんぱく質・脂質が挙げられます。


糖質と脂質は体内で燃焼されることにより水と二酸化炭素に変化し、腎臓や肺から排泄されやすいのですが、たんぱく質の場合分離されれば約7〜8割が窒素を有する余計な老廃物に変移するため、排泄のタイミングで腎臓に負担を与えてしまいます。


それ故、たんぱく質の摂りすぎは宜しくありません。


健康体であるための最低限のたんぱく質摂取量は体重1kg毎に0.6g/日要し、一日分で言えば30〜40gに相当します。


クレアチニンと言うのは筋肉内にある物質を元に作られる老廃物であり、腎臓でろ過されたあと尿と一緒に体外へ出されます。


クレアチニンの量は、統合的な筋肉や運動量に関わります。


故に、大抵の場合男性の方が高めの数値が出るようなのです。


筋肉量が落ちてくると、当然クレアチニンの数値も下がります。


加えて、妊娠状態にある際は、尿と合わせて排出するクレアチニンの度量が多くなるため、平常時に比べてクレアチニンの値が下がっていきます。



慢性腎臓病を患うと水分やナトリウムが体内に蓄積しやすくなってしまいます

慢性腎臓病を患うと糸球体が蝕まれるため普段通りに血液が通わなくなり、不要な水分やナトリウムが体内に蓄積しやすくなってしまいます。


加えて尿となり放出されるはずの老廃物まで、体内に居座りつづけるようになります。


結果として、血液中の窒素量が多くなり、尿毒症の原因となったり、ナトリウムが増えて高血圧になったりということがおこります。


なのできちんと食事療法を手掛けて、塩分・水分・蛋白質・エネルギーに関して特定量摂り続ける必要があります。


クレアチニンと言うのは筋肉内にある物質を元に作られる老廃物であり、腎臓でろ過されたあと尿と一緒に体外へ出されます。


クレアチニンの量は、筋肉や運動量と密接に関わってきます。


故に、大抵の場合男性の方が高めの数値が出るようなのです。


筋肉量が少なくなれば、当然クレアチニンの数値も下がります。


この他に、女性の場合妊娠時に、尿から排出するクレアチニン量が飛躍するので、平常時に比べてクレアチニンの値が下がっていきます。


慢性腎臓病の人のために低たんぱくの特殊食品があります。


食事管理を続けていく上でこうした食品は不可欠でしょう。


腎臓機能が悪化すれば、今以上に考えて食事を調整する必要が出てきます。


加えて、糖尿病の患者さんの場合血糖値を維持するに当たり、エネルギー制限も追加されるのです。


食事内容は自己流で判断せずに、きちんとした知識を持つ医師や栄養士を頼るように心掛けましょう。


慢性腎臓病を発症した方の行う食事療法の趣意は、慢性腎臓病の進行ペースを遅くさせる事と、現在の健康状態のキープです。


透析が必要無い保存期の間は、食事療法を手掛ける事で腎不全の急激な悪化を食い止められ、結果的に透析を開始する時期を遅くできます。


更に言えば、透析開始後も、体調を維持しながら透析に当たるために、食事療法は大きな意味を持ちます。


カリウムは水に流出しやすいので野菜・芋類を具材として使うのであれば、小さめに切って茹でこぼし又は水さらしを施してから調理を行いましょう。


茹でる事によって取り除けるカリウムの分量は、食材の品目や調理時の水量・形状・処理時間次第で変動します。


一般的にはほうれん草等の葉物野菜だと45%、いんげん等の未熟豆類でおおよそ30%は取り除けます。


小さく切り分ける、茹でこぼしに掛ける、搾るようにすると、より多く除去できます。


食事を元にして得たたんぱく質は、体を動かすためのエネルギーへと変化しますが、幾らかは老廃物になり血液中に留まります。


血液は腎臓でろ過され、残った老廃物は尿と共に体外へ出されます。


たんぱく質を過剰摂取すると、老廃物が増えてしまい、腎臓に与える負荷が増してしまいます。


腎機能を正常に保つために、たんぱく質の摂取量には気を配る必要があります。


とは言っても、たんぱく質は健康な肉体を維持する上で不可欠な栄養素であるため、適切な量は摂取する必要があります。


肉や魚その他卵や豆腐は結構な量のたんぱく質があり、ついつい食べ過ぎてしまう食品でもあるので気をつけるようにしましょう。


甘いものには意外に多くのたんぱく質が入っていたりします。


お菓子の種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギー補給のためとは言え食べ過ぎれば、基準値を超えたたんぱく質を摂取する事になります。


例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個程のたんぱく質が内包されています。


人体におけるいわゆる3大栄養素が糖質・たんぱく質・脂質になります。


糖質と脂質は体内で燃焼されることで水と二酸化炭素に転じるため、腎臓や肺にいつまでも残留する事はありませんが、たんぱく質の場合分離されれば7〜8割程度窒素を含んだ不要な老廃物になってしまうため、排泄時に腎臓に負担がかかります。


なので、意図的にたんぱく質の摂取量を抑える必要性があります。


体の機能を保つ上で最低限のたんぱく質の量は体重1kgにつき0.6g/日入り用であって、一日分で現すと30〜40g程になります。


慢性腎臓病を患っていても食事療法が的確ならば、体内に老廃物や毒素は蓄積されていきません。


老廃物が残らない状態になれば尿毒症を未然に防ぎ、慢性腎臓病の悪化を極力抑える事ができるのです。


かなりの精度で効力が発揮されれば、慢性腎臓病はもう進行しなくなったのではないかと考えられるぐらいに遅らせられたりするのです。


食事療法は自分には厳しいのではないかと考える方がいますが、決してそのような事はありません。


食事療法は、患者自身が自ら積極的に取り組める最善の手法になります。


浮腫が凄かったり尿があまり出ない時は、塩分以外に水分の制限も付随してきます。


制限を有する際は、飲料水のみに留めず、食品自体が持つ全ての水分と考えます。


浮腫の程度が軽かったり存在しないのであれば制限を設ける項目は塩分だけになります。


制限時の水分量に関してはあくまでも現段階での病状や尿量により医師が判断します。


脱水になればそれだけ腎臓機能の低下を早めるので自己流でどうにかしようと考えるのは止めましょう。

参照サイト:

オルニチンサプリメント

オルニチンサプリメント比較

スルフォラファンサプリメント

腎臓病 オルニチン 効果

バイクカバー

うなぎ通販

うなぎお取り寄せ通販ランキング

腎臓病食事宅配業者

腎臓病食事宅配

クレアチニン下げる食事献立

クレアチニンを下げる方法


メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 慢性腎臓病の食事療法 All rights reserved.