経路概念図 クリックで拡大
飛行機から見えたかすかな夕日と富士山
高尾山ケーブルカー清滝駅
薬王院本殿
高尾山山頂
一丁平
フジバカマ
ハギ
トウダイグサ
キキョウ
小仏峠から一丁平への道
ヨメナ
ヒメヤブラン
小仏峠  杉の間からの眺望
小仏峠
フジカンゾウ
小仏峠
シュウカイドウ

登山口

キンミズヒキ
クズ
ノハラアザミ
ダイコンソウ
コバノボタンヅル
小仏城山
一丁平からの展望 霞んでいなければ富士山も見える景勝地
ノブキ
小仏城山(670m)〜高尾山(599m) 東京都
高尾山からの東京湾方面への眺望
ヘクソカズラ
2010年8月25日

 八王子市の小仏峠登山口から、小仏城山を経て高尾山
へ縦走した。歩行距離約10.2km 所要時間4:40であ
った。

 この縦走路は「関東ふれあいの道」として整備されてお
り、アップダウンはかなりあるものの広くて歩きやすい。
また、眺望の良いところには、たくさんのベンチと売店が
あり、トイレも多く設置されている。

 JR高尾駅から小仏まで20分程度バスに乗り、そこから
小仏峠を目指すつもりであった。しかし、バスは1時間に1
本しかなく、待ち時間が多すぎたので、登山口までタクシ
ーを利用する。

 バス停の小仏から登山口まではしばらく舗装道路を歩く
必要があるが、幸いタクシーを利用したため、登山口まで
は楽に到着。

 小仏峠の登山口には、景信山登山口の標識がある。こ
こから少し林道を歩き、植林内をジグザグに登っていと、
広々とした小仏峠に着く。ここは、景信山方面と高尾山方
面への分岐点である。

 小仏峠からは、相模湖が一望でき、富士山の眺めもす
ばらしい、とのことであるが、あいにく霞んで富士山は見
えない。
 一休みした後、高尾山へ向かう。少し登るると、休日だ
け開店するらしい茶店とたくさんのベンチが現れる。 ここ
からは、先ほど見た相模湖が一段と光って広く見えるが、
遠くの眺望は相変わらず霞んでいる。

 小仏峠から、尾根道をしばらく登ると、小仏城山の山頂
に着く。霞んでいなければ東京都心や相模湖、富士山の
眺めがすばらしいということであるが、この日は遠望が利
かず、相模湖を見ながら一休み。

 少し下って登っていくと一丁平が開けてくる。ここには展
望デッキがあり、霞んでいなけれは眺望の良いところのよ
うだ。
 一丁平からしばらく下り、緩やかな登りの後、急登を登
りきるともみじ台である。ここにも茶店があり、たくさんの
ベンチが並んでいる。名前の通りモミジが美しいところだ
そうだ。

 もみじ台をすぎると、間もなく高尾山山頂である。
 高尾山山頂は数年前、ミシュランの初の日本版旅行ガ
イドブックで、「大都市近郊にもかかわらず豊かな自然に
溢れている」ということで三つ星の観光地として選ばれた
そうである。その結果、登山者に加えて観光客が大幅に
増え、この日も山頂は、山とは思えないほどの賑わいで
ある。
 山頂の周辺を一巡りした後、高尾山信仰の拠点である
薬王院を通ってケーブルカーの高尾山駅へと向かう。
 ケーブルカーに乗って清滝駅までは6分ほど。これで今
回の全行程は終了した。
もみじ台
ツリガネニンジン
ミズヒキ
マツカゼソウ
ギボウシ

Back