サプライチェーンストラテジー研究部会

SCS研究部会 第14回活動記録

題目 「生産マネジメントと待ち行列:トヨタ式の変動低減活動(TPS)と変動を認めた最適化(Factory Physics)について」
講師 圓川 隆夫(東京工業大学教授)
要旨 最近米国で注目されている Factory Physics という考え方は、わが国ではあまり知られていないが、在庫や需要の変動を前提とした、待ち行列理論(リトルの公式)をベースにした考え方である。その基本について紹介し、その理論的フレームワークの考察を通して、変動低減活動としてTPS(トヨタ生産方式)の理解を深め、我が国と欧米流の生産マネジメントに対する考え方の違いと、強み弱みについて述べる。
講演資料 pdfでの公開を講師の方から許可していただいております。下の画像をクリックしてダウンロードしてください。
日時 2010年1月29日(金) 18:30~20:30
場所 キャンパス・イノベーションセンター 7階711号室
参加人数 26名
事務局からのコメント 講師プロフィールが下記のサイトに掲載されています(ご参考まで)。
http://www.ie.me.titech.ac.jp/lab/enkawa/prof/profile.html