関連活動記録

時期 主催者 会合名 活動内容 概要へのリンク
2005年3月 日本オペレーションズリサーチ学会 2005年春季研究発表会 オーガナイズドセッション「サプライ・チェーン最適化」として参加 リンク
2005年11月 横幹連合コンファレンス 第1回横幹連合コンファレンス オーガナイズドセション「サプライチェーンネットワークの計画とマネジメント」として参加 リンク
2006年1月 ロジスティクス・SCM International Conference on Logistics and Supply Chain Management2006 (LSCM2006) オーガナイズドセション「Optimal Control and Optimization」として参加 リンク
2006年3月 日本オペレーションズリサーチ学会 第17回企業事例交流会 交流会のオーガナイズとして参加 リンク

日本オペレーションズリサーチ学会 2005年春季研究発表会
2005年3月16日、17日日本OR学会春季研究発表会にてオーガナイズドセッション「サプライ・チェーン最適化」参加

コーディネータ:高井英造((株)フレームワークス/和光大学)

題目:「実務者から見た「ロジスティクスネットワーク設計」のニーズと課題」
発表:松川 公司(三菱化学エンジニアリング株式会社)

題目「サプライチェーンネットワークの設計」
発表:草刈君子(SAS Institute Japan 株式会社)
    能島俊夫(SAS Institute Japan 株式会社)

題目:「サプライチェーン上の在庫最適化モデルの実務的応用について」
発表:伊倉義郎 ((株)サイテック・ジャパン)

題目:「装置産業における生産管理の基本構想 −計画業務実務の最適化実現へ−」
発表:池ノ上 晋 (Ike Ltd.)

題目:「安全在庫配置を考慮したロジスティクス・ネットワーク設計モデルに対するWebアプリケーションの開発」
発表:村岡 秀紀(東京海洋大学)
    久保幹雄 (東京海洋大学)

題目:「ロジスティクス・ネットワークの最適化設計と実行系システムのデータ連携」
発表:後藤 一孝 ((株)フレームワークス)

題目:「SCM市場最新動向と大規模最適化問題実用化への取組み」
発表:宮崎 知明(株式会社富士通総研)
    大西 真人(株式会社富士通総研) 
    常盤 晋吾(ARCアドバイザリグループ)


横幹連合コンファレンス 第1回横幹連合カンファレンス
2005年11月 第1回横幹連合カンファレンス オーガナイズドセション「サプライチェーンネットワークの計画とマネジメント」として参加

コーディネーター: 高井英造((株)フレームワークス/和光大学)
 
題目:「シミュレーションによるロジスティック最適化ソリューション」
発表:相沢りえ子(構造計画研究所)

題目:「SCM最新動向−最適化手法と損益シミュレーション」
発表:宮崎知明(富士通総合研究所)

題目:「プロセスにおけるスケジュールの課題と解決策」
発表:山本邦彦(横河電機)

題目:「分散仮想工場と意思決定支援」
発表:藤井進(神戸大学)


ロジスティクス・SCM International Conference on Logistics and Supply Chain Management2006 (LSCM2006)
2006年1月 ICLSCM 2006(Hong Kong Univ.)に オーガナイズドセション「Optimal Control and Optimization」として参加

Co-Chair: K.L.Teo (Curtin University of Technology ), 
       Eizo Takai (Frameworx Inc./Wako Univ.)

題目:The logistics optimization solution by simulation
発表:Rieko Aizawa (Kozo Keikaku Engineering Inc.)

題目:Development of Real-time Vehicle Schedule System based on Cellular Genetic Algorithm and 2-opt Theory
発表:Halki Inoue (Beijing Jiaotong University )

題目:An economics based approach on Pareto optimization in supply network
発表:Toshiya Kaihara (Kobe University)

題目:The current trend of SCM ? Optimization method and Application
発表:Tomoaki Miyazaki (Fujitsu Research Institute )

題目:Virtual Planning and Evaluation Environment for Supply Chain Management 
発表:Susmu Fujii (Kobe University)


日本オペレーションズリサーチ学会 第17回企業事例交流会

2006年3月14日、第17回企業事例交流会のオーガナイズとして参加

座長:高井英造 (和光大学・(株)フレームワークス)

題目:「自動車鋼板SCMシステム」
発表:井上和佳(新日鉄ソリューションズ株式会社)

題目:「石油化学部門計画系のビジネスプロセスの改革」
発表:喰田 秀樹 SHOKUDA Hideki(出光興産(株))
    池ノ上 晋 IKENOUYE Susumu((有) アイ・ケー・イー )
    草刈 君子 KUSAKARI Kimiko(SAS Institute Japan (株) )

題目:「制約充足アルゴリズムによる食品ローリー配車計画の支援システム」
発表:木村大作 KIMURA Daisaku(カネカエンジニアリング株式会社)
    萬 健志 YOROZU Takeshi(カネカエンジニアリング株式会社 )
    鈴木康央 SUZUKI Michihisa((株)山武)
    今福賢一 IMAFUKU Kenichi((株)山武)
    高橋諭 TAKAHASHI Satosh((株)山武)
    田辺 隆人 (数理システム)
    嶋田 佳明 (数理システム)

題目:「企業間統合SCMを支援するローリー配車計画システムの開発」
発表:井上 春樹 INOUE Haruki(北京交通大学 物流研究所)
    川上 明敏 KAWAKAMI Akitoshi(日立エンジニアリング(株))
    大畠 浩嗣 OHATA Hirotsugu(日立エンジニアリング(株))