ホーム>>未来形
ステップ14:未来形

未来形(〜だろう) werden ------------------- 不定形(文末)
不定形 werden [ヴェーアデン]
ich werde  [ヴェーアデ]
du wirst   [ヴィルスト]
er/sie/es wird    [ヴィルト]
wir werden [ヴェーアデン]
ihr werdet  [ヴェーアデット]
sie werden [ヴェーアデン]
Sie(敬称) werden [ヴェーアデン]





 これまで、現在人称変化のステップで「現在形」、過去人称変化のところで「過去形」、それに「完了形」についてお話してきましたので、ここでは「未来形」についてお話したいと思います。
まず下の表をみてください。これらの表と一番上の表を見比べてください。何か似ていませんか?

現在完了形 haben/sein ------------------- 過去分詞(文末)
話法の助動詞 助動詞 ------------------- 不定形(文末)

 そうです、未来形でも枠構造が大切になってくるのです。「未来形 」の構造は、文章の第2番目に最重要動詞の現在人称変化でお話した「werden」をおき、文の最後に動詞の不定形(原型)をおきます。「weden + ………+不定形」の形です。これで枠構造の完成です。これは話法の助動詞の枠構造と似ていますね。
でも細かいことをいえば、最重要動詞の現在人称変化でお話した「weden」は「〜になる」という意味で、動詞として使っていたのに対し、ここではいわば「未来をあらわす助動詞」として使われ「〜だろう」という意味になります。だから「話法の助動詞」の枠構造と形か同じなんです。
 これでwerdenについての説明が終わりました。最後に例文をのせておきますね。

Sie wird bald kommen. 彼女はまもなく来るだろう



前へ<<戻る>>次へ