保護した日のことは今も忘れられません。怯えから横になれず座ったまま首をコックリしながら眠っていました。
 散歩をしたことがないので毎日少しずつ距離を伸ばし、リードをつける練習もしました。
 そのうち私たちに安心したのか”なでなで”をせがみ大きな身体で膝の上に乗るまでになりました。
 お散歩大好き他の子のご飯まで取る食いしん坊、声も出ないのに(ブリーダーに声帯を切られていました)吠える元気者でした。
 辛いですがこれからもゆっくり保護活動は続けて行きます。天国のリーベ・スー・ピアーチェが見守ってくれているのですから

  
繁殖リタイアで保護した ピァーチェ 10月24日 天国へ逝きました
トップページに戻る