トップページへ  凡例へ
石川啄木(1886-1913)

どの詩(歌)に誰が作曲したか
楽譜・CD検索 Amazon 石川啄木 楽天 石川啄木

【ディスコグラフィー】

『東敦子の日本歌曲 2』(フォンテック)
組曲「残照」(高田三郎)/啄木短歌集(高田三郎)/からたちの花(山田耕筰)/この道(山田耕筰)/松島音頭(山田耕筰)/野薔薇(山田耕筰)/赤とんぼ(山田耕筰)/星(山田耕筰)/十六夜月(山田耕筰)

『くいなは飛ばずに 高田三郎作品による傘寿記念特別演奏会』(Giovanni)
啄木短歌集(女声合唱)/冬・風蓮湖(女声合唱)/女声三部合唱組曲「確かなものを」/女声合唱組曲「遥かな歩み」/女声合唱曲「わたしの願い」/雅楽の旋法による聖母賛歌/女声合唱とピアノのための「イザヤの預言」 /女声合唱組曲「水のいのち」/ちいさなひとびとの(女声合唱)/薄氷/泉/民謡による「北国の歌」/女声合唱組曲「内なる遠さ」/男声合唱組曲「戦旅」/混声合唱組曲「ひたすらな道」/男声合唱組曲「野分」/混声合唱組曲「橋上の人」/混声合唱組曲「心の四季」/わたしは門のそとに立ち(混声合唱)

『高田三郎合唱作品集 水のいのち』(フォンテック)
混声合唱組曲「水のいのち」/混声合唱のための「啄木短歌集」/混声合唱のための「渡辺直己短歌集」/混声合唱とピアノのための「青森の子守歌」/混声合唱とピアノのための「山形の子守歌」

『啄木とみすゞを歌う/小川明子』(ライヴノーツ)
「啄木歌集」〜東海の / 砂山の / いのちなき / はたらけど / 病のごと / 青空に / やまいいえず / 浪淘沙(清瀬保二)啄木歌曲集(高田三郎)/ほしとたんぽぽ(中田喜直)/初恋(越谷達之助)

『東京ラプソディー 古賀政男 作品集2/藍川由美』(カメラータ)
影を慕いて/丘を越えて/酒は涙か溜息か/アリランの唄/サーカスの唄/春まだ浅く/東京ラプソディー/男の純情/人生の並木路/聖処女の唄/青春日記/緑の月/白薔薇は咲けど/白虎隊/人生劇場/誰か故郷を想わざる/湯の町エレジー/赤い靴のタンゴ/悲しい酒

『日本歌曲選集5 ふるさとの/鮫島有美子』(コロムビアミュージックエンタテインメント)
紺屋のおろく(高木東六)/丹澤(信時潔)/あづまやの(信時潔)/占ふと(信時潔)/野のわる狐(小山清茂)/萱野しぐれて(平岡照章)/落葉松(小山清茂)/びいでびいで(平井康三郎)/ふるさとの(平井康三郎)/しぐれに寄する抒情(平井康三郎)/九十九里浜(平井康三郎)/砂山の浜(八洲秀章)/汚れつちまつた悲しみに(石井歓)/カトレヤの詩(石井歓)/あさね(村上至大)/青蛙(山田耕筰)/紫(山田耕筰)/風がないてる(山田耕筰)/山の小駅(山田耕筰)

『日本のうた“憩らひ”』(ナミ・レコード)
たままゆ(尾高惇忠)/むこうむこう(中田喜直)/ひなの日は(中田喜直)/(中田喜直)/四つの秋のうた(三善晃)/平城山(平井康三郎)/初恋(越谷達之助)/落葉松(尾高惇忠)/鐘がなります(山田耕筰)/からたちの花(山田耕筰)/曼珠沙華(山田耕筰)/夏花の歌(尾高惇忠)/憩らひ(尾高惇忠)/ひとり林に(尾高惇忠)/手紙(尾高惇忠)/夏山(尾高惇忠)/小さなネグレス(尾高惇忠)/雪夜(尾高惇忠)/逸題(尾高惇忠)/かやの實(尾高惇忠)/お山の細道(尾高惇忠)

『フランギス・アリ=ザデー:作品集』(BIS)
ピアノのための音楽/3つの水彩絵の具/ディロギー I/日本の詩から/クロッシング II

『ふるさとの山に向ひて』(ポニーキャニオン)

『ベスト・オブ・ベスト 日本の名歌』(ビクターエンタテインメント)
荒城の月(瀧廉太郎;山田耕筰編)/花(瀧廉太郎)/秋の月(瀧廉太郎;山田耕筰編)/箱根八里(瀧廉太郎)/さくらさくら(日本古謡;山田耕筰編)/この道(山田耕筰)/からたちの花(山田耕筰)/中国地方の子守唄(日本古謡;山田耕筰編)/鐘が鳴ります(山田耕筰)/赤とんぼ(山田耕筰)/かやの木山の(山田耕筰)/曼珠沙華(山田耕筰)/野薔薇(山田耕筰)/二十三夜(山田耕筰)/砂山(山田耕筰)/待ちぼうけ(山田耕筰)/ペチカ(山田耕筰)/六騎(山田耕筰)/唄(山田耕筰)/松島音頭(山田耕筰)/小諸なる古城のほとり(弘田龍太郎)/千曲川旅情の歌(弘田龍太郎)/富士山見たら(橋本国彦)/お六娘(橋本国彦)/お菓子と娘(橋本国彦)/斑猫(橋本国彦)
叱られて(弘田龍太郎)/浜千鳥(弘田龍太郎)/出船(杉山長谷夫)/白月(本居長世)/出船の港(中山晋平)/波浮の港(中山晋平)/鉾をおさめて(中山晋平)/砂山(中山晋平)/カチューシャの唄(中山晋平;畑中良輔編)/ゴンドラの唄(中山晋平;畑中良輔編)/さすらいの唄(中山晋平;畑中良輔編)/城ケ島の雨(梁田貞)/母(小松耕輔)/お母さんおぼえていますか(高田信一)/アヴェ・マリア(湯山昭)/林檎の花が降りそそぐ(宅孝二)/水色のワルツ(高木東六)/浅き春に寄せて(高木東六)/くちなし(高田三郎)/瞳(小林秀雄)/飛騨高原の早春(小林秀雄)/日記帳(小林秀雄)/落葉松(小林秀雄)/茨の実(小松清)/かんぴょう(福井文彦)/信田の藪(藤井清水)
椰子の実(大中寅二)/平城山(平井康三郎)/初恋(越谷達之助)/浜辺の歌(成田為三)/ちんちん千鳥(近衛秀麿)/宵待草(多忠亮)/かごかき(貴志康一)/野の羊(服部正)/早春賦(中田章;中田喜直編)/時計台の鐘(高階哲夫)/ふるさと(斉藤佳三)/少年(諸井三郎)/口笛(越谷達之助)/さくら横ちょう(別宮貞雄)/沙羅(信時潔)/犀川(小倉朗)/花林(畑中良輔)/しぐれに寄する抒情(大中恩)/夏の思い出(中田喜直)/ちいさい秋見つけた(中田喜直)/悲しくなったときは(中田喜直)/ねむの花(中田喜直)/霧と話した(中田喜直)/サルビア(中田喜直)/髪(中田喜直)/むこうむこう(中田喜直)/たあんき ぽーんき(中田喜直)/たんぽぽ(中田喜直)/ゆく春(中田喜直)/雪の降る街を(中田喜直;佐藤眞編)
花のまち(團伊玖磨)/花季(團伊玖磨)/紫陽花(團伊玖磨)/藤の花(團伊玖磨)/はる(團伊玖磨)/旅上(團伊玖磨)/故郷(岡野貞一)/わかば(平岡均之)/おぼろ月夜(岡野貞一)/夏は来ぬ(小山作之助)/里の秋(海沼実)/冬の夜(唱歌)/スキー(唱歌;平井康三郎編)/四季の歌(荒木とよひさ;小野崎孝輔編)/月の砂漠(佐々木すぐる)/鳩ぽっぽ(瀧廉太郎)/赤い靴(本居長世)/七つの子(本居長世)/十五夜お月さん(本居長世)/花嫁人形(杉山長谷夫)/青い目の人形(本居長世)/かなりや(成田為三)/あわて床屋(山田耕筰)/すかんぽの咲くころ(山田耕筰)/海ぼうず こぼうず(山田耕筰)/おかあさん(中田喜直)/夕方のおかあさん(中田喜直)/サッちゃん(大中恩)/あめふり くまのこ(湯山昭)/おはなし ゆびさん(湯山昭)/ゆりかご(平井康三郎)/ねむの木の子守歌(岡本正美)/子守歌(團伊玖磨;内藤孝敏編)

トップページへ  凡例へ