トップページへ  凡例へ
高村光太郎(1883-1956)

〈おことわり〉
ここでは、便宜上、『智恵子抄』(龍星閣版、1941年)に収録されている詩を、『智恵子抄』に、それ以外の詩(「元祖智恵子」や「裸形」などの智恵子関係の詩を含む)を『智恵子抄』以外の詩としています。

誰がどの詩に作曲したか
龍星閣版『智恵子抄』
『智恵子抄』以外の詩(どの詩に作曲したか不明のものもこちら)

どの詩に誰が作曲したか
『智恵子抄』
『智恵子抄』以外の詩

楽譜・CD検索 Amazon 高村光太郎 楽天 高村光太郎
オペラ、音楽劇

【ディスコグラフィー】

『SP音源復刻盤 信時潔作品集成』(日本伝統文化振興財団)
花すみれ/子等を思ふ歌/忘れな草/大島節/君と別れて/桜花の歌/故郷の翁/阿蘇/紀の国の歌/渡り鳥/深山には/旅の歌/クンスト・デル・フーゲ/やまとには −国見の歌−/あかがり/痩人を嗤ふ歌二首/皇后陛下御誕辰奉祝歌(斉唱・合唱)/皇后陛下御誕辰奉祝歌(独唱)/いろは歌/春のやよひの/子等を憶ふ歌/あかがり/痩人を嗤ふ歌/淡路島/久方の/我が手の花/黎明の歌/妻の言葉/風に乗る/手まり唄/岩殿山/送別の歌/大寺の/不尽山を望みて/故郷の翁/沙羅/つなで/幻滅/をみな子よ/揺籃の歌/桜花の歌/新訂尋常小学唱歌/明治天皇御製「道・玉」「孝・をりにふれて」/あやつり人形/木の葉集/東北民謡集/月変奏曲/全国放送開始・都市放送開始 全国放送終了・都市放送終了/全国中等学校優勝野球大会の歌/教育の歌/実業教育の歌/東京開成中学校校歌/慶應義塾々歌/駒場の歌/われら文化を−岩波書店の歌−/日立製作所行進曲/三菱の歌/皇太子殿下御誕生奉祝歌/海ゆかば(チェロ独奏)/紀元二千六百年頌歌 (合唱)/紀元二千六百年頌歌 (独唱)/国に誓ふ(独唱)/国に誓ふ(合唱)/国に誓ふ(ハモンドオルガン独奏)/われらをみなは/興亜奉公の歌/伊勢神宮にて/僕等の団結/君のため/大詔奉戴日の歌/此の一戦/御稜威いたゞき/かどでの朝/アジヤの青雲/日本の母の歌(独唱)/日本の母の歌(混声合唱)/ますらをの道 /やすくにの/勝利の生産/みいくさに仕ふ女子挺身隊の歌/愛国子守唄/交声曲「海道東征」/海ゆかば/花すみれ/海雀/大行天皇奉悼歌/同朋の歌/無碍の道/みほとけは/われらの日本

『「國民歌謠〜われらのうた〜國民合唱」を歌う』(コロムビア)
心のふるさと(江口夜詩)/朝(小田進吾)/椰子の實(大中寅二)/ふるさとの(斉藤佳三)/むかしの仲間(山田耕筰)/春の唄(内田元)/海ゆかば(信時潔)/大日本の歌(橋本國彦)/白百合(大中寅二)/出征兵士を送る歌(林伊佐緒)/旅愁(大中寅二)/紀元二千六百年(森義八郎)/かへり道の歌(古関裕而)/燃ゆる大空(山田耕筰)/隣組(飯田信夫)/用心づくし(服部正)/南進男兒の歌(古関裕而)/歩くうた(飯田信夫)/めんこい小馬(仁木他喜雄)/朝だ元氣で(飯田信夫)/子を頌ふ(深井史郎)/御朱印船(清瀬保二)/學徒進軍歌(橋本國彦)/あゝ紅の血は燃ゆる(明本京静)

『The Premiere Vol.3 夏のオール新作×初演コンサート』(ジョヴァンニ)
混声合唱とピアノのための「平行世界、飛行ねこの沈黙」(増井哲太郎)/男声合唱とピアノのための「シーラカンス日和」 (田中達也)/女声合唱とピアノのための「冬が来た」 (三好真亜沙)/混声合唱とピアノのための「いのち」 (名田綾子)/無伴奏混声合唱のための「花は咲く」(菅野よう子作曲、北川昇編曲)


『日本合唱曲全集 月光とピエロ/清水脩作品集』(日本伝統文化振興財団)
男声合唱組曲「月光とピエロ」/黙示/阿波祈祷文/アイヌのウポポ/智恵子抄巻末のうた六首

『日本の唄 友渕のりえの世界』(日本コロムビア)
熊野へ参らむと(柴田南雄)/秋の連歌(一柳慧)/樹下の二人(小山清茂)/悼歌(中村靖子) /雪人形(唯是震一)

『平吉穀州 合唱作品集』(フォンテック)
混声合唱組曲「レモン哀歌」/女声合唱組曲「海は見てきた」

『私が歌う理由 合唱団京都エコー&松原混声合唱団が歌う日本の合唱曲』(ブレーン)
混声合唱のための「地球へのバラード」〜私が歌う理由(三善晃)/混声合唱のための「原爆小景」〜水ヲ下サイ(林光)/無伴奏混声合唱のための「死にたまふ母」〜ひろき葉は(西村朗)/混声合唱曲「智恵子抄巻末のうた六首」(清水脩)/混声合唱「風紋」〜あなたは風(石井歓)/混声合唱曲「嫁ぐ娘に」〜かどで(三善晃)/混声合唱組曲「方舟」(木下牧子)/無伴奏混声合唱曲「骨のうたう」(新実徳英)/混声合唱組曲「水のいのち」〜海(高田三郎)/混声合唱曲「六つの子守歌」〜空と海の子守歌(池辺晋一郎)/混声合唱曲「岬の墓」(團伊玖磨)/合唱のためのコンポジション第1番〜<II>(間宮芳生)/混声合唱のための「うたII」〜死んだ男の残したものは(武満徹)/混声合唱のための「おらしょ」〜「II」(千原英喜)/混声合唱曲集「木とともに 人とともに」〜生きる(三善晃)/川崎洋の詩による五つの混声合唱曲「やさしい魚」〜鳥が(新実徳英)

トップページへ  凡例へ