基礎工事



基礎工事の手順
基礎は鉄筋とコンクリートで造られます。工事の手順は、基礎が配置される部分の地面に砂利を敷き詰めてつき固める→捨てコンと呼ばれるコンクリートを砂利にかぶせる→配筋工事をする→基礎の形にあわせて型枠をつくる→型枠にコンクリートを流し込む(打設)、という流れです。配筋工事は基礎の工事の中でも比較的早い段階で行われます。なお、コンクリートを打設してから型枠をはずすまでの養生期間が、夏は3日以上、冬は5日以上とられています。






+ 2006/7/1 +

昨日より基礎工事の準備が始まりました。
自分は仕事のため、まだ見に行けずMOMOに写真を撮って来てもらいました。
まずはりんご畑の周り柵を撤去し工事車両が入れるようにしたみたいです。
まだ東側の入り口にある桑の木等は切っていない感じ!!

農地転用の許可が6月16日に下りました。その証に農地転用許可済の看板が付きました。転圧が終わったのかミキサー車が準備しています。どうなっているか楽しみです。明日は朝一で現場確認に行ってきます。



+ 2006/7/2 +
・・・ 捨てコン・防湿シート・墨だし ・・・

朝、現場へ行くとビニールの防湿シートが張られ捨てコンによる下地が出来上がっていました。日曜日というのに職人さんが2人作業を行っていました。話してみると見た目とは裏腹に感じのいい人でした。

捨てコンの仕上がりは汚いと言われますがこんなもんですかね?

   墨だしがしてありました。

 午後からは天気が崩れ大雨!! 道路より敷地が低く雨水が流れ込み敷地の中はクッチャクチャ そんな中でも職人さん達は仕事をこなしていました。
 夕方雨が上がり現場を見に行くと型枠の外側部分の取り付けがなから終わっていました。



+ 2006/7/4 +
・・・ 配 筋 ・・・

いよいよ配筋です。細い金属の棒を格子状に細かく組み合わせていきます。 これで基礎の基礎部分が出来るというわけですね。





+ 2006/7/6 +
・・・ ベタコン・型 枠 ・・・

5日に配筋検査が行われました。それに伴いベタ基礎の打設が行われました。





+ 2006/7/7 +

昨夜の雨でベタ基礎のプールが出来ていました。
残っている配筋には、ベタ基礎の上に型枠が組まれ布基礎ができます。





+ 2006/7/9 +
・・・ ベタコン乾燥 ・・・

今日もベタ基礎のプール出来ていました。水中ポンプも設置されており水抜きをした感じです。





+ 2006/7/10 +

あのプール(水)の正体は雨水ではなく水撒きをしたとの事です。この暑さでのコンクリートのひび割れを防ぐために水分を含ませるそうです。そして今日はベタ基礎の内側の型枠が外されました。これから布基礎用の型枠を組み、明日は布基礎の打設です。





+ 2006/7/11 +
・・・ 布基礎・型枠ばらし ・・・

今日は2回目の打設です。ちなみに前回はベタ基礎の打設。今回は布布基礎の打設です。
仕事を終え10:00頃現場に着くとすでにコンクリートの流し込みが終わっていました。
そして記念に勝手口に家族の手形を付けさせてもらいました。

玄関部分へコンクリートを流しこんでいます。    コテで仕上げています。

型枠に生コンが流されアンカーボルトが差し込まれました。でもかなり曲がっているような・・・。
これがド真ん中にないと耐震強度が落ちるのでは??? 許容範囲と言われると余計心配!!

撹拌し空気を抜いています。 空気を抜く事で頑丈な基礎になるそうです。

夕方行くと外側の型枠が外され土で埋め戻しが始まっていました。



+ 2006/7/14 + ・・・ 基礎仕上げ ・・・

基礎のバリの部分などグラインダーで削り綺麗に仕上げていました。それにしても凄い粉塵で近寄る事が出来ませんでした。 でもそんな中職人さんはマスク姿にタオル一枚巻いただけで頑張っていました。(すっげーな!!)





+ 2006/7/15 +
・・・ 基礎完成 ・・・

基礎が完成しました。(多分)
それでは端から見てみましょう!!

全体写真です。                     アンカーボルトもまっすぐ立っています。

玄関部分です。奥側はクロークです。        奥の部分が4.5帖の和室です。

キッチン、パントリー部分です。           キッチンからリビングにかけて
この写真からじゃイメージわかないですよね