現場主義・自然派画家 乗田 貞勝
   佐賀県唐津市菜畑在住

 

 

 

乗田氏は、最後の楽園といわれたインドネシア・バリ島を1977年から描き続け、今年で30年を迎え、これまでに100回以上バリ島を訪ねている。

バリ島は、大自然と純粋で思いやる心を持つ人々が住み、当時は外国からの観光客も殆どいなかった。大地が太陽と、水と、風と、月と、星と、緑と、いつも一緒に在ることに、感動とその思いが乗田氏を現場主義自然派画家とした。自然の大地を、光を、風を、しっかりと感じながら、あるときは朝日が昇る
瞬間をとらえまた、沈む瞬間をとらえ、一気に描きあげる。太陽を見つめる目はつぶれんばかりだ。

乗田氏曰く、今、自然の大地を草の上を素足で歩き、自分を信じ、足の裏で考える。それが「道」の発見の一歩である。さらに続く、色は光ではない、光は色そのものであり、光は命である。普遍に満ちた一本の道は自然と私たちを繋ぐ臍の緒だ。自然の摂理の力強い命の道があるように、人間もその中に組み込まれた道がある。その「命の道」を知った瞬間、大いなる慈悲に感謝の念でいっぱいになると話す。乗田氏は灼熱のバリ島だけでなく、対照的でもある極寒な「ヒマラヤ」をも自然と一体となって描き続けている。

唐津市内の作品の大作は「高齢者福祉会館りふれ」「大平山斎苑」「旅亭新や」「エルアン幼稚園」「唐津市北部衛生処理センター」で鑑賞できる。

 

 画集を観る       スライドショーで観る

                                                        TOPに戻る

筆者 川元秀一   

 

 

           

自然の息吹と命を描く「 道 」油 彩 P30



  高齢者福祉会館「りふれ」  (佐賀県唐津市) 

佐賀県JR牛津駅