推理・狭山事件〜『狭山事件を推理する』のホームページ復刻版「新推理・狭山事件」

                +「真犯人仮説・狭山事件」+「総合推理・狭山事件」+「迷推理・狭山事件」

 

→ HOME(推理・狭山事件)

 

 → 最終推理 狭山事件―浮かびあがる真犯人』出版

sayama-coverss.jpg

 

 → 論点整理表と14の新推理

 

→ 新推理・狭山事件

 はじめに

○新推理・狭山事件の目次再構成

1 殺害現場はどこか

2 脅迫状の詩的表現技法
3 誕生祝いの最終食事
4 強姦か合意の性交か
5 単独犯か複数犯か
6 線状擦過傷の謎
7 虫害が示す犯行現場
8 背後からの腕締め
9 後頭部の傷は死後
10 合理的捜査か差別捜査か
11 「引っ掻き傷」の男
12 佐野屋から歩いて30分
13 強姦殺人か和姦殺人か

  14 真犯人への2つの道  

15 犯人仮説の無矛盾性

16 犯人は推理小説ファン

17 1/840万の強姦殺人仮説

18 「前の門」「少時様」と3裁判官  

19 棍棒は「つっかえ棒」

20 リヤカーで運んだ死体

21 「営利誘拐」の罪名外し

  22 吉展ちゃん事件の真似か

23 死体埋没時刻再考 

24 第3の木綿ロープ

25 どこに死体を埋めるか

26 重石偽装の塞ぎ石

27 犯行現場不在証明

28 誘拐・強姦は雨天決行?

29 張り込みを知る男

30 3人目の宛名

31 狭山目撃犬裁判

32 狭山湖4人組強盗事件

33 無秩序型か秩序型か

34 赤色粘土が示す犯行像

35 乳房の土

36 全足跡の追跡

37 犯人の移動経路

38 チョッキとスカートの付着物

39 自己主張する善枝さん像

40 スコップは偽物か偽装か 

41 ソネット形式と詩的漢字使い

  42 中・将田らの犯人像・犯行像

43 「人」表現は歌詞から?

44 「万葉仮名的当て字」の罠

45 「かい人21面相」を超える真犯人 

  46 脅迫状の12の偽装工作  

47 芭蕉と晶子と脅迫状

48 死にいく子に生死占って、通夜・溺死なしへ」

49 最終目撃者の最終推理

 50 後背位性交隠しの4擬装工作 

 51 謎の5物証   

 52 血液型はB型か  

 53 「なりすまし犯」の自己顕示欲  

 54 「バカンス」の日記書き換えの謎

 

 

 

→   『狭山事件を推理する』(HP復刻版

hyousi-obi.jpg

 「新推理・狭山事件」後の修正点

第1章 事件

第2章 Yの相関

第3章 最終目撃者

第4章 通学路

第5章 車出いく

第6章 情報過剰性

第7章 脅迫状

第8章 脅迫状訂正

第9章 訪問者

第10章 叫び声

第11章 犯行時間

第12章 ロープ

第13章 荒縄とスコップ

第14章 所持品 

第15章 Vの悲劇 

第16章 前の門  

第17章 脅迫状の作成

第18章 殺害・死体遺棄

第19章 黙劇者 

第20章 評決

 資料1 1審判決

 資料2 誘拐事件資料

 資料3 参考文献

 新聞紹介記事

 

 → 真犯人仮説狭山事件

 はじめに

1 石川犯人仮説

2 石川兄弟共犯仮説

3 4人共犯仮説(亀井説)

  4 長兄犯人仮説(殿岡説)

 5 上田兄妹・婚約者犯人仮説

  6 4〜5人共犯仮説(伊吹説)   

  7 吉沢先生犯人仮説

 8 真犯人像解明の方法と論点

 

→ 総合推理・狭山事件 

  はじめに

→  1 6つの手がかりと4つの論点
→ 2 最終食事
→  3 強姦か合意の性交(和姦)か?

 → 4 偶発的殺人か計画的殺人か? 

 → 5 教師か詩人か?

 

 → 推理・狭山事件   はじめに

 1 裁判官は「推理」が嫌い

 2 推理の5原則

3 拙劣取調推理

4 お祭り見物推理

5 トマト推理

6 小豆推理

7 カレー色推理

8 「少時様」推理

9 『りぼん』手本推理

10 「西武園」「7人の刑事」推理

11 脅迫状訂正推理

12 木綿ロープ推理

13 強姦推理

14 スコップ犬推理

15 ビニール風呂敷推理

16 芋穴血痕推理

17 玉石推理

18 棍棒推理

19 芋穴血痕推理

20 腕時計拾得者推理

 

→冤罪考冤罪資料

1 冤罪と真犯人問題

2 被害者の人権

3 パソコン遠隔操作事件と狭山事件

4 営利誘拐事件脅迫状

 

 

 

 →事件の映像

 

 →自己紹介

 

 →リンク

 

→表紙

(130610変更前)

 

 →映画「SAYAMA みえない手錠をはずすまで」

 ポレポレ東中野で7月中旬まで上映

 

 

 → ブログ「推理・狭山事件ノート」(HP更新のお知らせと内容の補足・裏話も)

 

 

 

ブログ「推理・狭山事件

ノート

   

メール メール

 

『最終推理 狭山事件―浮かびあがる真犯人』出版のご案内

 2012年の9月から約2年間、狭山事件の謎解きをこのホームページ「推理・狭山事件」で集中して行い、その集大成が『最終推理 狭山事件 −浮かびあがる真犯人』(四六判300頁:2400円+税)として、明石書店より9月下旬発売となりました。個々の推理が、ようやく犯人像と事件像の全体に繋がってきました。

 公共図書館へのリクエストなどを含め、ご一読いただければ幸いです。

 なお、今後、このホームページでは、「迷推理・狭山事件」の連載に取り組むつもりです。

2014年9月11日 甲斐 仁志

  sayamacover2.jpg

 

裁判員・裁判員候補者のみなさん! 

狭山事件をシミュレーションしてみませんか!!

 

  裁判員・裁判員候補者のみなさん、あるいは、これから裁判官や弁護士、検察官、刑事、事件記者、ルポライター、推理小説家になりたいと考えておられるみなさんに、10の質問をさせていただきたいと思います。

 

1.女子高校生1年生が行方不明になり、自宅に届けられた脅迫状には身代金を取りに「車出いく」などと「車」が4回も書かれていました。あなたは、犯人が車で来ると100%信じますか?

2.脅迫状には「友だちが」と3回も指定しており、死体には犯人の手拭とタオルが残されていました。あなたは、犯人が複数犯と信じますか?

3.脅迫状には「少時様」「刑札には名知たら」「気んじょの人にもはなすな」「子ども死出死まう」など奇妙な漢字の使い方が見られました。あなたは、犯人は小学生程度の学力だと思いますか?

4.吉展ちゃん事件で犯人は電話で脅迫しましたが、この事件では犯人は脅迫状を書き、目撃される危険性を冒し、善枝さんの女性用の自転車に乗って被害者方に脅迫状を届けています。あなたは、この事件が吉展ちゃん事件を真似た犯行と考えますか?

5.脅迫状を入れた封筒は、最初の宛名はインク消しで消され、その上に「少時様」とボールペンで書かれ、斜め2重線で見え消しにされて「中畑江さく」にインクで変更されていました。あなたは、犯人は「江畑昭司」さんの子供を狙っていて、女子高校生に変更したと思いますか?

6.犯人が現れた佐野屋脇の畑の中には、とび職や造園業の人が履く人職人足袋の足跡が残され、被害者は86×166傳蹇⊃爾86僂里曚楡騎里閉省体の穴に埋められ、頭の上には石垣や縁石などに使う玉石が載せられていました。あなたは、犯人はとび職か造園業の人と思いますか?

7.被差別部落の近くの畑の中の農道に善枝さんは埋められていました。あなたは、犯人はこの被差別部落の人間の可能性が高いと思われますか?

8.犯人が金を取りにきた佐野屋の近くに被差別部落の人が営む養豚場があり、そこから事件当日夜にスコップが盗まれ、死体発見現場近くから発見されました。あなたは、犬に吠えられずにスコップを盗んだ犯人はこの養豚場関係者に限られると思いますか?

9.被害者には殴ったり、太股を掴んで広げた時にできる内出血など、強姦事件に特有の暴行・抵抗傷は皆無であり、「顔見知り犯」と見られていました。処女膜の3条の傷は古いもので、出血はなく、警察側鑑定は性器の傷を爪痕とし、衣服の乱れと合わせて強姦と判断しましたが、弁護側鑑定ではこの傷は典型的な爪痕ではなく、引きずられた時の傷と見ています。みなさんは、善枝さんは強姦されたと判断されますか?

10.善枝さんは「誕生祝いの料理を作る」「赤飯を炊いて待っている」と級友に言い残し、いつもより2時間も早く15時23分過ぎに下校しましたが、家では誕生祝いの予定はありませんでした。胃内には昼食のカレーライスにはない小豆・トマト・ナス・菜を含む250ccもの食物がある一方、カレーライスの黄色や肉、福神漬はなく、警察鑑定は「食後最短3時間」(記者会見では3時間と発表)後に殺害されたとしましたが、弁護側鑑定では「食後2時間」です。あなたは、善枝さんの最終食事は昼食のカレーライスと思いますか?

 

 もし、以上の10の疑問が弁護士から出されたら、あなたは裁判員としてどのような判決を下されますか?

 警察は犯人の「車出いく」という通告を100%信じましたが、犯人は歩いて現れました。「車出いく」が犯人の偽装工作であることは明かです。

 そうなると、残りの9つについても、犯人の偽装工作の可能性があるとは思いませんか? 

 私は、これからも同じような犯人が偽装工作をこらした事件・裁判は必ずあると思います。刑事・鑑識官・検死官・法医学者のドラマがこれだけあふれている時代ですから、その手口を真似て犯人が巧妙な偽装工作を行う危険性(例えば他人のDNAの付いた物証を現場に残すなど)は狭山事件の頃よりははるかに高いと思います。

 微量分析は有効な捜査手段ですが、真犯人が捜査を攪乱するために意図的に現場に残した物証により捜査が誤誘導される危険性は格段に高くなります。

 そのような時代であるからこそ、この狭山事件を素材にして、裁判員になったつもりで、ご自身の推理力をテストしてみていただければ幸いです。(100427→101202→130611 甲斐仁志)

 

 

 

狭山事件を推理する

  1988年三一書房より出版いただいた狭山事件を推理するのホームページ復刻版です。

狭山事件は、「幼児営利誘拐を狙っていた犯人が女子高校生に切り替えた営利誘拐・強姦殺人事件」(裁判所)や、「営利誘拐を偽装した強姦殺人事件」(亀井トム氏、部落解放同盟)という事件像・犯人像に対し、この狭山事件は半年前の洋裁生殺し事件と1か月前の吉展ちゃん事件をヒントにした「営利誘拐・強姦偽装の殺人事件である」ということを明らかにしています。

 この時には、脅迫状に書かれた「気んじょの人にもはなすな」と、人目に付かずに自転車を返していることなどから、自殺した姉の登美恵さんと親しい近所の「中年男」「30〜40歳くらい」(「第10章 呼び声」参照)を犯人像として考えていましたが、今はこの「気んじょ」もまた「友だち」「車出」と同じ偽装工作であったと考えています。

 自殺した登美恵さんは犯人の音声について偽証し、石川さんの死刑判決に手を貸していますが、登美恵さんが真犯人をかばったとしたのは誤りであり、彼女の名誉を傷つけたことについては誤りたいと思います。(100427→101202→130611甲斐仁志)

 

 

「新推理・狭山事件」

 20数年の空白をへて、前著で残っていた疑問点の解明を進め、ほぼ事件像全体を解明しました。

 この間、仕事で多くの人達の文章に手を入れてきた経験から、脅迫状の作者の作文能力、特に詩的表現技法の高さが見えてくるとともに、かつては避けてきた善枝さんの死体鑑定書や衣服に正面から向き合うことができるようになり、さらに事件の真相と真犯人に肉薄することができました。

 特に、リタイアしてテレビドラマを見るようになり、「相棒」の杉下右京や米沢守、「科捜研の女」の榊マリコ、「臨場」の倉石義男、「遺留捜査」の糸村聡、さらには「CSI:科学捜査班」のギル・グリッソム、「CSI:ニューヨーク」のマック・テイラーたちなら、どのように物証の分析を行い、犯人の行動・心理を推理するであろうか、という方法で検討しています。特に、殺された死者に向き合うことのなかった私としては、「死者の声を聞く」「お前の人生を根こそぎ拾ってやる」ことへの執念を教えられました。

 脅迫状分析と「死体の声」を聞いたことから、現在、私は真犯人は「善枝さんと関係のあった、詩作経験のある男」という結論に到達しました。

 謎解きはほぼ終わりに近づいてきています。(120227→130611甲斐仁志)

 

 

「真犯人仮説・狭山事件」

 真犯人を追求する狭山事件本は、亀井トム氏の『狭山事件 第1集』(1972年)、部落解放同盟の『狭山差別裁判 第3集』、私の『狭山事件を推理する』(1988年)、殿岡駿星氏の『犯人 「狭山事件」より』(1990年)、伊吹隼人氏の『狭山事件―46年目の現場と証言』(2009年)と続いています。

 さらに、前著を執筆した時、知人の中には「石川兄弟共犯説」「長兄単独犯説」「姉の婚約者犯人説」「吉沢先生犯人説」などもあり、私はそれらの説を検討しながら、私の犯人像・犯行像をまとめてきました。

 しかし、未だに東京高裁は石川一雄犯人説に立って再審を認めず、支援者の間では山田兄弟を実行犯とする亀井トム氏の4人共犯説や部落解放同盟(2審段階)の3人共犯説の影響は根強く、さらに伊吹隼人氏が上田家に恨みを持つ者と山田兄弟らによる複数犯説でこれに加わるなど、石川さんと山田兄弟、自殺した西富源治さんらに対する2重の冤罪は晴れていません。殿岡駿星氏は亀井トム氏の複数犯説から出発し、善枝さんの長兄・賢一さんの単独犯行説ですが、動機や最終食事、筆跡などからみて、新たな冤罪というほかありません。

 ここでは、前著では書かなかった他の真犯人仮説について、1つ1つ検討を行っています。全ての証拠が矛盾なく説明できる犯人仮説こそが真犯人を示しています。皆さんのご判断はいかがでしょうか?(121020→130611甲斐仁志)

 

 

「総合推理・狭山事件」

 「狭山事件を推理する」「新推理・狭山事件」「真犯人仮説・狭山事件」「真犯人仮説・狭山事件」のの総まとめとして、この「総合推理・狭山事件」を私の現段階での結論として示しました。

 ここでは、狭山事件は警察・検察・裁判所がでっち上げた「営利誘拐・強姦殺害事件」や亀井説やそれを受け継いだ2審の部落解放同盟などの「営利誘拐偽装・強姦殺人事件」ではなく、「営利誘拐・強姦偽装殺害事件」である、という私の推理を全面展開しています。

 真犯人は、吉展ちゃん事件と洋裁生殺し事件の2つのY事件を参考に、「営利誘拐偽装」と「強姦偽装」というダブルトラップ(2重のわな)を仕掛けて善枝さんを殺害したのであり、警察・検察・裁判所はこの両方の罠にはまり、消去法で石川さんに罪をかぶせ、亀井氏や部落解放同盟(2審段階)は「営利誘拐偽装」の罠は見抜いたものの、「強姦偽装」は見抜けず、その結果、被差別部落出身の山田兄弟を強姦殺害の実行犯とする誤りを犯しています。伊吹隼人氏は「営利誘拐偽装」と「強姦偽装」のどちらも見抜けず、亀井トム氏の優れた着想の「営利誘拐偽装」を否定し、山田兄弟を何らの根拠なく強姦・殺害実行犯と決めつける誤りを犯しています。

 「裁判員裁判時代」を迎え、その「国民の裁判参加」の理念に照らすならば、裁判の誤りを糾す再審制度についても、「再審裁判員制度」が確立されなければならなかったはずです。

 もし皆さんがその「再審裁判員」の1人に選ばれ、狭山再事件を担当されたなら、どのように判断されるでしょうか? 寺尾裁判長のような単なる推測や推認ではなく、皆さんの「合理的・論理的・理知的・数理的」な「総合推理」をお願いしたいと思います。(121207→130611甲斐仁志)

 

<更新経過>

20110220    「狭山事件を推理する」ホームページ復刻版アップ

20110505〜    新推理・狭山事件 連載開始

20121020〜121203    真犯人仮説・狭山事件 連載

20121207〜130115    総合推理・狭山事件 連載

20130104〜   迷推理・狭山事件 連載開始

 

<更新履歴>

20130128    新推理21 第3の罠(サードトラップ):「営利誘拐」の起訴罪名外し

20130204    新推理22 吉展ちゃん事件を真似した犯行か?

20130228    新推理23 死体埋没時刻再考

20130304    新推理24 「秘密の暴露」なき木綿ロープと荒縄・ビニール風呂敷

20130305    迷推理1 裁判官は「推理」が嫌い

20130306    冤罪考3 パソコン遠隔操作事件と狭山事件

20130311    新推理25 どこに死体を埋めるか

20130312    新推理24・25の内容を修正しました

20130417    新推理26 玉石は塞ぎ石である(墓石ではない)

20130420    新推理27 最終目撃者は誰か

20130425    新推理28 雨の降る日は誘拐・強姦日和?

20130425   「新推理・狭山事件 はじめに」と「狭山事件を推理する 目次」に対照表追加

20130502    新推理29 佐野屋に現れた犯人

20130508    新推理30 封筒の8つの謎

20130510    新推理31 狭山目撃犬裁判

20130510   「狭山事件を推理する」に「新聞紹介記事」を追加

20130514    新推理32 4人組車犯強盗事件を真似た 

20130516    新推理33 「無秩序型」か「秩序型」か?

20130603    新推理28 雨の降る日は誘拐・強姦日和?」を9つの謎」に修正

20130604    「新推理26 玉石は塞ぎ石である(墓石ではない)」を修正

20130607    新推理34 赤色粘土が示す死体埋没方法

20130608    新推理35 肌着の裏の土

20130609    「新推理35 肌着の裏の土」を大幅に加筆・修正

20130610    表紙(トップページ)の書き換え

20130617   新推理36 スコップと足跡と須賀地下足袋

20130621   新推理37 犯人の移動経路

20130624   新推理38 チョッキとスカートの「斑状付着物」と「点状付着物」

20130626   「新推理36 スコップと足跡と須賀地下足袋」を加筆・訂正

20130704   新推理39 善枝さん像の見直しへ

20130713・14   新推理40 「スコップでっち上げ説」から「犯人偽装工作説」へ

20130715   「新推理40 「スコップでっち上げ説」から「犯人偽装工作説」へ」修正

20130715   「新推理39 善枝さん像の見直しへ」修正

20130716   新推理41 ソネット形式から見た真犯人詩人説

20130725   「新推理19」・「同20」・「同37」のリヤカー関係加筆(東京新聞による)

20130729   新推理42 捜査本部の犯人像・犯行像

20130816   新推理43 「人」表現は歌詞から?

20130817・18   「新推理・狭山事件」・「同2」「同3」の修正(ジオログ参照)

20130819   「新推理・狭山事件2」・「同5」「同18」「同29」「同42」の修正(同上)

20130904  新推理44 「万葉仮名的当て字」の4つの罠

20130907  新推理45 「かい人21面相」を超える真犯人

20130908  ジオログ(推理・狭山事件ノート)のリンク復活(アイコンが消えていました。裏話もありますよ)

20130914  新推理46 脅迫状の12の偽装工作

20130915〜0917   「新推理4新推理14修正。

20130918   冤罪考・冤罪資料4 営利誘拐事件脅迫状新推理41」「同43」「同44修正。

20130919    「新推理45」「同41」「同46 を修正。

20130920    「新推理15」「同16を修正。15 犯人仮説の無矛盾性」「16 犯人は推理小説ファン」へ変更
20130927  新推理40」修正。全タイトルを見直しスリム化

20130928〜1011  新推理17」〜新推理27」修正。

20131012 新推理47 芭蕉と晶子と脅迫状1014修正。

20131016 新推理48 真犯人Xの3つの「言葉遊び」 1021修正。

2013102820131125 「新推理・狭山事件27〜48」修正。

20131129  「新推理・狭山事件」1〜48の最終チェック終了。

20131203  「論点整理表」「14の新推理」新推理・狭山事件 はじめに」修正。

20131204  「狭山事件を推理する」に 「『新推理・狭山事件』後の修正点」。20131209  「新推理・狭山事件49 最終目撃者の最終推理」

20131213  「新推理25 どこに死体を埋めるか」修正。1215再修正。

20131216  「新推理22 吉展ちゃん事件の真似か」再修正新推理28 誘拐・強姦は雨天決行」小修正。

20131217  「新推理32 狭山湖4人組強盗事件」再修正

20131217  「新推理33 無秩序型か秩序型か」「同30 3人目の宛名」修正

20131224  「新推理32 狭山湖4人組強盗事件」再修正。

20131229 「新推理16 犯人は推理小説ファン」重要な追加修正。

20140214  新推理50  後背位性交隠しの4擬装工作

20140225  新推理51  謎の5物証(棍棒・木綿ロープ・ビニール風呂敷・玉石・荒縄)

20140611 映画「SAYAMA みえない手錠をはずすまで」紹介

20140703  新推理52 血液型はB型か

20140703(0911)   新推理53 「なりすまし犯」の自己顕示欲

20140911  新推理54 「バカンス」の日記書き換えの謎

20140911 タイトル「最終推理・狭山事件」を「総合推理・狭山事件に変更(単行本『最終推理 狭山事件−浮かびあがる真犯人』の出版に対応)

20140911 『最終推理 狭山事件−浮かびあがる真犯人』の出版案内

20141018   迷推理2 推理の5原則

20141023 『最終推理 狭山事件−浮かびあがる真犯人』への感想



 

 

 

 

 

 

 

 

 

Yahoo!ジオシティーズ