<武学舎>『少年部 武道クラス』 とは?

武道精神&スポーツマンシップをベースに、
『体育』と『徳育』、『礼儀作法』をコンセプトとした、少年部育成クラスです!


『体育』
多くの武道・スポーツの経験を通じて感じるものは、「根本的な身体の使い方は全ての武道・スポーツに共通している」という事です。そして、この基礎部分、身体の使い方が成立してこそ、各分野の技術面が上達されていく、という現実です。

<少年部 武道クラス>では、その身体の使い方を身につけるため、レスリングのマット運動などを中心に、押す、引く、跳躍、回転、受身等の各種運動・体操を行い、全てのスポーツや武道において必要不可欠な『基礎体力』、『スタミナ』、『柔軟性』、等のフィジカル面。
そして、人の身体の弱い部分、強い部分を理解した上での身体操作方法。
これらをバランスよく伸ばすことを目指してマット運動を中心とした独自のトレーニングを行います。
『徳育』


武道の厳しい稽古の中で、自分に負けない心、諦めない気持ち、何にでも挑戦するたくましさ、相手を思いやる心等が育くまれていきます。
それ故、武道は、人間形成の場として独特の存在感を放っています。そして、その過程において、礼儀作法や人としての道を学んでいきます。練習の中ではもちろん、時に座学の時間を設け、そもそも徳育とは何か?に始まり、オリジナルの「道徳カード」などを使った、独自の徳育教育を行う予定です。

『礼儀作法』

   ◇「負けるな」
   ◇「嘘をいうな」
   ◇「弱いものをいじめるな」



<出水兵児修養掟(いずみへこしゅうようおきて)>

士ハ節義を嗜み申すべく候。
節義の嗜みと申すものは口に偽りを言ハず身に私を構へず、
心直にして作法乱れず、礼儀正しくして上に諂らハず下を悔どらず
人の患難を見捨てず、己が約諾を違へず、甲斐かいしく頼母しく、
苟且にも下様の賤しき物語り悪口など話の端にも出さず、譬恥を
知りて首刎ねらるるとも、己が為すまじき事をせず、死すべき場を
一足も引かず、其心鐵石の如く、又温和慈愛にして、
物の哀れを知り人に情あるを以て節義の嗜みと申すもの也。

(人は正しいことをしないといけない。
正しいこととは、うそを言わないこと、自分よがりの考えをもたないこと、素直で礼儀正しく、目上の人にぺこぺこしたり目下の人を馬鹿にしたりしないこと、困っている人は助け、約束は必ず守り、何事にも一生懸命やること、人を困らせるような話や悪口などを言ってはいけないし、自分が悪ければ首が刎ねられるようなことがあっても弁解したり怖れたりしてはいけない、そのような強い心を持つことと、小さな事でこせこせしない広い心で、相手の心の痛みが分かる優しい心を持っているのが、立派な人と言えるのです。 )




子供は自然環境の遊びの中で、運動能力を鍛え、危険な動きは何なのかを身体で覚えていきます。また、年令を超えた「群れ遊び」の中で、協調性やルール、思いやりを学んでいきます。ところが、今の子供達には、そのような、自らの体験を通じて成長する環境や機会が激減しています。

狭い道場内ではありますが、このクラスが、子供達にとっての遊び・鍛錬の場となり、気づきの場、学びの場になればと思っております。

 天王寺道場の空手道・合気道の少年部達がメインとなりますが、多くの交流を目的としております。
是非、他のスポーツからの参加者、<少年部 武道クラス>のみの入会も受け付けております。
ご遠慮なく、お問い合わせ下さい。

●練習内容は、マット運動を中心としたフィジカル稽古、受け身、投げ技など。綱引きやボール投げ、相撲など多肢に渡ります。

〜練習一例〜
■まずは各種ステップ。腹筋、背筋、腕立て伏せなど。
   
■手押し車 前・後ろ・横など。
   
■カエル跳び、アヒル歩き、トカゲ歩きなど。
    
■おんぶに抱っこ、肩担ぎ。
    

   
■前転、後転、開脚前転、開脚後転、イモムシにエビなど。
   
■前回り受け身、後方受け身、横受け身など。※受け身は、不意の転倒等からの日常生活の危機回避にもつながります。
  
■グランドからの投げ技。
    
■抑え込み各種。基礎体力・身体操作の把握に。
   
■抑え込みからの脱出。ゲーム感覚で抑え込みを返し、下から上に切り替えます。
     
■おしくらまんじゅう相撲。
   


その他、いろいろ遊びながら体力を鍛えております!




                   会員募集



日時:毎週土曜日 PM5:00〜6:00 
年齢:4才から小学生まで。
料金:3,000円
(別途、年間1,000円のスポーツ保険加入をお願い致します。)
※出来るだけ、空手か合気道の併用として稽古をして頂くのがベストです。

場所:大阪市天王寺区上本町9-3-2 二階 
    (国際空手道連盟 極真会館 兵庫県/大阪南支部 天王寺道場内)

電話:06-6773-0273
   携帯:090-9113-4232(武学舎事務局・小林)




                 <武学舎>特典

現在、天王寺道場では、空手道合気道の少年部稽古を行っておりますが、共通目的として、基礎体力向上がありますので、
どちらからの参加も受付ております。阿倍野道場、西成道場
の少年部会員様も是非、ご自由に参加してみて下さい。

(現行会員様は無料となります。)


 


                       〜目指すは、鍛錬と遊びと礼儀作法〜

基本は、スポーツ・武道のための基礎体力向上クラスではありますが、クラス独自の練習目的、成果発表の場として、


文部科学省の「新体力テスト」 の向上を目指したトレーニング内容。
  (半年に一回、体力測定を実施予定)

◆「わんぱく相撲レスリング大会」 への参加。
   (毎年5月に開催)

◆『茶道』の体験教室、農作業体験、自然キャンプ』の実施等。
 ※現時点では、将来的な予定です。
                                        なども考えております。




講師:小林 悟
 1961年2月2日。
 ◇空手 五段(国際空手道連盟 極真会館 兵庫県/大阪南支部 天王寺・阿倍野・西成道場 責任者)
 ◇合気道 弐段(昭道館 合気道 天王寺支部 支部長)
 ◇サブミッション・アーツ・レスリング 五段(サブミッション・アーツ・レスリング関西本部 本部長)
 ◇柔道 初段
 ◇剣道 初段
 ◇日本レスリング協会 初段
 ◇日本サンボ連盟 参段
 ◇日本スポーツ柔術協会 五段
 ◇国際武道柔術連盟 四段(理事)

 ◇NPO法人 スポーツ・武道育成振興会(代表理事)

 ※17才より極真空手を始め(1978年)今日に至る。



                                       お問い合わせ

           <武学舎>少年部 武道クラス


場所:大阪市天王寺区上本町9-3-2 二階 
    (国際空手道連盟 極真会館 兵庫県/大阪南支部 天王寺道場内)

電話:06-6773-0273
   携帯:090-9113-4232(武学舎事務局・小林)

※電話番号非通知による、お問い合わせはご遠慮下さい。
 or メールまで


戻る


TOPページ(道場総合案内)